这是用户在 2024-3-19 5:30 为 https://app.immersivetranslate.com/html/ 保存的双语快照页面,由 沉浸式翻译 提供双语支持。了解如何保存?

{

"0": "0",

"梦狱国爱丽丝(个人汉化)调查/决定:左键取消/菜单/消息窗口隐藏或显示:右键回扣:Tab键选择或回扣滚动:鼠标滚轮": "梦狱国爱丽丝(个人汉化)调查/决定:左键取消/菜单/消息窗口隐藏或显示:右键回扣:Tab键选择或回扣滚动:鼠标滚轮",

"ja": "ja",

"一般防具": "一般防具",

"魔法防具": "魔法防具",

"軽装防具": "軽装防具",

"重装防具": "重装防具",

"小型盾": "小型盾",

"大型盾": "大型盾",

"物理": "物理",

"武器": "武器",

"身体": "身体",

"装飾品": "装飾品",

"魔法": "魔法",

"必殺技": "必殺技", “必杀技”: “必杀技”,

"禁止移动": "禁止移动",

"跳过自动禁用": "跳过自动禁用",

"文本窗口透明": "文本窗口透明",

"禁止临时删除": "禁止临时删除",

"鼠标指针": "鼠标指针",

"s2鼠标指针": "s2鼠标指针",

"看了手淫的场景": "看了手淫的场景",

"密码释放": "密码释放",

"爱丽丝半透明": "爱丽丝半透明",

"角オナを見た": "角オナを見た", “我看到了一个喇叭自慰器”: “我看到了一个喇叭自慰器”,

"s1鼠标指针的触发器": "s1鼠标指针的触发器",

"自殺を見た": "自殺を見た", “我见过自杀”: “我见过自杀”,

"滤镜": "滤镜",

"s2角オナをした": "s2角オナをした", “我做了 s2 喇叭手淫”: “我做了 s2 喇叭自慰”,

"s1チェストオープン": "s1チェストオープン",
“S1 胸开”: “S1 胸开”,

"鍵1を入手": "鍵1を入手", “Get Key 1”: “获取密钥 1”,

"紙を入手": "紙を入手", “Get Paper”: “获取纸张”,

"文字が浮かび上がる": "文字が浮かび上がる",
“Characters Emerge”: “人物浮出水面”,

"鍵2を入手": "鍵2を入手", “Get Key 2”: “获取密钥 2”,

"媚薬を飲んだ": "媚薬を飲んだ", “我喝了壮阳药”: “我喝了壮阳药”,

"扉の鍵開く": "扉の鍵開く", “解锁门”: “解锁门”,

"扉オープン": "扉オープン", “door open”: “开门”,

"緑の本を手に入れた": "緑の本を手に入れた",
“我拿到了绿皮书”: “我拿到了绿皮书”,

"s2ボタンの謎を解いた": "s2ボタンの謎を解いた",
“S2 按钮之谜解开了”: “S2 按钮之谜解开了”,

"死の本を手に入れた": "死の本を手に入れた",
“我得到了死亡之书”: “我得到了死亡之书”,

"全ての本を差し込んだ": "全ての本を差し込んだ",
“All books inserted”: “所有插入的书籍”,

"レンチを手に入れた": "レンチを手に入れた",
“我有一把扳手”: “我有一把扳手”,

"本棚を動かした": "本棚を動かした", “移动了书柜”: “移动了书架”,

"ページ1を手に入れた": "ページ1を手に入れた",
“Got page 1”: “得到第 1 页”,

"死ぬほんを戻した": "死ぬほんを戻した", “I put back the dying hon”: “我把垂死的 hon wo reverted”,

"緑の本を戻した": "緑の本を戻した", “带回了绿皮书”: “带回了绿皮书”,

"s3手前の鏡を見た": "s3手前の鏡を見た",
“我看着 S3 前面的镜子”: “我看到了 S3 前面的镜子”,

"人形を流した": "人形を流した", “shed the doll”: “shed the doll”,

"タオルを入手": "タオルを入手", “Get Towel”: “得到毛巾”,

"緑青の鍵を入手": "緑青の鍵を入手", “Get the key to patina”: “获取铜绿的钥匙”,

"ページ2を手に入れた": "ページ2を手に入れた",
“Got page 2”: “得到第 2 页”,

"ハンドルを手に入れた": "ハンドルを手に入れた",
“I got the handle”: “我拿到了把柄”,

"ハンドルを取り付けた": "ハンドルを取り付けた",
“Handle attached”: “手柄已连接”,

"男の子の人形を手に入れた": "男の子の人形を手に入れた",
“I got a boy doll”: “我有个男孩娃娃”,

"ドライバーを手に入れた": "ドライバーを手に入れた",
“我有一把螺丝刀”: “我有一把螺丝刀”,

"番号を見た": "番号を見た", “我看到了一个数字”: “我看到了一个数字”,

"s3dマウスポインタトリガー": "s3dマウスポインタトリガー",
“S3D 鼠标指针触发器”: “S3D 鼠标指针触发器”,

"s3カバーを外した": "s3カバーを外した",
“S3 Cover Removed”: “S3 Cover Removed”,

"s3オイルを拭いた": "s3オイルを拭いた",
“擦拭的 S3 油”: “擦拭的 S3 油”,

"s4マウスポインタトリガー": "s4マウスポインタトリガー",
“S4 鼠标指针触发器”: “S4 鼠标指针触发器”,

"絵画を見た": "絵画を見た", “I seen a painting”: “我看到了一幅画”,

"ページ3を手に入れた": "ページ3を手に入れた",
“Got page 3”: “得到第 3 页”,

"女の子の人形を手に入れた": "女の子の人形を手に入れた",
“I got a girl doll”: “我有个女孩娃娃”,

"母の人形を手に入れた": "母の人形を手に入れた",
“我得到了我妈妈的娃娃”: “我得到了我妈妈的娃娃”,

"父の人形を手に入れた": "父の人形を手に入れた",
“我得到了我父亲的娃娃”: “我得到了我父亲的娃娃”,

"人形1を手に入れた": "人形1を手に入れた",
“我有娃娃 1”: “我有娃娃 1”,

"s4ドアを開けた": "s4ドアを開けた", “S4 door opened”: “S4 door opened”,

"子供の人形を持ってる": "子供の人形を持ってる",
“I have a child's doll”: “我有一个孩子的娃娃”,

"母の人形を持ってる": "母の人形を持ってる",
“我有我妈妈的娃娃”: “我有我妈妈的娃娃”,

"父の人形を持ってる": "父の人形を持ってる",
“我有我爸爸的娃娃”: “我有我爸爸的娃娃”,

"s4獣姦発生": "s4獣姦発生", “s4獣奸発生”: “s4獣奸発生”,

"s4絵が落ちた": "s4絵が落ちた", “S4 图片掉落”: “S4 图片掉落”,

"母の人形を赤い家に配置": "母の人形を赤い家に配置",
“把妈妈娃娃放在红房子里”: “把妈妈娃娃放在红房子里”,

"子供の人形を赤い家に配置": "子供の人形を赤い家に配置",
“把一个孩子娃娃放在红房子里”: “把一个孩子娃娃放在红房子里”,

"父の人形を赤い家に配置": "父の人形を赤い家に配置",
“把爸爸娃娃放在红房子里”: “把爸爸娃娃放在红房子里”,

"人形2start": "人形2start",

"人形2を手に入れた": "人形2を手に入れた",
“I got Doll 2”: “我得到了娃娃 2”,

"母の人形を青い家に配置": "母の人形を青い家に配置",
“把我妈妈的娃娃放在蓝房子里”: “把我妈妈的娃娃放在蓝房子里”,

"父の人形を青い家に配置": "父の人形を青い家に配置",
“Place Father Doll in the Blue House”: “把爸爸娃娃放在蓝房子里”,

"子供の人形を青い家に配置": "子供の人形を青い家に配置",
“Place a child doll in a blue house”: “把一个孩子娃娃放在蓝色的房子里”,

"s4扉が開く": "s4扉が開く", “S4 Door Open”: “S4 门打开”,

"アリスの人形を手に入れた": "アリスの人形を手に入れた",
“我得到了一个爱丽丝娃娃”: “我得到了一个爱丽丝娃娃”,

"アリスの人形を持ってる": "アリスの人形を持ってる",
“我有一个爱丽丝娃娃”: “我有一个爱丽丝娃娃”,

"アーニャの人形を手に入れた": "アーニャの人形を手に入れた",
“我得到了安雅的娃娃”: “我得到了安雅的娃娃”,

"アーニャの人形を持ってる": "アーニャの人形を持ってる",
“I have a Anya doll”: “我有一个 Anya 娃娃”,

"犬の人形を手に入れた": "犬の人形を手に入れた",
“I got a dog doll”: “我有一只狗娃娃”,

"犬の人形を持ってる": "犬の人形を持ってる",
“我有个狗娃娃”: “我有个狗娃娃”,

"アリスの人形を赤い家に配置": "アリスの人形を赤い家に配置",
“把爱丽丝的娃娃放在红房子里”: “把爱丽丝的娃娃放在红房子里”,

"アリスの人形を青い家に配置": "アリスの人形を青い家に配置",
“Place Alice's Doll in the Blue House”: “把爱丽丝的娃娃放在蓝房子里”,

"s5マウスポインタトリガー": "s5マウスポインタトリガー",
“S5 鼠标指针触发器”: “S5 鼠标指针触发器”,

"アーニャの人形を青い家に配置": "アーニャの人形を青い家に配置",
“Place Anya's Doll in the Blue House”: “Place Anya's Doll in the Blue House”,

"アーニャの人形を赤い家に配置": "アーニャの人形を赤い家に配置",
“Place Anya's Doll in the Red House”: “把Anya的娃娃放在红房子里”,

"犬の人形を犬小屋に配置": "犬の人形を犬小屋に配置",
“Put a dog doll in a dognel”: “把狗娃娃放在狗窝里”,

"犬の人形を赤い家に配置": "犬の人形を赤い家に配置",
“Place Dog Doll in Red House”: “把狗娃娃放在红房子里”,

"犬の人形を青い家に配置": "犬の人形を青い家に配置",
“Place Dog Doll in Blue House”: “把狗娃娃放在蓝房子里”,

"s5レバーを下げた": "s5レバーを下げた",
“S5 杆已放下”: “S5 杆已放下”,

"s5時計の時間を知る": "s5時計の時間を知る",
“Know the time on your S5 clock”: “知道你的 S5 时钟上的时间”,

"s5引き出しの番号を知る": "s5引き出しの番号を知る",
“知道 S5 抽屉的数量”: “知道 S5 抽屉的数量”,

"s5右チェストの下を調べる": "s5右チェストの下を調べる",
“看 s5 右胸下方”: “看 s5 右胸下方”,

"s5火かき棒を手に入れた": "s5火かき棒を手に入れた",
“I got s5 poker”: “我有 s5 poker”,

"長針を手に入れた": "長針を手に入れた", “I got a long needle”: “我有一根长针”,

"長針をはめた": "長針をはめた", “Long Needle Fitted”: “长针安装”,

"薪を手に入れた": "薪を手に入れた", “我有柴火”: “我有柴火”,

"マッチを手に入れた": "マッチを手に入れた",
“I got a match”: “我有一场比赛”,

"薪を置いた": "薪を置いた", “I put firewood”: “我放柴”,

"薪を持ってる": "薪を持ってる", “我有柴火”: “我有柴火”,

"s5火を付けれる状態": "s5火を付けれる状態",
“S5 准备燃烧”: “S5 准备燃烧”,

"s5火をつけた": "s5火をつけた", “S5 点亮”: “S5 点亮”,

"s5紙を乾かした": "s5紙を乾かした", “S5 纸干燥”: “S5 纸干燥”,

"s5boxを開けた": "s5boxを開けた",
“s5box opened”: “s5box opened”,

"s5スイッチを押した": "s5スイッチを押した",
“S5 开关已按下”: “S5 开关已按下”,

"s5棚を動かした": "s5棚を動かした", “S5 磁盘架已移动”: “S5 磁盘架已移动”,

"ページ4を手に入れた": "ページ4を手に入れた",
“Got page 4”: “得到第 4 页”,

"s6スライムを溶かした": "s6スライムを溶かした",
“S6 粘液融化”: “S6 粘液融化”,

"s6緑の液体を持ってる": "s6緑の液体を持ってる",
“I have s6 green liquid”: “我有 s6 green liquid”,

"s6マウスポインタトリガー": "s6マウスポインタトリガー",
“S6 鼠标指针触发器”: “S6 鼠标指针触发器”,

"ページ5を手に入れた": "ページ5を手に入れた",
“Got page 5”: “得到第 5 页”,

"s6おんぷの鍵を手に入れた": "s6おんぷの鍵を手に入れた",
“I got the key to the s6 poop”: “我拿到了 s6 poop 的钥匙”,

"s6緑の液体が入った瓶を手に入れた": "s6緑の液体が入った瓶を手に入れた",
“I got a bottle with s6 green liquid”: “我得到了一瓶装有 s6 green liquid 的瓶子”,

"s6ボタンの謎を解いた": "s6ボタンの謎を解いた",
“S6 按钮的谜语解决了”: “S6 按钮的谜语解决了”,

"s6ドアを動かした": "s6ドアを動かした",
“S6 门已移动”: “S6 门已移动”,

"鉄ハンドルを手に入れた": "鉄ハンドルを手に入れた",
“I got a iron handle”: “我有一把铁把手”,

"アーニャの日記5を手に入れた": "アーニャの日記5を手に入れた",
“我得到了安雅的日记 5”: “我得到了安雅的日记 5”,

"蛇口のハンドルを手に入れた": "蛇口のハンドルを手に入れた",
“I got a spaucet handle”: “我有水龙头把手”,

"s6ハンドルを取り付けた": "s6ハンドルを取り付けた",
“S6 handle installed”: “S6 handle installed”,

"水を出す": "水を出す", “带出水”: “带出水”,

"s6スペードの鍵を手に入れた": "s6スペードの鍵を手に入れた",
“I got the key to s6 黑桃”: “I got the key to s6 spades”,

"s6ジョウロを手に入れた": "s6ジョウロを手に入れた",
“我得到了 s6 jouro”: “我得到了 s6 jouro”,

"s6花に水をあげた": "s6花に水をあげた",
“我浇了 s6 花”: “我浇了 s6 花”,

"ハンドルを動かした": "ハンドルを動かした",
“Moved handle”: “移动的句柄”,

"s6シンク下の戸棚の鍵を開けた": "s6シンク下の戸棚の鍵を開けた",
“S6 解锁了水槽下方的橱柜”: “我解锁了 S6 水槽下方的橱柜”,

"s7マウスポインタトリガー": "s7マウスポインタトリガー",
“S7 鼠标指针触发器”: “S7 鼠标指针触发器”,

"木の板を置いた": "木の板を置いた", “I put a wooden plank”: “我放了一块木板”,

"木の板を外した": "木の板を外した", “Wooden boards removed”: “木板被移除”,

"s7ボックスの暗号を解いた": "s7ボックスの暗号を解いた",
“Decrypted the s7 box”: “解密了 s7 box”,

"スコップを手に入れた": "スコップを手に入れた",
“我有一把铲子”: “我有一把铲子”,

"s7バールを手に入れた": "s7バールを手に入れた",
“I got s7 bar”: “我有 s7 bar”,

"木の板を持ってる": "木の板を持ってる", “我有一块木板”: “我有一块木板”,

"s6水入りジョウロ": "s6水入りジョウロ",
“S6 浇水的 Jouro”: “S6 浇水的 Jouro”,

"アーニャの日記6を手に入れた": "アーニャの日記6を手に入れた",
“我得到了安雅的日记 6”: “我得到了安雅的日记 6”,

"s6食器棚の鍵を開けた": "s6食器棚の鍵を開けた",
“S6 橱柜已解锁”: “S6 橱柜已解锁”,

"s7ボタン13": "s7ボタン13", “S7 按钮 13”: “S7 按钮 13”,

"s7ボタン14": "s7ボタン14", “S7 按钮 14”: “S7 按钮 14”,

"s7ボタン15": "s7ボタン15", “S7 按钮 15”: “S7 按钮 15”,

"s7ボタン16": "s7ボタン16", “S7 按钮 16”: “S7 按钮 16”,

"s7ボタンの謎を解いた": "s7ボタンの謎を解いた",
“s7 按钮的谜题已解决”: “s7 按钮的谜题已解决”,

"s8マウスポインタトリガー": "s8マウスポインタトリガー",
“S8 鼠标指针触发器”: “S8 鼠标指针触发器”,

"s9ポインタートリガー": "s9ポインタートリガー",
“S9 指针触发器”: “S9 指针触发器”,

"宝箱を開けた": "宝箱を開けた", “Treasure Chest Opened”: “宝箱打开”,

"s7ボタン1": "s7ボタン1", “S7 按钮 1”: “S7 按钮 1”,

"s7ボタン2": "s7ボタン2", “S7 按钮 2”: “S7 按钮 2”,

"s7ボタン3": "s7ボタン3", “S7 按钮 3”: “S7 按钮 3”,

"s7ボタン4": "s7ボタン4", “S7 按钮 4”: “S7 按钮 4”,

"s7ボタン5": "s7ボタン5", “S7 按钮 5”: “S7 按钮 5”,

"s7ボタン6": "s7ボタン6", “S7 按钮 6”: “S7 按钮 6”,

"s7ボタン7": "s7ボタン7", “S7 按钮 7”: “S7 按钮 7”,

"s7ボタン8": "s7ボタン8", “S7 按钮 8”: “S7 按钮 8”,

"s7ボタン9": "s7ボタン9", “S7 按钮 9”: “S7 按钮 9”,

"s7ボタン10": "s7ボタン10", “S7 按钮 10”: “S7 按钮 10”,

"s7ボタン11": "s7ボタン11", “S7 按钮 11”: “S7 按钮 11”,

"s7ボタン12": "s7ボタン12", “S7 按钮 12”: “S7 按钮 12”,

"s8媚薬を手に入れた": "s8媚薬を手に入れた",
“I got an s8 aphorodisiac”: “I got a s8 aphorodisiac”,

"s8毒を手に入れた": "s8毒を手に入れた",
“I got s8 poison”: “我得了 s8 poison”,

"s8箱を開けた": "s8箱を開けた", “S8 Box Opened”: “S8 Box Opened”,

"s8お姉ちゃんを起こした": "s8お姉ちゃんを起こした",
“S8 Woke Up Sister”: “S8 Woup Sister”,

"s8ダイヤル7を解いた": "s8ダイヤル7を解いた",
“S8 拨号 7 已解决”: “S8 拨号 7 已解决”,

"s8金のベルを手に入れた": "s8金のベルを手に入れた",
“I got an S8 Gold Bell”: “我得到了一个 S8 Gold Bell”,

"s8ダイヤル4を解いた": "s8ダイヤル4を解いた",
“S8 拨号 4 已解决”: “S8 拨号 4 已解决”,

"日記8枚目を手に入れた": "日記8枚目を手に入れた",
“我得到了第八本日记”: “我得到了第八本日记”,

"s8金の鍵を手に入れた": "s8金の鍵を手に入れた",
“I got the key to s8 gold”: “我得到了 s8 gold 的钥匙”,

"日記7枚目を手に入れた": "日記7枚目を手に入れた",
“我得到了第七本日记”: “我得到了第七本日记”,

"s8クローゼットを開けた": "s8クローゼットを開けた",
“S8 壁橱已打开”: “S8 壁橱已打开”,

"s8鏡のフラグ": "s8鏡のフラグ", “s8 镜像标志”: “s8 镜像标志”,

"s8引き出し二度目": "s8引き出し二度目",
“S8 抽屉第二次”: “S8 抽屉第二次”,

"s8鏡を割った": "s8鏡を割った", “S8 镜面破裂”: “S8 镜面破裂”,

"触手お尻叩きを見た": "触手お尻叩きを見た",
“I saw a tentacle butt slap”: “I saw a tentacle butt lap”,

"首吊りを見た": "首吊りを見た", “I saw a hanging”: “我看到一个绞刑”,

"巨乳化を見た": "巨乳化を見た", “I've seen a big”: “我见过一个大”,

"獣姦(犬)を見た": "獣姦(犬)を見た", “I seen bestiality (dogs)”: “我看到了兽交(狗)”,

"巨人を見た": "巨人を見た", “I saw a giant”: “我看见了一个巨人”,

"出産を見た": "出産を見た", “I saw the birth”: “我看见了birth”,

"ワイヤートラップを見た": "ワイヤートラップを見た",
“我看到了一个铁丝陷阱”: “我看到了一个铁丝陷阱”,

"スライム姦を見た": "スライム姦を見た", “I've seen slime rape”: “我见过史莱姆强奸”,

"丸呑みを見た": "丸呑みを見た", “I saw slurming”: “我看见了sluring”,

"ふたなり化を見た": "ふたなり化を見た", “I saw a futanari”: “我看到了一个futanari”,

"豚姦を見た": "豚姦を見た", “I saw a pig rape”: “我看到了一头猪强奸”,

"貝合わせを見た": "貝合わせを見た", “I saw a shell match”: “我看到了一个 shell match”,

"クンニを見た": "クンニを見た", “我看到了”: “我看到了”,

"全開放した": "全開放した", “fully opened”: “完全打开”,

"正気度": "正気度",

"暗証番号": "暗証番号",

"ポインタ": "ポインタ", “pointer”: “指针”,

"現在の位置": "現在の位置", “current position”: “当前职位”,

"現在のステージ": "現在のステージ", “Current Stage”: “当前阶段”,

"s2ドアorワーム": "s2ドアorワーム",
“S2 门或蜗杆”: “S2 门或蜗杆”,

"ハシゴor魔法陣": "ハシゴor魔法陣", “梯子或魔法圈”: “梯子或魔法阵”,

"s2差し込んだ本の数": "s2差し込んだ本の数",
“Number of books inserted s2”: “s2 插入的书籍数量”,

"s2ボタン1": "s2ボタン1", “S2 按钮 1”: “S2 按钮 1”,

"s2ボタンカウント": "s2ボタンカウント",
“S2 按钮计数”: “S2 按钮计数”,

"ボタン1": "ボタン1", “按钮 1”: “按钮 1”,

"ボタン2": "ボタン2", “按钮 2”: “按钮 2”,

"ボタン3": "ボタン3", “按钮 3”: “按钮 3”,

"ボタン4": "ボタン4", “按钮 4”: “按钮 4”,

"奥の鏡or奥の洗面台": "奥の鏡or奥の洗面台",
“镜子在后面或水槽在后面”: “镜子在后面或水槽在后面”,

"手前の鏡or手前の洗面台": "手前の鏡or手前の洗面台",
“镜子在前面或在前面下沉”: “镜子在前面或下沉在前面”,

"s3暗証番号": "s3暗証番号",

"s5暗証番号1": "s5暗証番号1",

"s5暗証番号2": "s5暗証番号2",

"s6食器棚の暗証番号": "s6食器棚の暗証番号",
“S6 橱柜 PIN”: “S6 橱柜 PIN”,

"s6ボタン段階": "s6ボタン段階", “S6 按钮阶段”: “S6 按钮阶段”,

"s6ボタン1回目": "s6ボタン1回目", “S6 按钮第一次”: “S6 按钮第一次”,

"s6ボタン2回目": "s6ボタン2回目", “S6 按钮第 2 次”: “S6 按钮第 2 次”,

"s6ボタン3回目": "s6ボタン3回目", “S6 按钮第 3 次”: “S6 按钮第 3 次”,

"s6ボタン4回目": "s6ボタン4回目", “S6 按钮第 4 次”: “S6 按钮第 4 次”,

"s6ボタン5回目": "s6ボタン5回目", “S6 按钮第 5 次”: “S6 按钮第 5 次”,

"s6引き出し段階": "s6引き出し段階", “S6 抽屉阶段”: “S6 抽屉阶段”,

"s6引き出しボタン1回目": "s6引き出しボタン1回目",
“S6 抽屉按钮第一次”: “S6 抽屉按钮第一次”,

"s6引き出しボタン2回目": "s6引き出しボタン2回目",
“S6 抽屉按钮第 2 次”: “S6 抽屉按钮第 2 次”,

"s6引き出しボタン3回目": "s6引き出しボタン3回目",
“S6 抽屉按钮第 3 次”: “S6 抽屉按钮第 3 次”,

"s6引き出しボタン4回目": "s6引き出しボタン4回目",
“S6 抽屉按钮第 4 次”: “S6 抽屉按钮第 4 次”,

"引き出しランダム文章": "引き出しランダム文章",
“抽屉随机句”: “抽屉随机句”,

"s7ボックス暗号": "s7ボックス暗号", “S7 Box cipher”: “S7 Box Cipher”,

"s8ダイヤル7": "s8ダイヤル7", “S8 拨号 7”: “S8 拨号 7”,

"s8ダイヤル4": "s8ダイヤル4", “S8 拨号 4”: “S8 拨号 4”,

"短剣": "短剣",

"フレイル": "フレイル", “frailty”: “虚弱”,

"ムチ": "ムチ",

"クロスボウ": "クロスボウ",

"グローブ": "グローブ",

"等级": "等级",

"Lv": "Lv",

"HP": "HP",

"HP": "HP",

"MP": "MP",

"MP": "MP",

"TP": "TP",

"TP": "TP",

"经验值": "经验值",

"EXP": "EXP",

"战斗": "战斗",

"逃跑": "逃跑",

"攻击": "攻击",

"防御": "防御",

"物品": "物品",

"技能": "技能",

"装备": "装备",

"状态": "状态",

"整队": "整队",

"保存": "保存",

"游戏结束": "游戏结束",

"设置": "设置",

"护甲": "护甲",

"重要物品": "重要物品",

"最强装备": "最强装备",

"清空": "清空",

"开始游戏": "开始游戏",

"继续游戏": "继续游戏",

"回到标题": "回到标题",

"取消": "取消",

"购买": "购买",

"出售": "出售",

"最大HP": "最大HP",

"最大MP": "最大MP",

"攻击力": "攻击力",

"防御力": "防御力",

"魔法力": "魔法力",

"魔法防御": "魔法防御",

"敏捷性": "敏捷性",

"幸运": "幸运",

"命中率": "命中率",

"回避率": "回避率",

"爱丽丝": "爱丽丝",

"": "",

"帽子": "帽子",

"指輪": "指輪",

"蝙蝠": "蝙蝠",

"史莱姆": "史莱姆",

"兽人": "兽人",

"米诺陶": "米诺陶",

"说明": "说明",

"日记的片断1": "日记的片断1",

"日记的片断2": "日记的片断2",

"日记的片断3": "日记的片断3",

"日记的片断4": "日记的片断4",

"日记的片断5": "日记的片断5",

"日记的片断6": "日记的片断6",

"日记的片断7": "日记的片断7",

"日记的片段8": "日记的片段8",

"场景1": "场景1",

"初期設定": "初期設定",

"场景2": "场景2",

"场景3": "场景3",

"场景4": "场景4",

"场景5": "场景5",

"场景6": "场景6",

"场景7": "场景7",

"场景8": "场景8",

"MAP010": "MAP010",

"爱丽丝的房间": "爱丽丝的房间",

"连续攻击": "连续攻击",

"2回攻撃": "2回攻撃",

"3回攻撃": "3回攻撃",

"看情况": "看情况",

"恢复": "恢复",

"火焰": "火焰",

"火花": "火花",

"无法战斗": "无法战斗",

"不死之身": "不死之身",

"暗闇": "暗闇",

"沈黙": "沈黙",

"激昂": "激昂",

"混乱": "混乱",

"魅惑": "魅惑",

"睡眠": "睡眠",

"勇者": "勇者",

"戦士": "戦士",

"魔術師": "魔術師",

"僧侶": "僧侶",

"初始房间": "初始房间",

"场景3": "场景3",

"场景5": "场景5",

"场景6": "场景6",

"场景2设置": "场景2设置",

"场景2按钮化": "场景2按钮化",

"场景3设置": "场景3设置",

"场景3按钮化": "场景3按钮化",

"场景4设置": "场景4设置",

"场景4按钮化": "场景4按钮化",

"场景5设置": "场景5设置",

"场景5按钮化": "场景5按钮化",

"场景6设置": "场景6设置",

"场景6按钮化": "场景6按钮化",

"提示按钮": "提示按钮",

"汉化": "汉化",

"攻略情报": "攻略情报",

"CG鉴赏": "CG鉴赏",

"H场景回忆": "H场景回忆",

"解锁日记片段": "解锁日记片段",

"取消映射移动按钮": "取消映射移动按钮",

"场景1设置": "场景1设置",

"场景1按钮化": "场景1按钮化",

"指针ON": "指针ON",

"指针OFF": "指针OFF",

"铁钥匙详情": "铁钥匙详情",

"纸的详情": "纸的详情",

"湿纸详情": "湿纸详情",

"钥匙2详细信息": "钥匙2详细信息",

"绿色书详情": "绿色书详情",

"死之书详情": "死之书详情",

"T型扳手说明": "T型扳手说明",

"s1杯子": "s1杯子",

"s1柜子1下": "s1柜子1下",

"s1柜子1上面的抽屉": "s1柜子1上面的抽屉",

"s1柜子1下面的抽屉": "s1柜子1下面的抽屉",

"s1柜子1中间的抽屉": "s1柜子1中间的抽屉",

"s1柜子2的下面": "s1柜子2的下面",

"s1柜子2上面的抽屉": "s1柜子2上面的抽屉",

"s1柜子2下面的抽屉": "s1柜子2下面的抽屉",

"s1床": "s1床",

"s1床下面": "s1床下面",

"s1壶1": "s1壶1",

"s1壶2": "s1壶2",

"s1纸": "s1纸",

"s1关闭的门": "s1关闭的门",

"打开的门": "打开的门",

"解谜后关闭另一个窗口": "解谜后关闭另一个窗口",

"s2蠕虫": "s2蠕虫",

"s2小门": "s2小门",

"s2梯子": "s2梯子",

"s2按钮解谜": "s2按钮解谜",

"什么都没有的图片按钮": "什么都没有的图片按钮",

"自慰镜头": "自慰镜头",

"按下按钮后": "按下按钮后",

"s2按钮1": "s2按钮1",

"s2按钮2": "s2按钮2",

"s2按钮3": "s2按钮3",

"s2按钮4": "s2按钮4",

"s1鼠标指针": "s1鼠标指针",

"读了就死的书": "读了就死的书",

"角自慰": "角自慰",

"未汉化": "未汉化",

"s1墙壁上的文字": "s1墙壁上的文字",

"CG触手お尻叩き": "CG触手お尻叩き",

"触手お尻叩き": "触手お尻叩き",

"触手お尻叩き開始前": "触手お尻叩き開始前",

"首吊りイベント開始前": "首吊りイベント開始前",

"首吊りイベント": "首吊りイベント",

"巨乳化開始前": "巨乳化開始前",

"巨乳化": "巨乳化",

"CG首吊り": "CG首吊り",

"CGオナニー": "CGオナニー",

"オナニー回想": "オナニー回想",

"CG角オナニー": "CG角オナニー",

"CG自殺": "CG自殺",

"角オナニー回想": "角オナニー回想",

"読むと死ぬ本回想": "読むと死ぬ本回想",

"読むと死ぬ本回想用": "読むと死ぬ本回想用",

"獣姦(犬)": "獣姦(犬)",

"首吊り回想": "首吊り回想",

"ドットアニメ一刀両断": "ドットアニメ一刀両断",

"ドットアニメ落下": "ドットアニメ落下",

"ドットアニメショットガン": "ドットアニメショットガン",

"ドットアニメ丸呑み": "ドットアニメ丸呑み",

"ドットアニメ梯子": "ドットアニメ梯子",

"触手お尻叩き回想": "触手お尻叩き回想",

"ドットアニメ冷蔵庫": "ドットアニメ冷蔵庫",

"ドットアニメ鎌": "ドットアニメ鎌",

"ドットアニメ沼": "ドットアニメ沼",

"ドットアニメ串刺し": "ドットアニメ串刺し",

"ドットアニメ毒": "ドットアニメ毒",

"CG巨乳化": "CG巨乳化",

"巨乳化回想": "巨乳化回想",

"獣姦(犬)開始前": "獣姦(犬)開始前",

"獣姦(犬)回想": "獣姦(犬)回想",

"CG獣姦(犬)": "CG獣姦(犬)",

"s2本1": "s2本1",

"s2ボルト": "s2ボルト",

"s2左チェストの下": "s2左チェストの下",

"s2左チェスト上": "s2左チェスト上",

"s2左チェスト下": "s2左チェスト下",

"s2エッチな本": "s2エッチな本",

"s2ナイフ": "s2ナイフ",

"s2木箱の上の模様": "s2木箱の上の模様",

"s2右チェスト左の引き出し": "s2右チェスト左の引き出し",

"s2右チェスト右の引き出し": "s2右チェスト右の引き出し",

"s2花瓶": "s2花瓶",

"s2写真": "s2写真",

"s2ボタン": "s2ボタン",

"s2本2": "s2本2",

"s2本3": "s2本3",

"插了两本书": "插了两本书",

"出口": "出口",

"s2マウスポインタ": "s2マウスポインタ",

"s2本4": "s2本4",

"取消映射移动按钮2": "取消映射移动按钮2",

"厕所1": "厕所1",

"厕所2": "厕所2",

"厕所3": "厕所3",

"毛巾": "毛巾",

"散弹枪": "散弹枪",

"拖把": "拖把",

"方向盘": "方向盘",

"储物柜的门": "储物柜的门",

"左边的门": "左边的门",

"左中间的门": "左中间的门",

"右边的门": "右边的门",

"通气口cover": "通气口cover",

"刻有文字的镜子": "刻有文字的镜子",

"脏镜子": "脏镜子",

"奥の洗面台": "奥の洗面台",

"手前の鏡": "手前の鏡",

"手前の洗面台": "手前の洗面台",

"日記": "日記",

"タオル詳細": "タオル詳細",

"緑青の鍵詳細": "緑青の鍵詳細",

"ハンドル詳細": "ハンドル詳細",

"人形詳細": "人形詳細",

"ドライバー詳細": "ドライバー詳細",

"s3マウスポインタ": "s3マウスポインタ",

"s3マウスポインタ予備": "s3マウスポインタ予備",

"s4ポインタ": "s4ポインタ",

"s4ゴール": "s4ゴール",

"s4ドア": "s4ドア",

"s4ボタン": "s4ボタン",

"s4赤ちゃん": "s4赤ちゃん",

"s4青い家": "s4青い家",

"s4犬小屋": "s4犬小屋",

"s4犬小屋下(父の人形": "s4犬小屋下(父の人形",

"s4子供の書いた絵": "s4子供の書いた絵",

"s4不気味な絵画": "s4不気味な絵画",

"s4左チェスト1(アリスの人形": "s4左チェスト1(アリスの人形",

"s4左チェスト2": "s4左チェスト2",

"s4左チェスト3(アーニャの人形": "s4左チェスト3(アーニャの人形",

"s4左チェスト4(犬の人形": "s4左チェスト4(犬の人形",

"s4上の紙": "s4上の紙",

"s4下の紙": "s4下の紙",

"s4赤い家": "s4赤い家",

"s4右チェスト1(子供": "s4右チェスト1(子供",

"s4右チェスト2(母": "s4右チェスト2(母",

"s4右チェスト下": "s4右チェスト下",

"女の子の人形詳細": "女の子の人形詳細",

"母の人形詳細": "母の人形詳細",

"父の人形詳細": "父の人形詳細",

"アリスの人形詳細": "アリスの人形詳細",

"アーニャの人形詳細": "アーニャの人形詳細",

"犬の人形詳細": "犬の人形詳細",

"赤い家人形1配置": "赤い家人形1配置",

"人形1答え合わせ": "人形1答え合わせ",

"赤い家から人形1を拾う": "赤い家から人形1を拾う",

"青い家人形1配置": "青い家人形1配置",

"青い家から人形1を拾う": "青い家から人形1を拾う",

"赤い家人形2配置": "赤い家人形2配置",

"人形2答え合わせ": "人形2答え合わせ",

"青い家人形2配置": "青い家人形2配置",

"赤い家から人形2を拾う": "赤い家から人形2を拾う",

"青い家から人形2を拾う": "青い家から人形2を拾う",

"犬小屋人形2配置": "犬小屋人形2配置",

"犬小屋から人形2を拾う": "犬小屋から人形2を拾う",

"(獣姦)赤い家から人形2を拾う": "(獣姦)赤い家から人形2を拾う",

"(獣姦)青い家から人形2を拾う": "(獣姦)青い家から人形2を拾う",

"s5ゴール": "s5ゴール",

"s5ドア": "s5ドア",

"s5レバー": "s5レバー",

"s5左チェスト1": "s5左チェスト1",

"s5左チェスト2": "s5左チェスト2",

"s5左チェスト下": "s5左チェスト下",

"s5暖炉": "s5暖炉",

"s5時計": "s5時計",

"s5棚のボトル": "s5棚のボトル",

"s5棚の本": "s5棚の本",

"s5棚のティーセット": "s5棚のティーセット",

"s5右チェスト1": "s5右チェスト1",

"s5右チェスト2": "s5右チェスト2",

"s5右チェスト3": "s5右チェスト3",

"s5右チェスト4": "s5右チェスト4",

"s5右チェスト下": "s5右チェスト下",

"s5火钩子": "s5火钩子",

"s5燭台": "s5燭台",

"s5box": "s5box",

"s5沙发": "s5沙发",

"s5剣": "s5剣",

"s5椅子": "s5椅子",

"s5百合花": "s5百合花",

"s5アーニャの日記": "s5アーニャの日記",

"s5ポインタ": "s5ポインタ",

"火かき棒詳細": "火かき棒詳細",

"長針棒詳細": "長針棒詳細",

"薪詳細": "薪詳細",

"マッチ詳細": "マッチ詳細",

"紙詳細": "紙詳細",

"s5剥製": "s5剥製",

"s6ドア2": "s6ドア2",

"s6ポインタ": "s6ポインタ",

"s6ドア": "s6ドア",

"s6左矢印ボタン": "s6左矢印ボタン",

"s6右矢印ボタン": "s6右矢印ボタン",

"s6厨房下面的柜子": "s6厨房下面的柜子",

"s6室内植物": "s6室内植物",

"s6餐具架的钥匙": "s6餐具架的钥匙",

"s6菜刀": "s6菜刀",

"s6左キッチンの引き出し": "s6左キッチンの引き出し",

"s6真ん中キッチンの引き出し": "s6真ん中キッチンの引き出し",

"s6右キッチンの引き出し": "s6右キッチンの引き出し",

"s6鍋": "s6鍋",

"s6オーブン": "s6オーブン",

"s6冷蔵庫": "s6冷蔵庫",

"s6シンク": "s6シンク",

"s6食器の戸棚": "s6食器の戸棚",

"s6里边的壶": "s6里边的壶",

"s6手前の壺": "s6手前の壺",

"s6蛇口": "s6蛇口",

"s6数字の書かれた引き出し": "s6数字の書かれた引き出し",

"s6時計": "s6時計",

"s6日記": "s6日記",

"s6ゴール": "s6ゴール",

"緑の液体が入った瓶詳細": "緑の液体が入った瓶詳細",

"蛇口詳細": "蛇口詳細",

"おんぷの鍵詳細": "おんぷの鍵詳細",

"ジョウロ詳細": "ジョウロ詳細",

"控点细节": "控点细节",

"黑桃密钥细节": "黑桃密钥细节",

"左矢印": "左矢印",

"右矢印": "右矢印",

"ボタン判定": "ボタン判定",

"ボタンリセット": "ボタンリセット",

"動く扉": "動く扉",

"s6引き出しの謎解き": "s6引き出しの謎解き",

"s6謎解き別ウインドウ閉じる": "s6謎解き別ウインドウ閉じる",

"引き出し1": "引き出し1",

"引き出し2": "引き出し2",

"引き出し3": "引き出し3",

"引き出し4": "引き出し4",

"随机文章": "随机文章",

"抽屉判定": "抽屉判定",

"抽屉复位": "抽屉复位",

"s6炉灶": "s6炉灶",

"s6烤箱按钮": "s6烤箱按钮",

"s6瓶": "s6瓶",

"舞台7设置": "舞台7设置",

"舞台7按钮化": "舞台7按钮化",

"s7指针": "s7指针",

"s7宝箱": "s7宝箱",

"s7带拨号盘的box": "s7带拨号盘的box",

"s7桌子下左边的花盆": "s7桌子下左边的花盆",

"s7テーブル下右の植木鉢": "s7テーブル下右の植木鉢",

"s7テーブル上の植木鉢": "s7テーブル上の植木鉢",

"s7テーブル右の植木鉢": "s7テーブル右の植木鉢",

"s7穴": "s7穴",

"s7木の板": "s7木の板",

"s7花": "s7花",

"s7左の植木鉢": "s7左の植木鉢",

"s7梯子": "s7梯子",

"s7ボタン": "s7ボタン",

"s7手前の植木鉢": "s7手前の植木鉢",

"s7掘れる土": "s7掘れる土",

"s7噴水": "s7噴水",

"s7豚": "s7豚",

"s7左の土": "s7左の土",

"スコップ詳細": "スコップ詳細",

"バール詳細": "バール詳細",

"木の板詳細": "木の板詳細",

"s7泥沼": "s7泥沼",

"s7ボタン謎解き": "s7ボタン謎解き",

"s7ボタン押した後": "s7ボタン押した後",

"s7ボタン解除": "s7ボタン解除",

"ボタン5": "ボタン5",

"ボタン6": "ボタン6",

"ボタン7": "ボタン7",

"ボタン8": "ボタン8",

"ボタン9": "ボタン9",

"ボタン10": "ボタン10",

"ボタン11": "ボタン11",

"ボタン12": "ボタン12",

"ボタン13": "ボタン13",

"ボタン14": "ボタン14",

"ボタン15": "ボタン15",

"ボタン16": "ボタン16",

"ステージ8セットアップ": "ステージ8セットアップ",

"ステージ8ボタン化": "ステージ8ボタン化",

"s8クローゼット": "s8クローゼット",

"s8ドレッサー鏡": "s8ドレッサー鏡",

"s8ドレッサー左引き出し": "s8ドレッサー左引き出し",

"s8ドレッサー右引き出し": "s8ドレッサー右引き出し",

"s8ベッド下": "s8ベッド下",

"s8ハートクッション": "s8ハートクッション",

"s8うさぎのぬいぐるみ": "s8うさぎのぬいぐるみ",

"s8チェスト1": "s8チェスト1",

"s8チェスト2": "s8チェスト2",

"s8チェスト3": "s8チェスト3",

"s8チェスト4": "s8チェスト4",

"s8チェスト5": "s8チェスト5",

"s8チェスト6": "s8チェスト6",

"s8アーニャ": "s8アーニャ",

"s8壁": "s8壁",

"s8白い箱": "s8白い箱",

"s8アクセ箱": "s8アクセ箱",

"s8ティーセット": "s8ティーセット",

"s8右の椅子": "s8右の椅子",

"END4": "END4",

"s8ポインタ": "s8ポインタ",

"媚薬詳細": "媚薬詳細",

"毒詳細": "毒詳細",

"クローバー鍵詳細": "クローバー鍵詳細",

"金のベル詳細": "金のベル詳細",

"日記ページ8詳細": "日記ページ8詳細",

"エンドクレジット": "エンドクレジット",

"s9ポインタ": "s9ポインタ",

"s9への扉": "s9への扉",

"ステージ9セットアップ": "ステージ9セットアップ",

"ステージ9ボタン化": "ステージ9ボタン化",

"s9ベッド": "s9ベッド",

"s9チェスト": "s9チェスト",

"s9クローゼット": "s9クローゼット",

"s9ハートクッション": "s9ハートクッション",

"s9兔子玩偶": "s9兔子玩偶",

"s9door": "s9door",

"s9调味汁": "s9调味汁",

"巨人開始前": "巨人開始前",

"巨人": "巨人",

"CG巨人": "CG巨人",

"巨人回想": "巨人回想",

"出産開始前": "出産開始前",

"出産": "出産",

"CG出産": "CG出産",

"出産回想": "出産回想",

"钢丝陷阱開始前": "钢丝陷阱開始前",

"钢丝陷阱": "钢丝陷阱",

"CG钢丝陷阱": "CG钢丝陷阱",

"钢丝陷阱回想": "钢丝陷阱回想",

"スライム姦開始前": "スライム姦開始前",

"史莱姆姦": "史莱姆姦",

"CG史莱姆": "CG史莱姆",

"スライム姦回想": "スライム姦回想",

"丸呑み開始前": "丸呑み開始前",

"丸呑み": "丸呑み",

"CG丸呑み": "CG丸呑み",

"丸呑み回想": "丸呑み回想",

"双胞胎开始前": "双胞胎开始前",

"二化未汉化": "二化未汉化",

"CG重叠化": "CG重叠化",

"双重化回想": "双重化回想",

"豚姦開始前": "豚姦開始前",

"豚姦未汉化": "豚姦未汉化",

"CG豚姦": "CG豚姦",

"豚姦回想": "豚姦回想",

"アーニャクンニ開始前": "アーニャクンニ開始前",

"对姐姐cunnilingus": "对姐姐cunnilingus",

"クンニ": "クンニ",

"CG 安妮亚": "CG 安妮亚",

"安妮亚回想": "安妮亚回想",

"貝合开始前": "貝合开始前",

"貝合组合": "貝合组合",

"CG貝合组合": "CG貝合组合",

"貝合回忆": "貝合回忆",

"场景7": "场景7",

"场景8": "场景8",

"关闭": "关闭",

"开启": "开启",

"不跳过": "不跳过",

"跳过": "跳过",

"EV001": "EV001",

"EV002": "EV002",

"ピクチャ12はワームドットアニメ用": "ピクチャ12はワームドットアニメ用",

"ピクチャ65は食べられるシーン": "ピクチャ65は食べられるシーン",

"ピクチャ70": "ピクチャ70",

"はアイテムウインドウ関連": "はアイテムウインドウ関連",

"は回想、一時謎解き用など自由": "は回想、一時謎解き用など自由",

"ピクチャ89": "ピクチャ89",

"はシーン関連": "はシーン関連",

"88は回想シーン用マップ背景画像": "88は回想シーン用マップ背景画像",

"89は立ち絵用黒背景": "89は立ち絵用黒背景",

"98黒半透明背景": "98黒半透明背景",

"99CG": "99CG",

"100画面フェード用黒背景": "100画面フェード用黒背景",

"65黒背景": "65黒背景",

"66入手したアイテム": "66入手したアイテム",

"14はボタン化しない": "14はボタン化しない",

"1,2,3,20,51はボタン化しない": "1,2,3,20,51はボタン化しない",

"はボタン化しない": "はボタン化しない",

"返回游戏": "返回游戏",

"姐姐的日记": "姐姐的日记",

"场景回忆": "场景回忆",

"攻略方法": "攻略方法",

"解锁/存档": "解锁/存档",

"全CG解锁": "全CG解锁",

"日记解锁": "日记解锁",

"存档": "存档",

"加载存档": "加载存档",

"OK": "OK",

"NO": "NO",

"save": "save",

"确认片尾条件": "确认片尾条件",

"自慰ー": "自慰ー",

"卓角自慰ー": "卓角自慰ー",

"读了会死的书(有流血・死亡描写)": "读了会死的书(有流血・死亡描写)",

"拍屁股": "拍屁股",

"上吊(有死亡描写)": "上吊(有死亡描写)",

"兽奸(狗)": "兽奸(狗)",

"触手出产": "触手出产",

"钢丝陷阱(有内脏描写)": "钢丝陷阱(有内脏描写)",

"史莱姆奸(有内脏描写)": "史莱姆奸(有内脏描写)",

"二性化": "二性化",

"猪奸": "猪奸",

"爱丽丝×姐姐(貝合わせ)": "爱丽丝×姐姐(貝合わせ)",

"爱丽丝×姐姐(クンニ)": "爱丽丝×姐姐(クンニ)",

"桌角自慰ー": "桌角自慰ー",

"打屁股": "打屁股",

"触手出産": "触手出産",

"不读": "不读",

"不喝": "不喝",

"把铁钥匙插进去看看": "把铁钥匙插进去看看",

"什么都没有": "什么都没有",

"什么都不做": "什么都不做",

"把纸浸在水里看看": "把纸浸在水里看看",

"把铜钥匙插进去看看": "把铜钥匙插进去看看",

"不前进": "不前进",

"前进": "前进",

"不靠近": "不靠近",

"挨近调查": "挨近调查",

"不上去": "不上去",

"登梯子": "登梯子",

"4,3": "4,3",

"連番": "連番",

"画像139": "画像139",

"シーン1": "シーン1",

"シーン2": "シーン2",

"用触手咬住": "用触手咬住",

"2,8": "2,8",

"不回去": "不回去",

"回去": "回去",

"不拆下螺栓": "不拆下螺栓",

"拆下螺栓": "拆下螺栓",

"最好不要读": "最好不要读",

"读一读": "读一读",

"不放回去": "不放回去",

"放回去": "放回去",

"不进去": "不进去",

"进去": "进去",

"不冲水": "不冲水",

"冲水": "冲水",

"拉个尿": "拉个尿",

"放人偶": "放人偶",

"不打开": "不打开",

"打开": "打开",

"不开门": "不开门",

"开门": "开门",

"出水": "出水",

"就那样放着": "就那样放着",

"把偶人拿到手上": "把偶人拿到手上",

"使用方向盘": "使用方向盘",

"不按": "不按",

"放在一旁": "放在一旁",

"抱起来": "抱起来",

"什么也不做": "什么也不做",

"调查一波": "调查一波",

"放下娃娃看看": "放下娃娃看看",

"捡娃娃看看": "捡娃娃看看",

"放人偶看看": "放人偶看看",

"捡人偶看看": "捡人偶看看",

"悲鳴のSE": "悲鳴のSE",

"啥都不做": "啥都不做",

"捡人偶": "捡人偶",

"不摸": "不摸",

"还是不放了": "还是不放了",

"成熟女性的人偶": "成熟女性的人偶",

"成熟男性的人偶": "成熟男性的人偶",

"小孩的人偶": "小孩的人偶",

"不放了": "不放了",

"爱丽丝的人偶": "爱丽丝的人偶",

"姐姐的人偶": "姐姐的人偶",

"狗的人偶": "狗的人偶",

"不放": "不放",

"待在房间里": "待在房间里",

"从房间出来": "从房间出来",

"不开": "不开",

"不动杠杆": "不动杠杆",

"操纵杆": "操纵杆",

"レバーを下すSE": "レバーを下すSE",

"棚が動くSE": "棚が動くSE",

"1,10,11,12,13": "1,10,11,12,13",

"WAIT": "WAIT",

"调查里面": "调查里面",

"放木柴": "放木柴",

"点火": "点火",

"把纸晒干": "把纸晒干",

"薪を置くSE": "薪を置くSE",

"マッチをつけるSE": "マッチをつけるSE",

"火をつけるSE": "火をつけるSE",

"不扎针": "不扎针",

"扎针": "扎针",

"針をはめるSE": "針をはめるSE",

"不按开关": "不按开关",

"按开关": "按开关",

"スイッチを押すSE": "スイッチを押すSE",

"不休息": "不休息",

"休息": "休息",

"不坐": "不坐",

"打开门看看": "打开门看看",

"用钥匙试试": "用钥匙试试",

"浇水": "浇水",

"打开看看": "打开看看",

"把手伸向排水沟": "把手伸向排水沟",

"倒出绿色的液体": "倒出绿色的液体",

"液体を流すse": "液体を流すse",

"何かが溶けるようなse": "何かが溶けるようなse",

"推一推": "推一推",

"不放水": "不放水",

"放水": "放水",

"水を流すSE": "水を流すSE",

"蛇口を閉めるse": "蛇口を閉めるse",

"回到房间": "回到房间",

"往里走": "往里走",

"20,7はボタン化しない": "20,7はボタン化しない",

"不下楼": "不下楼",

"下楼": "下楼",

"不保存": "不保存",

"拿走": "拿走",

"不出去": "不出去",

"出去": "出去",

"用杠子卸木板": "用杠子卸木板",

"釘を抜くse": "釘を抜くse",

"仔细看": "仔细看",

"在泥土上前进": "在泥土上前进",

"放木板": "放木板",

"木の板を置くSE": "木の板を置くSE",

"掘土看看": "掘土看看",

"穴を掘るSE": "穴を掘るSE",

"仔细检查": "仔细检查",

"喝水": "喝水",

"2,51,53はボタン化しない": "2,51,53はボタン化しない",

"留在这里": "留在这里",

"逃脱": "逃脱",

"和姐姐一起逃脱": "和姐姐一起逃脱",

"打开镜子看": "打开镜子看",

"原封不动": "原封不动",

"紧紧抱住": "紧紧抱住",

"凝视": "凝视",

"给她吃紫红色标签的药": "给她吃紫红色标签的药",

"给她吃蓝紫色标签的药": "给她吃蓝紫色标签的药",

"按电铃": "按电铃",

"不碰": "不碰",

"ベルのSE": "ベルのSE",

"摸摸看": "摸摸看",

"把蓝紫色标签的瓶子拿走": "把蓝紫色标签的瓶子拿走",

"把红紫色标签的瓶子拿走": "把红紫色标签的瓶子拿走",

"看背面": "看背面",

"游戏制作・CG・角色设计": "游戏制作・CG・角色设计",

"水名月こう": "水名月こう",

"方案": "方案",

"いづみ上総": "いづみ上総",

"插件": "插件",

"トリアコンタン様": "トリアコンタン様",

"Moghunter様": "Moghunter様",

"奏ねこま様": "奏ねこま様",

"ツミオ様": "ツミオ様",

"マンカインド様": "マンカインド様",

"蔦森くいな様": "蔦森くいな様",

"村人A様": "村人A様",

"Kato Marine様": "Kato Marine様",

"riru様": "riru様",

"DarkPlasma様": "DarkPlasma様",

"くらむぼん様": "くらむぼん様",

"Yanfly様": "Yanfly様",

"ムノクラ様": "ムノクラ様",

"うたかたの夢跡様": "うたかたの夢跡様",

"galvs": "galvs",

"Yuki Katsura様": "Yuki Katsura様",

"やな様": "やな様",

"UI素材": "UI素材",

"ちかすい様": "ちかすい様",

"画像素材": "画像素材",

"すすん様": "すすん様",

"声音素材": "声音素材",

"CV:涼貴涼/ぶらっくわーくす音声素材集様": "CV:涼貴涼/ぶらっくわーくす音声素材集様",

"效果音・BGM素材": "效果音・BGM素材",

"On": "On",

"~音人~様": "~音人~様",

"ユーフルカ様": "ユーフルカ様",

"魔王魂様": "魔王魂様",

"音屋 【効果音・映像屋】様": "音屋 【効果音・映像屋】様",

"ポケットサウンド様": "ポケットサウンド様",

"ケスト様": "ケスト様",

"ほしこ様": "ほしこ様",

"無料効果音で遊ぼう!様": "無料効果音で遊ぼう!様",

"オコジョ彗星様": "オコジョ彗星様",

"ビタースウィートエンタテインメント様": "ビタースウィートエンタテインメント様",

"月に憑かれたピエロ様": "月に憑かれたピエロ様",

"DOVA": "DOVA",

"不出门": "不出门",

"出门": "出门",

"には効かなかった!": "には効かなかった!",

"のダメージを受けた!": "のダメージを受けた!",

"奪われた!": "奪われた!",

"増えた!": "増えた!",

"減った!": "減った!",

"はダメージを受けていない!": "はダメージを受けていない!",

"ミス!": "ミス!",

"回復した!": "回復した!",

"始终跑步": "始终跑步",

"BGM 音量": "BGM 音量",

"BGS 音量": "BGS 音量",

"が上がった!": "が上がった!",

"が元に戻った!": "が元に戻った!",

"记住指令": "记住指令",

"の反撃!": "の反撃!",

"痛恨の一撃!!": "痛恨の一撃!!",

"会心の一撃!!": "会心の一撃!!",

"が下がった!": "が下がった!",

"は戦いに敗れた。": "は戦いに敗れた。",

"が出現!": "が出現!",

"のダメージを与えた!": "のダメージを与えた!",

"奪った!": "奪った!",

"にダメージを与えられない!": "にダメージを与えられない!",

"しかし逃げることはできなかった!": "しかし逃げることはできなかった!",

"は逃げ出した!": "は逃げ出した!",

"は攻撃をかわした!": "は攻撃をかわした!",

"距离下一": "距离下一",

"现在的": "现在的",

"文件": "文件",

"に上がった!": "に上がった!",

"读取哪个文件?": "读取哪个文件?",

"は魔法を打ち消した!": "は魔法を打ち消した!",

"は魔法を跳ね返した!": "は魔法を跳ね返した!",

"ME 音量": "ME 音量",

"を獲得!": "を獲得!",

"お金を": "お金を",

"手に入れた!": "手に入れた!",

"を手に入れた!": "を手に入れた!",

"を覚えた!": "を覚えた!",

"たち": "たち",

"持有数": "持有数",

"は先手を取った!": "は先手を取った!",

"保存到哪个文件?": "保存到哪个文件?",

"SE 音量": "SE 音量",

"をかばった!": "をかばった!",

"は不意をつかれた!": "は不意をつかれた!",

"を使った!": "を使った!",

"の勝利!": "の勝利!",

"alice2": "alice2",

"右クリックで閉じる": "右クリックで閉じる",

"用語を自動登録の対象から除外する": "用語を自動登録の対象から除外する",

"page": "page",

"用語のピクチャのファイル名": "用語のピクチャのファイル名",

"top": "top",

"ピクチャの表示位置": "ピクチャの表示位置",

"ウィンドウの先頭 bottom": "ウィンドウの先頭 bottom",

"ウィンドウの下部 text": "ウィンドウの下部 text",

"テキストの末尾": "テキストの末尾",

"ピクチャの表示プライオリティ": "ピクチャの表示プライオリティ",

"テキストの上 bottom": "テキストの上 bottom",

"テキストの下": "テキストの下",

"ピクチャの拡大率": "ピクチャの拡大率",

"center": "center",

"ピクチャの揃え\n left": "ピクチャの揃え\n left",

"左揃え center": "左揃え center",

"中央揃え right": "中央揃え right",

"右揃え": "右揃え",

"右键单击关闭": "右键单击关闭",

"page1": "page1",

"ピクチャの揃え\nleft:左对齐 center:居中对齐 right:右对齐": "ピクチャの揃え\nleft:左对齐 center:居中对齐 right:右对齐",

"page2": "page2",

"page3": "page3",

"page4": "page4",

"page5": "page5",

"page6": "page6",

"page7": "page7",

"page8": "page8",

"の攻撃!": "の攻撃!",

"スキル1番は[攻撃]コマンドを\n選択したときに使用されます。": "スキル1番は[攻撃]コマンドを\n選択したときに使用されます。",

"は身を守っている。": "は身を守っている。",

"スキル2番は[防御]コマンドを\n選択したときに使用されます。": "スキル2番は[防御]コマンドを\n選択したときに使用されます。",

"は逃げてしまった。": "は逃げてしまった。",

"は様子を見ている。": "は様子を見ている。",

"を唱えた!": "を唱えた!",

"は倒れた!": "は倒れた!",

"を倒した!": "を倒した!",

"は立ち上がった!": "は立ち上がった!",

"ステート1番はHPが0になったときに\n自動的に付加されます。": "ステート1番はHPが0になったときに\n自動的に付加されます。",

"は毒にかかった!": "は毒にかかった!",

"に毒をかけた!": "に毒をかけた!",

"の毒が消えた!": "の毒が消えた!",

"は暗闇に閉ざされた!": "は暗闇に閉ざされた!",

"を暗闇に閉ざした!": "を暗闇に閉ざした!",

"の暗闇が消えた!": "の暗闇が消えた!",

"は沈黙した!": "は沈黙した!",

"を沈黙させた!": "を沈黙させた!",

"の沈黙が解けた!": "の沈黙が解けた!",

"は激昂した!": "は激昂した!",

"を激昂させた!": "を激昂させた!",

"は我に返った!": "は我に返った!",

"は混乱した!": "は混乱した!",

"を混乱させた!": "を混乱させた!",

"は魅了された!": "は魅了された!",

"を魅了した!": "を魅了した!",

"は眠った!": "は眠った!",

"を眠らせた!": "を眠らせた!",

"は眠っている。": "は眠っている。",

"は目を覚ました!": "は目を覚ました!",

"蝙蝠*2": "蝙蝠*2",

"史莱姆*2": "史莱姆*2",

"目前除了比较长的CG,其他基本上都翻译了。\n机翻,不一定准确。\nB站:": "目前除了比较长的CG,其他基本上都翻译了。\n机翻,不一定准确。\nB站:",

"翻译 虽然是机翻但也挺累的": "翻译 虽然是机翻但也挺累的",

"求个三连": "求个三连",

"滤镜设置(可随时更改选项)\n\n在ON的情况下,CG活动场景的内脏和断面部分会戴上大的马赛克。": "滤镜设置(可随时更改选项)\n\n在ON的情况下,CG活动场景的内脏和断面部分会戴上大的马赛克。",

"跳过开场/游戏方法说明吗?": "跳过开场/游戏方法说明吗?",

"「…………额? 这里是哪?」": "「…………额? 这里是哪?」",

"「对了。我……和姐姐一起去买东西……在那之后……」": "「对了。我……和姐姐一起去买东西……在那之后……」",

"「对了。姐姐! 姐姐你在哪!?」": "「对了。姐姐! 姐姐你在哪!?」",

"「怎么办啊……我们是不是被谁绑架了?」": "「怎么办啊……我们是不是被谁绑架了?」",

"「为什么会这样。姐姐……」": "「为什么会这样。姐姐……」",

"(如果真的被诱拐了的话……得从这里逃出去)": "(如果真的被诱拐了的话……得从这里逃出去)",

"「…………虽然很害怕,总之先找姐姐吧……」": "「…………虽然很害怕,总之先找姐姐吧……」",

"(首先不出这个房间的话……总觉得有点可怕,不能呆在这里啊)": "(首先不出这个房间的话……总觉得有点可怕,不能呆在这里啊)",

"【操作方法】": "【操作方法】",

"查看/决定:左键单击": "查看/决定:左键单击",

"取消/菜单/消息窗口隐藏或显示:右键单击": "取消/菜单/消息窗口隐藏或显示:右键单击",

"后台(仅显示消息):Tab键": "后台(仅显示消息):Tab键",

"选择或反向滚动:鼠标滚轮": "选择或反向滚动:鼠标滚轮",

"获得项目后会在下面的项目框中显示.": "获得项目后会在下面的项目框中显示.",

"单击项目框中的项目可以查看细节。": "单击项目框中的项目可以查看细节。",

"点击下面的灯泡标志按钮可以看到攻略信息和场景回忆等。": "点击下面的灯泡标志按钮可以看到攻略信息和场景回忆等。",

"CG已经全部开放。": "CG已经全部开放。",

"解锁所有CG和场景回想吗?": "解锁所有CG和场景回想吗?",

"解锁了全部CG欣赏·景色回想。": "解锁了全部CG欣赏·景色回想。",

"已解锁了所有日记片段": "已解锁了所有日记片段",

"单击关闭": "单击关闭",

"(有点生锈了,还可以用吗?)": "(有点生锈了,还可以用吗?)",

"(有点脏……好像有水滴的标记)": "(有点脏……好像有水滴的标记)",

"(△=4……嗯,到底是什么意思呢……?)": "(△=4……嗯,到底是什么意思呢……?)",

"(也许能打开某个地方的钥匙?)": "(也许能打开某个地方的钥匙?)",

"(是一本旧书。雷米格顿?)": "(是一本旧书。雷米格顿?)",

"(写着读了就会死的书。总觉得好恐怖啊)": "(写着读了就会死的书。总觉得好恐怖啊)",

"跳过活动场景(有流血、死亡描写)吗?": "跳过活动场景(有流血、死亡描写)吗?",

"提示": "提示",

"从菜单的场景回忆中可以随时看到。": "从菜单的场景回忆中可以随时看到。",

"点击查看全文": "点击查看全文",

"(这样可以拆下螺栓)": "(这样可以拆下螺栓)",

"(杯子后面写着什么)": "(杯子后面写着什么)",

"□=3": "□=3",

"(是水……能喝吗?)": "(是水……能喝吗?)",

"跳过事件场景吗?": "跳过事件场景吗?",

"「咦,我……好像在床上睡着了……」": "「咦,我……好像在床上睡着了……」",

"「内裤也……没什么…那是梦吗?」": "「内裤也……没什么…那是梦吗?」",

"「对了……现在不是做这种事的时候。从房间出来,不早点找姐姐的话」": "「对了……现在不是做这种事的时候。从房间出来,不早点找姐姐的话」",

"(有很多灰尘。可能是没有打扫吧。)": "(有很多灰尘。可能是没有打扫吧。)",

"(抽屉底部好像有画。)": "(抽屉底部好像有画。)",

"☆=1": "☆=1",

"(锁上了……)": "(锁上了……)",

"「好耶,打开了」": "「好耶,打开了」",

"(锁着……)": "(锁着……)",

"(好像空了)": "(好像空了)",

"(打不开……)": "(打不开……)",

"(好像什么都没有。有点脏啊。)": "(好像什么都没有。有点脏啊。)",

"(什么都没有……)": "(什么都没有……)",

"(其他什么都没有)": "(其他什么都没有)",

"(锁上了……但是不知道号码)": "(锁上了……但是不知道号码)",

"(打开钥匙的号码是……)": "(打开钥匙的号码是……)",

"「“打开了……太好了,原来是这个号码。”」": "「“打开了……太好了,原来是这个号码。”」",

"铜钥匙铜": "铜钥匙铜",

"(好像不对……)": "(好像不对……)",

"(还不想睡……)": "(还不想睡……)",

"(里面掉了什么……!)": "(里面掉了什么……!)",

"得到了铁钥匙": "得到了铁钥匙",

"(好像没有其他掉落的东西……)": "(好像没有其他掉落的东西……)",

"(空的……)": "(空的……)",

"(有水……感觉好漂亮)": "(有水……感觉好漂亮)",

"「纸上浮现出画来……!」": "「纸上浮现出画来……!」",

"拿到了湿纸": "拿到了湿纸",

"(有水……是不是太漂亮了?)": "(有水……是不是太漂亮了?)",

"(放着纸。能用在什么地方吗……?)": "(放着纸。能用在什么地方吗……?)",

"弄到了纸": "弄到了纸",

"「太好了!这样就可以出去了!」": "「太好了!这样就可以出去了!」",

"(打不开……哪里有钥匙吗?)": "(打不开……哪里有钥匙吗?)",

"(也许可以从这里出去。)": "(也许可以从这里出去。)",

"「这里……好像很眼熟的样子……」": "「这里……好像很眼熟的样子……」",

"「咦,但是……明明应该是外出的,却在我房间的正中间……?」": "「咦,但是……明明应该是外出的,却在我房间的正中间……?」",

"「这里是怎么回事?」": "「这里是怎么回事?」",

"「没见过这样的生物……蜿蜒的很恶心……」": "「没见过这样的生物……蜿蜒的很恶心……」",

"(有门)": "(有门)",

"(也许能从梯子里出来……但是有讨厌的味道)": "(也许能从梯子里出来……但是有讨厌的味道)",

"「哈……怎么了,又痒痒的」": "「哈……怎么了,又痒痒的」",

"坐在床上,卷起裙子。": "坐在床上,卷起裙子。",

"喝了那杯水之后,又觉得难受得不得了。这是第一次。": "喝了那杯水之后,又觉得难受得不得了。这是第一次。",

"「我到底怎么了……」": "「我到底怎么了……」",

"把手伸进翻起来的裙子里,用手指从内裤上面擦。": "把手伸进翻起来的裙子里,用手指从内裤上面擦。",

"「んっっ」": "「んっっ」",

"随着瞬间的紧张感,会发出很小的声音。": "随着瞬间的紧张感,会发出很小的声音。",

"「嗯……啊,嗯……这是什么?」": "「嗯……啊,嗯……这是什么?」",

"把手指伸进裤子的下陷,刺激了一下又发出了奇怪的声音。": "把手指伸进裤子的下陷,刺激了一下又发出了奇怪的声音。",

"「哈……哈,嗯,好烫……那里,有点奇怪……」": "「哈……哈,嗯,好烫……那里,有点奇怪……」",

"使用手指,从内裤上面抚摸出尿的地方。": "使用手指,从内裤上面抚摸出尿的地方。",

"「嗯,呼……嗯,嗯……更多,但是……不行啊」": "「嗯,呼……嗯,嗯……更多,但是……不行啊」",

"我不知道自己在做什么。明明到现在为止都没做过这种事,却不知为什么\n手指像被操纵了一样不停。": "我不知道自己在做什么。明明到现在为止都没做过这种事,却不知为什么\n手指像被操纵了一样不停。",

"「明明是不好的事……但是」": "「明明是不好的事……但是」",

"明明是姐姐说“不能碰”的地方,却因为热而一直摸。": "明明是姐姐说“不能碰”的地方,却因为热而一直摸。",

"「这样的事,啊……嗯,嗯,不行」": "「这样的事,啊……嗯,嗯,不行」",

"与思念相反,手指在胯股之间不停地划过。": "与思念相反,手指在胯股之间不停地划过。",

"明明是和刺痛相似的感觉,但还是想摸得更厉害。": "明明是和刺痛相似的感觉,但还是想摸得更厉害。",

"「手指……停不下来。为什么……这种事,明明不可以」": "「手指……停不下来。为什么……这种事,明明不可以」",

"好几次好几次,在那里即使刺激也治不好疼痛。不仅如此,每次触碰的时候\n甜甜的麻痹在奔跑,变得更想触摸。": "好几次好几次,在那里即使刺激也治不好疼痛。不仅如此,每次触碰的时候\n甜甜的麻痹在奔跑,变得更想触摸。",

"「啊……内裤」": "「啊……内裤」",

"在摸的过程中,你会发现内裤慢慢湿了。": "在摸的过程中,你会发现内裤慢慢湿了。",

"「呀,啊……尿了」": "「呀,啊……尿了」",

"虽然觉得做了些什么事情很害羞,但手指却在痛苦的纵向上来回移动\n不停。好像不是自己的手。": "虽然觉得做了些什么事情很害羞,但手指却在痛苦的纵向上来回移动\n不停。好像不是自己的手。",

"「但是……这个很舒服……嗯」": "「但是……这个很舒服……嗯」",

"内裤完全塞入裙子里,发出吱吱的响声。": "内裤完全塞入裙子里,发出吱吱的响声。",

"有粘性的水声在安静的房间里回响,好像一点点变大了。": "有粘性的水声在安静的房间里回响,好像一点点变大了。",

"「漏了……我、尿……漏出来了」": "「漏了……我、尿……漏出来了」",

"明明充满了害羞,却想要一种刺激的感觉,真是停不下来。": "明明充满了害羞,却想要一种刺激的感觉,真是停不下来。",

"「不行……这个,一定……明明是H的事情,但是……不可以的」": "「不行……这个,一定……明明是H的事情,但是……不可以的」",

"将手指伸进逐渐变温的裤子里,像成熟的果实一样流出汁液\n集中于感觉。": "将手指伸进逐渐变温的裤子里,像成熟的果实一样流出汁液\n集中于感觉。",

"明明应该很害羞,心情却很舒畅。": "明明应该很害羞,心情却很舒畅。",

"「这个,是H的声音……做着。我在做色情的事情」": "「这个,是H的声音……做着。我在做色情的事情」",

"内裤一眨眼就湿了。": "内裤一眨眼就湿了。",

"「胖次。太……湿了。呼、啊……这不是尿吗?」": "「胖次。太……湿了。呼、啊……这不是尿吗?」",

"这个液体的颜色是透明的,总觉得是温的。": "这个液体的颜色是透明的,总觉得是温的。",

"能发出古雅声音的内裤已经变得黏糊糊的了。": "能发出古雅声音的内裤已经变得黏糊糊的了。",

"「嗯,心情好……心情好好啊」": "「嗯,心情好……心情好好啊」",

"像抓一样擦指甲油的时候,甜甜的麻木就会扩散开来。如果将手指移至国中\n吱吱的声音响亮。": "像抓一样擦指甲油的时候,甜甜的麻木就会扩散开来。如果将手指移至国中\n吱吱的声音响亮。",

"「这个,停不下来……又要继续练习了……停不下来啊」": "「这个,停不下来……又要继续练习了……停不下来啊」",

"明明知道自己在做些不该做的事,却又能从中感受到心情舒畅\n我不能逃。": "明明知道自己在做些不该做的事,却又能从中感受到心情舒畅\n我不能逃。",

"「嗯,啊……嗯,嗯……」": "「嗯,啊……嗯,嗯……」",

"抑制住快要漏出来的声音,用股间的竖笛持续发出水声。": "抑制住快要漏出来的声音,用股间的竖笛持续发出水声。",

"「再、再加一点……那里……摸摸吧」": "「再、再加一点……那里……摸摸吧」",

"越擦越渴望增加,手指和内裤之间产生的声音越大,脚就越战战兢兢\n移动。": "越擦越渴望增加,手指和内裤之间产生的声音越大,脚就越战战兢兢\n移动。",

"「呼,嗯,嗯,在那里……变得更温……」": "「呼,嗯,嗯,在那里……变得更温……」",

"虽然裤子的污点变大了,但是因为心情好而停不下来。做了不该做的事\n明明应该是这样,但是那个让人心跳加速。": "虽然裤子的污点变大了,但是因为心情好而停不下来。做了不该做的事\n明明应该是这样,但是那个让人心跳加速。",

"「嗯,嗯!?」": "「嗯,嗯!?」",

"身体突然像被电一样砰地跳了起来。": "身体突然像被电一样砰地跳了起来。",

"好像触到了烧伤的地方——但是没有疼痛,取而代之的是甜蜜的麻木。": "好像触到了烧伤的地方——但是没有疼痛,取而代之的是甜蜜的麻木。",

"「刚才的是什么?我怎么了?」": "「刚才的是什么?我怎么了?」",

"眼泪夺眶而出。这种感觉是有生以来第一次。": "眼泪夺眶而出。这种感觉是有生以来第一次。",

"(已经一次了吗……还想再做一次……)": "(已经一次了吗……还想再做一次……)",

"即使困惑于像被电一样的感觉,也无法忘记雷电般的感觉,只能让手指爬到鳄鱼上。": "即使困惑于像被电一样的感觉,也无法忘记雷电般的感觉,只能让手指爬到鳄鱼上。",

"「确实,在这附近……是!?」": "「确实,在这附近……是!?」",

"触摸鳄鱼上面的部分的话,又会有刺激的东西来回跑。": "触摸鳄鱼上面的部分的话,又会有刺激的东西来回跑。",

"「这里很舒服……这里很舒服……哦」": "「这里很舒服……这里很舒服……哦」",

"只是稍微刺激了一下又有点硬的突起,呼吸就会变热。": "只是稍微刺激了一下又有点硬的突起,呼吸就会变热。",

"「再……摸一下……想摸一下……这个,我忍不住了」": "「再……摸一下……想摸一下……这个,我忍不住了」",

"比起害羞,欲望更强烈,用手指从内裤上面按压豆一样的部分。": "比起害羞,欲望更强烈,用手指从内裤上面按压豆一样的部分。",

"「嗯,呼,嗯!!」": "「嗯,呼,嗯!!」",

"瞬间,我感觉到了眼前的火花四散。": "瞬间,我感觉到了眼前的火花四散。",

"脚噗哧一声跳了起来,让人感觉到身体很甜。": "脚噗哧一声跳了起来,让人感觉到身体很甜。",

"「这个……好厉害」": "「这个……好厉害」",

"到现在为止没有感受到过的好心情,再从汤里溢出。": "到现在为止没有感受到过的好心情,再从汤里溢出。",

"一定会觉得这个汤很舒服吧。之所以是软的,大概是因为它是黄汁吧。": "一定会觉得这个汤很舒服吧。之所以是软的,大概是因为它是黄汁吧。",

"「嗯,啊……嗯……我做了不可以做的事。但是,心情很好啊……": "「嗯,啊……嗯……我做了不可以做的事。但是,心情很好啊……",

"明明做了很糟糕的事情,心情却很好」": "明明做了很糟糕的事情,心情却很好」",

"带着热情的声音和羞耻心,让心怦怦直跳。做了坏事的不道德感和心情\n手指停不下来。": "带着热情的声音和羞耻心,让心怦怦直跳。做了坏事的不道德感和心情\n手指停不下来。",

"「这是很僵硬的地方……变得很僵硬」": "「这是很僵硬的地方……变得很僵硬」",

"每次把放在腿上的豆子从裤子上面用脚尖挠的时候,眼前就会火辣辣的": "每次把放在腿上的豆子从裤子上面用脚尖挠的时候,眼前就会火辣辣的",

"「嗯,嗯,小豆子……真是太棒了,要挤进去……真舒服啊」": "「嗯,嗯,小豆子……真是太棒了,要挤进去……真舒服啊」",

"把腿摊开,在害羞的地方蹭,把内裤弄成粘糊糊的\n我想心情变好也没办法。": "把腿摊开,在害羞的地方蹭,把内裤弄成粘糊糊的\n我想心情变好也没办法。",

"「呼,呼……我要垫球了。心情,心情」": "「呼,呼……我要垫球了。心情,心情」",

"只要把豆子掐下来注入力量,脑子里就荡然无存了。": "只要把豆子掐下来注入力量,脑子里就荡然无存了。",

"「想更加、更加……触摸、心情舒畅……想成为这样的人」": "「想更加、更加……触摸、心情舒畅……想成为这样的人」",

"手指上下移动,重点接触突起。内裤上出现了很大的斑点\n在心情好之前是很细小的事情。": "手指上下移动,重点接触突起。内裤上出现了很大的斑点\n在心情好之前是很细小的事情。",

"「嗯,嗯,嗯……很难过,又很难过……不够啊」": "「嗯,嗯,嗯……很难过,又很难过……不够啊」",

"但是,不管怎么揉搓豆子,肚脐的里面还是会有点乌溜溜的。": "但是,不管怎么揉搓豆子,肚脐的里面还是会有点乌溜溜的。",

"「嗯,这边也是……嗯,啊……好厉害,这里……好滑啊」": "「嗯,这边也是……嗯,啊……好厉害,这里……好滑啊」",

"伸开手指,不仅是豆子,也伸向裙带菜的深处。只是触摸那里\n粘稠的汤汁粘得粘糊糊的。": "伸开手指,不仅是豆子,也伸向裙带菜的深处。只是触摸那里\n粘稠的汤汁粘得粘糊糊的。",

"「这里,也……很舒服啊……啊啊啊,嗯……明明这么舒服的……但是": "「这里,也……很舒服啊……啊啊啊,嗯……明明这么舒服的……但是",

"啊,不行什么的……姐姐,太过分了」": "啊,不行什么的……姐姐,太过分了」",

"用手指把内裤深深地塞住,在尿出来的地方口里来回揉。\n渗出的汤连手指都淋湿了。": "用手指把内裤深深地塞住,在尿出来的地方口里来回揉。\n渗出的汤连手指都淋湿了。",

"「这里……总觉得毛骨悚然。但是……心情很好……非常的、温暖的」": "「这里……总觉得毛骨悚然。但是……心情很好……非常的、温暖的」",

"寻找手指最深的地方,涂上满满的汁。": "寻找手指最深的地方,涂上满满的汁。",

"「啊,啊……这个,好啊。这里很舒服」": "「啊,啊……这个,好啊。这里很舒服」",

"绿色的声音变大了,和豆子不同的快感让景色变得朦胧。": "绿色的声音变大了,和豆子不同的快感让景色变得朦胧。",

"「嗯,啊啊啊啊,什么……肚子里好热……再多一点……」": "「嗯,啊啊啊啊,什么……肚子里好热……再多一点……」",

"但是手指却停不下来。肚脐下怦怦地疼着,不要再擦了\n不能看。": "但是手指却停不下来。肚脐下怦怦地疼着,不要再擦了\n不能看。",

"「呜呜呜呜、为什么……为什么啊……不够啊,不够开心啊」": "「呜呜呜呜、为什么……为什么啊……不够啊,不够开心啊」",

"焦躁得眼泪夺眶而出。明明心情很好,却觉得有什么不足,真是没办法。": "焦躁得眼泪夺眶而出。明明心情很好,却觉得有什么不足,真是没办法。",

"「这个嘛,明明很开心的……明明很开心的……帮我一下啊,姐姐」": "「这个嘛,明明很开心的……明明很开心的……帮我一下啊,姐姐」",

"我会自然而然地叫姐姐的。": "我会自然而然地叫姐姐的。",

"「姐姐,姐姐…………」": "「姐姐,姐姐…………」",

"吃了一次就受不了了。": "吃了一次就受不了了。",

"想见到分开了的姐姐,肚子里只积着苦闷去。": "想见到分开了的姐姐,肚子里只积着苦闷去。",

"「姐姐……姐姐!」": "「姐姐……姐姐!」",

"如果能碰上温柔的姐姐,那该多舒服啊。在耳边与爱丽丝私语\n收到的话,会多么幸福啊。": "如果能碰上温柔的姐姐,那该多舒服啊。在耳边与爱丽丝私语\n收到的话,会多么幸福啊。",

"「啊啊啊啊啊啊,什么……突然心情变好了……」": "「啊啊啊啊啊啊,什么……突然心情变好了……」",

"大好きなお姉ちゃんのことを思い浮かべた瞬間、腰からゾクゾクとしたものが駆け上がってきます。": "大好きなお姉ちゃんのことを思い浮かべた瞬間、腰からゾクゾクとしたものが駆け上がってきます。",

"「おねえ、ちゃん! おねえ……ちゃんっっ!」": "「おねえ、ちゃん! おねえ……ちゃんっっ!」",

"いつしか指は想像の中のお姉ちゃんと重なりました。": "いつしか指は想像の中のお姉ちゃんと重なりました。",

"お姉ちゃんの綺麗な指が敏感な突起をコリッと摘みあげ、トロトロになった窪みをクチクチッと\n優しくさすってくれます。": "お姉ちゃんの綺麗な指が敏感な突起をコリッと摘みあげ、トロトロになった窪みをクチクチッと\n優しくさすってくれます。",

"「ああああ、おねえちゃん……おねえちゃん。なにかくる……きちゃうっ……!」": "「ああああ、おねえちゃん……おねえちゃん。なにかくる……きちゃうっ……!」",

"駆け上がってくる波のような快感に、ベッドのシーツを握りしめます。": "駆け上がってくる波のような快感に、ベッドのシーツを握りしめます。",

"「呀……好可怕,好可怕……姐姐」": "「呀……好可怕,好可怕……姐姐」",

"【没关系,爱丽丝……交给姐姐吧】": "【没关系,爱丽丝……交给姐姐吧】",

"妄想中的声音传到耳边,巨大的快感从背后升起。": "妄想中的声音传到耳边,巨大的快感从背后升起。",

"「嗯……我已经……不行了!喂喂喂啊啊啊啊啊啊啊!」": "「嗯……我已经……不行了!喂喂喂啊啊啊啊啊啊啊!」",

"在发出声音的时候,豆子被紧紧地摘了下来。": "在发出声音的时候,豆子被紧紧地摘了下来。",

"一下子,身体变得七零八落的快感又开始蔓延——": "一下子,身体变得七零八落的快感又开始蔓延——",

"「啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊!!」": "「啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊!!」",

"热的东西又从嘴里迸发出来了。": "热的东西又从嘴里迸发出来了。",

"热的东西会把揉过内裤的手指完全弄湿,在床和地板上扑哧一声\n下起来了。": "热的东西会把揉过内裤的手指完全弄湿,在床和地板上扑哧一声\n下起来了。",

"「啊……啊…啊……啊……」": "「啊……啊…啊……啊……」",

"我只能在快感中守护着弄脏了房间。": "我只能在快感中守护着弄脏了房间。",

"不久,笑出的东西停止了,像波浪一样快乐的余韵消失了。": "不久,笑出的东西停止了,像波浪一样快乐的余韵消失了。",

"「哈……哈…什么,什么……我做了什么?」": "「哈……哈…什么,什么……我做了什么?」",

"变成软乎乎的内裤和手,既不是尿也不是软绵绵的汁液\n成了胶水。": "变成软乎乎的内裤和手,既不是尿也不是软绵绵的汁液\n成了胶水。",

"「我觉得……好像不是……而且……嗯」": "「我觉得……好像不是……而且……嗯」",

"我理解了“非常舒服”这句话。": "我理解了“非常舒服”这句话。",

"虽然完全湿了,但是这样的经验还是第一次。": "虽然完全湿了,但是这样的经验还是第一次。",

"「已经好了……吗」": "「已经好了……吗」",

"不知什么时候在肚脐深处的朦胧的悲伤消失了,心情舒畅的怠慢\n包裹着身体。": "不知什么时候在肚脐深处的朦胧的悲伤消失了,心情舒畅的怠慢\n包裹着身体。",

"「不知道为啥……好困啊」": "「不知道为啥……好困啊」",

"被不太清楚的液体弄湿了的内裤很恶心,但是已经起来了\n我也没有精神。": "被不太清楚的液体弄湿了的内裤很恶心,但是已经起来了\n我也没有精神。",

"「起床后……不找姐姐的话……」": "「起床后……不找姐姐的话……」",

"我倒在床上,一闭上眼睛就犯了强烈的睡意。": "我倒在床上,一闭上眼睛就犯了强烈的睡意。",

"然后无法抵抗,我的心就这样被深深的吸引着入睡。": "然后无法抵抗,我的心就这样被深深的吸引着入睡。",

"(不知从哪里传来了声音)": "(不知从哪里传来了声音)",

"(什么都没发生……)": "(什么都没发生……)",

"「对了,必须死……必须死……不行。我……为什么忘记了呢。": "「对了,必须死……必须死……不行。我……为什么忘记了呢。",

"明明必须死的……」": "明明必须死的……」",

"突然按照脑海中浮现的想法拿起刀,像是捡起掉落的叉子一样\n用自然感将银刃刺入胸膛。": "突然按照脑海中浮现的想法拿起刀,像是捡起掉落的叉子一样\n用自然感将银刃刺入胸膛。",

"「あぐぅっっっっ……」": "「あぐぅっっっっ……」",

"有一种撞到硬东西的感觉,在衣服下面渗出血来了。但是,就这样\n我会把刀狠狠地刺向自己。": "有一种撞到硬东西的感觉,在衣服下面渗出血来了。但是,就这样\n我会把刀狠狠地刺向自己。",

"好几次,好几次,刺穿,刺穿。": "好几次,好几次,刺穿,刺穿。",

"咯吱咯吱地剔骨头的声音和猛烈的疼痛在胸口蔓延,空着洞的衣服下面\n变得通红。": "咯吱咯吱地剔骨头的声音和猛烈的疼痛在胸口蔓延,空着洞的衣服下面\n变得通红。",

"「想……想,想。想、想……呼、啊……在、在……": "「想……想,想。想、想……呼、啊……在、在……",

"啊……血,是这么……然后……」": "啊……血,是这么……然后……」",

"银色的刀尖上涂满了血,有点暖和。这样做的话会死的\n明明知道是这样,手却随意地活动着,执拗地把胸弄得满是洞。": "银色的刀尖上涂满了血,有点暖和。这样做的话会死的\n明明知道是这样,手却随意地活动着,执拗地把胸弄得满是洞。",

"「啊……啊,啊……真的吗……我、嗯……嗯……呃,啊……": "「啊……啊,啊……真的吗……我、嗯……嗯……呃,啊……",

"嗯,嗯……嗯……嗯」": "嗯,嗯……嗯……嗯」",

"滑入骨头之间的刀尖深深地扎了进去,拔出的时候漏气了,不能呼吸了。\n我的脚上已经沾满了血。": "滑入骨头之间的刀尖深深地扎了进去,拔出的时候漏气了,不能呼吸了。\n我的脚上已经沾满了血。",

"「啊、啊…啊!」": "「啊、啊…啊!」",

"然后好几次打中的刀终于碎了骨头,刺到了不能送到的地方": "然后好几次打中的刀终于碎了骨头,刺到了不能送到的地方",

"完了。": "完了。",

"刺入贯穿扑通扑通的东西的刀的话,沿着刀尖咕嘟咕嘟地撕碎肉\n有声音。": "刺入贯穿扑通扑通的东西的刀的话,沿着刀尖咕嘟咕嘟地撕碎肉\n有声音。",

"「あ゛、かはッ……ぇ」": "「あ゛、かはッ……ぇ」",

"不可损坏的东西被贯穿,从口中发出浑浊的声音。然后从伤口噗哧地\n血开始溢出,眼前突然变暗。": "不可损坏的东西被贯穿,从口中发出浑浊的声音。然后从伤口噗哧地\n血开始溢出,眼前突然变暗。",

"(喂……呐…那……)": "(喂……呐…那……)",

"然后,不成声的话语突然间变成了咻咻的叹息声,什么都不知道了": "然后,不成声的话语突然间变成了咻咻的叹息声,什么都不知道了",

"打开书,出现了一幅像姐妹一样的女孩赤裸相拥的画面。文章里姐姐爱妹妹\n写着每天都做色情的事情。": "打开书,出现了一幅像姐妹一样的女孩赤裸相拥的画面。文章里姐姐爱妹妹\n写着每天都做色情的事情。",

"「非常……」": "「非常……」",

"我一边自然地想象着姐姐,一边翻页。": "我一边自然地想象着姐姐,一边翻页。",

"「哈……“姐姐很温柔,脸埋在妹妹的胯股之间,舌头插在腋下”……哈": "「哈……“姐姐很温柔,脸埋在妹妹的胯股之间,舌头插在腋下”……哈",

"哈……」": "哈……」",

"书中的姐妹亲吻了好几次,互相舔舐身体。姐姐在姐妹的插图中说道\n妹妹和姐姐有点像我。": "书中的姐妹亲吻了好几次,互相舔舐身体。姐姐在姐妹的插图中说道\n妹妹和姐姐有点像我。",

"「这个和我们很相似」": "「这个和我们很相似」",

"不知什么时候,我觉得书中的妹妹好像是自己的事情。": "不知什么时候,我觉得书中的妹妹好像是自己的事情。",

"「啊啊『泥泞不堪,被舐了漫画的亚丽莎充满了淫荡的蜜』": "「啊啊『泥泞不堪,被舐了漫画的亚丽莎充满了淫荡的蜜』",

"……嗯,啊……」": "……嗯,啊……」",

"读着读着身体就会变热,用手指又触摸了一下。": "读着读着身体就会变热,用手指又触摸了一下。",

"「はぁ……はぁ、んっっ『未熟なアリサのワレメは歓喜に満ち、幼穴はヒクヒクと震えました』": "「はぁ……はぁ、んっっ『未熟なアリサのワレメは歓喜に満ち、幼穴はヒクヒクと震えました』",

"……おねえちゃんに、なめられ……てる」": "……おねえちゃんに、なめられ……てる」",

"わたしによく似た本の『アリサ』を自分と重ね合わせ、朗読しながらお姉ちゃんにペロペロ\nされる事を想像します。": "わたしによく似た本の『アリサ』を自分と重ね合わせ、朗読しながらお姉ちゃんにペロペロ\nされる事を想像します。",

"「おねえちゃん……『姉は愛妹のラブジュースを啜るように……狭穴を舐め回し、とろとろの": "「おねえちゃん……『姉は愛妹のラブジュースを啜るように……狭穴を舐め回し、とろとろの",

"蜜でのどを潤します……』」": "蜜でのどを潤します……』」",

"本の『妹』のように、おねえちゃんにおまたを舐められるのを思い浮かべます。": "本の『妹』のように、おねえちゃんにおまたを舐められるのを思い浮かべます。",

"おパンツを脱がされた『妹』のように、下着をおろして木箱の角におまたをくっつけます。": "おパンツを脱がされた『妹』のように、下着をおろして木箱の角におまたをくっつけます。",

"「はぁはぁ『妹の無毛で未熟なおまんこは、姉の舌によるクンニでとろけて』……ぺろぺろ、する": "「はぁはぁ『妹の無毛で未熟なおまんこは、姉の舌によるクンニでとろけて』……ぺろぺろ、する",

"の……クンニっていうんだ。それに……」": "の……クンニっていうんだ。それに……」",

"硬い木箱の角に『おまんこ』を押し当てて、溢れてくるラブジュースをこすりつけていきます": "硬い木箱の角に『おまんこ』を押し当てて、溢れてくるラブジュースをこすりつけていきます",

"「おまた……おまんこ……きもちいい、クニクニするの気持ちいいよぉ」": "「おまた……おまんこ……きもちいい、クニクニするの気持ちいいよぉ」",

"尖っていない木箱の角でおまんこを刺激すると、自分で触るのとは違う快感がジワジワと\nやってきます。": "尖っていない木箱の角でおまんこを刺激すると、自分で触るのとは違う快感がジワジワと\nやってきます。",

"「おパンツないと……すごいよぉ……」": "「おパンツないと……すごいよぉ……」",

"直接いじる快感に頭がぼんやりしてきます。角は見た目よりもすべすべしていて、程よい硬さの\n木箱に涙が滲みそうです。": "直接いじる快感に頭がぼんやりしてきます。角は見た目よりもすべすべしていて、程よい硬さの\n木箱に涙が滲みそうです。",

"「ふぅ、くぅ……『姉の舌がくるくると、アリサの膣口を舐め回して……』ひぅぅぅぅっ……」": "「ふぅ、くぅ……『姉の舌がくるくると、アリサの膣口を舐め回して……』ひぅぅぅぅっ……」",

"挿絵にある小さな窪みに体重をかけると、くちゅりという音がします。": "挿絵にある小さな窪みに体重をかけると、くちゅりという音がします。",

"「『ゆっくりと処女膜に唾液をぬりつけます。ツバをつけて自分のものであると主張するような": "「『ゆっくりと処女膜に唾液をぬりつけます。ツバをつけて自分のものであると主張するような",

"舌の動きに、アリサは吐息をあげます』ふぅっんっっ!」": "舌の動きに、アリサは吐息をあげます』ふぅっんっっ!」",

"「こんなの……『姉は啜り上げた愛液を口に含んだまま、アリサとキスをしてラブジュースを": "「こんなの……『姉は啜り上げた愛液を口に含んだまま、アリサとキスをしてラブジュースを",

"口移しで飲ませます』……」": "口移しで飲ませます』……」",

"べっとりと木箱を濡らした愛液を指ですくい、本の中の妹のようにペロリと舐めます。": "べっとりと木箱を濡らした愛液を指ですくい、本の中の妹のようにペロリと舐めます。",

"「おねえちゃん……ぺろ、ぺろ……これが、ラブジュース……なんだね……愛液っていうの?」": "「おねえちゃん……ぺろ、ぺろ……これが、ラブジュース……なんだね……愛液っていうの?」",

"とろとろのお汁は、ほのかに酸味のあるヨーグルトみたいな味がしました。": "とろとろのお汁は、ほのかに酸味のあるヨーグルトみたいな味がしました。",

"アーニャおねえちゃんも、わたしのラブジュースを飲みたいのでしょうか?": "アーニャおねえちゃんも、わたしのラブジュースを飲みたいのでしょうか?",

"アーニャ": "アーニャ",

"『ええ。アリスの愛液はとっても美味しくて大好きよ』": "『ええ。アリスの愛液はとっても美味しくて大好きよ』",

"想像の中でアーニャおねえちゃんが、わたしに囁きます。": "想像の中でアーニャおねえちゃんが、わたしに囁きます。",

"本の中でゆっくりと妹の唇を味わった姉が、レロリとおまんこに舐めます。": "本の中でゆっくりと妹の唇を味わった姉が、レロリとおまんこに舐めます。",

"「くぅ、んん、そこ……いい、よぉ『蕩けたアリサのおまんこ汁で姉の口元はドロドロに": "「くぅ、んん、そこ……いい、よぉ『蕩けたアリサのおまんこ汁で姉の口元はドロドロに",

"なっていました。それでも舌は止まらず、アリサの柔らかいおまんこを』……ふぁぁ」": "なっていました。それでも舌は止まらず、アリサの柔らかいおまんこを』……ふぁぁ」",

"「おねえちゃん……アーニャおねえちゃん……わたしの、おまんこ……なめて……": "「おねえちゃん……アーニャおねえちゃん……わたしの、おまんこ……なめて……",

"アリサちゃんみたいにクンニして、おまんこクンニしてぇ……」": "アリサちゃんみたいにクンニして、おまんこクンニしてぇ……」",

"ぬちゅぬちゅという音と吐息が響き、えっちな音に体は熱くなるばかりです。": "ぬちゅぬちゅという音と吐息が響き、えっちな音に体は熱くなるばかりです。",

"本の出来事と現実が混ざり合い、自分がおねえちゃんに舐められているように感じられます。": "本の出来事と現実が混ざり合い、自分がおねえちゃんに舐められているように感じられます。",

"「ふぅんんっ『姉の舌がワレメの上部にある敏感なクリトリスをつつくと……』": "「ふぅんんっ『姉の舌がワレメの上部にある敏感なクリトリスをつつくと……』",

"きゅぅっ、ぁ……ここ……クリトリスっていうんだ」": "きゅぅっ、ぁ……ここ……クリトリスっていうんだ」",

"挿絵にあるおまんこ。そこにあるぷっくりとしたお豆さんの名前を初めて知りました。": "挿絵にあるおまんこ。そこにあるぷっくりとしたお豆さんの名前を初めて知りました。",

"「『アリサの体が跳ね、幼いクリトリスが薄桃色に充血した。塗られた唾液は、アリサの": "「『アリサの体が跳ね、幼いクリトリスが薄桃色に充血した。塗られた唾液は、アリサの",

"おしっこ穴に垂れて二人の混合液を作り上げます……』」": "おしっこ穴に垂れて二人の混合液を作り上げます……』」",

"「んんんんんんっっっっ!」": "「んんんんんんっっっっ!」",

"くいっと腰を突き出すと、名前を知ったばかりの『クリトリス』が木箱に押しつぶされました。": "くいっと腰を突き出すと、名前を知ったばかりの『クリトリス』が木箱に押しつぶされました。",

"「こ、れ……しゅごい……あたま、ぱちぱち……したぁ」": "「こ、れ……しゅごい……あたま、ぱちぱち……したぁ」",

"腰が抜けそうなほどの快感にうまく言葉が喋れなくなります。": "腰が抜けそうなほどの快感にうまく言葉が喋れなくなります。",

"「クリトリス……すごい……これ、きもちいい、よぉ」": "「クリトリス……すごい……これ、きもちいい、よぉ」",

"じゅわっと溢れ出した愛液が、机の角から床にポタポタと落ちていきます。": "じゅわっと溢れ出した愛液が、机の角から床にポタポタと落ちていきます。",

"「次は……なに、するの……アーニャおねえちゃん」": "「次は……なに、するの……アーニャおねえちゃん」",

"くちくちっと音がするくらいにワレメを角に押しつけ、本の中の姉とアーニャおねえちゃんを": "くちくちっと音がするくらいにワレメを角に押しつけ、本の中の姉とアーニャおねえちゃんを",

"重ね合わせます。": "重ね合わせます。",

"「はぁ、んんんっっっ『つぷりと、姉にしか許したことのない少女の穴に舌が侵入しました』": "「はぁ、んんんっっっ『つぷりと、姉にしか許したことのない少女の穴に舌が侵入しました』",

"……あな? あながあるの?」": "……あな? あながあるの?」",

"挿絵では、姉の舌がアリサの内側に入っているようでした。": "挿絵では、姉の舌がアリサの内側に入っているようでした。",

"「んんっ、ここ……に……あるの? わたしにも、んんんんんんぁっっ……!」": "「んんっ、ここ……に……あるの? わたしにも、んんんんんんぁっっ……!」",

"探るように位置をずらすと、なめらかな角が自分に浅く入ったのを感じます。": "探るように位置をずらすと、なめらかな角が自分に浅く入ったのを感じます。",

"「あ、は……あった、ここなんだ……おまんこの、あなぁ……」": "「あ、は……あった、ここなんだ……おまんこの、あなぁ……」",

"思わず吐息が溢れてしまいます。": "思わず吐息が溢れてしまいます。",

"頭の芯まで痺れるようなクリトリスの刺激とは異なる、波立つような快感に足が震えました。": "頭の芯まで痺れるようなクリトリスの刺激とは異なる、波立つような快感に足が震えました。",

"「おねえちゃん、おまんこ……して、アリスのおまんこ、ぺろぺろってクンニしてぇ……」": "「おねえちゃん、おまんこ……して、アリスのおまんこ、ぺろぺろってクンニしてぇ……」",

"本の中でお姉ちゃんは、妹のおまんこを犬のように舐め回します。": "本の中でお姉ちゃんは、妹のおまんこを犬のように舐め回します。",

"「おまんこ汁、おいしい? おねえちゃん……わたしの、おまんこ汁……なめたいの?": "「おまんこ汁、おいしい? おねえちゃん……わたしの、おまんこ汁……なめたいの?",

"のみたいの?」": "のみたいの?」",

"角で擦りながら必死で舐めては、クンニするおねえちゃんを想像します。": "角で擦りながら必死で舐めては、クンニするおねえちゃんを想像します。",

"「なめてっ! クリトリスも、おまんこも、おしっこ穴も……いっぱいなめてぇ! おまんこ汁、": "「なめてっ! クリトリスも、おまんこも、おしっこ穴も……いっぱいなめてぇ! おまんこ汁、",

"たくさん飲んでっっっ!」": "たくさん飲んでっっっ!」",

"硬い角をおねえちゃんの歯に見立てて、敏感なクリトリスを押しつぶします。": "硬い角をおねえちゃんの歯に見立てて、敏感なクリトリスを押しつぶします。",

"「いっぱい、でるの……おまんこ、きもちよくて……たくさん、お汁でちゃうの……おねえちゃん": "「いっぱい、でるの……おまんこ、きもちよくて……たくさん、お汁でちゃうの……おねえちゃん",

"のクンニで……おもらし、しちゃうのぉぉっ」": "のクンニで……おもらし、しちゃうのぉぉっ」",

"滲み出した愛液は、床に水たまりを作っていました。クリトリスも、おまんこも、気持ちよくて\n堪りません。": "滲み出した愛液は、床に水たまりを作っていました。クリトリスも、おまんこも、気持ちよくて\n堪りません。",

"「わたし、うれしい……おねえちゃんがクンニしてくれるの、すき。おねえちゃん、もっと": "「わたし、うれしい……おねえちゃんがクンニしてくれるの、すき。おねえちゃん、もっと",

"……もっとぉ」": "……もっとぉ」",

"快楽に押し出されるように、股間をこすりつけます。溢れたお汁は、机の上にも広がり\nベタベタになっていました。": "快楽に押し出されるように、股間をこすりつけます。溢れたお汁は、机の上にも広がり\nベタベタになっていました。",

"「わたしたち……姉妹なのに、えっちなことしてる……本みたいにおねえちゃんとえっちしてる。": "「わたしたち……姉妹なのに、えっちなことしてる……本みたいにおねえちゃんとえっちしてる。",

"こんなこと、しちゃだめって……書いてるのにぃ……ふぁぁぁっ」": "こんなこと、しちゃだめって……書いてるのにぃ……ふぁぁぁっ」",

"想像の中のおねえちゃんは、喉を鳴らしてわたしのラブジュースを飲み続けています。": "想像の中のおねえちゃんは、喉を鳴らしてわたしのラブジュースを飲み続けています。",

"「んくぅっ『姉はアリサの愛液を貪るように』っ! はぅっ……『舌をおまんこの中をかき回し、": "「んくぅっ『姉はアリサの愛液を貪るように』っ! はぅっ……『舌をおまんこの中をかき回し、",

"ヒダの一枚一枚に唾液をぬりつけます』……おねえちゃん……そこ、すきなの」": "ヒダの一枚一枚に唾液をぬりつけます』……おねえちゃん……そこ、すきなの」",

"にゅるりとおまんこ穴を舐める舌が、自分でも触れたことのない部分をコリコリと刺激されて\nビリビリとした快感に走ります。": "にゅるりとおまんこ穴を舐める舌が、自分でも触れたことのない部分をコリコリと刺激されて\nビリビリとした快感に走ります。",

"「おねえちゃん……おねえちゃんっっ!」": "「おねえちゃん……おねえちゃんっっ!」",

"緻密に描写された文章が増え、姉の表情がえっちに蕩けていく様まで克明に描かれています。": "緻密に描写された文章が増え、姉の表情がえっちに蕩けていく様まで克明に描かれています。",

"「あ、あぁ『アーニャの唇がおまんこへのキスに、アリスは快感の声をあげます』んんんっ……": "「あ、あぁ『アーニャの唇がおまんこへのキスに、アリスは快感の声をあげます』んんんっ……",

"『無知だった少女のおまんこは、姉の舌で開発され歓喜の蜜を溢れさせます』」": "『無知だった少女のおまんこは、姉の舌で開発され歓喜の蜜を溢れさせます』」",

"「アーニャお姉ちゃん、おまんこきもちいい……おまんこ、きもちいい! もっと奥までクンニ": "「アーニャお姉ちゃん、おまんこきもちいい……おまんこ、きもちいい! もっと奥までクンニ",

"して! アリスのおまんこ、かき回してぇぇっ!」": "して! アリスのおまんこ、かき回してぇぇっ!」",

"本の中の姉が、わたしのお姉ちゃんになりました。アリサの顔がわたしと瓜二つになりました。": "本の中の姉が、わたしのお姉ちゃんになりました。アリサの顔がわたしと瓜二つになりました。",

"ですが、そんな不思議な出来事よりもわたしは気持ちよさの虜でした。": "ですが、そんな不思議な出来事よりもわたしは気持ちよさの虜でした。",

"「ひぅぅぅぅぅぅぅぅっっ! なか、なめてる……おまんこのなか、なめてるぅぅぅぅ」": "「ひぅぅぅぅぅぅぅぅっっ! なか、なめてる……おまんこのなか、なめてるぅぅぅぅ」",

"まるで本の中のアリサになったように、生暖かいものはおまんこに入ってくる感触がします。": "まるで本の中のアリサになったように、生暖かいものはおまんこに入ってくる感触がします。",

"「なめてる……おねえちゃんが、わたしのおまんこ、なめてるよぉぉぉぉぉぉっ」": "「なめてる……おねえちゃんが、わたしのおまんこ、なめてるよぉぉぉぉぉぉっ」",

"悦びに涙が滲み、とぷっと愛液が溢れ出します。": "悦びに涙が滲み、とぷっと愛液が溢れ出します。",

"夢でしょうか、幻覚でしょうか。もうどちらでも構いません。おねえちゃんが舐めてくれた\nのですから。": "夢でしょうか、幻覚でしょうか。もうどちらでも構いません。おねえちゃんが舐めてくれた\nのですから。",

"「おねえちゃん……おまんこ、ぺろぺろして! えっちなお汁飲んで! えっちなアリスに……": "「おねえちゃん……おまんこ、ぺろぺろして! えっちなお汁飲んで! えっちなアリスに……",

"クンニでお仕置きしてぇぇ」": "クンニでお仕置きしてぇぇ」",

"目を閉じたまま、おまんこを舐め回すおねえちゃんの舌を堪能します。": "目を閉じたまま、おまんこを舐め回すおねえちゃんの舌を堪能します。",

"『いけない子ね、アリス。こんなにエッチになっちゃうなんてオシオキよ』": "『いけない子ね、アリス。こんなにエッチになっちゃうなんてオシオキよ』",

"「ああ、ごめんなさい……ごめんなさいアーニャおねえちゃん。わたし、えっちな子なの": "「ああ、ごめんなさい……ごめんなさいアーニャおねえちゃん。わたし、えっちな子なの",

"……わるい子なのぉぉ」": "……わるい子なのぉぉ」",

"大きな声でおねえちゃんに謝ります。": "大きな声でおねえちゃんに謝ります。",

"恥ずかしいのに、ドキドキしながらオシオキを期待してしまいます。": "恥ずかしいのに、ドキドキしながらオシオキを期待してしまいます。",

"『じゃあ、おねえちゃんが好きって言ったら許してあげるわ……ぺろっ、んんっ』": "『じゃあ、おねえちゃんが好きって言ったら許してあげるわ……ぺろっ、んんっ』",

"「ひぁぁぁぁぁぁぁっ! それすきぃ、おねえちゃんになめられるのすきっ! おねえちゃん": "「ひぁぁぁぁぁぁぁっ! それすきぃ、おねえちゃんになめられるのすきっ! おねえちゃん",

"すき……すきぃ、なめられるの、すきなのぉぉぉぉ」": "すき……すきぃ、なめられるの、すきなのぉぉぉぉ」",

"おねえちゃんに謝っても、おまんこを舐める舌は止まってくれません。": "おねえちゃんに謝っても、おまんこを舐める舌は止まってくれません。",

"それどころか、舌の動きは激しさが増しておまんこのなかをメチャクチャにかき回します。": "それどころか、舌の動きは激しさが増しておまんこのなかをメチャクチャにかき回します。",

"『どこがきもちいいの? おねえちゃんに教えて。アリスは、どこがすき?』": "『どこがきもちいいの? おねえちゃんに教えて。アリスは、どこがすき?』",

"「お、おまんこ……おまんこがきもちいいの! おまんこペロペロされるの、すきなの!": "「お、おまんこ……おまんこがきもちいいの! おまんこペロペロされるの、すきなの!",

"おねえちゃんが、すきなの!」": "おねえちゃんが、すきなの!」",

"『じゃあ、もっとしてあげる。いっぱい、気持ちよくなってね。私のアリス』": "『じゃあ、もっとしてあげる。いっぱい、気持ちよくなってね。私のアリス』",

"囁きが届いた瞬間、おまんこの深くまで温かい舌が差し込まれました。": "囁きが届いた瞬間、おまんこの深くまで温かい舌が差し込まれました。",

"「ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!? お、おくまでなめてる……おねえちゃんに、": "「ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!? お、おくまでなめてる……おねえちゃんに、",

"なめられてるよぉぉっ!」": "なめられてるよぉぉっ!」",

"おまんこのなかをクチュクチュッと音がします。舌が深いところを這い回る感覚に、背筋に\nゾクゾクとしたものが走ります。": "おまんこのなかをクチュクチュッと音がします。舌が深いところを這い回る感覚に、背筋に\nゾクゾクとしたものが走ります。",

"『きもちいいのねアリス。ビクビクと腰を浮かせちゃって……かわいいわ。もっと見せて』": "『きもちいいのねアリス。ビクビクと腰を浮かせちゃって……かわいいわ。もっと見せて』",

"「あ、ぁぁぁぁ……だめ、だめ……なにか来ちゃうっ! なにか、きちゃうよぉぉぉぉ!」": "「あ、ぁぁぁぁ……だめ、だめ……なにか来ちゃうっ! なにか、きちゃうよぉぉぉぉ!」",

"足が震え、机に押しつけた股間から大波のように快感が駆け上がってきます。": "足が震え、机に押しつけた股間から大波のように快感が駆け上がってきます。",

"「変だよ。おねえちゃんのクンニで、おまんこが……わたしのおまんこが、こわれちゃう": "「変だよ。おねえちゃんのクンニで、おまんこが……わたしのおまんこが、こわれちゃう",

"……こわれちゃうよぉぉ!」": "……こわれちゃうよぉぉ!」",

"舐められてビシャビシャになったおまんこから、えっちな液体がどんどん溢れてきます。": "舐められてビシャビシャになったおまんこから、えっちな液体がどんどん溢れてきます。",

"「おまんこから、おしるが出てる……おまんこ汁でてるぅ……おねえちゃんに、おまんこ汁": "「おまんこから、おしるが出てる……おまんこ汁でてるぅ……おねえちゃんに、おまんこ汁",

"をのまれてるよぉぉ」": "をのまれてるよぉぉ」",

"『こんなに濡らして、アリスは本当にわるい子ね』": "『こんなに濡らして、アリスは本当にわるい子ね』",

"「ごめんなさい。ごめんなさい……アーニャおねえちゃん、ごめんなさいぃぃぃぃぃっ!」": "「ごめんなさい。ごめんなさい……アーニャおねえちゃん、ごめんなさいぃぃぃぃぃっ!」",

"おまんこを舐められながら謝ると、これまでにない快感が一気に押し寄せてきます。": "おまんこを舐められながら謝ると、これまでにない快感が一気に押し寄せてきます。",

"「おねえちゃん。えっちな子で、ごめんなさい……おまんこ舐められてよろこんじゃう、": "「おねえちゃん。えっちな子で、ごめんなさい……おまんこ舐められてよろこんじゃう、",

"えっちな子で……ごめんなさいいぃぃっ!!」": "えっちな子で……ごめんなさいいぃぃっ!!」",

"自分がえっちだと告白すると、体がバラバラになりそうな感覚がやってきました。": "自分がえっちだと告白すると、体がバラバラになりそうな感覚がやってきました。",

"「アーニャおねえちゃん! アーニャおねえちゃんんんっっっ! ふぁあああああああああ": "「アーニャおねえちゃん! アーニャおねえちゃんんんっっっ! ふぁあああああああああ",

"あああっっっ」": "あああっっっ」",

"そして大好きな人の名を口にした瞬間、頭が真っ白になるほどの快感に包まれます。": "そして大好きな人の名を口にした瞬間、頭が真っ白になるほどの快感に包まれます。",

"「ああ、ぁ……あぁ、ぅ……んん、ぅ」": "「ああ、ぁ……あぁ、ぅ……んん、ぅ」",

"ぴゅっ、ぴゅっと透明なお汁が吹き出すのが霞んだ目に映りますが、私の腰は止まりません。": "ぴゅっ、ぴゅっと透明なお汁が吹き出すのが霞んだ目に映りますが、私の腰は止まりません。",

"「きもちいい……これ、きもちいい……おまんこ、くちゅくちゅって、されるの……すき、これ": "「きもちいい……これ、きもちいい……おまんこ、くちゅくちゅって、されるの……すき、これ",

"……すきぃぃ」": "……すきぃぃ」",

"甘い快感に流されるままにページをめくり、本のなかで繰り広げられる行為にお姉ちゃんと私を": "甘い快感に流されるままにページをめくり、本のなかで繰り広げられる行為にお姉ちゃんと私を",

"すでに机の下には大きな水たまりが出来上がり、そこにおまんこから溢れた汁が滴るのが分かり": "すでに机の下には大きな水たまりが出来上がり、そこにおまんこから溢れた汁が滴るのが分かり",

"ます。": "ます。",

"「ああ、おもらししてるぅ……わたし、おねえちゃんにえっちなおもらし、しちゃってるぅ♥": "「ああ、おもらししてるぅ……わたし、おねえちゃんにえっちなおもらし、しちゃってるぅ♥",

"しゅごい、これ……しゅごいよぉ♥」": "しゅごい、これ……しゅごいよぉ♥」",

"太ももまでヌルヌルにしながら、机の角に敏感な膨らみをこすりつけます。": "太ももまでヌルヌルにしながら、机の角に敏感な膨らみをこすりつけます。",

"想像の中の舌が私のおまんこを舐め回し、おしるをゴクゴクと飲んでいく錯覚に頭のなかが\n蕩けていきます。": "想像の中の舌が私のおまんこを舐め回し、おしるをゴクゴクと飲んでいく錯覚に頭のなかが\n蕩けていきます。",

"「おねえちゃん……もっと、おねえちゃん……なめて。アリスのおまんこ、なめてぇぇ……": "「おねえちゃん……もっと、おねえちゃん……なめて。アリスのおまんこ、なめてぇぇ……",

"おねえちゃんになめてほしいのぉ」": "おねえちゃんになめてほしいのぉ」",

"子犬のように舌を出して懇願すると、次のページの姉妹が望んだ通りの行為を行っています。": "子犬のように舌を出して懇願すると、次のページの姉妹が望んだ通りの行為を行っています。",

"「んんんっっ、そこ、いいよぉ……こりこり、するの……すきぃ♥ クリトリス、ぃぃ……": "「んんんっっ、そこ、いいよぉ……こりこり、するの……すきぃ♥ クリトリス、ぃぃ……",

"すごく……きもひ、いぃ」": "すごく……きもひ、いぃ」",

"本に書いてある言葉を、そのまま口にしておねえちゃんにおまんこを押し付けます。": "本に書いてある言葉を、そのまま口にしておねえちゃんにおまんこを押し付けます。",

"「ふぅっ、きゅぅ、んんんんんんんんんっっっっっっ♥」": "「ふぅっ、きゅぅ、んんんんんんんんんっっっっっっ♥」",

"体がビクビクと跳ねて、床の水たまりがまた広がっていきます。": "体がビクビクと跳ねて、床の水たまりがまた広がっていきます。",

"「ああ、またきちゃう……またビクビクってなっちゃぅ……おねえちゃん♥ アーニャ": "「ああ、またきちゃう……またビクビクってなっちゃぅ……おねえちゃん♥ アーニャ",

"おねえちゃんんんんんっっ」": "おねえちゃんんんんんっっ」",

"どれだけページをめくっても終わりはみえず、いつしか本の中の姉妹も私とアーニャ\nお姉ちゃんになっていました。": "どれだけページをめくっても終わりはみえず、いつしか本の中の姉妹も私とアーニャ\nお姉ちゃんになっていました。",

"「あはっっ、わたしたちだぁ……ほんのなか、で……えっちしてるぅぅぅ♥」": "「あはっっ、わたしたちだぁ……ほんのなか、で……えっちしてるぅぅぅ♥」",

"私はおまたをこすりつけながら、えっちな本を読み耽ります。": "私はおまたをこすりつけながら、えっちな本を読み耽ります。",

"たくさんのえっちな言葉を覚えながら、クチュクチュという音に舌を出して快感を求める\nことしかできません。": "たくさんのえっちな言葉を覚えながら、クチュクチュという音に舌を出して快感を求める\nことしかできません。",

"「なめてぇ……おねえちゃん、わたしのおまんこ……クンニしてぇぇ♥」": "「なめてぇ……おねえちゃん、わたしのおまんこ……クンニしてぇぇ♥」",

"頭の中にあるのは気持ちよくなることだけで、他になにも考えることが出来ません。": "頭の中にあるのは気持ちよくなることだけで、他になにも考えることが出来ません。",

"「アーニャおねえちゃんん♥ アーニャおねえ……ちゃん♥ すきぃ、だいすきなのぉぉ": "「アーニャおねえちゃんん♥ アーニャおねえ……ちゃん♥ すきぃ、だいすきなのぉぉ",

"ぉぉぉ♥」": "ぉぉぉ♥」",

"「ああああ……また、くる。くるぅ……ビクビクってしちゃう……おねえちゃんの、クンニで": "「ああああ……また、くる。くるぅ……ビクビクってしちゃう……おねえちゃんの、クンニで",

"……いっちゃうぅよぉぉぉぉ」": "……いっちゃうぅよぉぉぉぉ」",

"声を上げた瞬間、大きな快楽の波が襲いかかります。": "声を上げた瞬間、大きな快楽の波が襲いかかります。",

"「あぁ……ぁぁぁ……きもひいい、もっと……して、おまんこ……きもひ……よく、してぇ": "「あぁ……ぁぁぁ……きもひいい、もっと……して、おまんこ……きもひ……よく、してぇ",

"ぇぇ♥」": "ぇぇ♥」",

"そして私は脳裏に浮かぶ大好きな人と、終わらない快感に飲み込まれたまま、私の意識は\nゆっくりと白く塗りつぶされていくのでした。": "そして私は脳裏に浮かぶ大好きな人と、終わらない快感に飲み込まれたまま、私の意識は\nゆっくりと白く塗りつぶされていくのでした。",

"「画着什么。嗯……是什么意思呢……?」": "「画着什么。嗯……是什么意思呢……?」",

"●=8": "●=8",

"单击下一步": "单击下一步",

"点击返回游戏": "点击返回游戏",

"「きゃあああああああああっっ!?」": "「きゃあああああああああっっ!?」",

"トイレを済ませた途端、なにかが襲いかかってきました。": "トイレを済ませた途端、なにかが襲いかかってきました。",

"それはヌルヌルとした蛇のようなもので、あっという間に手足を縛り上げます。": "それはヌルヌルとした蛇のようなもので、あっという間に手足を縛り上げます。",

"「ひぃっ、はなして! はなしてよ!」": "「ひぃっ、はなして! はなしてよ!」",

"手足に巻き付いた肉色の蛇を振り払おうともがいても、それは服の中にまで入り込み、スカートを\n捲りあげてしまいます。": "手足に巻き付いた肉色の蛇を振り払おうともがいても、それは服の中にまで入り込み、スカートを\n捲りあげてしまいます。",

"「やだ、やだぁぁぁぁぁっ!」": "「やだ、やだぁぁぁぁぁっ!」",

"恥ずかしさに体をねじっても、触手のような生き物は下着をつりあげて自由を奪います。": "恥ずかしさに体をねじっても、触手のような生き物は下着をつりあげて自由を奪います。",

"「っっ! やめて、パンツひっぱらないで。恥ずかしいことしないで!」": "「っっ! やめて、パンツひっぱらないで。恥ずかしいことしないで!」",

"肌に食い込む布地に、おまたが痛みました。だけど、粘液を塗りつける触手はグイグイと下着を\n引き上げるばかりです。": "肌に食い込む布地に、おまたが痛みました。だけど、粘液を塗りつける触手はグイグイと下着を\n引き上げるばかりです。",

"「ひっぱらないで、やぶれちゃう! パンツが……おしりが見えちゃうよぉ」": "「ひっぱらないで、やぶれちゃう! パンツが……おしりが見えちゃうよぉ」",

"痛みと羞恥に体がこわばります。下着はつりあげられ、お尻が見えているのがわかりました。": "痛みと羞恥に体がこわばります。下着はつりあげられ、お尻が見えているのがわかりました。",

"「やめて、やめてよぉ。パンツ、ひっぱらないでぇ!」": "「やめて、やめてよぉ。パンツ、ひっぱらないでぇ!」",

"「ふぐっっ!?」": "「ふぐっっ!?」",

"羞恥に叫んだ私の口に不意に、なにかがずるりっと入ってきました。": "羞恥に叫んだ私の口に不意に、なにかがずるりっと入ってきました。",

"「むっ、むぐぅぅぅっっ!? んんんんんっっ!?」": "「むっ、むぐぅぅぅっっ!? んんんんんっっ!?」",

"それは手足に巻き付いたものと同じ触手でした。ベトベトとしたものが口の中に広がり、舌に\nどろりと絡みつきます。": "それは手足に巻き付いたものと同じ触手でした。ベトベトとしたものが口の中に広がり、舌に\nどろりと絡みつきます。",

"いや! なにこれ、いや! いやーーーーーー!": "いや! なにこれ、いや! いやーーーーーー!",

"嫌悪感に叫ぼうとしても、口を塞がれて声を上げることもできません。": "嫌悪感に叫ぼうとしても、口を塞がれて声を上げることもできません。",

"口の中はドロドロでいっぱいになって、息を吸うだけで精一杯です。べたべたと口の中を汚される\n感覚に、涙が滲んでしまいます。": "口の中はドロドロでいっぱいになって、息を吸うだけで精一杯です。べたべたと口の中を汚される\n感覚に、涙が滲んでしまいます。",

"きもちわるい。きもちわるいよぉ……へんなあじが、舌にからんでくるよぉ": "きもちわるい。きもちわるいよぉ……へんなあじが、舌にからんでくるよぉ",

"触手は口の中をうねうねと這いずり、ゆっくりと舌を舐め回しました。": "触手は口の中をうねうねと這いずり、ゆっくりと舌を舐め回しました。",

"生暖くて、生臭くて、弾力がある触手が口のなかでピクピクと動いています。": "生暖くて、生臭くて、弾力がある触手が口のなかでピクピクと動いています。",

"やだ。こんなのやだよぉ……ぬるぬるで、きもちわるい。なんで、こんなことに。あぐぅっっ!": "やだ。こんなのやだよぉ……ぬるぬるで、きもちわるい。なんで、こんなことに。あぐぅっっ!",

"口の中の触手は頬の裏や、奥の歯茎、喉の入り口までヌルヌルを塗りつけながら\nパンツを強く引っ張りあげます。": "口の中の触手は頬の裏や、奥の歯茎、喉の入り口までヌルヌルを塗りつけながら\nパンツを強く引っ張りあげます。",

"口の中は、もう触手の粘液でいっぱいです。虐められたおまたがジンジンします。": "口の中は、もう触手の粘液でいっぱいです。虐められたおまたがジンジンします。",

"いたい、やめて……ひっぱらないで。くちのなか、きもちわるいよぉ。\nうううううっっ……えいっ!": "いたい、やめて……ひっぱらないで。くちのなか、きもちわるいよぉ。\nうううううっっ……えいっ!",

"触手に好きにされる嫌悪感に耐えきれず、思い切って口の中のものにガリッと歯を立てました。": "触手に好きにされる嫌悪感に耐えきれず、思い切って口の中のものにガリッと歯を立てました。",

"「こほっ、はぁはぁ……ひぁぁぁっ!?」": "「こほっ、はぁはぁ……ひぁぁぁっ!?」",

"口の中の触手が抜け落ちて、荒い息を吐き出した瞬間、お尻に痛みが走ります。": "口の中の触手が抜け落ちて、荒い息を吐き出した瞬間、お尻に痛みが走ります。",

"「ひっっ、いたっ! いたい、いたいっ!」": "「ひっっ、いたっ! いたい、いたいっ!」",

"バシッバシッとお尻を叩く音が響き渡り、容赦ない痛みが襲いかかります。": "バシッバシッとお尻を叩く音が響き渡り、容赦ない痛みが襲いかかります。",

"「叩かないで、おしり叩かないでよぉ! いたい、いたっ……いたいよぉ! ううっ……": "「叩かないで、おしり叩かないでよぉ! いたい、いたっ……いたいよぉ! ううっ……",

"やめて、やめてぇっ!」": "やめて、やめてぇっ!」",

"噛まれた触手は怒ったのか、何度もお尻を強く叩きます。ムチのように唸る触手が風切音を\n立てるたびに、鈍い痛みに涙が滲みます。": "噛まれた触手は怒ったのか、何度もお尻を強く叩きます。ムチのように唸る触手が風切音を\n立てるたびに、鈍い痛みに涙が滲みます。",

"「やめて、たたかないで……噛まないから、もう噛まないから……いたい、いたいっ!": "「やめて、たたかないで……噛まないから、もう噛まないから……いたい、いたいっ!",

"おねがい、やめてぇ」": "おねがい、やめてぇ」",

"言葉が通じるかも分からない触手に懇願しても、お尻を叩く行為は止まりません。何度も乾いた\n音がして、ヒリヒリとした痛みに涙が流れてしまいます。": "言葉が通じるかも分からない触手に懇願しても、お尻を叩く行為は止まりません。何度も乾いた\n音がして、ヒリヒリとした痛みに涙が流れてしまいます。",

"「ごめんなさい。ごめんなさい。もうしない、もうしないから! ごめんなさいぃ、うぅぅぅ」": "「ごめんなさい。ごめんなさい。もうしない、もうしないから! ごめんなさいぃ、うぅぅぅ」",

"動けないまま臀部を打たれる痛みに、心が屈してしまいます。": "動けないまま臀部を打たれる痛みに、心が屈してしまいます。",

"「ぅぅぅ……いたかった、よぉ。ひどいよ」": "「ぅぅぅ……いたかった、よぉ。ひどいよ」",

"ポロポロと零れる涙を俯いていると、噛んだ触手がまた近づいてきます。それはゆっくりと\n唇に触れ、粘液を塗りつけてきました。": "ポロポロと零れる涙を俯いていると、噛んだ触手がまた近づいてきます。それはゆっくりと\n唇に触れ、粘液を塗りつけてきました。",

"「なめろ、っていうの? そんなぁ……いやだよぉ」": "「なめろ、っていうの? そんなぁ……いやだよぉ」",

"自分から口に含むことを求めるような仕草に、嫌悪感を抱きます。もうあのヌメヌメを口なんて\n入れたくありません。": "自分から口に含むことを求めるような仕草に、嫌悪感を抱きます。もうあのヌメヌメを口なんて\n入れたくありません。",

"「きゃぁっっ!」": "「きゃぁっっ!」",

"だけど、戸惑っているうちに触手にまたお尻を叩かれました。口の前の触手を咥えなければ\n何度でも叩かれるのでしょう。": "だけど、戸惑っているうちに触手にまたお尻を叩かれました。口の前の触手を咥えなければ\n何度でも叩かれるのでしょう。",

"「うう……やだよぉぉ。こんなのやだよぉ……」": "「うう……やだよぉぉ。こんなのやだよぉ……」",

"叩かれるのが怖くて触手に顔をよせて、唇を触れさせます。": "叩かれるのが怖くて触手に顔をよせて、唇を触れさせます。",

"「れ、ぅ……ぺろ。ぺちゃ……んん、ぬるぬるしてるよぉ。ん、ぴちゃ、ぴち…………": "「れ、ぅ……ぺろ。ぺちゃ……んん、ぬるぬるしてるよぉ。ん、ぴちゃ、ぴち…………",

"はむっ、ん……れろ」": "はむっ、ん……れろ」",

"触手の先端を舐め、ドロドロの先っぽを咥えます。": "触手の先端を舐め、ドロドロの先っぽを咥えます。",

"口の中でビクビクと震える触手は、先程のように動くことはありません。ですが、自分から\n舐めないときっと強く叩かれるのが分かります。": "口の中でビクビクと震える触手は、先程のように動くことはありません。ですが、自分から\n舐めないときっと強く叩かれるのが分かります。",

"「ん、はぁ……ぴちゃ、ぺちゃ……ちゅぅ、れろ……れぅ、はぁ……はぁ……んんっっ」": "「ん、はぁ……ぴちゃ、ぺちゃ……ちゅぅ、れろ……れぅ、はぁ……はぁ……んんっっ」",

"うう、きもちわるい。きもちわるいよぉ……ぬるぬるしてる。でも……なんだか、ボーッと": "うう、きもちわるい。きもちわるいよぉ……ぬるぬるしてる。でも……なんだか、ボーッと",

"するよぉ": "するよぉ",

"舐めているうちに、頭がぼんやりとしてきます。気持ち悪いだけだった触手の粘液も少し\n甘くなったように感じます。": "舐めているうちに、頭がぼんやりとしてきます。気持ち悪いだけだった触手の粘液も少し\n甘くなったように感じます。",

"あ、ぅ……パンツ、またぐいぐいってしてる……おまた、なんだか熱い": "あ、ぅ……パンツ、またぐいぐいってしてる……おまた、なんだか熱い",

"パンツを引き上げられ、あそこがビリビリします。": "パンツを引き上げられ、あそこがビリビリします。",

"しかし最初のような強引さはなく、おしっこをしたばかりのおまたがじわりと熱くなってきます。": "しかし最初のような強引さはなく、おしっこをしたばかりのおまたがじわりと熱くなってきます。",

"「ちゅっ、ぴちゃ、ちゅぅ……ふぁ、おまた……が……あつい、あついよぉ。おまたに": "「ちゅっ、ぴちゃ、ちゅぅ……ふぁ、おまた……が……あつい、あついよぉ。おまたに",

"くいこんで、るぅ……はぁ、んんっ」": "くいこんで、るぅ……はぁ、んんっ」",

"なんだろう。きもち、いい? これ、きもちよくなってきた……?": "なんだろう。きもち、いい? これ、きもちよくなってきた……?",

"ぐいっぐいっとパンツが食い込むたびに、甘い痺れが広がっていきます。熱い吐息がもれて\nおまたが湿っていくのが伝わってきます。": "ぐいっぐいっとパンツが食い込むたびに、甘い痺れが広がっていきます。熱い吐息がもれて\nおまたが湿っていくのが伝わってきます。",

"「ん、んんっっ……しょくしゅ、さん……ぬるぬる……して、る。あつい……あついよぉ」": "「ん、んんっっ……しょくしゅ、さん……ぬるぬる……して、る。あつい……あついよぉ」",

"水分を含んだパンツはますます食い込み、体が熱くなっていきます。": "水分を含んだパンツはますます食い込み、体が熱くなっていきます。",

"コリコリとした部分に刺激されるたびに、足先がビクビクと跳ねてしまいます。": "コリコリとした部分に刺激されるたびに、足先がビクビクと跳ねてしまいます。",

"なんだろう? きもちわるいはずなのに……おまた、きもちよくなって……これ、ふわふわ": "なんだろう? きもちわるいはずなのに……おまた、きもちよくなって……これ、ふわふわ",

"触手を咥えたまま、おまたから生まれる感覚に身を委ねます。頭がぽわぽわして考えが\nまとまりません。": "触手を咥えたまま、おまたから生まれる感覚に身を委ねます。頭がぽわぽわして考えが\nまとまりません。",

"「あん……んっ、ぁぁ……そこ、だめぇ……たたいちゃ、だめぇ。そこ、だめなのぉ……」": "「あん……んっ、ぁぁ……そこ、だめぇ……たたいちゃ、だめぇ。そこ、だめなのぉ……」",

"触手に敏感なところを叩かれ、グイグイと引っ張られるパンツがおまたを刺激します。": "触手に敏感なところを叩かれ、グイグイと引っ張られるパンツがおまたを刺激します。",

"クニクニと触られる感触に、目の前が霞んでしまいます。": "クニクニと触られる感触に、目の前が霞んでしまいます。",

"「ふぁ、たたいちゃ……だめ。おしりを、たたいちゃ……だめぇ……」": "「ふぁ、たたいちゃ……だめ。おしりを、たたいちゃ……だめぇ……」",

"触手たちはお尻をたたき、ジンジンと疼くおまたを何度もノックします。それに気持ちよさを\n感じるのを止められません。": "触手たちはお尻をたたき、ジンジンと疼くおまたを何度もノックします。それに気持ちよさを\n感じるのを止められません。",

"おしり、叩いてる。いっぱい、ペシペシしてるぅ。あ、そこ……いいよぉ。しょくしゅ……\nすき、かも": "おしり、叩いてる。いっぱい、ペシペシしてるぅ。あ、そこ……いいよぉ。しょくしゅ……\nすき、かも",

"私は口の中の触手を舐めながら、優しく叩かれる快感をゆっくりと味わいます。": "私は口の中の触手を舐めながら、優しく叩かれる快感をゆっくりと味わいます。",

"気持ち悪かった粘液も、今はなぜか美味しく感じます。": "気持ち悪かった粘液も、今はなぜか美味しく感じます。",

"ふぁぁ、これ……きもち、いい……おまた、きもち……いいよぉ。もっと、たたいて……\nやさしく、たたいてぇ": "ふぁぁ、これ……きもち、いい……おまた、きもち……いいよぉ。もっと、たたいて……\nやさしく、たたいてぇ",

"甘い感覚に足先が震え、おまたからポタポタとお汁が垂れる音が聞こえます。体はどんどん\n熱くなり、快感は波のように迫ってきます。": "甘い感覚に足先が震え、おまたからポタポタとお汁が垂れる音が聞こえます。体はどんどん\n熱くなり、快感は波のように迫ってきます。",

"「あ、あああ……はやく、なってる。たたくの、はやくなってるよぉ。ふあ、ん、ぁぁ……": "「あ、あああ……はやく、なってる。たたくの、はやくなってるよぉ。ふあ、ん、ぁぁ……",

"ん、はぁ……ぁっ」": "ん、はぁ……ぁっ」",

"気持ちよさにおしりの穴が、きゅぅと小さくなるのを感じます。こんな感覚を初めてなのに\nもっと欲しくて仕方ありません。": "気持ちよさにおしりの穴が、きゅぅと小さくなるのを感じます。こんな感覚を初めてなのに\nもっと欲しくて仕方ありません。",

"「ちゅぱ、れろ……れろぅ、ぺちゃぺちゃ……おい、し……も、っとぉ……しょく、しゅ……": "「ちゅぱ、れろ……れろぅ、ぺちゃぺちゃ……おい、し……も、っとぉ……しょく、しゅ……",

"おしる、おいしぃ……」": "おしる、おいしぃ……」",

"あっっ、いい……きもちいい、おまた……いい。きてる……なにか、きもちいいの……\nきてるよぉ": "あっっ、いい……きもちいい、おまた……いい。きてる……なにか、きもちいいの……\nきてるよぉ",

"触手をチュパチュパと飴玉のようにしゃぶりながら、フワフワする感覚に身を任せます。": "触手をチュパチュパと飴玉のようにしゃぶりながら、フワフワする感覚に身を任せます。",

"「ん、んっっ……はぁ、ぁ……く、る……きちゃう。ちゅ、ぴちゃ……ん、はぁ……きちゃう": "「ん、んっっ……はぁ、ぁ……く、る……きちゃう。ちゅ、ぴちゃ……ん、はぁ……きちゃう",

"よぉ。ぁぁ……くぅ、んんっ!」": "よぉ。ぁぁ……くぅ、んんっ!」",

"気持ちよさは強くなり、なにかが背筋を昇ってくるのを感じます。": "気持ちよさは強くなり、なにかが背筋を昇ってくるのを感じます。",

"きちゃう……おねえちゃん、わたし……へんになっちゃう。へんになっちゃうよぉ!": "きちゃう……おねえちゃん、わたし……へんになっちゃう。へんになっちゃうよぉ!",

"そして、触手がパシンッとお尻を強く叩いた瞬間――": "そして、触手がパシンッとお尻を強く叩いた瞬間――",

"「ふわああああああああああああああっっっ!!」": "「ふわああああああああああああああっっっ!!」",

"感じたことのない快感に、あそこから沢山のおしるが吹き出しました。": "感じたことのない快感に、あそこから沢山のおしるが吹き出しました。",

"「あ、ぁぁ……す、ごい……きもちよか、ったぁ……♥」": "「あ、ぁぁ……す、ごい……きもちよか、ったぁ……♥」",

"溢れ出した快感に全身がビクビクと震え、ぐったりと倒れ込んでしまいます。": "溢れ出した快感に全身がビクビクと震え、ぐったりと倒れ込んでしまいます。",

"すご、かった……よ。おねえちゃん……♥": "すご、かった……よ。おねえちゃん……♥",

"だけど自由は返らず、体を縛る触手たちはわたしを包み込むようにじわじわと迫ってきます。": "だけど自由は返らず、体を縛る触手たちはわたしを包み込むようにじわじわと迫ってきます。",

"わたしは二度と帰れないことを予感しながら、また触手がくれるはずの快感に期待してしまうの": "わたしは二度と帰れないことを予感しながら、また触手がくれるはずの快感に期待してしまうの",

"でした。": "でした。",

"点击前进": "点击前进",

"跳过事件场景(有死亡描写)吗?": "跳过事件场景(有死亡描写)吗?",

"提示从菜单的场景回忆中可以随时看到。": "提示从菜单的场景回忆中可以随时看到。",

"「咦……我……」": "「咦……我……」",

"突然睁开眼睛,发现那里空荡荡的。单间里没有尸体,只有绳子吊着。": "突然睁开眼睛,发现那里空荡荡的。单间里没有尸体,只有绳子吊着。",

"「是梦……吗?」": "「是梦……吗?」",

"虽然身上汗流浃背,但裙子上没有尾巴。": "虽然身上汗流浃背,但裙子上没有尾巴。",

"「……不找姐姐的话!」": "「……不找姐姐的话!」",

"我对那个奇妙感到害怕,决定早点找姐姐。": "我对那个奇妙感到害怕,决定早点找姐姐。",

"啊,这个…": "啊,这个…",

"那个时候,突然发现发光的东西。": "那个时候,突然发现发光的东西。",

"把螺丝刀弄到手了": "把螺丝刀弄到手了",

"如果有这个道具的话,也许可以取下螺丝": "如果有这个道具的话,也许可以取下螺丝",

"「诶,骗人的……小丽莎……?」": "「诶,骗人的……小丽莎……?」",

"打开的门前,昨天刚玩过的朋友被吊死了。": "打开的门前,昨天刚玩过的朋友被吊死了。",

"莉莎的脖子上缠绕着剥下的绳子,那个身体失去了血气变白了。\n挂在单间里摇晃的样子,就像成熟的果实一样。": "莉莎的脖子上缠绕着剥下的绳子,那个身体失去了血气变白了。\n挂在单间里摇晃的样子,就像成熟的果实一样。",

"「啊……啊,那样的……太过分了,为什么」": "「啊……啊,那样的……太过分了,为什么」",

"总是闪闪发光的眼睛,浑浊不清。": "总是闪闪发光的眼睛,浑浊不清。",

"刚开始说话的嘴唇张开了,舌头就耷拉出来了。": "刚开始说话的嘴唇张开了,舌头就耷拉出来了。",

"开心地抚摸着我的头的双手,指甲剥落了,沾满了血。": "开心地抚摸着我的头的双手,指甲剥落了,沾满了血。",

"脖子上像是被扒了一样,有好几处划伤。": "脖子上像是被扒了一样,有好几处划伤。",

"「为什么……小丽莎会这样……」": "「为什么……小丽莎会这样……」",

"关系很好地说着的朋友的残忍的遗体,与力量遗漏进入了。": "关系很好地说着的朋友的残忍的遗体,与力量遗漏进入了。",

"从莉莎的胯下漏出来的尿尿,紧紧地弄湿了裙子我已经\n站不起来了。": "从莉莎的胯下漏出来的尿尿,紧紧地弄湿了裙子我已经\n站不起来了。",

"「丽莎……」": "「丽莎……」",

"如果不能移开视线的话,声音就会在头脑中回响。那是莉莎的声音。": "如果不能移开视线的话,声音就会在头脑中回响。那是莉莎的声音。",

"——为什么……你没有救我?为什么,为什么,为什么,明明是朋友!?——": "——为什么……你没有救我?为什么,为什么,为什么,明明是朋友!?——",

"在充满怨恨的冰冷声音中,突然响起了尖叫声。": "在充满怨恨的冰冷声音中,突然响起了尖叫声。",

"――爱丽丝!!――": "――爱丽丝!!――",

"「咦!?」": "「咦!?」",

"然后浑浊的眼睛瞪着我的瞬间,我的意识慢慢地融入了黑暗中。": "然后浑浊的眼睛瞪着我的瞬间,我的意识慢慢地融入了黑暗中。",

"抱き上げた瞬間、人形の赤ちゃんが弾けて目の前が真っ暗になりました。": "抱き上げた瞬間、人形の赤ちゃんが弾けて目の前が真っ暗になりました。",

"「えっ、えっ……なに、いたっ!?」": "「えっ、えっ……なに、いたっ!?」",

"暗闇のなかでチクリとした痛みが走り、胸にジンジン熱くなってきます。": "暗闇のなかでチクリとした痛みが走り、胸にジンジン熱くなってきます。",

"「なっ、なに……おっぱいがあつい、あついよ」": "「なっ、なに……おっぱいがあつい、あついよ」",

"腫れたように熱を持つ胸。それに戸惑っているうちに、かゆみにも似た感覚が強くなってきます。": "腫れたように熱を持つ胸。それに戸惑っているうちに、かゆみにも似た感覚が強くなってきます。",

"「いやっ、なにか……巻き付いてる。ぬるぬる、してるっっ!」": "「いやっ、なにか……巻き付いてる。ぬるぬる、してるっっ!」",

"なにかが体に巻きつき、ネトネトとしたものを塗りつけてくる感触。だけど、目隠しをされた\n状態ではなにも見えません。": "なにかが体に巻きつき、ネトネトとしたものを塗りつけてくる感触。だけど、目隠しをされた\n状態ではなにも見えません。",

"「いや、はなしてっ! はなしてぇぇっ!」": "「いや、はなしてっ! はなしてぇぇっ!」",

"必死で暴れると、目の前を覆っていたものが取り払われ――": "必死で暴れると、目の前を覆っていたものが取り払われ――",

"「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!?」": "「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!?」",

"予想もしない光景に悲鳴を上げてしまいます。": "予想もしない光景に悲鳴を上げてしまいます。",

"「なんで、なんで私のおむね……」": "「なんで、なんで私のおむね……」",

"まるで大人の女性のように腫れ上がった胸に、気味の悪い触手が巻き付いていました。": "まるで大人の女性のように腫れ上がった胸に、気味の悪い触手が巻き付いていました。",

"体を縛る触手はぬるりとした液体を塗りつけながら、肌を這い回ります。大きくなった胸を\n搾るように絡みつき、生温かいものをこすりつけてきます。": "体を縛る触手はぬるりとした液体を塗りつけながら、肌を這い回ります。大きくなった胸を\n搾るように絡みつき、生温かいものをこすりつけてきます。",

"「やめて、ずりずり動かないでぇ……うう、きもちわるいよぉ」": "「やめて、ずりずり動かないでぇ……うう、きもちわるいよぉ」",

"おへそに、こしに、胸に、執拗に巻き付く触手に嫌悪感で鳥肌が立ちます。だけど胸から生まれた\n熱と痺れは体中に広がって、力は抜けていくばかりです。": "おへそに、こしに、胸に、執拗に巻き付く触手に嫌悪感で鳥肌が立ちます。だけど胸から生まれた\n熱と痺れは体中に広がって、力は抜けていくばかりです。",

"「おむね、が……おっぱいに、なってる……おおきくなっちゃったよぉ」": "「おむね、が……おっぱいに、なってる……おおきくなっちゃったよぉ」",

"触手によって形を変える胸に、私の足が震えます。こんな形で大人のようなおっぱいになるなんて\n思いもしませんでした。": "触手によって形を変える胸に、私の足が震えます。こんな形で大人のようなおっぱいになるなんて\n思いもしませんでした。",

"「お姉ちゃん……ごめんなさい。おねえちゃん……」": "「お姉ちゃん……ごめんなさい。おねえちゃん……」",

"そのままの姿でいてと、お姉ちゃんに言われた日のことを思い出します。": "そのままの姿でいてと、お姉ちゃんに言われた日のことを思い出します。",

"はやく大人になりたいという気持ちはありました。だけど、こんなに大きくなった胸では、\nきっとお姉ちゃんをガッカリさせてしまうことでしょう。": "はやく大人になりたいという気持ちはありました。だけど、こんなに大きくなった胸では、\nきっとお姉ちゃんをガッカリさせてしまうことでしょう。",

"「ひぁ!? そこ……さわらないで、そんなところさわっちゃやだぁ!」": "「ひぁ!? そこ……さわらないで、そんなところさわっちゃやだぁ!」",

"だけど、触手は想いを踏みにじるように胸を揉みしだき、私に見せつけるように持ち上げて\n締め付けます。": "だけど、触手は想いを踏みにじるように胸を揉みしだき、私に見せつけるように持ち上げて\n締め付けます。",

"「やだぁ、こんなのやだ……もどして、もどしてよぉ……」": "「やだぁ、こんなのやだ……もどして、もどしてよぉ……」",

"ジンジンと疼く胸に、涙ながら懇願しても触手は動きを止めません。それどころか『大人』と\n呼べるサイズまで大きくなった胸を確かめるように、じっくりと這い回ります。": "ジンジンと疼く胸に、涙ながら懇願しても触手は動きを止めません。それどころか『大人』と\n呼べるサイズまで大きくなった胸を確かめるように、じっくりと這い回ります。",

"「やめ、てぇ……ぬるぬるにしないでぇ……きもちわるい、さわらないで……ぐにぐにしねいでぇ」": "「やめ、てぇ……ぬるぬるにしないでぇ……きもちわるい、さわらないで……ぐにぐにしねいでぇ」",

"舐め回すように胸を弄ぶ触手に、宿った熱がどんどん強くなってきます。吐息は荒くなり、\n感じたことのない感覚が足を震わせます。": "舐め回すように胸を弄ぶ触手に、宿った熱がどんどん強くなってきます。吐息は荒くなり、\n感じたことのない感覚が足を震わせます。",

"「もう……やぁっ、なんだかへんだよぉ……ちからが、ぬけちゃう。ぁぁ」": "「もう……やぁっ、なんだかへんだよぉ……ちからが、ぬけちゃう。ぁぁ」",

"胸から広がる痺れに目の前が霞みます。その間にもおっぱいを好き勝手に弄り回していた\n触手は、先っぽのピンク色の部分に先端を近づけます。": "胸から広がる痺れに目の前が霞みます。その間にもおっぱいを好き勝手に弄り回していた\n触手は、先っぽのピンク色の部分に先端を近づけます。",

"「ふわぁっっっ!?」": "「ふわぁっっっ!?」",

"ねっとりとした触手でおっぱいの突起に触れられた瞬間、口にしたこともない吐息が漏れて": "ねっとりとした触手でおっぱいの突起に触れられた瞬間、口にしたこともない吐息が漏れて",

"しまいます。": "しまいます。",

"「そ、こっ……ぁ、ひぁ……さわらない、で……ひぅぅっ。だめぇ……!」": "「そ、こっ……ぁ、ひぁ……さわらない、で……ひぅぅっ。だめぇ……!」",

"粘液を塗りつける行為に首を振って抵抗するも、触手は胸を揉みながら何度もおっぱいの先を\nこねるように突きます。": "粘液を塗りつける行為に首を振って抵抗するも、触手は胸を揉みながら何度もおっぱいの先を\nこねるように突きます。",

"「あっ、んんっっ、やめて……そんなこと、しないで……おっぱい……くりくり、しちゃだめ": "「あっ、んんっっ、やめて……そんなこと、しないで……おっぱい……くりくり、しちゃだめ",

"なのぉ」": "なのぉ」",

"お姉ちゃんには、胸やおまたは触らせてはいけないと言われました。そこに触れていいのは\nアーニャお姉ちゃんだけなのに、触手は遠慮なく触れてきます。": "お姉ちゃんには、胸やおまたは触らせてはいけないと言われました。そこに触れていいのは\nアーニャお姉ちゃんだけなのに、触手は遠慮なく触れてきます。",

"「いやぁ、たすけてぇ……おねえちゃん、おねえちゃん。きもちわるい……こんなのやだよぉ、": "「いやぁ、たすけてぇ……おねえちゃん、おねえちゃん。きもちわるい……こんなのやだよぉ、",

"おっぱいがビリビリして、へんになっちゃうよぉ」": "おっぱいがビリビリして、へんになっちゃうよぉ」",

"お風呂のたびにお胸を洗ってくれた姉のことを思い出します。だけど触手から強制的にもたらされ\nる感覚は、あのささやかな気持ちよさとは完全に別物でした。": "お風呂のたびにお胸を洗ってくれた姉のことを思い出します。だけど触手から強制的にもたらされ\nる感覚は、あのささやかな気持ちよさとは完全に別物でした。",

"「ふぁっっ、コリコリしないで! んんっっ、そんなにしたら乳首がとれちゃう。とれちゃう": "「ふぁっっ、コリコリしないで! んんっっ、そんなにしたら乳首がとれちゃう。とれちゃう",

"よぉ!」": "よぉ!」",

"完全に形の変わってしまった乳首を絞り上げられ、涙がポロポロと流れます。なぜこんな酷いこと\nをされるのかわかりません。": "完全に形の変わってしまった乳首を絞り上げられ、涙がポロポロと流れます。なぜこんな酷いこと\nをされるのかわかりません。",

"お姉ちゃんにしか許してなかった乳首がぷくりと膨らみ、粘液でべったりと汚されていました。": "お姉ちゃんにしか許してなかった乳首がぷくりと膨らみ、粘液でべったりと汚されていました。",

"「ぅぅ。もうやだぁ。やだよぉ…………あ、れ?」": "「ぅぅ。もうやだぁ。やだよぉ…………あ、れ?」",

"そんなとき、不意に締め上げていた触手の力が緩みました。": "そんなとき、不意に締め上げていた触手の力が緩みました。",

"「ゆるして、くれるの……? ぅ、ぁ……な、に……まだおっぱいが、うずうずって……する。": "「ゆるして、くれるの……? ぅ、ぁ……な、に……まだおっぱいが、うずうずって……する。",

"なにこれ……はぁ、んんっっ」": "なにこれ……はぁ、んんっっ」",

"痛みが引けば、代わりに疼くような熱さだけが残ります。かゆみにも似た疼きに、痛みで忘れて\nいた体の熱を再発するのを自覚します。": "痛みが引けば、代わりに疼くような熱さだけが残ります。かゆみにも似た疼きに、痛みで忘れて\nいた体の熱を再発するのを自覚します。",

"「うう、おまたがあつい……おっぱいが、うずうず……する。どうしてぇ……わたし、どう": "「うう、おまたがあつい……おっぱいが、うずうず……する。どうしてぇ……わたし、どう",

"なっちゃったの?」": "なっちゃったの?」",

"問いかけても答えなどあるはずもなく、へその下から湧いた熱は全身をジワジワと蝕んでいきます。": "問いかけても答えなどあるはずもなく、へその下から湧いた熱は全身をジワジワと蝕んでいきます。",

"「あ、やだ……おもらし、しちゃった……」": "「あ、やだ……おもらし、しちゃった……」",

"そして、太ももに触手のものではない液体がつぅっと伝い。触られてもいないおまたが湿っている\nのを感じます。": "そして、太ももに触手のものではない液体がつぅっと伝い。触られてもいないおまたが湿っている\nのを感じます。",

"「ふわっっっっ!?」": "「ふわっっっっ!?」",

"それを自覚した瞬間、触手はおもらしをしてしまった恥ずかしい部分をにゅるりと擦り上げました。": "それを自覚した瞬間、触手はおもらしをしてしまった恥ずかしい部分をにゅるりと擦り上げました。",

"目の前に火花が散ったように感覚に、体の力が抜けました。": "目の前に火花が散ったように感覚に、体の力が抜けました。",

"え、ぁ……なに、わたし……なにされちゃったの……?": "え、ぁ……なに、わたし……なにされちゃったの……?",

"なにが起こったのかわかりません。頭が真っ白になり、ビクッと震えた体で触手にもたれ\nかかってしまいます。": "なにが起こったのかわかりません。頭が真っ白になり、ビクッと震えた体で触手にもたれ\nかかってしまいます。",

"「え…………あ、やっっ! く……くぅぅぅ、それ……ふぁぁっ!? いや、これ……やだぁ!": "「え…………あ、やっっ! く……くぅぅぅ、それ……ふぁぁっ!? いや、これ……やだぁ!",

"やめて、やめてよぉ……クニクニしない……んんんっ!?」": "やめて、やめてよぉ……クニクニしない……んんんっ!?」",

"だけど触手は何が起こったか理解するより先に、われめに自分をこすりつけながら前後に\n這い回ります。足はガクガクと震え、透明な液体がトロトロと流れるのが分かります。": "だけど触手は何が起こったか理解するより先に、われめに自分をこすりつけながら前後に\n這い回ります。足はガクガクと震え、透明な液体がトロトロと流れるのが分かります。",

"「やめて……さわらないで。また、おもらし……しちゃう……はずかしいよぉ。うう……おねえ": "「やめて……さわらないで。また、おもらし……しちゃう……はずかしいよぉ。うう……おねえ",

"ちゃん」": "ちゃん」",

"おしっこする部分を撫でられ、お姉ちゃんにしか見せたことのない場所を弄られる羞恥に体が\n火照ります。": "おしっこする部分を撫でられ、お姉ちゃんにしか見せたことのない場所を弄られる羞恥に体が\n火照ります。",

"「やだぁ、そこだめ……やぁっ!! だめ、ひろげないで、おまた……ひろげないでぇ……": "「やだぁ、そこだめ……やぁっ!! だめ、ひろげないで、おまた……ひろげないでぇ……",

"いやぁぁぁっ」": "いやぁぁぁっ」",

"股間を弄り回す触手はおまた触るだけでは飽き足らず、閉じたわれめをくぱぁと左右に広げました。": "股間を弄り回す触手はおまた触るだけでは飽き足らず、閉じたわれめをくぱぁと左右に広げました。",

"ああ……みられてる。おまたのなか……へんないきものに、みられちゃってる。みせちゃ……\nダメって言われたのに": "ああ……みられてる。おまたのなか……へんないきものに、みられちゃってる。みせちゃ……\nダメって言われたのに",

"お姉ちゃんにしか知られたことのない場所を開かれたショックに涙が滲みます。ひんやりとした\n感覚と羞恥に足を閉じようとしても、縛られたままでは抵抗できません。": "お姉ちゃんにしか知られたことのない場所を開かれたショックに涙が滲みます。ひんやりとした\n感覚と羞恥に足を閉じようとしても、縛られたままでは抵抗できません。",

"「ふ、あっっっ! さ、わってる……なかを、さわってるっ……!? そんな、そこ……だめっ!」": "「ふ、あっっっ! さ、わってる……なかを、さわってるっ……!? そんな、そこ……だめっ!」",

"だけど触手の責めは終わらず、割り開いた肉の隙間に紐状のぬめった体をゆっくりと塗りつけて\nきます。そして、その触手がおまたの一部に触れた瞬間――": "だけど触手の責めは終わらず、割り開いた肉の隙間に紐状のぬめった体をゆっくりと塗りつけて\nきます。そして、その触手がおまたの一部に触れた瞬間――",

"「ひああああああああっっっ!? ぁ……ぁ、ぁぁっ……ぅ?」": "「ひああああああああっっっ!? ぁ……ぁ、ぁぁっ……ぅ?」",

"感じたことのない刺激に、頭の中が白く溶けてしまいました。なにが起こったのかわかりません。": "感じたことのない刺激に、頭の中が白く溶けてしまいました。なにが起こったのかわかりません。",

"なにいまの? わたし、どうしちゃった……の?": "なにいまの? わたし、どうしちゃった……の?",

"全身が溶けたような感覚に、意識がぼんやりとします。だけど触手は、再び動き出して広げられた\n股間に鎌首をもたげました。": "全身が溶けたような感覚に、意識がぼんやりとします。だけど触手は、再び動き出して広げられた\n股間に鎌首をもたげました。",

"「ひっっっ! いや。さっきのやだっっ! そこはおねえちゃんしか、触ったらダメなの!": "「ひっっっ! いや。さっきのやだっっ! そこはおねえちゃんしか、触ったらダメなの!",

"ひぅ……いや、いやぁぁぁ!」": "ひぅ……いや、いやぁぁぁ!」",

"未知の体験に恐怖を覚えて、叫びます。すると――そこで、ぴたりと触手の動きが止まりました。\nさっきと同じです。": "未知の体験に恐怖を覚えて、叫びます。すると――そこで、ぴたりと触手の動きが止まりました。\nさっきと同じです。",

"「え、どうして……?」": "「え、どうして……?」",

"ただ小さく蠕動するように動くだけになった触手に、私は戸惑うことしかできません。": "ただ小さく蠕動するように動くだけになった触手に、私は戸惑うことしかできません。",

"巻き付いたままだけど……やめて、くれたのかな?": "巻き付いたままだけど……やめて、くれたのかな?",

"でも……なんだろう。なんだか……体がへん。なんだか熱い……からだが、あついよ": "でも……なんだろう。なんだか……体がへん。なんだか熱い……からだが、あついよ",

"触られる刺激がなくなると、次にやってきたのは疼くような熱さでした。さっきよりも強い\n疼きが、胸やあそこから全身に広がって吐息が荒くなります。": "触られる刺激がなくなると、次にやってきたのは疼くような熱さでした。さっきよりも強い\n疼きが、胸やあそこから全身に広がって吐息が荒くなります。",

"「はぁ……はぁ、なにこれ……なんだか、からだが……あつい……はぁはぁ……」": "「はぁ……はぁ、なにこれ……なんだか、からだが……あつい……はぁはぁ……」",

"動かなくなった触手を見ているうちに頭がぼんやりしてきます。": "動かなくなった触手を見ているうちに頭がぼんやりしてきます。",

"おまたがへん……おっぱいも、むずむずするよぉ。きもちわるいのに、これ……つらいよぉ……\nさわってほしい、よぉ": "おまたがへん……おっぱいも、むずむずするよぉ。きもちわるいのに、これ……つらいよぉ……\nさわってほしい、よぉ",

"おまたやおっぱいが熱くなり、想像もしなかった想いが湧き上がってきます。": "おまたやおっぱいが熱くなり、想像もしなかった想いが湧き上がってきます。",

"だめ、ここは……触っちゃダメなのに……おねえちゃんに、言われたのに": "だめ、ここは……触っちゃダメなのに……おねえちゃんに、言われたのに",

"胸や股間がムズムズして。頭がぼんやりします。": "胸や股間がムズムズして。頭がぼんやりします。",

"さわって……おねがい、さわってぇ……あそこと、おっぱい……さわってよぉ": "さわって……おねがい、さわってぇ……あそこと、おっぱい……さわってよぉ",

"秒刻みで強くなる衝動に、ぬるぬるになった太ももこすりつけてしまいます。だけど動きを止めた\n触手はじらすように胸を這うばかりで、望むだけの刺激をくれません。": "秒刻みで強くなる衝動に、ぬるぬるになった太ももこすりつけてしまいます。だけど動きを止めた\n触手はじらすように胸を這うばかりで、望むだけの刺激をくれません。",

"「ぁぁ……や、だぁぁ。たり、ない……たりないよぉ。はぁ、んんんっっ……やだぁぁ」": "「ぁぁ……や、だぁぁ。たり、ない……たりないよぉ。はぁ、んんんっっ……やだぁぁ」",

"胸から伝わる弱すぎる快感に、涙がこぼれ頭の中が白くなっていきます。お姉ちゃん以外に\n触らせてはいけないと言いつけられたのに、もっと強く触ってほしいという気持ちが\n止められません。": "胸から伝わる弱すぎる快感に、涙がこぼれ頭の中が白くなっていきます。お姉ちゃん以外に\n触らせてはいけないと言いつけられたのに、もっと強く触ってほしいという気持ちが\n止められません。",

"「ぅぅ、だめ……これやだぁ。こんなの我慢できないよぉ。はぁはぁ……んんんっ、さ……": "「ぅぅ、だめ……これやだぁ。こんなの我慢できないよぉ。はぁはぁ……んんんっ、さ……",

"っって……さわ……ってよぉ……」": "っって……さわ……ってよぉ……」",

"太ももをすり合わせた私の唇から、吐息のように願いの欠片がこぼれ落ちます。そして一度口に\nしてしまえば、もう堪えることなどできませんでした。": "太ももをすり合わせた私の唇から、吐息のように願いの欠片がこぼれ落ちます。そして一度口に\nしてしまえば、もう堪えることなどできませんでした。",

"「さわっ……って、おねがい……おっぱいと、あそこ……さわってぇ……おねがいぃ……」": "「さわっ……って、おねがい……おっぱいと、あそこ……さわってぇ……おねがいぃ……」",

"「ふわぁぁぁっっ! あ、ぁぁっっ……す、ごいっ! んんんっっ、いい……」": "「ふわぁぁぁっっ! あ、ぁぁっっ……す、ごいっ! んんんっっ、いい……」",

"口にした瞬間に願いは叶えられました。おっぱいに吸い付くように触手が蠢き、おまたを強く\n擦りあげます――いいえ、擦りあげてくれたのです。": "口にした瞬間に願いは叶えられました。おっぱいに吸い付くように触手が蠢き、おまたを強く\n擦りあげます――いいえ、擦りあげてくれたのです。",

"「ぁぁ……それ、きもち……いいよぉ。おっぱい、ぐにぐにされるの……いいよぉ……あ、": "「ぁぁ……それ、きもち……いいよぉ。おっぱい、ぐにぐにされるの……いいよぉ……あ、",

"ちくびにも……んんっ」": "ちくびにも……んんっ」",

"乳首に強くまきつかれ、おまたを擦られる快感に涙が流れます。悪いことをしているはず\nなのに、気持ちよくて声が出てしまいます。": "乳首に強くまきつかれ、おまたを擦られる快感に涙が流れます。悪いことをしているはず\nなのに、気持ちよくて声が出てしまいます。",

"「ああ、だめ、そんなに……つよくしたら、だめなのぉぉ……しぼっちゃだめなのぉ」": "「ああ、だめ、そんなに……つよくしたら、だめなのぉぉ……しぼっちゃだめなのぉ」",

"触手たちは、その声が拒絶ではないことを理解しているように乳首を絞り上げます。": "触手たちは、その声が拒絶ではないことを理解しているように乳首を絞り上げます。",

"そのとき――": "そのとき――",

"「ひゃぁぁぁ……ぁ、あぁ……おっぱい、が……そんな、ぁ」": "「ひゃぁぁぁ……ぁ、あぁ……おっぱい、が……そんな、ぁ」",

"強く絞られたおっぱいから、なにか白いものがぴゅるっと吹き出しました。": "強く絞られたおっぱいから、なにか白いものがぴゅるっと吹き出しました。",

"「あぁ……うそ……でてる……わたし、おっぱいが……でちゃった……」": "「あぁ……うそ……でてる……わたし、おっぱいが……でちゃった……」",

"膨らんだ乳首から溢れ出す白いものに、私は呆然と呟きます。甘い匂いがする、それは\n紛れもなく女性の母乳でした。": "膨らんだ乳首から溢れ出す白いものに、私は呆然と呟きます。甘い匂いがする、それは\n紛れもなく女性の母乳でした。",

"「ぁ、だめ……おっぱい。しぼらないで……でちゃう。また……おっぱいが、でちゃうよぉ」": "「ぁ、だめ……おっぱい。しぼらないで……でちゃう。また……おっぱいが、でちゃうよぉ」",

"母乳を吹き出すおっぱい。そこに群がる触手たちに懇願しても、ぬめった肉蛇たちは胸を揉み\nしだき母乳を搾り取ります。": "母乳を吹き出すおっぱい。そこに群がる触手たちに懇願しても、ぬめった肉蛇たちは胸を揉み\nしだき母乳を搾り取ります。",

"「ふわぁぁぁぁぁぁぁぁっ、だめ……すっちゃだめ! おっぱい……おっぱい、のんじゃだめ": "「ふわぁぁぁぁぁぁぁぁっ、だめ……すっちゃだめ! おっぱい……おっぱい、のんじゃだめ",

"そのまま乳首に吸い付き、触手は母乳を飲み始めます。口内にある舌で乳首をねぶり、ちゅぱ\nちゅぱと飲む音が聞こえます。": "そのまま乳首に吸い付き、触手は母乳を飲み始めます。口内にある舌で乳首をねぶり、ちゅぱ\nちゅぱと飲む音が聞こえます。",

"「んんんんっっ、それ……きもち、いい……だめ、おまたも……うごいて、ふわぁぁぁっ!": "「んんんんっっ、それ……きもち、いい……だめ、おまたも……うごいて、ふわぁぁぁっ!",

"からだ、ういちゃぅ……」": "からだ、ういちゃぅ……」",

"おっぱいだけではなく、われめの内側も刺激する触手に、波のような快感が背中を駆け上がります。\n全身が蕩けてなくなりそうです。": "おっぱいだけではなく、われめの内側も刺激する触手に、波のような快感が背中を駆け上がります。\n全身が蕩けてなくなりそうです。",

"「ああ、すごい……ぞくぞくする、これ、きもち……きもちいい、きもちいいよぉ……ああ、": "「ああ、すごい……ぞくぞくする、これ、きもち……きもちいい、きもちいいよぉ……ああ、",

"なにか、くるっ……きちゃうよぉぉぉぉ!」": "なにか、くるっ……きちゃうよぉぉぉぉ!」",

"そして駆け上がる快感に、ビクビクと全身が震え――": "そして駆け上がる快感に、ビクビクと全身が震え――",

"「ひああああああああああああっっっっ!?」": "「ひああああああああああああっっっっ!?」",

"感じたことのない気持ちよさが弾けて、目の前が真っ白になりました。ぴゅるっと吹き出した\n母乳が触手を白く染めました。": "感じたことのない気持ちよさが弾けて、目の前が真っ白になりました。ぴゅるっと吹き出した\n母乳が触手を白く染めました。",

"「あ……あぁ……な、に……これ、ひぐぅっっ!?」": "「あ……あぁ……な、に……これ、ひぐぅっっ!?」",

"だけど、それだけで快感は終わらず、触手は執拗に乳首からお乳を吸い上げます。コリコリと\n甘噛みされる感覚に、おまたからトロトロとしたものが溢れ出します。": "だけど、それだけで快感は終わらず、触手は執拗に乳首からお乳を吸い上げます。コリコリと\n甘噛みされる感覚に、おまたからトロトロとしたものが溢れ出します。",

"「ああ、またのんでるっ! わたしのおっぱい、のんでるぅぅっ! のまれちゃって、るよぉ": "「ああ、またのんでるっ! わたしのおっぱい、のんでるぅぅっ! のまれちゃって、るよぉ",

"ぉぉっっ!」": "ぉぉっっ!」",

"得体のしれない生き物に母乳を飲まれる背徳的な行為に、ゾクゾクします。乳首をつねられ、絞ら\nれる痛みはもう快楽にしか感じられません。": "得体のしれない生き物に母乳を飲まれる背徳的な行為に、ゾクゾクします。乳首をつねられ、絞ら\nれる痛みはもう快楽にしか感じられません。",

"「はぁぁっっ、んんんっっ! おまたも、こりこりって……して、る♥ びりびり、する……\nおまた、すごく……びりびりってっ♥」": "「はぁぁっっ、んんんっっ! おまたも、こりこりって……して、る♥ びりびり、する……\nおまた、すごく……びりびりってっ♥」",

"気持ちよさで頭が白くなります。火花が散るような感覚に、もっと強い刺激を求めてしまいます。": "気持ちよさで頭が白くなります。火花が散るような感覚に、もっと強い刺激を求めてしまいます。",

"「す、っって……おっぱい、きもちいい……の……もっと、ちゅぅちゅぅって、してぇ。あそこ": "「す、っって……おっぱい、きもちいい……の……もっと、ちゅぅちゅぅって、してぇ。あそこ",

"も、さわってぇ……♥」": "も、さわってぇ……♥」",

"ゴクゴクと母乳をすする触手におねだりをして、おまたを這い回るヌメついた体におまたを自分\nから擦りつけます。": "ゴクゴクと母乳をすする触手におねだりをして、おまたを這い回るヌメついた体におまたを自分\nから擦りつけます。",

"ああ、またくる……きもちいいの。きちゃう……おっぱいすわれて、きもちよくなっちゃう\nよぉ!": "ああ、またくる……きもちいいの。きちゃう……おっぱいすわれて、きもちよくなっちゃう\nよぉ!",

"ぴゅっぴゅっと母乳の吹き出す乳首に吸い付いた触手が、美味しそうに母乳を飲むようすに\nゾクゾクします。": "ぴゅっぴゅっと母乳の吹き出す乳首に吸い付いた触手が、美味しそうに母乳を飲むようすに\nゾクゾクします。",

"「ぁぁ……のんでぇ……いっっぱい、しぼっていいから……きもちよくしてぇ……おねえちゃん": "「ぁぁ……のんでぇ……いっっぱい、しぼっていいから……きもちよくしてぇ……おねえちゃん",

"より、つよく……してぇぇ……♥」": "より、つよく……してぇぇ……♥」",

"駆け上がってくる快感に身を任せると、それに応えるように触手がおっぱいを甘噛みして、おまた\nの敏感な部分を激しく刺激します。": "駆け上がってくる快感に身を任せると、それに応えるように触手がおっぱいを甘噛みして、おまた\nの敏感な部分を激しく刺激します。",

"「ふにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ♥ ぁ、ぁぁ……きもち、いい♥」": "「ふにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ♥ ぁ、ぁぁ……きもち、いい♥」",

"ゾクゾクしたものが全身を貫き、快楽で頭がまた真っ白になります。": "ゾクゾクしたものが全身を貫き、快楽で頭がまた真っ白になります。",

"「しょくしゅ、さん……しゅ、ごい……また、ビクビクって……しちゃった♥」": "「しょくしゅ、さん……しゅ、ごい……また、ビクビクって……しちゃった♥」",

"「あ……また、してくれるの……? いいよ、おっぱいも……あそこも、いっぱい……": "「あ……また、してくれるの……? いいよ、おっぱいも……あそこも、いっぱい……",

"きもちよく、して……おねえちゃんに、してほしかったこと……いっぱい、して……": "きもちよく、して……おねえちゃんに、してほしかったこと……いっぱい、して……",

"ほしいの♥」": "ほしいの♥」",

"快楽の海に浸った私に群がる触手。不気味だったそれに、私はもう嫌悪感など少しも感じません。": "快楽の海に浸った私に群がる触手。不気味だったそれに、私はもう嫌悪感など少しも感じません。",

"「アリスを……もっと、きもちよくしてぇ♥ たくさん……さわってほしいの。おねえちゃん、": "「アリスを……もっと、きもちよくしてぇ♥ たくさん……さわってほしいの。おねえちゃん、",

"みたいに……♥」": "みたいに……♥」",

"その触手が、秘めた願いを叶えてくれるのだと分かった私は触手におねだりをします。": "その触手が、秘めた願いを叶えてくれるのだと分かった私は触手におねだりをします。",

"恥ずかしくて言えなかった分の願望を込めながら――私は愛しいおねえちゃんの顔を想像する\nのでした。": "恥ずかしくて言えなかった分の願望を込めながら――私は愛しいおねえちゃんの顔を想像する\nのでした。",

"点击返回游戏(1": "点击返回游戏(1",

"单击下一步5": "单击下一步5",

"单击下一步6": "单击下一步6",

"「そうだ、死ななきゃ……死ななきゃ……ダメなんだ。わたし……なんで、忘れてたんだろ。": "「そうだ、死ななきゃ……死ななきゃ……ダメなんだ。わたし……なんで、忘れてたんだろ。",

"死ななきゃいけないのに……」": "死ななきゃいけないのに……」",

"ふと頭に浮かんだ思いのままにナイフを手にとって、落としたフォークを拾うような\n自然さで銀の刃先をお胸に突き刺します。": "ふと頭に浮かんだ思いのままにナイフを手にとって、落としたフォークを拾うような\n自然さで銀の刃先をお胸に突き刺します。",

"ゴリっと硬いものにぶつかる感触がして、お洋服の下で血がにじみました。だけど、そのまま\n自分にナイフを思い切り突き立てます。": "ゴリっと硬いものにぶつかる感触がして、お洋服の下で血がにじみました。だけど、そのまま\n自分にナイフを思い切り突き立てます。",

"何度も、何度も、突き刺して、突き刺して、突き刺します。": "何度も、何度も、突き刺して、突き刺して、突き刺します。",

"ガリッガリッと骨が削れる音と、猛烈な痛みがお胸に広がり、穴の空いたお洋服の下が\n真っ赤になっていきます。": "ガリッガリッと骨が削れる音と、猛烈な痛みがお胸に広がり、穴の空いたお洋服の下が\n真っ赤になっていきます。",

"「いたい……いたい、いたい。いたい、いたいいたい……かふっっ、ぁぁ……いた、い……": "「いたい……いたい、いたい。いたい、いたいいたい……かふっっ、ぁぁ……いた、い……",

"よぉ……血が、こんなに……でて……」": "よぉ……血が、こんなに……でて……」",

"銀色の刃先が血塗れになり、生暖かいものが吹き出します。こんなことをしたら死んでしまう\nのは分かっているのに、手は勝手に動き、執拗にお胸を穴だらけにしていきます。": "銀色の刃先が血塗れになり、生暖かいものが吹き出します。こんなことをしたら死んでしまう\nのは分かっているのに、手は勝手に動き、執拗にお胸を穴だらけにしていきます。",

"「あ……ぁっ、ぁ……しんじゃう……わた、ひ……しん、じゃ……う……ぐぇ、ぁ゛っっ……": "「あ……ぁっ、ぁ……しんじゃう……わた、ひ……しん、じゃ……う……ぐぇ、ぁ゛っっ……",

"ひゅ、ぅ……ひゅぅ……ひゅぅぅっ」": "ひゅ、ぅ……ひゅぅ……ひゅぅぅっ」",

"骨の間に滑り込んだ刃先が深く刺さり、引き抜いたときに空気がもれて息が出来なくなりました。\nわたしの足元は、もう血まみれです。": "骨の間に滑り込んだ刃先が深く刺さり、引き抜いたときに空気がもれて息が出来なくなりました。\nわたしの足元は、もう血まみれです。",

"「ぁ、ぁ……あ゛っっっ!」": "「ぁ、ぁ……あ゛っっっ!」",

"そして何度も打ち付けたナイフがついに骨を砕いて、届いてはいけない所まで突き刺さって": "そして何度も打ち付けたナイフがついに骨を砕いて、届いてはいけない所まで突き刺さって",

"しまいました。": "しまいました。",

"ドクンと脈打つものを貫いたナイフを抉りこむと、刃先を伝ってブチブチと肉がちぎれる\n音がします。": "ドクンと脈打つものを貫いたナイフを抉りこむと、刃先を伝ってブチブチと肉がちぎれる\n音がします。",

"壊れてはいけない物が貫かれ、口から濁った音がこぼれました。そして傷口からブシュッと\n血が溢れ出し、目の前が急に暗くなっていきます。": "壊れてはいけない物が貫かれ、口から濁った音がこぼれました。そして傷口からブシュッと\n血が溢れ出し、目の前が急に暗くなっていきます。",

"(お……ねえ……ちゃ……)": "(お……ねえ……ちゃ……)",

"そして声にならない言葉がヒュゥッという吐息になって漏れると、もうなにも分からなくなって": "そして声にならない言葉がヒュゥッという吐息になって漏れると、もうなにも分からなくなって",

"把狗娃娃放在家里,突然从后面被推倒了。": "把狗娃娃放在家里,突然从后面被推倒了。",

"「きゃっっ!? なに」": "「きゃっっ!? なに」",

"ズシンと背中にのしかかってきたものを振り返ると、そこに大きな犬がいました。": "ズシンと背中にのしかかってきたものを振り返ると、そこに大きな犬がいました。",

"「ひぃっっ!? や、やだ……大きな犬はヤダッ!」": "「ひぃっっ!? や、やだ……大きな犬はヤダッ!」",

"黒い犬の歯は刃物のように鋭く、鋭い目とグルルルと唸る声に体がすくみます。手足が\n震えてうまく動けません。": "黒い犬の歯は刃物のように鋭く、鋭い目とグルルルと唸る声に体がすくみます。手足が\n震えてうまく動けません。",

"昔、大きな犬に噛まれた記憶が蘇り頭が真っ白になります。": "昔、大きな犬に噛まれた記憶が蘇り頭が真っ白になります。",

"大きな犬は苦手です。だけど、いまはいつも守ってくれたお姉ちゃんはどこにも\nいません。": "大きな犬は苦手です。だけど、いまはいつも守ってくれたお姉ちゃんはどこにも\nいません。",

"「こないで、こないでよぉ!」": "「こないで、こないでよぉ!」",

"四つん這いで逃げようとする私に、犬はヒタヒタと近づき――": "四つん這いで逃げようとする私に、犬はヒタヒタと近づき――",

"めくれたスカートにあったパンツに牙を立てて、一気に薄い布地を紙のように引き裂きました。": "めくれたスカートにあったパンツに牙を立てて、一気に薄い布地を紙のように引き裂きました。",

"「きゃあああああああああっっ! やだ、やだーーーーーー!」": "「きゃあああああああああっっ! やだ、やだーーーーーー!」",

"お尻がむき出しにされて、思わず悲鳴を上げてしまいます。おまたを覆っていた物がなくなり、\nあそこがひんやりします。": "お尻がむき出しにされて、思わず悲鳴を上げてしまいます。おまたを覆っていた物がなくなり、\nあそこがひんやりします。",

"「やだ。みないで……みちゃ、やだぁぁぁ」": "「やだ。みないで……みちゃ、やだぁぁぁ」",

"剥き出しなったおまたに視線が突き刺さり、大事なところを見られる恥ずかしさに体が\n強張ってしまいます。": "剥き出しなったおまたに視線が突き刺さり、大事なところを見られる恥ずかしさに体が\n強張ってしまいます。",

"「ひっっっっっ!?」": "「ひっっっっっ!?」",

"そして逃げようとする私のおまたに、ヌルリとしたものが触れました。": "そして逃げようとする私のおまたに、ヌルリとしたものが触れました。",

"「な、なに? なにしてるの!? ひっっっ! な、なめてる!?」": "「な、なに? なにしてるの!? ひっっっ! な、なめてる!?」",

"振り返るまでもなく、その感触で股間をなぞるものが舌であることが分かりました。": "振り返るまでもなく、その感触で股間をなぞるものが舌であることが分かりました。",

"「いやっっっっ、いやぁぁぁぁぁぁっっ!?」": "「いやっっっっ、いやぁぁぁぁぁぁっっ!?」",

"股間を舐められるという思いも寄らない感覚に、全身に鳥肌が立ちます。だけど、それに\n戸惑う暇もなく舌がれろりと股間になぞります。": "股間を舐められるという思いも寄らない感覚に、全身に鳥肌が立ちます。だけど、それに\n戸惑う暇もなく舌がれろりと股間になぞります。",

"「な、なめてる……い、いぬがッ! わたしのっ……おまた、なめてるっっ! なんで、": "「な、なめてる……い、いぬがッ! わたしのっ……おまた、なめてるっっ! なんで、",

"なんで……なめるのぉぉぉ!」": "なんで……なめるのぉぉぉ!」",

"べちゃりべちゃりと動く舌が、おまたを何度も往復します。生暖かい唾液が塗りつけられ、\n気味の悪い音が部屋に響きます。": "べちゃりべちゃりと動く舌が、おまたを何度も往復します。生暖かい唾液が塗りつけられ、\n気味の悪い音が部屋に響きます。",

"嫌悪感に体が汗ばみ、股間をなぞる舌に体が跳ねてしまいます。": "嫌悪感に体が汗ばみ、股間をなぞる舌に体が跳ねてしまいます。",

"「やだ、きたない……そんなところ、きたないよぉ! やめて、なめ……ひゃぅ! ひぅぅ": "「やだ、きたない……そんなところ、きたないよぉ! やめて、なめ……ひゃぅ! ひぅぅ",

"ぅぅっ!!」": "ぅぅっ!!」",

"おしっこの出るところを舌でなぞられて、足がガクガクと震えます。自分でも触ったことの\nないところを犬に舐められる感覚に、変な声が漏れてしまいます。": "おしっこの出るところを舌でなぞられて、足がガクガクと震えます。自分でも触ったことの\nないところを犬に舐められる感覚に、変な声が漏れてしまいます。",

"「いやぁ、そんなことしないで……いやぁ、なめちゃ……いやぁぁぁ! い、っっぁ!": "「いやぁ、そんなことしないで……いやぁ、なめちゃ……いやぁぁぁ! い、っっぁ!",

"やめて、いたい、いたいよぉ」": "やめて、いたい、いたいよぉ」",

"だけど抵抗しようすると、犬は体に爪を立てて怒ったように低く唸ります。その剥き出しに\nなった牙に、体が強ばるのを感じます。": "だけど抵抗しようすると、犬は体に爪を立てて怒ったように低く唸ります。その剥き出しに\nなった牙に、体が強ばるのを感じます。",

"「ぁ、ぅ……! ごめんなさい。ごめんなさい……おねがい……かまないで……」": "「ぁ、ぅ……! ごめんなさい。ごめんなさい……おねがい……かまないで……」",

"これ以上なにかしたら噛まれてしまうかもしれない。その痛みと恐怖に、逃げることも\n暴れることもできなくなってしまいます。": "これ以上なにかしたら噛まれてしまうかもしれない。その痛みと恐怖に、逃げることも\n暴れることもできなくなってしまいます。",

"逆らうことを諦めた私の股間に、犬は顔を近づけてまた舐めはじめます。": "逆らうことを諦めた私の股間に、犬は顔を近づけてまた舐めはじめます。",

"「ひ、ぁ……ぁ、うぁ……ぅぅ、いや……なめ、てるぅ……ぁぁ、やめて……もう、なめ": "「ひ、ぁ……ぁ、うぁ……ぅぅ、いや……なめ、てるぅ……ぁぁ、やめて……もう、なめ",

"ないでぇ……」": "ないでぇ……」",

"ピチャピチャと音を立てる犬に弱々しく懇願しても、その舌は止まってくれません。まるで\n水でも飲むように何度も何度もあそこを舐め回します。": "ピチャピチャと音を立てる犬に弱々しく懇願しても、その舌は止まってくれません。まるで\n水でも飲むように何度も何度もあそこを舐め回します。",

"「や、だめ……そこはやだ。やめて……そこは……だめなの」": "「や、だめ……そこはやだ。やめて……そこは……だめなの」",

"そして犬は私のお尻に鼻をつっこみ、恥ずかしいお尻の真ん中をクンクンと嗅ぎはじめました。": "そして犬は私のお尻に鼻をつっこみ、恥ずかしいお尻の真ん中をクンクンと嗅ぎはじめました。",

"「だめ、そこ、おしり……においを、かがないでよぉ。そんなことしちゃだめぇ……": "「だめ、そこ、おしり……においを、かがないでよぉ。そんなことしちゃだめぇ……",

"んんっっ!」": "んんっっ!」",

"暴れようとするより早く、犬が鼻先をお尻の穴に密着させました。少しだけひんやりと\nしたものに敏感な部分をつつかれて声を上げてしまいます。": "暴れようとするより早く、犬が鼻先をお尻の穴に密着させました。少しだけひんやりと\nしたものに敏感な部分をつつかれて声を上げてしまいます。",

"「うう、においをかいでる……おしりの、におい……かがれちゃってる。ワンちゃんに……": "「うう、においをかいでる……おしりの、におい……かがれちゃってる。ワンちゃんに……",

"ぅぅぅ、はずかしいよぉ」": "ぅぅぅ、はずかしいよぉ」",

"羞恥に体が熱くなっても、犬は鼻を鳴らすのを止めてくれません。": "羞恥に体が熱くなっても、犬は鼻を鳴らすのを止めてくれません。",

"それどころか、決して誰にも触れさせたことのない場所を生ぬるい舌でぺろりと舐めました。": "それどころか、決して誰にも触れさせたことのない場所を生ぬるい舌でぺろりと舐めました。",

"「ふわっっっ!?」": "「ふわっっっ!?」",

"お尻の穴を舐められて、思わず声を上げてしまいます。想像もしなかったところを舐められ、\n全身に鳥肌が立ちます。": "お尻の穴を舐められて、思わず声を上げてしまいます。想像もしなかったところを舐められ、\n全身に鳥肌が立ちます。",

"「やめ、それ……やだ。お尻……なめないで、そんなところ汚い。ほんとうに……きたない": "「やめ、それ……やだ。お尻……なめないで、そんなところ汚い。ほんとうに……きたない",

"から……ぁぁ、そんなぁ」": "から……ぁぁ、そんなぁ」",

"トイレ以外では意識したことのない不浄の穴。そこが犬の唾液でベッタリと汚れていくのが\n分かります。": "トイレ以外では意識したことのない不浄の穴。そこが犬の唾液でベッタリと汚れていくのが\n分かります。",

"「おと、してる……おしりから、へんなおとが……ぁぁ、やだ、やだぁぁぁ……」": "「おと、してる……おしりから、へんなおとが……ぁぁ、やだ、やだぁぁぁ……」",

"犬は何度も何度も、丹念にお尻を舐めながら濁った水音を立てます。そのたびにゾワゾワと\nした感覚が体に広がっていきます。": "犬は何度も何度も、丹念にお尻を舐めながら濁った水音を立てます。そのたびにゾワゾワと\nした感覚が体に広がっていきます。",

"「あ、やぁ……いやぁ。こんなのイヤぁぁぁぁぁ……お姉ちゃん。たすけて、おねえちゃん……」": "「あ、やぁ……いやぁ。こんなのイヤぁぁぁぁぁ……お姉ちゃん。たすけて、おねえちゃん……」",

"「ひぅっっ!?」": "「ひぅっっ!?」",

"にゅるりと舌がお尻に入りこむ感覚に、ビクッと体が跳ねてしまいます。": "にゅるりと舌がお尻に入りこむ感覚に、ビクッと体が跳ねてしまいます。",

"「ああ……おしりに、はいってる……おなか、なめられてる……ふぁ、これ……なに、ゾワゾワ": "「ああ……おしりに、はいってる……おなか、なめられてる……ふぁ、これ……なに、ゾワゾワ",

"するよぉ。ふくぅぅぅん」": "するよぉ。ふくぅぅぅん」",

"だけど舐められるうちに、不快感とは違う感覚が湧き上がってきます。": "だけど舐められるうちに、不快感とは違う感覚が湧き上がってきます。",

"なんで……おしりが……きもちいい……おまたも、ウズウズする……これ、きもち……いい?": "なんで……おしりが……きもちいい……おまたも、ウズウズする……これ、きもち……いい?",

"「ちがう。そんな……はずない……きもちよく、なんて……ないのぉぉ。ちがうの……": "「ちがう。そんな……はずない……きもちよく、なんて……ないのぉぉ。ちがうの……",

"きもちよく、なんて……ふわっぁぁぁっ!?」": "きもちよく、なんて……ふわっぁぁぁっ!?」",

"湧き上がる感覚を否定しようとしたとき、犬の舌がおまたをぺろりと舐めました。その瞬間、体に\nビリビリとしたものが広がり体の力が抜けてしまいます。": "湧き上がる感覚を否定しようとしたとき、犬の舌がおまたをぺろりと舐めました。その瞬間、体に\nビリビリとしたものが広がり体の力が抜けてしまいます。",

"「あっ、あっっ、それ……だめ……なめちゃ、んんんっっ……きもちよく、なっちゃ……": "「あっ、あっっ、それ……だめ……なめちゃ、んんんっっ……きもちよく、なっちゃ……",

"んくぅぅっ、やだ……やだぁぁ……」": "んくぅぅっ、やだ……やだぁぁ……」",

"おまたを指で擦ったときのような感覚に、息が荒くなってしまいます。犬に恥ずかしいところを\n舐められているのに、少しずつ気持ちよくなってしまいます。": "おまたを指で擦ったときのような感覚に、息が荒くなってしまいます。犬に恥ずかしいところを\n舐められているのに、少しずつ気持ちよくなってしまいます。",

"「ふぁ、ぁ……ぬちゃぬちゃって、おとが……してる。たくさん、なめられちゃってる……": "「ふぁ、ぁ……ぬちゃぬちゃって、おとが……してる。たくさん、なめられちゃってる……",

"んんっっ、きもち……」": "んんっっ、きもち……」",

"おまたがヌルヌルになっていくのが分かります。": "おまたがヌルヌルになっていくのが分かります。",

"舌先がワレメのなかにはいりこみ、クチュクチュと音を立てています。": "舌先がワレメのなかにはいりこみ、クチュクチュと音を立てています。",

"「ふわぁぁぁぁぁぁぁっっ、それ……だめぇ……やめてぇぇ。きもちよく、なっちゃう……よぉ」": "「ふわぁぁぁぁぁぁぁっっ、それ……だめぇ……やめてぇぇ。きもちよく、なっちゃう……よぉ」",

"ぬめった舌で内側を掻き分けられる快感に、逃げる気力が消えていきます。怖いのに\n気持ちよくて、動くことができなくなります。": "ぬめった舌で内側を掻き分けられる快感に、逃げる気力が消えていきます。怖いのに\n気持ちよくて、動くことができなくなります。",

"おまたはトロトロになり、お腹の内側がきゅぅぅっとなります。気持ち悪いはずなのに、もっと\nしてほしいと願ってしまいます。": "おまたはトロトロになり、お腹の内側がきゅぅぅっとなります。気持ち悪いはずなのに、もっと\nしてほしいと願ってしまいます。",

"「ぁぁ……だめ、もう……うごけにゃ……ひゃぅぅぅっっ、また……舌がッ!? ふわっっ": "「ぁぁ……だめ、もう……うごけにゃ……ひゃぅぅぅっっ、また……舌がッ!? ふわっっ",

"っっっ!」": "っっっ!」",

"敏感なところを舐められて、目の前で火花が散りました。気持ちよさが大波になって、意識が\n蕩けてしまいます。": "敏感なところを舐められて、目の前で火花が散りました。気持ちよさが大波になって、意識が\n蕩けてしまいます。",

"な、なに……いまの……すごく、きもち……よかった……おまた、ふわって……なちゃったよぉ": "な、なに……いまの……すごく、きもち……よかった……おまた、ふわって……なちゃったよぉ",

"「え、なに……いぬ、が……」": "「え、なに……いぬ、が……」",

"白く霞んだ感覚に身を委ねていると、黒い犬がお尻にのしかかってきました。": "白く霞んだ感覚に身を委ねていると、黒い犬がお尻にのしかかってきました。",

"「う、なに……なにして! やめ、やめてっ!」": "「う、なに……なにして! やめ、やめてっ!」",

"のしかかって犬が、おまたに何か固いものを押し付けてきます。ハッハッハという荒い呼吸が\n耳に生暖かいものを吹き付け、臭い息が顔にかかりました。": "のしかかって犬が、おまたに何か固いものを押し付けてきます。ハッハッハという荒い呼吸が\n耳に生暖かいものを吹き付け、臭い息が顔にかかりました。",

"「ひぃ、やめて……どいて。変なことをしないでっ」": "「ひぃ、やめて……どいて。変なことをしないでっ」",

"快感の余韻と気怠さが混じった体に、ぶつかる灼熱。小刻みにおまたにぶつかる熱いものに\nゾッとします。": "快感の余韻と気怠さが混じった体に、ぶつかる灼熱。小刻みにおまたにぶつかる熱いものに\nゾッとします。",

"ガクガクと犬が腰を揺らします。意味のわからない動きが、犬の行為が怖くて仕方ありません。": "ガクガクと犬が腰を揺らします。意味のわからない動きが、犬の行為が怖くて仕方ありません。",

"「いやっ、顔を舐めないで……なまぐさい、いやだよぉ……ひぃぃ!」": "「いやっ、顔を舐めないで……なまぐさい、いやだよぉ……ひぃぃ!」",

"ベチャベチャと顔に舌を舐め回す犬。それに抵抗しようとすると、犬がまたグルルルルと\n威嚇します。": "ベチャベチャと顔に舌を舐め回す犬。それに抵抗しようとすると、犬がまたグルルルルと\n威嚇します。",

"だけど、その熱いものの動きは少しも止まってくれません。": "だけど、その熱いものの動きは少しも止まってくれません。",

"「やめっっ、やだっっ……やだぁぁぁぁぁぁ。やめ、てぇぇ……たすけて、お姉ちゃんっっ!」": "「やめっっ、やだっっ……やだぁぁぁぁぁぁ。やめ、てぇぇ……たすけて、お姉ちゃんっっ!」",

"押し付けられる熱いものから、必死に震える足で逃れようとした瞬間――": "押し付けられる熱いものから、必死に震える足で逃れようとした瞬間――",

"ぬかるみに何か固いものを無理やりねじ込んだような音がしました。": "ぬかるみに何か固いものを無理やりねじ込んだような音がしました。",

"「い゛ぎぁ゛……ぁぁ、ぁ……な……い゛だい゛……」": "「い゛ぎぁ゛……ぁぁ、ぁ……な……い゛だい゛……」",

"ブチブチとなにかが引きちぎられる音が、おまたの中でしました。": "ブチブチとなにかが引きちぎられる音が、おまたの中でしました。",

"目の前が暗くなるような痛みに、息をすることができません。体験したこともない灼熱に涙が\nボロボロと零れてしまいます。": "目の前が暗くなるような痛みに、息をすることができません。体験したこともない灼熱に涙が\nボロボロと零れてしまいます。",

"おまたが……こわれちゃった。おなかに……あなが、あいちゃったよ。うう……\nいたい、いたいよぉ": "おまたが……こわれちゃった。おなかに……あなが、あいちゃったよ。うう……\nいたい、いたいよぉ",

"気持ちよさそうな声をあげる犬に、体から脂汗が流れ出します。痛くて痛くて、なにも考える\nことができません。": "気持ちよさそうな声をあげる犬に、体から脂汗が流れ出します。痛くて痛くて、なにも考える\nことができません。",

"「あ゛ぎい゛い゛……や゛め゛、あ゛ぁ゛……ま゛だ、お゛……ぐに゛……あ゛ぁ」": "「あ゛ぎい゛い゛……や゛め゛、あ゛ぁ゛……ま゛だ、お゛……ぐに゛……あ゛ぁ」",

"犬は痛みに喘ぐ私の奥に、さらに固いものをねじ込んできます。": "犬は痛みに喘ぐ私の奥に、さらに固いものをねじ込んできます。",

"「かふっっっ! あ、ぎぃ……あ、ぐぇ……」": "「かふっっっ! あ、ぎぃ……あ、ぐぇ……」",

"ああ、おくが……ひろげられて、る……かたいの、で……ふかく、はいって、きてる……\nいきが、でき……ないよぉ": "ああ、おくが……ひろげられて、る……かたいの、で……ふかく、はいって、きてる……\nいきが、でき……ないよぉ",

"まるで灼熱の鉄棒で貫かれたような痛みに、呼吸をすることができません。鉄さびのような\n臭いに鼻の奥がツンと痺れます。": "まるで灼熱の鉄棒で貫かれたような痛みに、呼吸をすることができません。鉄さびのような\n臭いに鼻の奥がツンと痺れます。",

"「ひ゛ぎぁぁ……ぁ、ぐげっっ……げぼっっ、かはぁっっっ!?」": "「ひ゛ぎぁぁ……ぁ、ぐげっっ……げぼっっ、かはぁっっっ!?」",

"奥までねじ込まれる感覚に、内臓が潰れされたような声が漏れてしまいます。灼熱でズキズキ\nとおまたが痛み、ポロポロと涙が床に落ちました。": "奥までねじ込まれる感覚に、内臓が潰れされたような声が漏れてしまいます。灼熱でズキズキ\nとおまたが痛み、ポロポロと涙が床に落ちました。",

"「やめ、て……しんじゃっ。おなか、やぶっ……かはっ! もう、やめて……やめてよ。いたい": "「やめ、て……しんじゃっ。おなか、やぶっ……かはっ! もう、やめて……やめてよ。いたい",

"よぉ……」": "よぉ……」",

"「あ゛っ、ぎっっっっ! あ゛、ずっっ! い゛だぃ゛……い゛あ゛あ゛っっっ! う゛ごが……": "「あ゛っ、ぎっっっっ! あ゛、ずっっ! い゛だぃ゛……い゛あ゛あ゛っっっ! う゛ごが……",

"ない゛で゛……ぐえ゛え゛え゛……」": "ない゛で゛……ぐえ゛え゛え゛……」",

"だけど私のことなど気にも止めず、犬はガクガクと腰を振り乱しておまたの中を硬いもので\n掻き回します。": "だけど私のことなど気にも止めず、犬はガクガクと腰を振り乱しておまたの中を硬いもので\n掻き回します。",

"どうして、どうしてこんなことに? わたし……なにか……悪いことしちゃったの?": "どうして、どうしてこんなことに? わたし……なにか……悪いことしちゃったの?",

"お腹の中をブチブチと引き裂かれるような痛みに、意識が遠ざかっていきます。どうしてこんな\n目に合うのかわかりません。": "お腹の中をブチブチと引き裂かれるような痛みに、意識が遠ざかっていきます。どうしてこんな\n目に合うのかわかりません。",

"「う゛あ゛……たすけ、て。たすけて……おねえ、ちゃん……」": "「う゛あ゛……たすけ、て。たすけて……おねえ、ちゃん……」",

"ポロポロと涙がこぼれ、伸ばした手から力が抜けていきます。": "ポロポロと涙がこぼれ、伸ばした手から力が抜けていきます。",

"だけど犬は荒い息を首筋に吐きかけ、グチャグチャと乱暴にお腹を中を掻き回します。": "だけど犬は荒い息を首筋に吐きかけ、グチャグチャと乱暴にお腹を中を掻き回します。",

"「う゛う゛……いたい、い゛たいよぉ……」": "「う゛う゛……いたい、い゛たいよぉ……」",

"ガクガクと腰が動くたびに、おまたに突き刺さったものが痛みを生み出します。それに私は\n耐えることしかできません。": "ガクガクと腰が動くたびに、おまたに突き刺さったものが痛みを生み出します。それに私は\n耐えることしかできません。",

"「おなかが……おなかが、こわれちゃった……あ゛あ゛……い゛ぎ……ぁ、かはっっっっ!?」": "「おなかが……おなかが、こわれちゃった……あ゛あ゛……い゛ぎ……ぁ、かはっっっっ!?」",

"だけど突然、突き刺さったものが体の奥底までねじ込まれるのが分かりました。なにかが\n大事な部分を貫いてる感覚が、痛みと一緒に伝わってきます。": "だけど突然、突き刺さったものが体の奥底までねじ込まれるのが分かりました。なにかが\n大事な部分を貫いてる感覚が、痛みと一緒に伝わってきます。",

"はいってる……わたしの……だいじに、ところに……はいちゃってる!": "はいってる……わたしの……だいじに、ところに……はいちゃってる!",

"大切なものを強引に奪われたことが分かってしまいます。頭の奥でチカチカと火花が散るのが\n見えてしまいました。": "大切なものを強引に奪われたことが分かってしまいます。頭の奥でチカチカと火花が散るのが\n見えてしまいました。",

"「ひぁっっっ! な、にっっ、あつい……おなか、あついっっ!? あついっっ! なに、\nこれっっ!?」": "「ひぁっっっ! な、にっっ、あつい……おなか、あついっっ!? あついっっ! なに、\nこれっっ!?」",

"不意におまたの中で熱いものが弾けました。": "不意におまたの中で熱いものが弾けました。",

"「あ、つい……なにか出てる。おなかに、なにかでてるよぉぉ! なにこれ、あつい……": "「あ、つい……なにか出てる。おなかに、なにかでてるよぉぉ! なにこれ、あつい……",

"おなかが、やけどしちゃうっっ……!」": "おなかが、やけどしちゃうっっ……!」",

"それに戸惑う暇もなく、ドクドクとお腹のなかに熱いものが注がれていきます。": "それに戸惑う暇もなく、ドクドクとお腹のなかに熱いものが注がれていきます。",

"なに、わたし……なにされてるの。おなかのなかに、なにがでてるの? こわい、こわいよぉ": "なに、わたし……なにされてるの。おなかのなかに、なにがでてるの? こわい、こわいよぉ",

"お腹の奥に広がっていく不気味な温かさに、ぞっと鳥肌が立ちます。重くなっていくお腹に足が\n震えてしまいます。": "お腹の奥に広がっていく不気味な温かさに、ぞっと鳥肌が立ちます。重くなっていくお腹に足が\n震えてしまいます。",

"「おなか、あつい……いっぱい、あついの……でてる。おなかが……くるし……い」": "「おなか、あつい……いっぱい、あついの……でてる。おなかが……くるし……い」",

"お腹の奥がジワジワと熱くなり、熱いもので貫かれた部分に生暖かい重さが広がっていきます。": "お腹の奥がジワジワと熱くなり、熱いもので貫かれた部分に生暖かい重さが広がっていきます。",

"「え゛あ゛……うそ、これって……もしかして……」": "「え゛あ゛……うそ、これって……もしかして……」",

"そして押しつぶされたまま体に広がっていく灼熱に、忘れていた事を思い出してしまいました。": "そして押しつぶされたまま体に広がっていく灼熱に、忘れていた事を思い出してしまいました。",

"それは同じように相手の体に覆いかぶさった二匹の犬を見た日のことです。": "それは同じように相手の体に覆いかぶさった二匹の犬を見た日のことです。",

"友達はそれを『こーび』だといっていました。そして『こーび』とは赤ちゃんを作るためのこと\nだと笑っていました。": "友達はそれを『こーび』だといっていました。そして『こーび』とは赤ちゃんを作るためのこと\nだと笑っていました。",

"じゃあ、じゃあ……これって『こーび』なの? わたし、あかちゃん……犬との\nあかちゃんを……つくってるの……?": "じゃあ、じゃあ……これって『こーび』なの? わたし、あかちゃん……犬との\nあかちゃんを……つくってるの……?",

"「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛゛……いや、いや……イヤー―――――――――――!!!」": "「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛゛……いや、いや……イヤー―――――――――――!!!」",

"全身に強張り、自分の中から犬の赤ちゃんが生まれる未来に怖気が走りました。": "全身に強張り、自分の中から犬の赤ちゃんが生まれる未来に怖気が走りました。",

"「あ゛ぎぁ゛……なにっっ⁉ なかで、ふくらんで……う゛ぐぇ……かふっっっっっ!": "「あ゛ぎぁ゛……なにっっ⁉ なかで、ふくらんで……う゛ぐぇ……かふっっっっっ!",

"おなか……くるしぃ……」": "おなか……くるしぃ……」",

"だけど逃げようとする私の中で、なにかが膨らんでいきます。ミチミチとおなかを内側から\n引き裂くような音が聞こえてきます。": "だけど逃げようとする私の中で、なにかが膨らんでいきます。ミチミチとおなかを内側から\n引き裂くような音が聞こえてきます。",

"「かふっっ、ぐぇ……ぁぐぇ゛……ぎあ゛あ゛ぁ゛っっ…………!」": "「かふっっ、ぐぇ……ぁぐぇ゛……ぎあ゛あ゛ぁ゛っっ…………!」",

"おなか、やぶれちゃう……おなか、こわれちゃ……う……これ、しんじゃ……う……\nおねえ……ちゃ……": "おなか、やぶれちゃう……おなか、こわれちゃ……う……これ、しんじゃ……う……\nおねえ……ちゃ……",

"「ひあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ!? あつい、あついっっ! また、でてる……": "「ひあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ!? あつい、あついっっ! また、でてる……",

"おなかが、やけちゃうっっ!」": "おなかが、やけちゃうっっ!」",

"大切に部分に突き刺さった硬いて熱いもの。その先っぽから灼熱がドクドクと、大切な部分\nに注ぎ込まれるのが分かります。": "大切に部分に突き刺さった硬いて熱いもの。その先っぽから灼熱がドクドクと、大切な部分\nに注ぎ込まれるのが分かります。",

"びゅーびゅーと吹き出す熱い汁が、おへそでグルグルと渦巻きます。おなかの奥で火が\n燃えているに感じます。": "びゅーびゅーと吹き出す熱い汁が、おへそでグルグルと渦巻きます。おなかの奥で火が\n燃えているに感じます。",

"「あ゛あ゛あ゛……こんな、の…………や゛……だぁ」": "「あ゛あ゛あ゛……こんな、の…………や゛……だぁ」",

"おなかの中に溜まっていく熱さにボロボロと涙がこぼれてます。おへその下が熱くて\n仕方ありません。": "おなかの中に溜まっていく熱さにボロボロと涙がこぼれてます。おへその下が熱くて\n仕方ありません。",

"おなかに、でてる……赤ちゃんの、もとが……いっぱいに、なってる……おなかのなか、\nとけちゃってるよぉぉ": "おなかに、でてる……赤ちゃんの、もとが……いっぱいに、なってる……おなかのなか、\nとけちゃってるよぉぉ",

"絶え間なく注ぎ込まれる熱さに、頭の中が真っ白になっていきます。": "絶え間なく注ぎ込まれる熱さに、頭の中が真っ白になっていきます。",

"「あ゛ぎぁ゛……うご、か……う゛ぎぁ゛ぃ゛……っ!」": "「あ゛ぎぁ゛……うご、か……う゛ぎぁ゛ぃ゛……っ!」",

"そんなとき犬が急に体をねじりました。おまたの中で硬いものがぐじゅりと音を立て、お尻を\n向け合う体勢になってしまいます。": "そんなとき犬が急に体をねじりました。おまたの中で硬いものがぐじゅりと音を立て、お尻を\n向け合う体勢になってしまいます。",

"「ひ、ぁぁぁぁぁ……ぁぁ……まだ、でてる……すごく、あつい……こ、れ……": "「ひ、ぁぁぁぁぁ……ぁぁ……まだ、でてる……すごく、あつい……こ、れ……",

"あつ、い……もえ、ちゃう」": "あつ、い……もえ、ちゃう」",

"さっきよりもドロドロとした熱いものが、お腹に注ぎ込まれる感覚にゾクゾクしたものが\n背中を駆け上がります。": "さっきよりもドロドロとした熱いものが、お腹に注ぎ込まれる感覚にゾクゾクしたものが\n背中を駆け上がります。",

"「なに、それ……ぁぁ、んっっ、はぁ……くぅぅん……」": "「なに、それ……ぁぁ、んっっ、はぁ……くぅぅん……」",

"なんだ……なんでわたし、きもちよくなって……るの? いぬと、あかちゃん\nつくってるのに……": "なんだ……なんでわたし、きもちよくなって……るの? いぬと、あかちゃん\nつくってるのに……",

"トクトクと熱いものが入ってくるたびに、頭がフワフワしてきます。お腹の中の袋が、灼熱の\nお汁で広げられることに快感を覚えてしまいます。": "トクトクと熱いものが入ってくるたびに、頭がフワフワしてきます。お腹の中の袋が、灼熱の\nお汁で広げられることに快感を覚えてしまいます。",

"「あ、ふぁ……きもち、いい……きもちいい、よぉ……これ、きもひいい……あついの、": "「あ、ふぁ……きもち、いい……きもちいい、よぉ……これ、きもひいい……あついの、",

"いっぱい……でて、る……」": "いっぱい……でて、る……」",

"「これ、きもちひぃ……ワンちゃんと、こーび……きもひぃぃ……よぉ……こーび、すきぃ……」": "「これ、きもちひぃ……ワンちゃんと、こーび……きもひぃぃ……よぉ……こーび、すきぃ……」",

"流れこんでくる熱さに、私も犬のように舌を出してしまいます。気持ちよさに頭が真っ白で何も\n考えることができません。": "流れこんでくる熱さに、私も犬のように舌を出してしまいます。気持ちよさに頭が真っ白で何も\n考えることができません。",

"「くる、なにか……きちゃう、きもちいいの……きちゃうよぉぉぉぉぉ」": "「くる、なにか……きちゃう、きもちいいの……きちゃうよぉぉぉぉぉ」",

"そして今までにない快感の波が背中を駆け上がってきました。だけど、その快感に私は震えること\nしかできません。": "そして今までにない快感の波が背中を駆け上がってきました。だけど、その快感に私は震えること\nしかできません。",

"きもちいい……きもちいい、これ……きもちいい。こーび、きもちいい……くる。きもちいい、\nのが……!": "きもちいい……きもちいい、これ……きもちいい。こーび、きもちいい……くる。きもちいい、\nのが……!",

"きゅぅぅぅぅんと心地よさそうに鳴く犬に合わせて、私も動物のように舌を出して快感に\n身を委ねます。次の瞬間――": "きゅぅぅぅぅんと心地よさそうに鳴く犬に合わせて、私も動物のように舌を出して快感に\n身を委ねます。次の瞬間――",

"「ふわっっっ、んんんっっっ……ふわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」": "「ふわっっっ、んんんっっっ……ふわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」",

"ひときわ熱いものがおへその下で弾けました。熱いものがおなかに広がり、おへその下がポコンと\n膨らんでしまいます。": "ひときわ熱いものがおへその下で弾けました。熱いものがおなかに広がり、おへその下がポコンと\n膨らんでしまいます。",

"い、たっっ……なに……": "い、たっっ……なに……",

"不意にお腹の奥で、なにかが入り込むようなチクンとした痛みが走りました。だけど熱いもので\n満たされる大きすぎる快感が、急に私の意識を薄めていきます。": "不意にお腹の奥で、なにかが入り込むようなチクンとした痛みが走りました。だけど熱いもので\n満たされる大きすぎる快感が、急に私の意識を薄めていきます。",

"ああ、でも……もう、だめ……おねえ、ちゃ……": "ああ、でも……もう、だめ……おねえ、ちゃ……",

"ふと脳裏に浮かんだ面影をみた瞬間、私の溶けた心はそのまま深い暗闇に沈んでいきました。": "ふと脳裏に浮かんだ面影をみた瞬間、私の溶けた心はそのまま深い暗闇に沈んでいきました。",

"「不能从这里出去吗……咦,现在有声音……」": "「不能从这里出去吗……咦,现在有声音……」",

"(啊,咦?怎么了,身体……变得不动了……怎么了……)": "(啊,咦?怎么了,身体……变得不动了……怎么了……)",

"「啊,屋顶掉下来了……」": "「啊,屋顶掉下来了……」",

"(有一扇和我身高差不多的小门,能从这里出去吗?)": "(有一扇和我身高差不多的小门,能从这里出去吗?)",

"点击进入下一步": "点击进入下一步",

"クリックでコンティニュー": "クリックでコンティニュー",

"(这样的话……大概可以进行吧)": "(这样的话……大概可以进行吧)",

"(诶,脚沉了……骗人的,好深。身体很安静。泥缠住身体动不了。)": "(诶,脚沉了……骗人的,好深。身体很安静。泥缠住身体动不了。)",

"(现,现在声音……)": "(现,现在声音……)",

"(真是不可思议的花啊,稍微碰一下吧……好痛啊)": "(真是不可思议的花啊,稍微碰一下吧……好痛啊)",

"「有了,扎在手指上……咦……虽然是这样,但总觉得……麻木了……」": "「有了,扎在手指上……咦……虽然是这样,但总觉得……麻木了……」",

"单击下一步(4": "单击下一步(4",

"单击下一步(25": "单击下一步(25",

"(把捡到的书放回去比较好吗?)": "(把捡到的书放回去比较好吗?)",

"(书排列着。虫子的书……有点恶心吧)": "(书排列着。虫子的书……有点恶心吧)",

"(用该扳手拆下螺栓)": "(用该扳手拆下螺栓)",

"(这样可以移动书架了。)": "(这样可以移动书架了。)",

"(好像是用螺丝固定的。这样的话不能移动。)": "(好像是用螺丝固定的。这样的话不能移动。)",

"(书好像掉在里面了。)": "(书好像掉在里面了。)",

"弄到了一本绿色的书": "弄到了一本绿色的书",

"(好像没有其他的东西。)": "(好像没有其他的东西。)",

"(有工具。这样可以取下螺丝吗?)": "(有工具。这样可以取下螺丝吗?)",

"得到了T型扳手": "得到了T型扳手",

"(打不开。锁上了。)": "(打不开。锁上了。)",

"(里面有写着字的纸)": "(里面有写着字的纸)",

"「这是姐姐的字。是姐姐的日记吗?」": "「这是姐姐的字。是姐姐的日记吗?」",

"日记的片断弄到手了": "日记的片断弄到手了",

"提示从菜单中的阿尼亚日记中可以看到。": "提示从菜单中的阿尼亚日记中可以看到。",

"「这是姐姐的书」": "「这是姐姐的书」",

"标题中有": "标题中有",

"姐妹的共堕淫爱": "姐妹的共堕淫爱",

"这样的文字。": "这样的文字。",

"「虽然姐姐说不能读」": "「虽然姐姐说不能读」",

"(小刀掉在地上了。很危险,请不要碰。)": "(小刀掉在地上了。很危险,请不要碰。)",

"(踏板下面有奇怪的图案。)": "(踏板下面有奇怪的图案。)",

"(空空的。下面写着名字,但是读不出来。)": "(空空的。下面写着名字,但是读不出来。)",

"(里面有书。)": "(里面有书。)",

"得到了一本【读了就死】的书": "得到了一本【读了就死】的书",

"(是姐姐的花瓶。但是好像空了。)": "(是姐姐的花瓶。但是好像空了。)",

"(是姐姐的照片。为什么在这里?)": "(是姐姐的照片。为什么在这里?)",

"(有四个开关。可以按吗?)": "(有四个开关。可以按吗?)",

"(排列着一些不认识的字的书。看不出来。)": "(排列着一些不认识的字的书。看不出来。)",

"(家庭菜园的书。蔬菜的培育方法?)": "(家庭菜园的书。蔬菜的培育方法?)",

"(也许能从这里出来。)": "(也许能从这里出来。)",

"「这里是学校的厕所吗?但是没有入口的门,为什么?」": "「这里是学校的厕所吗?但是没有入口的门,为什么?」",

"(这是姐姐的书。为什么在这里?)": "(这是姐姐的书。为什么在这里?)",

"(水又红又脏。真不想用啊……)": "(水又红又脏。真不想用啊……)",

"(水变白了。有漂白剂一样的味道。)": "(水变白了。有漂白剂一样的味道。)",

"(这里很干净,好像也能流水。)": "(这里很干净,好像也能流水。)",

"(好像有什么声音。)": "(好像有什么声音。)",

"(没有水。是不是碎了?)": "(没有水。是不是碎了?)",

"(这条毛巾能洗掉镜子里的污垢吗?)": "(这条毛巾能洗掉镜子里的污垢吗?)",

"把毛巾弄到手了": "把毛巾弄到手了",

"(这是什么?铁的……像筒吗?)": "(这是什么?铁的……像筒吗?)",

"(脏拖把……有腥味)": "(脏拖把……有腥味)",

"(这个在什么地方能用吗?)": "(这个在什么地方能用吗?)",

"把方向盘弄到手了": "把方向盘弄到手了",

"(好像可以用这把钥匙打开。)": "(好像可以用这把钥匙打开。)",

"(打不开。好像有钥匙。)": "(打不开。好像有钥匙。)",

"(这个门好像开了。)": "(这个门好像开了。)",

"「打开了……太好了。是这个号码」": "「打开了……太好了。是这个号码」",

"「小丽莎……为什么会做那样的梦呢……」": "「小丽莎……为什么会做那样的梦呢……」",

"(锁好像开了。)": "(锁好像开了。)",

"(有种不好的预感。请不要打开。)": "(有种不好的预感。请不要打开。)",

"(打不开。里面有水的声音吗?)": "(打不开。里面有水的声音吗?)",

"(能看到灯光。能从这里出来吗?)": "(能看到灯光。能从这里出来吗?)",

"「这个房间有个玩偶屋……这里好像也没有姐姐。不前进的话」": "「这个房间有个玩偶屋……这里好像也没有姐姐。不前进的话」",

"(用螺丝刀,也许可以取下这个盖子……)": "(用螺丝刀,也许可以取下这个盖子……)",

"「取下来了!」": "「取下来了!」",

"(用螺丝固定。如果有工具……)": "(用螺丝固定。如果有工具……)",

"「927、是什么数字呢……?」": "「927、是什么数字呢……?」",

"(好像变漂亮了。)": "(好像变漂亮了。)",

"(被奇怪的液体弄脏了。)": "(被奇怪的液体弄脏了。)",

"(已经什么都没有了……)": "(已经什么都没有了……)",

"(钥匙掉了。是哪里的钥匙呢?)": "(钥匙掉了。是哪里的钥匙呢?)",

"弄到了绿色的钥匙": "弄到了绿色的钥匙",

"「已经……好像什么都没有照出来」": "「已经……好像什么都没有照出来」",

"(漂亮的镜子。)": "(漂亮的镜子。)",

"「诶……这一瞬间是什么……」": "「诶……这一瞬间是什么……」",

"「丽莎酱……?」": "「丽莎酱……?」",

"(人偶的头在那里。有点恐怖……)": "(人偶的头在那里。有点恐怖……)",

"(好像可以出水)": "(好像可以出水)",

"(人偶浮上来了。但是眼看就要断掉了。)": "(人偶浮上来了。但是眼看就要断掉了。)",

"「脖子掉了。里面的棉花也破破烂烂」": "「脖子掉了。里面的棉花也破破烂烂」",

"得到了人偶": "得到了人偶",

"(可能会被加上什么)": "(可能会被加上什么)",

"(这样就可以转了吧)": "(这样就可以转了吧)",

"(没有方向盘。这样的话,不能倒水。)": "(没有方向盘。这样的话,不能倒水。)",

"(啊,又是姐姐的日记。姐姐也在这里吗?)": "(啊,又是姐姐的日记。姐姐也在这里吗?)",

"把记的片断弄到手了\n\n提示可以从菜单上的亚娜日记里看到。": "把记的片断弄到手了\n\n提示可以从菜单上的亚娜日记里看到。",

"(干净的毛巾。可以用来擦拭。)": "(干净的毛巾。可以用来擦拭。)",

"(绿色的小钥匙。在哪里使用呢?)": "(绿色的小钥匙。在哪里使用呢?)",

"(暗颜色的方向盘。湿的,冷的)": "(暗颜色的方向盘。湿的,冷的)",

"(丢了头的人偶。虽然不旧,但是里面和外面都破破烂烂。)": "(丢了头的人偶。虽然不旧,但是里面和外面都破破烂烂。)",

"(容易握的螺丝刀。用这个可以卸下螺丝。)": "(容易握的螺丝刀。用这个可以卸下螺丝。)",

"「这个房间……虽然脏了但是很漂亮。是有钱人吗?」": "「这个房间……虽然脏了但是很漂亮。是有钱人吗?」",

"「打开了!」": "「打开了!」",

"(这是什么按钮?我可以按吗?)": "(这是什么按钮?我可以按吗?)",

"「诶……什么,画掉了……?」": "「诶……什么,画掉了……?」",

"(什么都没发生。是坏了吗?)": "(什么都没发生。是坏了吗?)",

"(是个大婴儿娃娃,可能有点可爱。)": "(是个大婴儿娃娃,可能有点可爱。)",

"(总觉得有种不好的预感。请不要触碰。)": "(总觉得有种不好的预感。请不要触碰。)",

"(蓝色屋顶的房子。像我们家吗?)": "(蓝色屋顶的房子。像我们家吗?)",

"(莫非……要把人偶放在这里吗?)": "(莫非……要把人偶放在这里吗?)",

"(是个大狗屋。里面……好像空着。)": "(是个大狗屋。里面……好像空着。)",

"(有动物的味道。是大狗吗?总觉得……好可怕啊)": "(有动物的味道。是大狗吗?总觉得……好可怕啊)",

"(人偶好像掉了。)": "(人偶好像掉了。)",

"(这是孩子画的画。是父子吗?)": "(这是孩子画的画。是父子吗?)",

"「刚才的悲鸣,是什么啊……不快点找姐姐的话」": "「刚才的悲鸣,是什么啊……不快点找姐姐的话」",

"(什么,这幅画……总觉得好恐怖啊)": "(什么,这幅画……总觉得好恐怖啊)",

"「诶,刚才的声音……好可怜……?": "「诶,刚才的声音……好可怜……?",

"(里面有人偶。)": "(里面有人偶。)",

"(这里也有姐姐的日记……为什么会有这么多呢?)": "(这里也有姐姐的日记……为什么会有这么多呢?)",

"『不能和狗在一起』": "『不能和狗在一起』",

"『应该有的东西": "『应该有的东西",

"去某个地方』": "去某个地方』",

"(红色屋顶的房子。很大……是有钱人的家吗?)": "(红色屋顶的房子。很大……是有钱人的家吗?)",

"(总觉得,房子的屋顶……好像掉了)": "(总觉得,房子的屋顶……好像掉了)",

"(好像要弄坏了,就这样放着吧)": "(好像要弄坏了,就这样放着吧)",

"(里面有人偶)": "(里面有人偶)",

"(是孩子的玩偶,像个小女孩。)": "(是孩子的玩偶,像个小女孩。)",

"(是女性的玩偶。戴着围裙。)": "(是女性的玩偶。戴着围裙。)",

"(是男性的玩偶,像大人一样)": "(是男性的玩偶,像大人一样)",

"(这是我的玩偶?但是是谁做的呢?)": "(这是我的玩偶?但是是谁做的呢?)",

"(这个人偶……和姐姐很像,可能有点想要。)": "(这个人偶……和姐姐很像,可能有点想要。)",

"(要放哪个玩偶呢?)": "(要放哪个玩偶呢?)",

"(这里好像没有人偶。)": "(这里好像没有人偶。)",

"(这里好像没有娃娃。)": "(这里好像没有娃娃。)",

"(好像没有放置人偶。)": "(好像没有放置人偶。)",

"(从架子后面出来了门……这里是出口吗?)": "(从架子后面出来了门……这里是出口吗?)",

"「是厨房。咦……和家里的厨房有点像。但是总觉得已经很旧了": "「是厨房。咦……和家里的厨房有点像。但是总觉得已经很旧了",

"为什么?」": "为什么?」",

"(大门口。能出去吗?)": "(大门口。能出去吗?)",

"「总觉得有点讨厌。不要打开吧」": "「总觉得有点讨厌。不要打开吧」",

"(……好像什么都没发生)": "(……好像什么都没发生)",

"(有红色的杆。好像能动。)": "(有红色的杆。好像能动。)",

"(不要碰)": "(不要碰)",

"「什么?架子在动」": "「什么?架子在动」",

"(什么都没进去。但是又有奇怪的图案……是什么呢。)": "(什么都没进去。但是又有奇怪的图案……是什么呢。)",

"(小火柴盒。好像还剩下火柴。)": "(小火柴盒。好像还剩下火柴。)",

"火柴弄到手了": "火柴弄到手了",

"(满是灰尘。是不是没打扫啊……)": "(满是灰尘。是不是没打扫啊……)",

"「木头在燃烧……好温暖。姐姐……要是不觉得冷就好了」": "「木头在燃烧……好温暖。姐姐……要是不觉得冷就好了」",

"(是暖炉。虽然有点憧憬……但是好像没有使用。)": "(是暖炉。虽然有点憧憬……但是好像没有使用。)",

"(放了柴火……能不能点火?)": "(放了柴火……能不能点火?)",

"「这根火柴应该会点火的……啊,着了」": "「这根火柴应该会点火的……啊,着了」",

"(没有点火的东西……怎么办?)": "(没有点火的东西……怎么办?)",

"(用这个火可以把纸弄干吗?)": "(用这个火可以把纸弄干吗?)",

"(数字浮现出来……)": "(数字浮现出来……)",

"把干纸弄到手了": "把干纸弄到手了",

"「383。是什么数字呢……?」": "「383。是什么数字呢……?」",

"(6点6分6秒就停了。是什么呢……)": "(6点6分6秒就停了。是什么呢……)",

"(有没有针的手表)": "(有没有针的手表)",

"(好像手表走了。)": "(好像手表走了。)",

"(是手表……好像没动。指针不够一根吗?)": "(是手表……好像没动。指针不够一根吗?)",

"(是一个很大的葡萄酒瓶。里面有淡紫色的液体。)": "(是一个很大的葡萄酒瓶。里面有淡紫色的液体。)",

"(像是国外的书。嗯,有点看不懂啊。)": "(像是国外的书。嗯,有点看不懂啊。)",

"(有漂亮的餐具。总觉得很贵……)": "(有漂亮的餐具。总觉得很贵……)",

"(写满了文字的纸。领养、养父母制度?……不太清楚)": "(写满了文字的纸。领养、养父母制度?……不太清楚)",

"「哇,里面放了很多钱……因为是别人的,所以必须不要碰」": "「哇,里面放了很多钱……因为是别人的,所以必须不要碰」",

"(打开锁的号码是……)": "(打开锁的号码是……)",

"(里面好像有咔嚓的声音。是打开了吗?)": "(里面好像有咔嚓的声音。是打开了吗?)",

"(是干枯的树。这样的话会变成柴火吗?)": "(是干枯的树。这样的话会变成柴火吗?)",

"把干木头弄到手了": "把干木头弄到手了",

"(有刻度盘。号码是什么?)": "(有刻度盘。号码是什么?)",

"(好像其他什么都没有掉下来。)": "(好像其他什么都没有掉下来。)",

"「掉了。这是什么?」": "「掉了。这是什么?」",

"得到了像针一样的金属": "得到了像针一样的金属",

"(里面掉了什么东西,但是够不着…)": "(里面掉了什么东西,但是够不着…)",

"(这样就可以把掉在里面的东西取下来了。)": "(这样就可以把掉在里面的东西取下来了。)",

"入手烧火棍": "入手烧火棍",

"(好像放了火钩子。)": "(好像放了火钩子。)",

"(很漂亮的烛台。但是积满了灰尘。)": "(很漂亮的烛台。但是积满了灰尘。)",

"(好像容器里有按钮。)": "(好像容器里有按钮。)",

"「咦?好像在哪里听到了沉重的声音……」": "「咦?好像在哪里听到了沉重的声音……」",

"「有点累了……在这里休息吧」": "「有点累了……在这里休息吧」",

"「现在不是休息的时候吧。不快点找姐姐的话」": "「现在不是休息的时候吧。不快点找姐姐的话」",

"(装饰着一把很大的刀。总觉得好恐怖啊。)": "(装饰着一把很大的刀。总觉得好恐怖啊。)",

"(椅子做得很结实。要不要坐下来看看。)": "(椅子做得很结实。要不要坐下来看看。)",

"(这把椅子不摇摇晃晃的。我想要这样的房子。)": "(这把椅子不摇摇晃晃的。我想要这样的房子。)",

"(有漂亮的花。这花是百合吧。)": "(有漂亮的花。这花是百合吧。)",

"(这里也有姐姐的日记……又写了我的事吗?)": "(这里也有姐姐的日记……又写了我的事吗?)",

"(这是在暖炉里发现的火棒。好像可以用来做什么。)": "(这是在暖炉里发现的火棒。好像可以用来做什么。)",

"(像针一样的金属。是什么零件吗?)": "(像针一样的金属。是什么零件吗?)",

"(像木片一样。干巴巴的,好像很容易着火。)": "(像木片一样。干巴巴的,好像很容易着火。)",

"(小火柴盒。里面只有一根火柴。)": "(小火柴盒。里面只有一根火柴。)",

"(383……这是什么数字?)": "(383……这是什么数字?)",

"(有动物标本。是黑色山羊吗?看着这边有点害怕。)": "(有动物标本。是黑色山羊吗?看着这边有点害怕。)",

"(看来不需要转动了)": "(看来不需要转动了)",

"(好像有什么东西要钻进去的洞……试着打开方向盘吧)": "(好像有什么东西要钻进去的洞……试着打开方向盘吧)",

"(把手正好合适。这样可以旋转吗?)": "(把手正好合适。这样可以旋转吗?)",

"「嗯!很硬……但是好像会转。嘿!」": "「嗯!很硬……但是好像会转。嘿!」",

"(对面有声音,好像有什么地方打开了。)": "(对面有声音,好像有什么地方打开了。)",

"(墙上有个凹坑……是什么呢)": "(墙上有个凹坑……是什么呢)",

"(这个门……好像没有打开的地方)": "(这个门……好像没有打开的地方)",

"(好像什么都没放进去。)": "(好像什么都没放进去。)",

"(柜子钥匙好像开了,怎么办?)": "(柜子钥匙好像开了,怎么办?)",

"(此处请勿打开)": "(此处请勿打开)",

"「嗯,有点重……打开了!」": "「嗯,有点重……打开了!」",

"(是花洒。虽然有点重,但是里面好像空着。)": "(是花洒。虽然有点重,但是里面好像空着。)",

"得到了铁花洒": "得到了铁花洒",

"(这个小钥匙是在这里用吗?)": "(这个小钥匙是在这里用吗?)",

"(也许是别的钥匙……)": "(也许是别的钥匙……)",

"(用这把钥匙打开就好了。)": "(用这把钥匙打开就好了。)",

"(好像上锁了)": "(好像上锁了)",

"(打不开……锁上了吗?)": "(打不开……锁上了吗?)",

"(浇水后长得很长。而且叶子在动……还写了数字……\n奇怪的树……)": "(浇水后长得很长。而且叶子在动……还写了数字……\n奇怪的树……)",

"(这棵树……好像没什么精神。还是给它浇水比较好吧?)": "(这棵树……好像没什么精神。还是给它浇水比较好吧?)",

"(这棵树长大了,叶子上写着数字。)": "(这棵树长大了,叶子上写着数字。)",

"(是有钥匙的柜子。好像只装了其他的锅。)": "(是有钥匙的柜子。好像只装了其他的锅。)",

"(钥匙打开了,里面有什么呢?)": "(钥匙打开了,里面有什么呢?)",

"(这里暂且不提。)": "(这里暂且不提。)",

"(柜子里有钥匙。这个钥匙哪里用?)": "(柜子里有钥匙。这个钥匙哪里用?)",

"得到了一把小钥匙": "得到了一把小钥匙",

"(锁上了。要把拨号的数字对起来吗?)": "(锁上了。要把拨号的数字对起来吗?)",

"(柜子钥匙好像开了,看里面比较好吧?)": "(柜子钥匙好像开了,看里面比较好吧?)",

"(有一把大菜刀。但是生锈了,好像不能用。)": "(有一把大菜刀。但是生锈了,好像不能用。)",

"(里面有纸片。溶解液……强酸性。写着小心使用。)": "(里面有纸片。溶解液……强酸性。写着小心使用。)",

"(里面有声音。钥匙打开了吗?)": "(里面有声音。钥匙打开了吗?)",

"(有瓶子。里面是绿色的水……吗?)": "(有瓶子。里面是绿色的水……吗?)",

"拿到了一个装着绿色液体的瓶子": "拿到了一个装着绿色液体的瓶子",

"(打不开。下面好像有个小钥匙孔。)": "(打不开。下面好像有个小钥匙孔。)",

"(抽屉里有水龙头的把手,这个能用吗?)": "(抽屉里有水龙头的把手,这个能用吗?)",

"得到了水龙头的方向盘": "得到了水龙头的方向盘",

"(里面有一捆纸,上面还写着奇怪的图案。)": "(里面有一捆纸,上面还写着奇怪的图案。)",

"(大锅。有个小洞……这个不能用吗?)": "(大锅。有个小洞……这个不能用吗?)",

"(大烤箱。好像和家里的烤箱一样……但是打不开。)": "(大烤箱。好像和家里的烤箱一样……但是打不开。)",

"(好像和家里的冰箱一样。打开看看吧。)": "(好像和家里的冰箱一样。打开看看吧。)",

"(现在,里面有响动……最好不要打开)": "(现在,里面有响动……最好不要打开)",

"(排水沟很干净。里面……好像什么都没有了。)": "(排水沟很干净。里面……好像什么都没有了。)",

"(是普通的流水台。)": "(是普通的流水台。)",

"(这是普通的流水台。但是好像排水沟里有什么东西堵住了。)": "(这是普通的流水台。但是好像排水沟里有什么东西堵住了。)",

"(总觉得很恐怖,还是算了吧)": "(总觉得很恐怖,还是算了吧)",

"(排水口里有钥匙……是哪里的钥匙吗?)": "(排水口里有钥匙……是哪里的钥匙吗?)",

"(里面能看到什么……但是手好像够不到。怎么办?)": "(里面能看到什么……但是手好像够不到。怎么办?)",

"(绿色的粘糊糊的液体好像流到了排水管里。)": "(绿色的粘糊糊的液体好像流到了排水管里。)",

"(有酸香和融化的声音。排水沟堵塞……好像没有了。)": "(有酸香和融化的声音。排水沟堵塞……好像没有了。)",

"(摆放着看起来很贵的盘子。但是积了很多灰尘。)": "(摆放着看起来很贵的盘子。但是积了很多灰尘。)",

"(罐子里……是白色浑浊的水。总觉得有股怪味。)": "(罐子里……是白色浑浊的水。总觉得有股怪味。)",

"(里面……空着。但是里面好像有开关……)": "(里面……空着。但是里面好像有开关……)",

"(沾着像血一样的东西。也许还是不要碰比较好。)": "(沾着像血一样的东西。也许还是不要碰比较好。)",

"(好像可以往乔巴里加水……)": "(好像可以往乔巴里加水……)",

"(现在不需要水)": "(现在不需要水)",

"(焦罗装满了水。)": "(焦罗装满了水。)",

"「嗯,很重啊」": "「嗯,很重啊」",

"(水龙头开着方向盘,这样就可以出水了。)": "(水龙头开着方向盘,这样就可以出水了。)",

"(不能一直把水倒出来啊)": "(不能一直把水倒出来啊)",

"(这是没有方向盘的水龙头。安装到这里的话,可能会出水……)": "(这是没有方向盘的水龙头。安装到这里的话,可能会出水……)",

"(水龙头。好像可以用……但是方向盘不见了。是不是在哪里呢?)": "(水龙头。好像可以用……但是方向盘不见了。是不是在哪里呢?)",

"(抽屉里写着什么……炉子的开关像穴位一样……是什么意思呢?)": "(抽屉里写着什么……炉子的开关像穴位一样……是什么意思呢?)",

"(脏兮兮的挂钟。虽然有声音,但12点15分就停了。)": "(脏兮兮的挂钟。虽然有声音,但12点15分就停了。)",

"(好像没有其他掉落的东西。但是,为什么日记会这样……)": "(好像没有其他掉落的东西。但是,为什么日记会这样……)",

"(犁上有什么……这是姐姐的日记。为什么会有这么多呢?)": "(犁上有什么……这是姐姐的日记。为什么会有这么多呢?)",

"(烤箱里面很亮。难道这里是出口吗?)": "(烤箱里面很亮。难道这里是出口吗?)",

"「这里是院子吗?被高墙围住,看样子出不去……出口在哪里。快点把姐姐": "「这里是院子吗?被高墙围住,看样子出不去……出口在哪里。快点把姐姐",

"不去寻找的话」": "不去寻找的话」",

"(这是一个装有绿色的瓶子。文字太模糊了看不清楚,但是盖子盖得很结实。)": "(这是一个装有绿色的瓶子。文字太模糊了看不清楚,但是盖子盖得很结实。)",

"(白色水龙头的把手。虽然有点旧,但好像可以用在自来水里。)": "(白色水龙头的把手。虽然有点旧,但好像可以用在自来水里。)",

"(是一个小钥匙。带音符的,是银制的吗?)": "(是一个小钥匙。带音符的,是银制的吗?)",

"(有点生锈的金属焦罗。这里明明是厨房,为什么要用呢?)": "(有点生锈的金属焦罗。这里明明是厨房,为什么要用呢?)",

"(坚固的铁制方向盘。又大又重。)": "(坚固的铁制方向盘。又大又重。)",

"(这是有黑桃装饰的钥匙。看起来像金属,但是很轻。总觉得很不可思议。)": "(这是有黑桃装饰的钥匙。看起来像金属,但是很轻。总觉得很不可思议。)",

"(原来有这样的装置……)": "(原来有这样的装置……)",

"何も入ってない……": "何も入ってない……",

"500|300,60,0": "500|300,60,0",

"空的": "空的",

"好像什么都没有。有点脏啊": "好像什么都没有。有点脏啊",

"「诶,刚才还什么都没放呢……」": "「诶,刚才还什么都没放呢……」",

"(里面有……金属方向盘。)": "(里面有……金属方向盘。)",

"「也许能用在什么地方……嗯,很重」": "「也许能用在什么地方……嗯,很重」",

"拿到了金属把手": "拿到了金属把手",

"(姐姐做的菜……好想吃啊)": "(姐姐做的菜……好想吃啊)",

"(现在好像没必要碰了)": "(现在好像没必要碰了)",

"(会着火吗?)": "(会着火吗?)",

"(很危险,不要碰。)": "(很危险,不要碰。)",

"(空瓶子排列着。左边好像有三个,右边好像有两个。)": "(空瓶子排列着。左边好像有三个,右边好像有两个。)",

"(箱子里有个大洞……有梯子,可以从这里下去。)": "(箱子里有个大洞……有梯子,可以从这里下去。)",

"(这个房间……是我们的房间。但是门……没有。为什么?)": "(这个房间……是我们的房间。但是门……没有。为什么?)",

"「啊,姐姐!太好了……我在这里。但是为什么……是裸体呢?」": "「啊,姐姐!太好了……我在这里。但是为什么……是裸体呢?」",

"「睡着了……姐姐……起来。起来。」": "「睡着了……姐姐……起来。起来。」",

"(不行……不起来。为了叫醒姐姐,有什么……吗?)": "(不行……不起来。为了叫醒姐姐,有什么……吗?)",

"(但是……这个房间和平时不一样,不知道有什么样的装置呢)": "(但是……这个房间和平时不一样,不知道有什么样的装置呢)",

"(也有姐姐,要比以前的房间更慎重地找。)": "(也有姐姐,要比以前的房间更慎重地找。)",

"(如果有能记录至今为止的事情就好了……)": "(如果有能记录至今为止的事情就好了……)",

"推荐在此保存": "推荐在此保存",

"(箱子好像打开了……刚才的声音是这个箱子。)": "(箱子好像打开了……刚才的声音是这个箱子。)",

"(大箱子。打不开……但是钥匙好像也不能用。)": "(大箱子。打不开……但是钥匙好像也不能用。)",

"(已经空了。但是底部还有花纹……这是什么?)": "(已经空了。但是底部还有花纹……这是什么?)",

"(里面有庭院用的铁锹。)": "(里面有庭院用的铁锹。)",

"(这把铁锹。要不要拿走?)": "(这把铁锹。要不要拿走?)",

"(现在就不要碰了)": "(现在就不要碰了)",

"(这把铁锹,能用在什么地方吗?)": "(这把铁锹,能用在什么地方吗?)",

"把铁锹弄到手了": "把铁锹弄到手了",

"(这个箱子打不开……是要对号码吗?)": "(这个箱子打不开……是要对号码吗?)",

"「打开了。是这个号码」": "「打开了。是这个号码」",

"(里面好像空了……咦,但是紫色的": "(里面好像空了……咦,但是紫色的",

"写着记号)": "写着记号)",

"这里面……哇,有个大虫子。不要碰": "这里面……哇,有个大虫子。不要碰",

"(这是倒过来的花盆。里面好像写着……紫色的": "(这是倒过来的花盆。里面好像写着……紫色的",

"(这个盆是姐姐养的花……但是是空的。)": "(这个盆是姐姐养的花……但是是空的。)",

"(这个洞……是连接到外面的吗)": "(这个洞……是连接到外面的吗)",

"(还是不要出去吧)": "(还是不要出去吧)",

"(如果有这个道具的话……也许可以脱掉木板。)": "(如果有这个道具的话……也许可以脱掉木板。)",

"(就这样吧)": "(就这样吧)",

"「这样一来……嗯————!」": "「这样一来……嗯————!」",

"「呀!太好了,好像脱臼了」": "「呀!太好了,好像脱臼了」",

"(这块木板很结实……也许有什么用。)": "(这块木板很结实……也许有什么用。)",

"把木板弄到手了": "把木板弄到手了",

"(墙上开了一个洞……但是木头被钉子钉得很结实。)": "(墙上开了一个洞……但是木头被钉子钉得很结实。)",

"(有形状不可思议的花,是第一次看到的花。)": "(有形状不可思议的花,是第一次看到的花。)",

"(这是奇怪的叶子。啊,叶子的背面写着什么。)": "(这是奇怪的叶子。啊,叶子的背面写着什么。)",

"(叶子背面涂上红色的": "(叶子背面涂上红色的",

"上面写着)": "上面写着)",

"(有点欠缺的花盆。上面写着绿色的标志。)": "(有点欠缺的花盆。上面写着绿色的标志。)",

"(是个小梯子。嗯,这样的话就不能爬上围墙了吧……)": "(是个小梯子。嗯,这样的话就不能爬上围墙了吧……)",

"(……这样的谜题。姐姐很擅长吧……难道是姐姐?\n不,不可能那样吧)": "(……这样的谜题。姐姐很擅长吧……难道是姐姐?\n不,不可能那样吧)",

"(有屏幕可以按吗?)": "(有屏幕可以按吗?)",

"(泥尖上有按钮……)": "(泥尖上有按钮……)",

"(但是淤泥堆积了,这样的话就过不去了吗?)": "(但是淤泥堆积了,这样的话就过不去了吗?)",

"(就这样进入泥里可能很危险……有什么过境的道具吗?)": "(就这样进入泥里可能很危险……有什么过境的道具吗?)",

"(用这块木板过桥的话……会往前走的。)": "(用这块木板过桥的话……会往前走的。)",

"(现在就这样吧)": "(现在就这样吧)",

"(把这块木板放上去看看。)": "(把这块木板放上去看看。)",

"(这样就可以越过泥土的另一边了。)": "(这样就可以越过泥土的另一边了。)",

"(有日记的盆栽。为什么日记被埋了呢……)": "(有日记的盆栽。为什么日记被埋了呢……)",

"(有花盆。好像土洒出来了……啊,里面有什么东西。是团起来的纸吗?)": "(有花盆。好像土洒出来了……啊,里面有什么东西。是团起来的纸吗?)",

"(这是姐姐的日记……呜呜,姐姐。我想见你,姐姐。在哪里?\n在哪里?)": "(这是姐姐的日记……呜呜,姐姐。我想见你,姐姐。在哪里?\n在哪里?)",

"(这是埋着拔钉的洞。为什么土里有工具呢?)": "(这是埋着拔钉的洞。为什么土里有工具呢?)",

"(好像可以用铁锹挖土。要不要挖一下……)": "(好像可以用铁锹挖土。要不要挖一下……)",

"(也许最好不要挖。)": "(也许最好不要挖。)",

"(好像中了什么东西。)": "(好像中了什么东西。)",

"「这是……拔钉子吧?在哪里能使用呢?」": "「这是……拔钉子吧?在哪里能使用呢?」",

"获得了珍珠": "获得了珍珠",

"(只有这里的颜色不同。看起来很柔软……如果有道具的话,也许能挖到泥土。)": "(只有这里的颜色不同。看起来很柔软……如果有道具的话,也许能挖到泥土。)",

"(喷泉里流出了漂亮的水……总觉得有种甜甜的味道,有点口渴了\n啊……)": "(喷泉里流出了漂亮的水……总觉得有种甜甜的味道,有点口渴了\n啊……)",

"(水龙头那里写着数字。这个……是什么数量呢?)": "(水龙头那里写着数字。这个……是什么数量呢?)",

"(这个数字……用绿色写着": "(这个数字……用绿色写着",

"怎么会在这里?))": "怎么会在这里?))",

"(这是一只大猪的摆设。简直就像是活的一样。好像马上就会动起来。但是……这12只\n是什么数量呢?)": "(这是一只大猪的摆设。简直就像是活的一样。好像马上就会动起来。但是……这12只\n是什么数量呢?)",

"(有形似蚯蚓的生物。是在喝喷泉的水吗?)": "(有形似蚯蚓的生物。是在喝喷泉的水吗?)",

"(是一个小铁锹。虽然又脏又旧,但是如果是柔软的土的话,应该可以挖回来。)": "(是一个小铁锹。虽然又脏又旧,但是如果是柔软的土的话,应该可以挖回来。)",

"(这是铁制的拔钉。也叫杠子吧。这样就可以卸下木钉了。)": "(这是铁制的拔钉。也叫杠子吧。这样就可以卸下木钉了。)",

"(这是堵墙的木材。因为是坚固的木板,这样的话我上去也没关系。)": "(这是堵墙的木材。因为是坚固的木板,这样的话我上去也没关系。)",

"(堆积了很多泥。好像只有面板的地方没有弄湿……不想走在泥上面。)": "(堆积了很多泥。好像只有面板的地方没有弄湿……不想走在泥上面。)",

"(好像在哪里发出了声音。得找找看。)": "(好像在哪里发出了声音。得找找看。)",

"(从门的尽头可以看到光。如果从这里可以逃出去。)": "(从门的尽头可以看到光。如果从这里可以逃出去。)",

"(也许还有什么……调查一下吧)": "(也许还有什么……调查一下吧)",

"(不能把姐姐放在这里。还得待在这里……)": "(不能把姐姐放在这里。还得待在这里……)",

"「钥匙开了。这样就可以打开了」": "「钥匙开了。这样就可以打开了」",

"「打不开。锁上了……钥匙在哪里呢?」": "「打不开。锁上了……钥匙在哪里呢?」",

"(镜子背面用红色字体写着数字)": "(镜子背面用红色字体写着数字)",

"(3985……是什么数字呢?)": "(3985……是什么数字呢?)",

"(咦,为什么……这个镜子。我没有照。为什么……?)": "(咦,为什么……这个镜子。我没有照。为什么……?)",

"(好像放了姐姐的小东西。姐姐好打扮啊。)": "(好像放了姐姐的小东西。姐姐好打扮啊。)",

"(啊,书上有钥匙。这个……是哪里的钥匙呢?)": "(啊,书上有钥匙。这个……是哪里的钥匙呢?)",

"把金钥匙弄到手了": "把金钥匙弄到手了",

"(好像已经不需要锤子了。)": "(好像已经不需要锤子了。)",

"(镜子深处,光的背面……这是用锤子打破镜子吗?)": "(镜子深处,光的背面……这是用锤子打破镜子吗?)",

"(因为危险,所以最好别打了。)": "(因为危险,所以最好别打了。)",

"「欸!!」": "「欸!!」",

"「呀!这样镜子就碎了……」": "「呀!这样镜子就碎了……」",

"「啊……好像镜子上写着什么」": "「啊……好像镜子上写着什么」",

"(里面有锤子……这个,可能可以用来做什么。)": "(里面有锤子……这个,可能可以用来做什么。)",

"(好像已经什么都没有了……这个房间看起来很干净。)": "(好像已经什么都没有了……这个房间看起来很干净。)",

"「啊,这样的地方也有日记……又是…姐姐的日记啊」": "「啊,这样的地方也有日记……又是…姐姐的日记啊」",

"提示从菜单中的姐姐的日记中可以看到。": "提示从菜单中的姐姐的日记中可以看到。",

"(软绵绵的坐垫。是姐姐给我买的。)": "(软绵绵的坐垫。是姐姐给我买的。)",

"(是兔子诺拉。这……是真的吧?)": "(是兔子诺拉。这……是真的吧?)",

"(轻飘飘的吗?)": "(轻飘飘的吗?)",

"(这是我们的衣服。下面是……姐姐的储蓄罐。)": "(这是我们的衣服。下面是……姐姐的储蓄罐。)",

"(这是妈妈们的衣服。有点怀念。)": "(这是妈妈们的衣服。有点怀念。)",

"(已经什么都没放进去了)": "(已经什么都没放进去了)",

"「这篇日记……姐姐,你那么关心我……」": "「这篇日记……姐姐,你那么关心我……」",

"(这么说来,日记里好像写了什么号码吧?)": "(这么说来,日记里好像写了什么号码吧?)",

"(这里的抽屉里有应该没有的钥匙……但是号码是……)": "(这里的抽屉里有应该没有的钥匙……但是号码是……)",

"(钥匙好像开了。看一下里面比较好吧?)": "(钥匙好像开了。看一下里面比较好吧?)",

"(抽屉里写着什么……4?是什么数字?)": "(抽屉里写着什么……4?是什么数字?)",

"「手铃……是吧。为什么在这种地方?」": "「手铃……是吧。为什么在这种地方?」",

"拿到了金铃": "拿到了金铃",

"(还有花纹。咦,这个……有点发光吗?)": "(还有花纹。咦,这个……有点发光吗?)",

"(里面有内衣。这个……是姐姐的内裤……不对。我在想什么呢。)": "(里面有内衣。这个……是姐姐的内裤……不对。我在想什么呢。)",

"(必须快点找出口和衣服。)": "(必须快点找出口和衣服。)",

"(姐姐……裸睡。果然很漂亮……)": "(姐姐……裸睡。果然很漂亮……)",

"(现在什么都不做吧)": "(现在什么都不做吧)",

"(总觉得……心跳不已……)": "(总觉得……心跳不已……)",

"(现在就不说了……)": "(现在就不说了……)",

"「不行啊……心跳得厉害,嗯……我……无法忍耐啊」": "「不行啊……心跳得厉害,嗯……我……无法忍耐啊」",

"(要不要试着摇一下这个?也许会起来。)": "(要不要试着摇一下这个?也许会起来。)",

"「嗯,嗯……」": "「嗯,嗯……」",

"「姐姐!你醒了吗?啊啊啊,太好了啊……」": "「姐姐!你醒了吗?啊啊啊,太好了啊……」",

"「姐姐……没事吧?哪里都不痛吗?」": "「姐姐……没事吧?哪里都不痛吗?」",

"阿尼亚": "阿尼亚",

"「爱丽丝,这里是……?我……为什么……嗯,我想……」": "「爱丽丝,这里是……?我……为什么……嗯,我想……」",

"「啊,好的。现在不要动……」": "「啊,好的。现在不要动……」",

"「对不起,爱丽丝。让我休息一下……」": "「对不起,爱丽丝。让我休息一下……」",

"「好啊。姐姐休息一下……我去寻找出口」": "「好啊。姐姐休息一下……我去寻找出口」",

"「出口?爱丽丝,对不起。现在……头脑……像是在发呆……」": "「出口?爱丽丝,对不起。现在……头脑……像是在发呆……」",

"「不,好的。交给我吧……我也会找衣服的」": "「不,好的。交给我吧……我也会找衣服的」",

"「嗯,拜托了爱丽丝。我在这里等着呢」": "「嗯,拜托了爱丽丝。我在这里等着呢」",

"(找到衣服后,必须找到出口……)": "(找到衣服后,必须找到出口……)",

"(但是太好了。姐姐没事……这样又能在一起了。)": "(但是太好了。姐姐没事……这样又能在一起了。)",

"(嗯。加油找找出口吧!)": "(嗯。加油找找出口吧!)",

"「这里明明有门……为什么没有了?这样的话,就出不来了……」": "「这里明明有门……为什么没有了?这样的话,就出不来了……」",

"(怎么说呢,这个箱子。没有这样的吧?)": "(怎么说呢,这个箱子。没有这样的吧?)",

"(咦,已经什么都没装了……还有一个瓶子放在哪里了?)": "(咦,已经什么都没装了……还有一个瓶子放在哪里了?)",

"(请不要碰)": "(请不要碰)",

"「啊,打开了」": "「啊,打开了」",

"(有两个瓶子,上面贴着蓝紫色和紫红色的标签。这是什么……)": "(有两个瓶子,上面贴着蓝紫色和紫红色的标签。这是什么……)",

"(就选这边的蓝紫色吧)": "(就选这边的蓝紫色吧)",

"得到了蓝紫色标签的瓶子": "得到了蓝紫色标签的瓶子",

"(就选这边的紫红色吧)": "(就选这边的紫红色吧)",

"拿到了红紫色标签的瓶子": "拿到了红紫色标签的瓶子",

"「里面是……我给姐姐的礼物。留下来了。好开心啊」": "「里面是……我给姐姐的礼物。留下来了。好开心啊」",

"(杯子里有红茶。但是……冒着热气。还挺暖和的。)": "(杯子里有红茶。但是……冒着热气。还挺暖和的。)",

"(这把椅子开了一个洞。)": "(这把椅子开了一个洞。)",

"(这个药会让姐姐起床吗?)": "(这个药会让姐姐起床吗?)",

"「诶……为什么,变冷了……身体也变白了」": "「诶……为什么,变冷了……身体也变白了」",

"「为什么……为什么!?那样的……停止呼吸了一样…………」": "「为什么……为什么!?那样的……停止呼吸了一样…………」",

"「不行,我讨厌那样……这样不行。起来,姐姐!姐姐!」": "「不行,我讨厌那样……这样不行。起来,姐姐!姐姐!」",

"「呼吸停止了……啊……说谎。怎么会这样……」": "「呼吸停止了……啊……说谎。怎么会这样……」",

"「讨厌。变冷了……啊啊啊啊,姐姐……」": "「讨厌。变冷了……啊啊啊啊,姐姐……」",

"「那药。毒,是吗……?我弄错了……」": "「那药。毒,是吗……?我弄错了……」",

"「对不起,对不起……姐姐。对不起」": "「对不起,对不起……姐姐。对不起」",

"END4【错误的选择】": "END4【错误的选择】",

"(好像可以从这个壁橱里出去。)": "(好像可以从这个壁橱里出去。)",

"アリス": "アリス",

"「姐姐,可以出去哦」": "「姐姐,可以出去哦」",

"「爱丽丝。找到出口了吗?能回到原来的家吗?」": "「爱丽丝。找到出口了吗?能回到原来的家吗?」",

"「嗯。应该是从那个壁橱一直跟着家里的,姐姐会站起来吗?」": "「嗯。应该是从那个壁橱一直跟着家里的,姐姐会站起来吗?」",

"「是啊……好像已经没事了。有衣服吗?」": "「是啊……好像已经没事了。有衣服吗?」",

"「找到了哦。换好衣服后……回家吧」": "「找到了哦。换好衣服后……回家吧」",

"「嗯,好像晚了……回去吧。爱丽丝」": "「嗯,好像晚了……回去吧。爱丽丝」",

"「是啊,迟到了呢」": "「是啊,迟到了呢」",

"「去吧。下次为了不走失,牵着手走吧」": "「去吧。下次为了不走失,牵着手走吧」",

"我紧握着那伸出来的温柔的手,踏上了壁橱": "我紧握着那伸出来的温柔的手,踏上了壁橱",

"(然后朝着光芒照射的方向走去。)": "(然后朝着光芒照射的方向走去。)",

"trueEND【向着光明】": "trueEND【向着光明】",

"???\n「呵呵,跑不了啊。我绝对逃不掉。因为,这个世界上的“你们”\n因为做了……呵呵」": "???\n「呵呵,跑不了啊。我绝对逃不掉。因为,这个世界上的“你们”\n因为做了……呵呵」",

"(上面写着觉醒的雫。这个……让她喝的话姐姐会起来吗?)": "(上面写着觉醒的雫。这个……让她喝的话姐姐会起来吗?)",

"(上面写着觉醒的雫。这个……可以让姐姐喝吗?)": "(上面写着觉醒的雫。这个……可以让姐姐喝吗?)",

"(金色的钥匙。虽然有三叶草的装饰,但不是我们家的钥匙。要打开哪里呢?)": "(金色的钥匙。虽然有三叶草的装饰,但不是我们家的钥匙。要打开哪里呢?)",

"(这是一个漂亮的金色铃铛。一响就会发出令人惊醒的美妙声音……该用来做什么呢?)": "(这是一个漂亮的金色铃铛。一响就会发出令人惊醒的美妙声音……该用来做什么呢?)",

"(姐姐的日记……咦,好像背后写着什么。)": "(姐姐的日记……咦,好像背后写着什么。)",

"真实在镜子的深处,在光的背面……写着。这是什么意思呢?": "真实在镜子的深处,在光的背面……写着。这是什么意思呢?",

"………………": "………………",

"「咦,我……为什么会在这里呢?」": "「咦,我……为什么会在这里呢?」",

"「确实……一个人买东西……咦……一个人?」": "「确实……一个人买东西……咦……一个人?」",

"「不,我应该是一个人住的……是吧」": "「不,我应该是一个人住的……是吧」",

"「对了。我必须去买东西」": "「对了。我必须去买东西」",

"「喂,一起去……哦…………??」": "「喂,一起去……哦…………??」",

"「咦,现在我……在叫谁呢?」": "「咦,现在我……在叫谁呢?」",

"「嗯…………,我不知道」": "「嗯…………,我不知道」",

"(是我的床……但是,为什么是两层呢?)": "(是我的床……但是,为什么是两层呢?)",

"(大衣柜。但是一个人用太大了吧?": "(大衣柜。但是一个人用太大了吧?",

"(里面挂着我的衣服。但是为什么剩下很多衣架呢?)": "(里面挂着我的衣服。但是为什么剩下很多衣架呢?)",

"(这是我喜欢的靠垫。咦……是谁给我买的?)": "(这是我喜欢的靠垫。咦……是谁给我买的?)",

"(是兔子的诺拉。软绵绵的。)": "(是兔子的诺拉。软绵绵的。)",

"(差不多该出门了吧?)": "(差不多该出门了吧?)",

"(感觉还忘了什么。)": "(感觉还忘了什么。)",

"「那么,我走了……嗯?」": "「那么,我走了……嗯?」",

"(咦?你刚才想跟谁打招呼呢?)": "(咦?你刚才想跟谁打招呼呢?)",

"「啊,等等。我走了」": "「啊,等等。我走了」",

"END2【被遗忘的记忆】": "END2【被遗忘的记忆】",

"(里面有我的丝带。但是只有左边空着。)": "(里面有我的丝带。但是只有左边空着。)",

"扉の先には見上げるような大男がいた。": "扉の先には見上げるような大男がいた。",

"「え?」": "「え?」",

"眼前を埋め尽くす全裸の男という異常な状況。それをアリスは理解できず立ち尽くして\nしまう。": "眼前を埋め尽くす全裸の男という異常な状況。それをアリスは理解できず立ち尽くして\nしまう。",

"「え、え?」": "「え、え?」",

"浅黒い肌の大男が腕を掴み、アーニャから贈られた衣服をまるで紙切れのように容易く\n引き裂く。": "浅黒い肌の大男が腕を掴み、アーニャから贈られた衣服をまるで紙切れのように容易く\n引き裂く。",

"「え……きっ、きゃああああああああああああああ」": "「え……きっ、きゃああああああああああああああ」",

"状況をようやく理解したアリスが悲鳴をあげて座り込もうとするが、隆々と勃起した肉棒を\n晒した巨人のような男はそれすら許さない。": "状況をようやく理解したアリスが悲鳴をあげて座り込もうとするが、隆々と勃起した肉棒を\n晒した巨人のような男はそれすら許さない。",

"「いや、はなして……はなしてえええええええ!」": "「いや、はなして……はなしてえええええええ!」",

"それどころか岩のように太く逞しい腕で裸に剥いたアリスを掴み、悠々と抱えあげてしまう。": "それどころか岩のように太く逞しい腕で裸に剥いたアリスを掴み、悠々と抱えあげてしまう。",

"両腕と胴体を巨手で挟み込まれたアリスの体は、巨人に比べるとまるで人形のようだ。": "両腕と胴体を巨手で挟み込まれたアリスの体は、巨人に比べるとまるで人形のようだ。",

"「やめて、なにするの……はなして、はなしてぇ!」": "「やめて、なにするの……はなして、はなしてぇ!」",

"アリスには何一つ理解できない。なぜ自分が掴まったのかも、のっぺりした顔の巨人が何者\nなのかも、股間にそそり勃つ杭のような肉塊が性器であることすら分からなかった。": "アリスには何一つ理解できない。なぜ自分が掴まったのかも、のっぺりした顔の巨人が何者\nなのかも、股間にそそり勃つ杭のような肉塊が性器であることすら分からなかった。",

"「やだ、はなして! はずかしい、はずかしいよぉ!」": "「やだ、はなして! はずかしい、はずかしいよぉ!」",

"だから、これから訪れる悪夢よりも羞恥に身を固くし、今にも泣き出しそうな気持ちに苛まれ\nながら股間を視線から防ごうとする。": "だから、これから訪れる悪夢よりも羞恥に身を固くし、今にも泣き出しそうな気持ちに苛まれ\nながら股間を視線から防ごうとする。",

"その間にもアリスの腕よりも太い肉棒が狙いを定めるように先走り液を漏らし、ビクビクッと\n怒張する。": "その間にもアリスの腕よりも太い肉棒が狙いを定めるように先走り液を漏らし、ビクビクッと\n怒張する。",

"「おねえちゃんのくれた……お洋服が、ひどい……ひどいよぉ」": "「おねえちゃんのくれた……お洋服が、ひどい……ひどいよぉ」",

"だがアリスは、その奇妙な現象には気付かず服を引き裂かれたことにポロポロと涙を流す。\nそんな少女を、大男は昆虫のような無表情で眺めている。": "だがアリスは、その奇妙な現象には気付かず服を引き裂かれたことにポロポロと涙を流す。\nそんな少女を、大男は昆虫のような無表情で眺めている。",

"そして唐突に――持ち上げたアリスの体を、肉棒へと一気に振り下ろした。": "そして唐突に――持ち上げたアリスの体を、肉棒へと一気に振り下ろした。",

"「あ゛ぎい゛ッッッ!!」": "「あ゛ぎい゛ッッッ!!」",

"巨大な何かで潰されたような悲鳴が上がり、アリスの華奢な体が跳ねる。": "巨大な何かで潰されたような悲鳴が上がり、アリスの華奢な体が跳ねる。",

"力任せに巨根がねじ込まれたのはアリスの菊座。可憐な肛門に、無数の青スジが浮いた\nグロテスクなペニスが突き刺さっている。": "力任せに巨根がねじ込まれたのはアリスの菊座。可憐な肛門に、無数の青スジが浮いた\nグロテスクなペニスが突き刺さっている。",

"「あ゛……あ゛っ゛」": "「あ゛……あ゛っ゛」",

"悲鳴とも呼べない濁った音がアリスの口から漏れ、痛みを上回る灼熱が幼い肛内を焼き尽くす。": "悲鳴とも呼べない濁った音がアリスの口から漏れ、痛みを上回る灼熱が幼い肛内を焼き尽くす。",

"なんの準備もされないままに串刺しにされたアリスは、その熱に頭が真っ白になり喘ぐように\n舌を突き出している。": "なんの準備もされないままに串刺しにされたアリスは、その熱に頭が真っ白になり喘ぐように\n舌を突き出している。",

"「ぅ゛ぁ、ぁ゛……」": "「ぅ゛ぁ、ぁ゛……」",

"体内を硬いもので貫きえぐられたアリスが小刻みに痙攣する。幼菊をうがった肉棒には、肛門\nの処女を力ずくで奪った証のように鮮血が伝っている。": "体内を硬いもので貫きえぐられたアリスが小刻みに痙攣する。幼菊をうがった肉棒には、肛門\nの処女を力ずくで奪った証のように鮮血が伝っている。",

"肛門の奥深くまで犯した肉棒は、処女血に興奮したように膨らみアリスの痛苦を増幅させた。": "肛門の奥深くまで犯した肉棒は、処女血に興奮したように膨らみアリスの痛苦を増幅させた。",

"「あ……ぁ……」": "「あ……ぁ……」",

"ずっとアーニャに守られてきたアリスは、体験したことのない衝撃と痛みにパクパクと酸素を\n吸うことしかできない。": "ずっとアーニャに守られてきたアリスは、体験したことのない衝撃と痛みにパクパクと酸素を\n吸うことしかできない。",

"股間を視線から守り続けて両足が弛緩し、だらりと垂れ下がる。": "股間を視線から守り続けて両足が弛緩し、だらりと垂れ下がる。",

"「あ、おなか……こわれ、ちゃ……た……ぁ」": "「あ、おなか……こわれ、ちゃ……た……ぁ」",

"肉棒に貫かれた腹部はボコッと膨れ上がり、肛門だけではなく内臓まで犯されていることが\n分かる。": "肉棒に貫かれた腹部はボコッと膨れ上がり、肛門だけではなく内臓まで犯されていることが\n分かる。",

"「ぁ゛、ぁぁ……」": "「ぁ゛、ぁぁ……」",

"アリスはその光景と痛みに耐えきれず、何をされているかもわからないまま意識を失ってしまう。": "アリスはその光景と痛みに耐えきれず、何をされているかもわからないまま意識を失ってしまう。",

"すぐに幼い股間から黄金の液体が溢れ出し、アリスの小水が放物線を描いて地面に撒き散らされる。": "すぐに幼い股間から黄金の液体が溢れ出し、アリスの小水が放物線を描いて地面に撒き散らされる。",

"気絶による失禁。独特の匂いが部屋中に広がり、ホカホカと湯気を立てる。": "気絶による失禁。独特の匂いが部屋中に広がり、ホカホカと湯気を立てる。",

"「……」": "「……」",

"巨人はアリスの放尿を無表情のままで眺めると、アリスを掴んだ両腕を上下に動かし始める。": "巨人はアリスの放尿を無表情のままで眺めると、アリスを掴んだ両腕を上下に動かし始める。",

"「あ、ぐ……ぁぁ……」": "「あ、ぐ……ぁぁ……」",

"幼肛を強引にえぐり、血を潤滑液にして抽送されるグロテスクな男性器。": "幼肛を強引にえぐり、血を潤滑液にして抽送されるグロテスクな男性器。",

"痛みで気絶したアリスは、それに呻くことしかできずにいる。だが構うことなく巨人のペニスは\n少女の菊座を内側から広げて、犯していく。": "痛みで気絶したアリスは、それに呻くことしかできずにいる。だが構うことなく巨人のペニスは\n少女の菊座を内側から広げて、犯していく。",

"皮肉にも剛直によって引き裂かれた幼菊から流れた鮮血が抽送を助け、大男の行為をスムーズに\nする。": "皮肉にも剛直によって引き裂かれた幼菊から流れた鮮血が抽送を助け、大男の行為をスムーズに\nする。",

"「ぅ、ぁ゛……い゛ぁ゛」": "「ぅ、ぁ゛……い゛ぁ゛」",

"ガクガクと体ごと揺さぶられ、犯されるアリスは気絶したままで痛みを与えられ、うなされる\nように呼吸を繰り返すばかり。": "ガクガクと体ごと揺さぶられ、犯されるアリスは気絶したままで痛みを与えられ、うなされる\nように呼吸を繰り返すばかり。",

"「い゛や゛ぁ……ぁぁ」": "「い゛や゛ぁ……ぁぁ」",

"意識は覚醒しようとするたびに再び痛みで消失し、醒めない悪夢のようにアリスの体と心を\n蝕んでいく。": "意識は覚醒しようとするたびに再び痛みで消失し、醒めない悪夢のようにアリスの体と心を\n蝕んでいく。",

"幼く可憐だった肛門はすっかり巨人の肉棒で広げられてしまい、もう二度と元に戻ることは\nないのだろう。削り取られた腸壁は傷だらけになっている。": "幼く可憐だった肛門はすっかり巨人の肉棒で広げられてしまい、もう二度と元に戻ることは\nないのだろう。削り取られた腸壁は傷だらけになっている。",

"だが少女の幼菊で肛悦に浸っているはずの巨人は、淡々とアリスを使うばかりで何の感情も\n読み取れない。": "だが少女の幼菊で肛悦に浸っているはずの巨人は、淡々とアリスを使うばかりで何の感情も\n読み取れない。",

"ただ肉棒だけは体内でますます膨れ上がり、アリスの顔ほどもありそうな睾丸は不気味なほどに\n体積を増していた。": "ただ肉棒だけは体内でますます膨れ上がり、アリスの顔ほどもありそうな睾丸は不気味なほどに\n体積を増していた。",

"「た゛ず゛……け゛、で……おね……ちゃ……」": "「た゛ず゛……け゛、で……おね……ちゃ……」",

"わずかに漏れるのは夢現の狭間から救いを求めるアリスの声。だが、救いの手は差し伸べられる\nことなく巨人は犯し続ける。": "わずかに漏れるのは夢現の狭間から救いを求めるアリスの声。だが、救いの手は差し伸べられる\nことなく巨人は犯し続ける。",

"その単調な行為はもはやレイプというより、オナホールを扱っているような動きだった。事実と\nして巨人は、アリスを肉穴として『使う』ばかりで見ようともしていない。": "その単調な行為はもはやレイプというより、オナホールを扱っているような動きだった。事実と\nして巨人は、アリスを肉穴として『使う』ばかりで見ようともしていない。",

"「あ゛……う゛げぇ゛……」": "「あ゛……う゛げぇ゛……」",

"グチャグチャという肉を潰すような音と、うめき声だけが部屋に響き渡り、揺さぶられるアリスは\nガクガクと体を震わせる。": "グチャグチャという肉を潰すような音と、うめき声だけが部屋に響き渡り、揺さぶられるアリスは\nガクガクと体を震わせる。",

"性交の快感などアリスには微塵もなく、擦り切れた粘膜からは痛みと血だけが流れ続けていた。": "性交の快感などアリスには微塵もなく、擦り切れた粘膜からは痛みと血だけが流れ続けていた。",

"陵辱された幼肛には牡汁が塗りつけられ、肉棒をねじ込まれた菊門の周辺まで痛々しい赤色に\n染め上げられている。": "陵辱された幼肛には牡汁が塗りつけられ、肉棒をねじ込まれた菊門の周辺まで痛々しい赤色に\n染め上げられている。",

"「し……んじゃ……ぅ」": "「し……んじゃ……ぅ」",

"かすかに意識が戻った瞬間に、自分の死がよぎる。だが、それもねじ込まれた肉杭の激痛によって\n霧散してしまう。": "かすかに意識が戻った瞬間に、自分の死がよぎる。だが、それもねじ込まれた肉杭の激痛によって\n霧散してしまう。",

"感情なき巨人の抽送は次第に速度を増し、子種で内側から肥大化した睾丸はパンパンに腫れ\n上がっている。": "感情なき巨人の抽送は次第に速度を増し、子種で内側から肥大化した睾丸はパンパンに腫れ\n上がっている。",

"アリスの体内はすっかり巨人の分泌液でドロドロに汚されており、弛緩しきった体は人形よりも\n等身大のオナホールというべき状態だ。": "アリスの体内はすっかり巨人の分泌液でドロドロに汚されており、弛緩しきった体は人形よりも\n等身大のオナホールというべき状態だ。",

"「あ゛……あ゛……」": "「あ゛……あ゛……」",

"意識を失ったアリスの声は、もはやただの音であり何の意味もなしていない。": "意識を失ったアリスの声は、もはやただの音であり何の意味もなしていない。",

"肛門から聞こえるグジィグジャッという肉を潰す音の間隔が短くなり、内側から押された空気が\n意味をなさない声となって喉から漏れる。": "肛門から聞こえるグジィグジャッという肉を潰す音の間隔が短くなり、内側から押された空気が\n意味をなさない声となって喉から漏れる。",

"「お゛ね゛ぇ……」": "「お゛ね゛ぇ……」",

"不意に頭に浮かんだ優しい幻影に、手を伸ばそうとする。": "不意に頭に浮かんだ優しい幻影に、手を伸ばそうとする。",

"その瞬間、何の脈絡もなく――その幼肛の中でマグマのような灼熱が爆発した。": "その瞬間、何の脈絡もなく――その幼肛の中でマグマのような灼熱が爆発した。",

"「あ゛っっっ、あ゛つ゛っっっっ!?」": "「あ゛っっっ、あ゛つ゛っっっっ!?」",

"巨人の白い子種が直腸の隘路を一秒足らずで満たし、体の中に流れ込んでくる。そのおぞましい\n粘液の焦熱感にアリスの体がガクガクと痙攣する。": "巨人の白い子種が直腸の隘路を一秒足らずで満たし、体の中に流れ込んでくる。そのおぞましい\n粘液の焦熱感にアリスの体がガクガクと痙攣する。",

"その、人では耐えることのできないおびただしい量の肛内射精によって、アリスの意識は四散と\n目覚めを繰り返し、幼い心は粉々に打ち砕かれる。": "その、人では耐えることのできないおびただしい量の肛内射精によって、アリスの意識は四散と\n目覚めを繰り返し、幼い心は粉々に打ち砕かれる。",

"だが巨人の射精は止まらず、幼いアリスの体を内側から犯し尽くす。それは精液による\n蹂躙と陵辱。": "だが巨人の射精は止まらず、幼いアリスの体を内側から犯し尽くす。それは精液による\n蹂躙と陵辱。",

"ドロドロと粘ついたものが幼菊を、直腸を犯す。臓物の作りを玩弄するように少女の体内を染め\n上げていく。": "ドロドロと粘ついたものが幼菊を、直腸を犯す。臓物の作りを玩弄するように少女の体内を染め\n上げていく。",

"「かはっっっっっっ!」": "「かはっっっっっっ!」",

"それはオスの子種による、メスの体内の支配だった。": "それはオスの子種による、メスの体内の支配だった。",

"巨大な睾丸のサイズの数倍はあろうかという白濁液に、アリスの腹が妊婦のように膨らんでいく。": "巨大な睾丸のサイズの数倍はあろうかという白濁液に、アリスの腹が妊婦のように膨らんでいく。",

"内側から体内の隅々まで犯される感覚に全身が大きく痙攣をするが、大男の射精は終わること\nなく、腸から上の器官までを白く染め上げる。": "内側から体内の隅々まで犯される感覚に全身が大きく痙攣をするが、大男の射精は終わること\nなく、腸から上の器官までを白く染め上げる。",

"精液で体内を満たされるという暴虐に、アリスが溺れるように頭上を仰いだ。刹那――": "精液で体内を満たされるという暴虐に、アリスが溺れるように頭上を仰いだ。刹那――",

"ゴボッっっ! っと濁った音がして口から凄まじい量の精液が逆流してきた。": "ゴボッっっ! っと濁った音がして口から凄まじい量の精液が逆流してきた。",

"「げぼっ! う゛げぇ゛ぇ゛! ごべぇ゛っ! ごぇ゛っっっ!!」": "「げぼっ! う゛げぇ゛ぇ゛! ごべぇ゛っ! ごぇ゛っっっ!!」",

"壊れた噴水のように口内から吹き出す巨人の精液。": "壊れた噴水のように口内から吹き出す巨人の精液。",

"吹き出した牡汁は口内だけに飽き足らず、鼻孔や目にも侵入してくる。アリスの全身は吐き出し\nた生臭い精の香りで汚染される。": "吹き出した牡汁は口内だけに飽き足らず、鼻孔や目にも侵入してくる。アリスの全身は吐き出し\nた生臭い精の香りで汚染される。",

"アリスの体内は牡の子種で満たされ、その意識まで完全に漂白されてしまった。": "アリスの体内は牡の子種で満たされ、その意識まで完全に漂白されてしまった。",

"「ぁ、ぁぁ……」": "「ぁ、ぁぁ……」",

"やがて長い射精が終わったが、アリスは精液の海で溺れたまま。": "やがて長い射精が終わったが、アリスは精液の海で溺れたまま。",

"しかし呼吸はできないのに、楽になることも死ぬことはできなかった。この世界は死んで\n終われるようには望まれていないのだ。": "しかし呼吸はできないのに、楽になることも死ぬことはできなかった。この世界は死んで\n終われるようには望まれていないのだ。",

"少女の総身を白濁液でドロドロにした巨人が、再びアリスの体を掴む。": "少女の総身を白濁液でドロドロにした巨人が、再びアリスの体を掴む。",

"その巨根は萎えることなく、中身を吐き出したばかりの陰嚢もサイズを取り戻しつつあった。": "その巨根は萎えることなく、中身を吐き出したばかりの陰嚢もサイズを取り戻しつつあった。",

"「ごぼ……お、ね……」": "「ごぼ……お、ね……」",

"幼いアリスができたのは、再び犯される瞬間までアーニャのことを考え続けることだけだった。": "幼いアリスができたのは、再び犯される瞬間までアーニャのことを考え続けることだけだった。",

"啊……总觉得有点困了。稍微休息一下吧": "啊……总觉得有点困了。稍微休息一下吧",

"啊,这个沙发很软。好厉害……也许很开心………………": "啊,这个沙发很软。好厉害……也许很开心………………",

"……あ、れ……なにか、おまたが……おかしい、……": "……あ、れ……なにか、おまたが……おかしい、……",

"もぞもぞ、する……なにか……おなか、はいって……きてる": "もぞもぞ、する……なにか……おなか、はいって……きてる",

"でも、だめ……ねむくて……目が……あけれ、な……": "でも、だめ……ねむくて……目が……あけれ、な……",

"…………おなか、おも……たい……よぉ": "…………おなか、おも……たい……よぉ",

"「えっ………………?」": "「えっ………………?」",

"ふと目が覚めた瞬間、わたしは思いがけないものを見つけてしまいました。それは大きく\n膨らんだ自分のおなかでした。": "ふと目が覚めた瞬間、わたしは思いがけないものを見つけてしまいました。それは大きく\n膨らんだ自分のおなかでした。",

"「おなか、……え、なんで……え?」": "「おなか、……え、なんで……え?」",

"なぜ裸になっているのかも、大きくおなかが膨らんでいるのかもわかりません。ただ得体\nのしれない状況に冷たい汗が出てきてしまいます。": "なぜ裸になっているのかも、大きくおなかが膨らんでいるのかもわかりません。ただ得体\nのしれない状況に冷たい汗が出てきてしまいます。",

"「おなかに……赤ちゃん、が……いるの? わたし……に、にんしん……しちゃった、の?」": "「おなかに……赤ちゃん、が……いるの? わたし……に、にんしん……しちゃった、の?」",

"大きくなったおなかは、妊娠した女の人の体そっくりでした。": "大きくなったおなかは、妊娠した女の人の体そっくりでした。",

"だけど、なぜなのかわかりません。どうすれば赤ちゃんができるのかは、お姉ちゃんも教えて\nはくれませんでした。": "だけど、なぜなのかわかりません。どうすれば赤ちゃんができるのかは、お姉ちゃんも教えて\nはくれませんでした。",

"「おなか、おも……たい。どうしよう……わたし、赤ちゃん……とか、どうしたらいいか": "「おなか、おも……たい。どうしよう……わたし、赤ちゃん……とか、どうしたらいいか",

"わからないよぉ……」": "わからないよぉ……」",

"ズシンと重たいおなかをどうすればいいのか分かりません。手足がジンっと痺れて立ち上がる\nことも、体勢をかえることもできません。": "ズシンと重たいおなかをどうすればいいのか分かりません。手足がジンっと痺れて立ち上がる\nことも、体勢をかえることもできません。",

"「あぐっっっっ!」": "「あぐっっっっ!」",

"そんなとき、おなかのなかで何かが激しく動きました。思わぬ痛みに思わずうめいてしまいます。": "そんなとき、おなかのなかで何かが激しく動きました。思わぬ痛みに思わずうめいてしまいます。",

"「な、なに? い、ま……なかで、うごいたの? そんなぁ……ほんとうに……おなかに、": "「な、なに? い、ま……なかで、うごいたの? そんなぁ……ほんとうに……おなかに、",

"あかちゃんが……」": "あかちゃんが……」",

"ゾッとしました。自分の中に、見知らぬ生き物がいることに鳥肌が立ちます。ほんの少し眠って\nいた間に恐ろしいことが起こったことが分かります。": "ゾッとしました。自分の中に、見知らぬ生き物がいることに鳥肌が立ちます。ほんの少し眠って\nいた間に恐ろしいことが起こったことが分かります。",

"でも、なにがあったの? どうして私にあかちゃんがいるの?": "でも、なにがあったの? どうして私にあかちゃんがいるの?",

"「ひぐっっっ!? うごか、ないで……」": "「ひぐっっっ!? うごか、ないで……」",

"その疑問に反応するようにおなかの中で、何かが動きます。その痛みに恐怖が湧き上がり、膨ら\nんだおなかから手を離してしまいます。": "その疑問に反応するようにおなかの中で、何かが動きます。その痛みに恐怖が湧き上がり、膨ら\nんだおなかから手を離してしまいます。",

"どうしよう……どうしよう……これ、たぶん……ちがう。たぶん……にんげんの、あかちゃん\n……じゃない": "どうしよう……どうしよう……これ、たぶん……ちがう。たぶん……にんげんの、あかちゃん\n……じゃない",

"どうしよう……どうしよう。うごいてる……わたしのなかで……へびみたいなのがうごいてる\nよぉ……": "どうしよう……どうしよう。うごいてる……わたしのなかで……へびみたいなのがうごいてる\nよぉ……",

"からだのなかで渦巻くような感覚に、手が震えます。へその内側でぐるぐると動き回るものが\n人間の形ではないと分かってしまいました。": "からだのなかで渦巻くような感覚に、手が震えます。へその内側でぐるぐると動き回るものが\n人間の形ではないと分かってしまいました。",

"「どうして……なんで……わたし、のなか……なにがいるの?」": "「どうして……なんで……わたし、のなか……なにがいるの?」",

"蛇のようなものがおなかの中で這い回り、ずるりと粘つくものをぬりつけていくのを感じます。": "蛇のようなものがおなかの中で這い回り、ずるりと粘つくものをぬりつけていくのを感じます。",

"「ひぃぃぃぃぃっっ!? う、うごかないで……おなかのなか、へんなことしないで……": "「ひぃぃぃぃぃっっ!? う、うごかないで……おなかのなか、へんなことしないで……",

"く、るしい……よぉ」": "く、るしい……よぉ」",

"気付いたときよりも、おなかの中にいる存在を大きく感じます。ほんわずかですが、さっき\nよりもおなかが膨らんでいるようでした。": "気付いたときよりも、おなかの中にいる存在を大きく感じます。ほんわずかですが、さっき\nよりもおなかが膨らんでいるようでした。",

"まさか、おなかで大きくなってる? あかちゃんが、わたしのなかで……成長、しちゃって\nるの?": "まさか、おなかで大きくなってる? あかちゃんが、わたしのなかで……成長、しちゃって\nるの?",

"自分の中で育っていく存在に、どうしようもないほどの恐ろしさを感じます。だけど手足は痺れ、\n動くこともできません。": "自分の中で育っていく存在に、どうしようもないほどの恐ろしさを感じます。だけど手足は痺れ、\n動くこともできません。",

"「あ゛あ゛あ゛ぁ……だめ、うごかないで……なかで、うごいちゃっ、やだぁぁぁぁぁぁぁ」": "「あ゛あ゛あ゛ぁ……だめ、うごかないで……なかで、うごいちゃっ、やだぁぁぁぁぁぁぁ」",

"ズルズルという音がおなかの中から聞こえ、自分でも触れたことのない部分を擦られる感覚に\nゾワゾワします。": "ズルズルという音がおなかの中から聞こえ、自分でも触れたことのない部分を擦られる感覚に\nゾワゾワします。",

"「ひぃ、やめ……て……なか、で……あばれない、で……おなか、いじめないでよぉぉぉ、": "「ひぃ、やめ……て……なか、で……あばれない、で……おなか、いじめないでよぉぉぉ、",

"かふっっ!?」": "かふっっ!?」",

"ヌルヌルとしたものが内側をさする感覚に呼吸が乱れ、肌が汗ばみます。なのに、破裂しそう\nなおなかはジワジワと熱くなり始めています。": "ヌルヌルとしたものが内側をさする感覚に呼吸が乱れ、肌が汗ばみます。なのに、破裂しそう\nなおなかはジワジワと熱くなり始めています。",

"おなかを広げられている感覚はあっても、なぜか痛みや苦しさは薄れていきます。": "おなかを広げられている感覚はあっても、なぜか痛みや苦しさは薄れていきます。",

"「ふわっっっ、なに、してっっ!」": "「ふわっっっ、なに、してっっ!」",

"そんなとき、不意になにかがベロリと内側をなぞりました。": "そんなとき、不意になにかがベロリと内側をなぞりました。",

"「ひぃ、あ、だめ……だめぇぇ、そこ……だめ、なめちゃ、だめなの……おなかのなか、": "「ひぃ、あ、だめ……だめぇぇ、そこ……だめ、なめちゃ、だめなの……おなかのなか、",

"なめないで……ぺろぺろしないでぇぇ」": "なめないで……ぺろぺろしないでぇぇ」",

"膨らんだ『袋』の内襞をなにかが舐めているのが本能で分かりました。赤ちゃんの生まれる場所\nにいる何者かが、おなかのなかを舐め回しているのです。": "膨らんだ『袋』の内襞をなにかが舐めているのが本能で分かりました。赤ちゃんの生まれる場所\nにいる何者かが、おなかのなかを舐め回しているのです。",

"「ふわぁぁぁぁぁっ、そんなところ……くぅぅぅぅぅぅぅ、なめ……ないでぇぇ。ぺろ": "「ふわぁぁぁぁぁっ、そんなところ……くぅぅぅぅぅぅぅ、なめ……ないでぇぇ。ぺろ",

"ぺろしないでぇぇぇぇ」": "ぺろしないでぇぇぇぇ」",

"嫌悪感に涙が滲みます。だけどおへその下で感じるのは蕩けるような感覚でした。": "嫌悪感に涙が滲みます。だけどおへその下で感じるのは蕩けるような感覚でした。",

"「やめ、てぇ……なめない、でよぉ……わたしのなか、なめちゃ……やだぁぁぁぁぁぁ。": "「やめ、てぇ……なめない、でよぉ……わたしのなか、なめちゃ……やだぁぁぁぁぁぁ。",

"ぺろぺろで、おなかが……とけちゃうよぉぉぉ」": "ぺろぺろで、おなかが……とけちゃうよぉぉぉ」",

"甘い吐息がこぼれ、熱くなったおまたがジンジンと心地いい痺れを伝えてきます。ズルズルと\n這い回る感覚すらも、体をフワフワさせる刺激に変わっていきます。": "甘い吐息がこぼれ、熱くなったおまたがジンジンと心地いい痺れを伝えてきます。ズルズルと\n這い回る感覚すらも、体をフワフワさせる刺激に変わっていきます。",

"どうしよう……これ、きもちいい……おなかに、へんなのがいるのに……うねうねしたり、\nぺろぺろされるの……わたし、きもちよくなっちゃってる": "どうしよう……これ、きもちいい……おなかに、へんなのがいるのに……うねうねしたり、\nぺろぺろされるの……わたし、きもちよくなっちゃってる",

"ゾワゾワとした快感が広がり、体がビクンッと跳ねてしまいます。": "ゾワゾワとした快感が広がり、体がビクンッと跳ねてしまいます。",

"すごく怖いのに、もっと気持ちよくなりたいと思うのを止められません。": "すごく怖いのに、もっと気持ちよくなりたいと思うのを止められません。",

"きもちいい……おなかのなか、ぺろぺろ……すきぃ♥ もっと、してほしいよぉ♥": "きもちいい……おなかのなか、ぺろぺろ……すきぃ♥ もっと、してほしいよぉ♥",

"想いが届いたように、内側の生き物は激しく暴れだし、ベロベロとおなかの中のあちこちを\n舐め回します。": "想いが届いたように、内側の生き物は激しく暴れだし、ベロベロとおなかの中のあちこちを\n舐め回します。",

"「ふ、あっっ!? そ、れすごいっっ! おなか、きもちいい……すごく、きもちいい": "「ふ、あっっ!? そ、れすごいっっ! おなか、きもちいい……すごく、きもちいい",

"よぉぉぉぉぉぉ♥おなかに、いる……たくさん、あかちゃんがいるよぉぉぉぉぉ♥」": "よぉぉぉぉぉぉ♥おなかに、いる……たくさん、あかちゃんがいるよぉぉぉぉぉ♥」",

"おなかの中で暴れまわるのは一匹ではないのを感じます。": "おなかの中で暴れまわるのは一匹ではないのを感じます。",

"ヒダを甘噛みするのもいれば、チュウチュウと内壁に吸い付くのも、細い管のような部分に\n舌を差し込むのもいるのを感じます。": "ヒダを甘噛みするのもいれば、チュウチュウと内壁に吸い付くのも、細い管のような部分に\n舌を差し込むのもいるのを感じます。",

"「きもちぃぃ、これ、きもちいいよぉぉぉ♥ あたま、ふわふわするよぉ……あかちゃん": "「きもちぃぃ、これ、きもちいいよぉぉぉ♥ あたま、ふわふわするよぉ……あかちゃん",

"に、きもちよく……されちゃってるよぉ♥」": "に、きもちよく……されちゃってるよぉ♥」",

"「きもちよく、してぇ……いっぱい、おかあさんをきもちよく……してぇ……♥ おなか、": "「きもちよく、してぇ……いっぱい、おかあさんをきもちよく……してぇ……♥ おなか、",

"ペロペロしたりはむはむって、してぇぇぇ……」": "ペロペロしたりはむはむって、してぇぇぇ……」",

"ジンジンと疼くおなかを気持ちよくしてくれる存在に、怖さも嫌悪も感じなくなります。": "ジンジンと疼くおなかを気持ちよくしてくれる存在に、怖さも嫌悪も感じなくなります。",

"「おねえちゃん、これきもちいい……あかちゃん、きもちいいのぉぉぉ……おねえちゃん♥": "「おねえちゃん、これきもちいい……あかちゃん、きもちいいのぉぉぉ……おねえちゃん♥",

"おねえちゃぁぁぁぁん……♥」": "おねえちゃぁぁぁぁん……♥」",

"いつしかおなかの中を触っているのは、お姉ちゃんだと感じるようになりました。舐めて気持ち\nよくしているのが、お姉ちゃんだと思えて仕方なくなったのです。": "いつしかおなかの中を触っているのは、お姉ちゃんだと感じるようになりました。舐めて気持ち\nよくしているのが、お姉ちゃんだと思えて仕方なくなったのです。",

"そんなとき、おまたから勢いよくなにかが吹き出し、体がビクッと跳ねてしまいます。": "そんなとき、おまたから勢いよくなにかが吹き出し、体がビクッと跳ねてしまいます。",

"「あはっ……おもらし、なのかな? おしっこ、でちゃったのかな♥」": "「あはっ……おもらし、なのかな? おしっこ、でちゃったのかな♥」",

"おまたに広がる熱い液体は、濁った白っぽい色をしていました。それがソファーに染み込む\n間に、おなかの中の生き物が激しく暴れだしました。": "おまたに広がる熱い液体は、濁った白っぽい色をしていました。それがソファーに染み込む\n間に、おなかの中の生き物が激しく暴れだしました。",

"「あ、ぅ……う、まれちゃうの? あかちゃん、うまれちゃうの? おなかから、でちゃ": "「あ、ぅ……う、まれちゃうの? あかちゃん、うまれちゃうの? おなかから、でちゃ",

"うの?」": "うの?」",

"おなかで動いていた生き物が、おまたの方に向かって群がってくるのを感じます。": "おなかで動いていた生き物が、おまたの方に向かって群がってくるのを感じます。",

"おしっこしたところから、出ちゃうんだ……わたし、あかちゃん……生んじゃうんだ……でも、\nいたくない……ううん、きもちいい……かも……": "おしっこしたところから、出ちゃうんだ……わたし、あかちゃん……生んじゃうんだ……でも、\nいたくない……ううん、きもちいい……かも……",

"なにかが狭く細い穴にグリグリと体を潜りこませるのが分かります。": "なにかが狭く細い穴にグリグリと体を潜りこませるのが分かります。",

"「ああ、ひろがってる。わたしのおくが、ひろげられちゃってる……んんんっっ、くぅ": "「ああ、ひろがってる。わたしのおくが、ひろげられちゃってる……んんんっっ、くぅ",

"ぅぅ、ぞりぞりって、されて……ふわぁぁぁぁっっ♥」": "ぅぅ、ぞりぞりって、されて……ふわぁぁぁぁっっ♥」",

"大事なところを無理やり広げられているのに、涙が出るほど気持ちよくなってしまいます。": "大事なところを無理やり広げられているのに、涙が出るほど気持ちよくなってしまいます。",

"「ああ、きもちいいよぉ♥ あかちゃん、生むのきもちいいよぉぉぉぉぉ♥」": "「ああ、きもちいいよぉ♥ あかちゃん、生むのきもちいいよぉぉぉぉぉ♥」",

"赤ちゃんを産まないといけないのに、ヌルヌルの体で穴を擦られるのが気持ちよくて声が出て\nしまいます。メリメリと拡張される快感をもっと欲しくなってしまいます。": "赤ちゃんを産まないといけないのに、ヌルヌルの体で穴を擦られるのが気持ちよくて声が出て\nしまいます。メリメリと拡張される快感をもっと欲しくなってしまいます。",

"「ああ、でちゃう……あかちゃん、でちゃう……アリス、うんじゃう……おねえちゃん": "「ああ、でちゃう……あかちゃん、でちゃう……アリス、うんじゃう……おねえちゃん",

"の、あかちゃん……うんじゃうよぉぉぉぉ♥」": "の、あかちゃん……うんじゃうよぉぉぉぉ♥」",

"顔だけを出した生き物がビチビチと細い穴にあるヒダをこすり、トロトロとしたものが溢れて\nくるのが伝わります。": "顔だけを出した生き物がビチビチと細い穴にあるヒダをこすり、トロトロとしたものが溢れて\nくるのが伝わります。",

"「おねえちゃん♥ おねえちゃん♥ おねえちゃぁぁぁぁぁんっっ、あかちゃん……": "「おねえちゃん♥ おねえちゃん♥ おねえちゃぁぁぁぁぁんっっ、あかちゃん……",

"うんじゃぅぅぅぅ♥」": "うんじゃぅぅぅぅ♥」",

"そして、なにかがズルっとおまたから生まれ落ちました。": "そして、なにかがズルっとおまたから生まれ落ちました。",

"「くぅぅんんんんんんんんんんっっっ♥」": "「くぅぅんんんんんんんんんんっっっ♥」",

"その瞬間、体験したこともない大きな快感が押し寄せ、全身が宙に浮かんだように感じました。\nビクビクと震えるおまたからプシュっとお汁が吹き出す音が聞こえます。": "その瞬間、体験したこともない大きな快感が押し寄せ、全身が宙に浮かんだように感じました。\nビクビクと震えるおまたからプシュっとお汁が吹き出す音が聞こえます。",

"「んぁ、はぁはぁ……あかちゃん、うまれ……たの? わたし、うんじゃった……の?」": "「んぁ、はぁはぁ……あかちゃん、うまれ……たの? わたし、うんじゃった……の?」",

"「え…………なに、これ……」": "「え…………なに、これ……」",

"おまたを覗き込むと、そこにいたのは奇妙な生き物でした。蛇のように細長く、ヌルヌルした\n体をもつ、どう見ても人の赤ちゃんとは呼べない異生物でした。": "おまたを覗き込むと、そこにいたのは奇妙な生き物でした。蛇のように細長く、ヌルヌルした\n体をもつ、どう見ても人の赤ちゃんとは呼べない異生物でした。",

"「これが……わたしのあかちゃん……わたしと、おねえちゃんの……あかちゃん?」": "「これが……わたしのあかちゃん……わたしと、おねえちゃんの……あかちゃん?」",

"剥き出しの肉のような質感をもつ奇妙な生物に戸惑っていると、その赤ちゃんは体を持ち上げて、\nおまたに近づいてきます。": "剥き出しの肉のような質感をもつ奇妙な生物に戸惑っていると、その赤ちゃんは体を持ち上げて、\nおまたに近づいてきます。",

"「ひぁぁぁっ!? だめっっ、そこおしっこの、ところ……きたないよ、そこおっぱい": "「ひぁぁぁっ!? だめっっ、そこおしっこの、ところ……きたないよ、そこおっぱい",

"じゃないのっっ!」": "じゃないのっっ!」",

"そして肉蛇は、われめの中に頭をねじ込みました。そしておしっこの穴に喰らいつき、チュウ\nチュウと吸いはじめました。": "そして肉蛇は、われめの中に頭をねじ込みました。そしておしっこの穴に喰らいつき、チュウ\nチュウと吸いはじめました。",

"「ふ、ぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ……こ、れ……すご、ぃ……すっちゃ、だめなのに……きもち、": "「ふ、ぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ……こ、れ……すご、ぃ……すっちゃ、だめなのに……きもち、",

"いいよぉ。あかちゃん……おかあさんに、いけない……しちゃってるよぉぉ♥」": "いいよぉ。あかちゃん……おかあさんに、いけない……しちゃってるよぉぉ♥」",

"ガクガクと足が震え、チョロチョロと蛇の口におしっこを漏らしてしまいます。": "ガクガクと足が震え、チョロチョロと蛇の口におしっこを漏らしてしまいます。",

"「ああ、のんでる……わたしの、おしっこ……のまれちゃってる。うまれたばかりの、": "「ああ、のんでる……わたしの、おしっこ……のまれちゃってる。うまれたばかりの、",

"あかちゃんに……なめられて、んんんんっっぁ♥」": "あかちゃんに……なめられて、んんんんっっぁ♥」",

"おしっこを飲まれるながらペロペロされる気持ちよさに、なにも考えられなくなります。": "おしっこを飲まれるながらペロペロされる気持ちよさに、なにも考えられなくなります。",

"人間とは似ても似つかないのに、生んでしまったことが怖いと感じません。": "人間とは似ても似つかないのに、生んでしまったことが怖いと感じません。",

"「ああ、でてくる……また、あかちゃんが……ぁぁぁ、だめだよぉ……いっぺんに、は": "「ああ、でてくる……また、あかちゃんが……ぁぁぁ、だめだよぉ……いっぺんに、は",

"……くぅぅぅぅぅぅん」": "……くぅぅぅぅぅぅん」",

"先に生まれた肉蛇の赤ちゃんに続くように、おなかのなかの生き物も『袋』の出口を広げよう\nとします。": "先に生まれた肉蛇の赤ちゃんに続くように、おなかのなかの生き物も『袋』の出口を広げよう\nとします。",

"だけど、狭い袋の隙間を強引に通ろうとして暴れるのでなかなか出てくることができません。": "だけど、狭い袋の隙間を強引に通ろうとして暴れるのでなかなか出てくることができません。",

"「だめぇぇぇぇ、そんなにしちゃぁ……おなか、こわれちゃう♥ わたし、のなか……": "「だめぇぇぇぇ、そんなにしちゃぁ……おなか、こわれちゃう♥ わたし、のなか……",

"こわれちゃうよぉぉぉぉぉ♥」": "こわれちゃうよぉぉぉぉぉ♥」",

"暴れる赤ちゃんから伝わる快感が、おしるが溢れ出し、体が痙攣するように震えます。": "暴れる赤ちゃんから伝わる快感が、おしるが溢れ出し、体が痙攣するように震えます。",

"「んんんっっ、あばれないで……そんなにひろげたら、いやぁぁぁぁぁぁ♥ また、": "「んんんっっ、あばれないで……そんなにひろげたら、いやぁぁぁぁぁぁ♥ また、",

"きちゃう……きもちいいのが、きちゃうよぉぉぉぉぉぉ♥」": "きちゃう……きもちいいのが、きちゃうよぉぉぉぉぉぉ♥」",

"ピチピチと体内を暴れる尾が、袋にある細い管を刺激する快感に視界が霞みます。メリメリと\n袋の入り口が広げられる快楽に涙が滲みます。": "ピチピチと体内を暴れる尾が、袋にある細い管を刺激する快感に視界が霞みます。メリメリと\n袋の入り口が広げられる快楽に涙が滲みます。",

"「ああ、きちゃう……わたし、またへんになっちゃう……きもちいいのが、きちゃう": "「ああ、きちゃう……わたし、またへんになっちゃう……きもちいいのが、きちゃう",

"よぉぉぉぉ♥」": "よぉぉぉぉ♥」",

"一度味わった快感の大波が訪れるゾクゾクとした感覚に、体が自然とのけぞってしまいます。": "一度味わった快感の大波が訪れるゾクゾクとした感覚に、体が自然とのけぞってしまいます。",

"出てきてる……おなかから、またあかちゃんが……でてきちゃう。きもちよくなっちゃう……\nあかちゃんで、きもちよくなっちゃう♥": "出てきてる……おなかから、またあかちゃんが……でてきちゃう。きもちよくなっちゃう……\nあかちゃんで、きもちよくなっちゃう♥",

"細い穴を這い出ようとする生き物が、肉襞をめくりあげ気持ちいいところをグリグリと\nおしあげてきます。": "細い穴を這い出ようとする生き物が、肉襞をめくりあげ気持ちいいところをグリグリと\nおしあげてきます。",

"「あああああ、くる……おおきいのが、きもちいいのが……きちゃううううううう": "「あああああ、くる……おおきいのが、きもちいいのが……きちゃううううううう",

"うううっっ♥」": "うううっっ♥」",

"そして一番先に生まれた肉蛇の赤ちゃんが、おまたにあった敏感な部分をカリッと甘噛み\nした瞬間――": "そして一番先に生まれた肉蛇の赤ちゃんが、おまたにあった敏感な部分をカリッと甘噛み\nした瞬間――",

"「ふきゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅんっっっっ♥♥」": "「ふきゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅんっっっっ♥♥」",

"火花が散るようなすさまじい快感に襲われて、頭の中が真っ白になりました。": "火花が散るようなすさまじい快感に襲われて、頭の中が真っ白になりました。",

"舌を出して快感の甘受するわたしのわれめから、ズルっと元気な肉蛇が這い出しました。\n何匹も、何匹も……。": "舌を出して快感の甘受するわたしのわれめから、ズルっと元気な肉蛇が這い出しました。\n何匹も、何匹も……。",

"ああ、すごい……産んでる。わたし、いっぱい……産んじゃってるぅ♥ 蛇みたいな\n赤ちゃん、産んでるよぉぉぉ♥": "ああ、すごい……産んでる。わたし、いっぱい……産んじゃってるぅ♥ 蛇みたいな\n赤ちゃん、産んでるよぉぉぉ♥",

"たくさんの肉蛇が縦筋を広げて、生まれるたびに腰がビクビクと震え、甘い快感の余韻を与えて\nくれます。": "たくさんの肉蛇が縦筋を広げて、生まれるたびに腰がビクビクと震え、甘い快感の余韻を与えて\nくれます。",

"「ひぁぁっっ……♥」": "「ひぁぁっっ……♥」",

"そして最後にひときわ大きな赤ちゃんが、ブッジュッと肉をめくりあげるような音を立てて\n生まれました。": "そして最後にひときわ大きな赤ちゃんが、ブッジュッと肉をめくりあげるような音を立てて\n生まれました。",

"「すご……い……わたし、こんなに……たくさん、あかちゃん……」": "「すご……い……わたし、こんなに……たくさん、あかちゃん……」",

"おまたの側に、たくさんの肉蛇の赤ちゃんが群がっています。": "おまたの側に、たくさんの肉蛇の赤ちゃんが群がっています。",

"ああ、飲んでる……わたしの、おもらし……のまれてる。おいしいんだ……いっぱい飲んで\n……♥": "ああ、飲んでる……わたしの、おもらし……のまれてる。おいしいんだ……いっぱい飲んで\n……♥",

"私が漏らしてしまったおしるをピチャピチャと舐め取る肉蛇。": "私が漏らしてしまったおしるをピチャピチャと舐め取る肉蛇。",

"おなかはすっかり元通りになり、かわりにおまたから瑞々しいピンク色の袋がはみ出して\nいました。": "おなかはすっかり元通りになり、かわりにおまたから瑞々しいピンク色の袋がはみ出して\nいました。",

"どうしよ。わたし……おまた、こわれちゃった。おなかのなか……でちゃった、よぉ……": "どうしよ。わたし……おまた、こわれちゃった。おなかのなか……でちゃった、よぉ……",

"こぼれてしまった中身をぼんやりと見つめていると、かぷりとピンク色の袋を肉蛇が甘噛み": "こぼれてしまった中身をぼんやりと見つめていると、かぷりとピンク色の袋を肉蛇が甘噛み",

"します。": "します。",

"「ひぁぁぁっっ、あかちゃんが……かんでる……おなか、かんじゃだめぇ……やだぁ……": "「ひぁぁぁっっ、あかちゃんが……かんでる……おなか、かんじゃだめぇ……やだぁ……",

"それ、んんんんんっっ♥おかあさん、に……いたずらしちゃ、だよぉ……ふぁぁっっ♥」": "それ、んんんんんっっ♥おかあさん、に……いたずらしちゃ、だよぉ……ふぁぁっっ♥」",

"ふわふわとした快感が走り、とぷっと粘ついたお汁がおまたの袋からこぼれました。": "ふわふわとした快感が走り、とぷっと粘ついたお汁がおまたの袋からこぼれました。",

"「それ、きもちいい……だめなのに……かまれるの、きもち……いいよぉ♥」": "「それ、きもちいい……だめなのに……かまれるの、きもち……いいよぉ♥」",

"蕩けるような感覚に浸っていると、別の肉蛇がわたしのお胸に這ってきます。": "蕩けるような感覚に浸っていると、別の肉蛇がわたしのお胸に這ってきます。",

"「あ、どうしたの……おっぱい、ほしいの? いいよ、おかあさんの……おっぱい": "「あ、どうしたの……おっぱい、ほしいの? いいよ、おかあさんの……おっぱい",

"あげるね♥」": "あげるね♥」",

"体をよじ登ってきた肉蛇は、私の乳首を見つけると口を広げて――ちゅぅぅっと吸い上げます。": "体をよじ登ってきた肉蛇は、私の乳首を見つけると口を広げて――ちゅぅぅっと吸い上げます。",

"「あんっっっ、すってる♥ おっぱい、のんでる……あかちゃんが、わたしの……": "「あんっっっ、すってる♥ おっぱい、のんでる……あかちゃんが、わたしの……",

"おっぱい……のんでるよぉ♥」": "おっぱい……のんでるよぉ♥」",

"私は痺れた手で肉蛇を撫でると、最後に生まれた大きな肉蛇がずるりと近づきました。": "私は痺れた手で肉蛇を撫でると、最後に生まれた大きな肉蛇がずるりと近づきました。",

"そして――": "そして――",

"「ふわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっ♥♥」": "「ふわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっ♥♥」",

"肉蛇はその体を、自分を産んだピンクの袋にズチュリッと潜り込ませたのでした。": "肉蛇はその体を、自分を産んだピンクの袋にズチュリッと潜り込ませたのでした。",

"跳过活动场景(有内脏描写)吗?": "跳过活动场景(有内脏描写)吗?",

"身体感到冷的东西跑了的瞬间,身体不动了。": "身体感到冷的东西跑了的瞬间,身体不动了。",

"我就这样倒在地上了。感受到的只有从脖子上流下来的热东西的感觉。": "我就这样倒在地上了。感受到的只有从脖子上流下来的热东西的感觉。",

"(咦……我怎么了?)": "(咦……我怎么了?)",

"手脚完全不动。声音也发不出来。也不能起来。": "手脚完全不动。声音也发不出来。也不能起来。",

"我的双臂在奇怪的地方。在奇怪的地方,红色的东西从中断了的手臂开始扩散。": "我的双臂在奇怪的地方。在奇怪的地方,红色的东西从中断了的手臂开始扩散。",

"(我的身体……为什么会在那种地方?)": "(我的身体……为什么会在那种地方?)",

"我简直喘不过气来。": "我简直喘不过气来。",

"我的胸和腰离得很远。从肚子下面像鲜红的香肠一样的东西\n充满了deloli。那和做鱼的时候从肚子里掏出来的内脏一模一样。": "我的胸和腰离得很远。从肚子下面像鲜红的香肠一样的东西\n充满了deloli。那和做鱼的时候从肚子里掏出来的内脏一模一样。",

"(我的,身体……所以,为什么……)": "(我的,身体……所以,为什么……)",

"从断面露出的长的东西,有着红、粉、黄白色混合的复杂的颜色。\n在像东西一样倒下的手脚中间看到了白色的东西。": "从断面露出的长的东西,有着红、粉、黄白色混合的复杂的颜色。\n在像东西一样倒下的手脚中间看到了白色的东西。",

"(那个……是吧,是什么……?)": "(那个……是吧,是什么……?)",

"抽筋的腿,简直就像是快要死的虫子。从倒下的下半身开始撒尿\n的味道。": "抽筋的腿,简直就像是快要死的虫子。从倒下的下半身开始撒尿\n的味道。",

"我不能理解发生了什么。连想都懒得想。但是脑袋里很重,变得很冷\n我只清楚地感受到了几点。": "我不能理解发生了什么。连想都懒得想。但是脑袋里很重,变得很冷\n我只清楚地感受到了几点。",

"(像我一样……呜……好脏啊……好冷……好冷啊)": "(像我一样……呜……好脏啊……好冷……好冷啊)",

"看到自己喜欢的衣服被染成了红色,就感到无比寒冷\n感觉。简直就像被关在冰里一样的寒冷。": "看到自己喜欢的衣服被染成了红色,就感到无比寒冷\n感觉。简直就像被关在冰里一样的寒冷。",

"(怎么办……手和脚都没有了。肚子都饿了……怎么办呢,怎么办呢)": "(怎么办……手和脚都没有了。肚子都饿了……怎么办呢,怎么办呢)",

"不能眨眼睛,头脑渐渐变冷变迟钝。七零八落地观察身体\n我只能放弃。": "不能眨眼睛,头脑渐渐变冷变迟钝。七零八落地观察身体\n我只能放弃。",

"(好可怕,好可怕啊。小新……姐姐……来吧……助……)": "(好可怕,好可怕啊。小新……姐姐……来吧……助……)",

"当终于意识到自己面临死亡并寻求帮助的时候,意识被什么黑暗的东西涂满了\n就这样结束了。": "当终于意识到自己面临死亡并寻求帮助的时候,意识被什么黑暗的东西涂满了\n就这样结束了。",

"把手插入排水口的瞬间,有什么东西缠在了手臂上。": "把手插入排水口的瞬间,有什么东西缠在了手臂上。",

"“啊,什么!?”": "“啊,什么!?”",

"不由得向后退一步,粘糊糊的东西一下子从排水管里吹了出来。": "不由得向后退一步,粘糊糊的东西一下子从排水管里吹了出来。",

"「き、きゃあああああああああああああっっ!?」": "「き、きゃあああああああああああああっっ!?」",

"注:CG未翻译": "注:CG未翻译",

"それは私の体に覆いかぶさり、一気に全身を包み込んでしまいます。それは半透明で、ベタ\nベタとした感触をしたゼリーのような物体でした。": "それは私の体に覆いかぶさり、一気に全身を包み込んでしまいます。それは半透明で、ベタ\nベタとした感触をしたゼリーのような物体でした。",

"襲ってきた得体のしれない存在に必死で抵抗しますが、掴むことも押し戻すこともできない\n粘液に私は混乱するばかりです。": "襲ってきた得体のしれない存在に必死で抵抗しますが、掴むことも押し戻すこともできない\n粘液に私は混乱するばかりです。",

"(さわらないで、お洋服のなかに入ってこないで。ヌルヌルにしないでよぉ)": "(さわらないで、お洋服のなかに入ってこないで。ヌルヌルにしないでよぉ)",

"その間にも粘液は服に染み込むようにして体を這い回り、生ぬるい粘液で全身を包み込んで": "その間にも粘液は服に染み込むようにして体を這い回り、生ぬるい粘液で全身を包み込んで",

"(いや、きもちわるいよぉ。これなんなの……なんでこんなものがお台所にいるの?)": "(いや、きもちわるいよぉ。これなんなの……なんでこんなものがお台所にいるの?)",

"嫌悪感に暴れますが、そんな抵抗を無視して半透明の怪物は好き勝手に体を這い回ります。": "嫌悪感に暴れますが、そんな抵抗を無視して半透明の怪物は好き勝手に体を這い回ります。",

"透けた体のせいで、触れられた肌のハッキリと見えます。どこを触られているのか見せつける\nように、怪物はゆっくりと肌を撫で回します。": "透けた体のせいで、触れられた肌のハッキリと見えます。どこを触られているのか見せつける\nように、怪物はゆっくりと肌を撫で回します。",

"「ひっっ! ふ、ふくがとけて……いや、いやーーーっ!」": "「ひっっ! ふ、ふくがとけて……いや、いやーーーっ!」",

"そして粘液が触れたところからお洋服がボロボロと溶け出し、その異様な光景に思わず悲鳴を\n上げてしまいます。": "そして粘液が触れたところからお洋服がボロボロと溶け出し、その異様な光景に思わず悲鳴を\n上げてしまいます。",

"「なに、これ……なんなの? なにが起こっているの? これ、生き物なの!?」": "「なに、これ……なんなの? なにが起こっているの? これ、生き物なの!?」",

"混乱している間に服はすっかり溶けてしまい。わたしはゼリー状の生き物の中で身動きが取れ\nなくなってしまいます。": "混乱している間に服はすっかり溶けてしまい。わたしはゼリー状の生き物の中で身動きが取れ\nなくなってしまいます。",

"「や、やだ……さわらない、でっっ! からだ、なでたりしないで」": "「や、やだ……さわらない、でっっ! からだ、なでたりしないで」",

"自由を奪った半透明の怪物は、隠すものの無くなった肌を舐めるように這い回り、脇や腰に\nねとりとしたものを塗りつけていきます。": "自由を奪った半透明の怪物は、隠すものの無くなった肌を舐めるように這い回り、脇や腰に\nねとりとしたものを塗りつけていきます。",

"「ひゃぅっ!? そこ……くすぐったい。そんなところ……さわらないでっっ!」": "「ひゃぅっ!? そこ……くすぐったい。そんなところ……さわらないでっっ!」",

"優しく撫でるような動きにぞわぞわとしたものを感じます。なにかを探すような動きに、敏感\nな部分が勝手に反応してしまいます。": "優しく撫でるような動きにぞわぞわとしたものを感じます。なにかを探すような動きに、敏感\nな部分が勝手に反応してしまいます。",

"「ふわっっ!? やだぁ、やだ。さわらないで……いやぁ。やめてよぉ」": "「ふわっっ!? やだぁ、やだ。さわらないで……いやぁ。やめてよぉ」",

"確かめるように胸やお尻を撫でる怪物に抵抗しようとしても、その体はヌルヌルの液体のようで\n掴むことができません。": "確かめるように胸やお尻を撫でる怪物に抵抗しようとしても、その体はヌルヌルの液体のようで\n掴むことができません。",

"その間にもゼリーの怪物は体を伸ばし、普段は触れることのない場所にまで迫ってきました。": "その間にもゼリーの怪物は体を伸ばし、普段は触れることのない場所にまで迫ってきました。",

"「ひっっっ、だめ……そこは……おしり、なのに」": "「ひっっっ、だめ……そこは……おしり、なのに」",

"お尻に撫でていた怪物が、不意にトイレのときにしか意識したことのない場所をなでました。": "お尻に撫でていた怪物が、不意にトイレのときにしか意識したことのない場所をなでました。",

"恐怖で忘れていた羞恥に顔が熱くなり、なんとかお尻の穴を広げようとするゼリーのような\n生き物に引き剥がそうと手を伸ばします。": "恐怖で忘れていた羞恥に顔が熱くなり、なんとかお尻の穴を広げようとするゼリーのような\n生き物に引き剥がそうと手を伸ばします。",

"だけどヌルヌルの水のような体を掴むことが、どうしても出来ません。その間にも怪物はおしり\nの穴を刺激し、ヌメつく粘液をこすりつけていきます。": "だけどヌルヌルの水のような体を掴むことが、どうしても出来ません。その間にも怪物はおしり\nの穴を刺激し、ヌメつく粘液をこすりつけていきます。",

"(だめ、やっぱり掴めない。おしり、はずかしいのに……ひぅ、さっ……さわらないで。\nひろげちゃ……だめなのぉ)": "(だめ、やっぱり掴めない。おしり、はずかしいのに……ひぅ、さっ……さわらないで。\nひろげちゃ……だめなのぉ)",

"クニクニと肛門の周囲を確かめるように撫でる怪物。自分ではない存在に不浄の穴を弄られ、\nむりやりに広げられる恥ずかしさに涙が滲んでしまいます。": "クニクニと肛門の周囲を確かめるように撫でる怪物。自分ではない存在に不浄の穴を弄られ、\nむりやりに広げられる恥ずかしさに涙が滲んでしまいます。",

"「え、ちょっと……だめ、はいらないで……おしりに、はいちゃっダメ……いや、いやぁ": "「え、ちょっと……だめ、はいらないで……おしりに、はいちゃっダメ……いや、いやぁ",

"ぁぁ!?」": "ぁぁ!?」",

"だけどゼリーの怪物はお尻の穴を広げるだけに飽き足らず、その体をお尻の内側にもぐりこませ\nようとしてきます。": "だけどゼリーの怪物はお尻の穴を広げるだけに飽き足らず、その体をお尻の内側にもぐりこませ\nようとしてきます。",

"「そ、れ……だめ。ほんとうに、だめなのっっ! おしり、なんて……きたないよぉ!": "「そ、れ……だめ。ほんとうに、だめなのっっ! おしり、なんて……きたないよぉ!",

"はいら、ないで……やめてぇぇぇ!」": "はいら、ないで……やめてぇぇぇ!」",

"叫んで抵抗しても、ゼリー状の体を捕まえることはできません。半透明の怪物は力強くお尻を\nすぼまりを広げていきます。": "叫んで抵抗しても、ゼリー状の体を捕まえることはできません。半透明の怪物は力強くお尻を\nすぼまりを広げていきます。",

"そしてーー": "そしてーー",

"「ひぅぅぅぅぅぅぅっっ、はいって……る。おしりに、はいってきて……る……おしり": "「ひぅぅぅぅぅぅぅっっ、はいって……る。おしりに、はいってきて……る……おしり",

"にぃぃぃっっ!?」": "にぃぃぃっっ!?」",

"めりめりと音を立て、必死で閉じようとしていた肛門の内側に生温かいものが侵入してきました。": "めりめりと音を立て、必死で閉じようとしていた肛門の内側に生温かいものが侵入してきました。",

"「か……はっっ、ぁぅ……ぁぁ、くる……しぃ……」": "「か……はっっ、ぁぅ……ぁぁ、くる……しぃ……」",

"感じたことのない異物感。外側からお尻を広げられる感覚に、頭の中で火花が散るような錯覚を\n覚えます。侵入される感覚に喉の奥が苦しくなります。": "感じたことのない異物感。外側からお尻を広げられる感覚に、頭の中で火花が散るような錯覚を\n覚えます。侵入される感覚に喉の奥が苦しくなります。",

"(なんで……こんなこと、されるの……わたし、なにか悪いこと、しちゃったの? いやぁ……\nああ、はいってる。おなかに、いっぱ……い)": "(なんで……こんなこと、されるの……わたし、なにか悪いこと、しちゃったの? いやぁ……\nああ、はいってる。おなかに、いっぱ……い)",

"息が詰まる違和感に、足先がビクビクとはねている分かります。半透明の怪物の内側が動き、\nお腹の中に詰め込まれていくのが見えてしまいます。": "息が詰まる違和感に、足先がビクビクとはねている分かります。半透明の怪物の内側が動き、\nお腹の中に詰め込まれていくのが見えてしまいます。",

"「はいって、る……はいってるよぉ。なんで、おしりに……いやぁ。ぬるぬる、するよぉ。": "「はいって、る……はいってるよぉ。なんで、おしりに……いやぁ。ぬるぬる、するよぉ。",

"こんなのおかしいよ……へんだよぉ」": "こんなのおかしいよ……へんだよぉ」",

"お尻の内側から生温かいものが登ってくる感覚に、ボロボロと涙が流れてしまいます。気持ち\n悪いのに、苦しすぎて声をあげることも逃げることもできません。": "お尻の内側から生温かいものが登ってくる感覚に、ボロボロと涙が流れてしまいます。気持ち\n悪いのに、苦しすぎて声をあげることも逃げることもできません。",

"(ああ……うごいて、る……おばけが、おしりのなか、で……ぐねぐねって、してる……こわい、\nこわいよぉ)": "(ああ……うごいて、る……おばけが、おしりのなか、で……ぐねぐねって、してる……こわい、\nこわいよぉ)",

"得体のしれない怪物に、自分の知らない部分をいじりまわされているのに何もできないことが\n怖くて仕方ありません。": "得体のしれない怪物に、自分の知らない部分をいじりまわされているのに何もできないことが\n怖くて仕方ありません。",

"(おなかのなかから、食べられちゃうんだ……きっと、ぜんぶ……たべられちゃうんだ)": "(おなかのなかから、食べられちゃうんだ……きっと、ぜんぶ……たべられちゃうんだ)",

"このまま内側からムシャムシャとお腹を食べ尽くされてしまう想像に、ゾッとしてしまいます。\nもうお姉ちゃんに会えないと思うだけで歯がカチカチと音を立ててしまいます。": "このまま内側からムシャムシャとお腹を食べ尽くされてしまう想像に、ゾッとしてしまいます。\nもうお姉ちゃんに会えないと思うだけで歯がカチカチと音を立ててしまいます。",

"「ぁ……あ、つい……おしり、が……あったかく……なって、る。これの……せいなの": "「ぁ……あ、つい……おしり、が……あったかく……なって、る。これの……せいなの",

"……?おしり、へんだよぉ……」": "……?おしり、へんだよぉ……」",

"お尻から押し出そうとしても怪物は出ていかず、代わりに内側からポカポカとしたものが\n広がっていきます。": "お尻から押し出そうとしても怪物は出ていかず、代わりに内側からポカポカとしたものが\n広がっていきます。",

"それはいままで感じたことのない温かさで、おへその下がムズムズとしてきます。": "それはいままで感じたことのない温かさで、おへその下がムズムズとしてきます。",

"(たべて、ないの? それに……なんだか、ジンジン……してきた。おなかのなか、へん……)": "(たべて、ないの? それに……なんだか、ジンジン……してきた。おなかのなか、へん……)",

"お腹の中でゆるゆると動く怪物。その内側から撫でられる感覚に、不思議な感情が湧き上がって": "お腹の中でゆるゆると動く怪物。その内側から撫でられる感覚に、不思議な感情が湧き上がって",

"きます。": "きます。",

"(これ……きもち、いい? ううん、そんなはずはない……おばけにさわられて、きもちいい\n……なんて……)": "(これ……きもち、いい? ううん、そんなはずはない……おばけにさわられて、きもちいい\n……なんて……)",

"じわじわと広がっていく感覚を否定します。すごく気持ち悪いことをされているのに、そんな\n風に思うなんてありえません。": "じわじわと広がっていく感覚を否定します。すごく気持ち悪いことをされているのに、そんな\n風に思うなんてありえません。",

"「だけど、おなか……あつい。おなかのなか、あついよぉ。なにこれ……こんなの、": "「だけど、おなか……あつい。おなかのなか、あついよぉ。なにこれ……こんなの、",

"おかしいよぉ。わたし……へんに、なっちゃったの……?」": "おかしいよぉ。わたし……へんに、なっちゃったの……?」",

"温かさは、もう熱いといえるほどになっています。お腹のなかを怪物になでられ、気持ち悪くて\n怖いはずなのに、心のどこかでもっとしてほしいと望んでしまいます。": "温かさは、もう熱いといえるほどになっています。お腹のなかを怪物になでられ、気持ち悪くて\n怖いはずなのに、心のどこかでもっとしてほしいと望んでしまいます。",

"(おまたも、むずむず……する。おもらし、しちゃってる……最初のおへやの、ときみたいに\n……ジンジンしてる……ぅぅ、なんで……こんなことされちゃってるのに?)": "(おまたも、むずむず……する。おもらし、しちゃってる……最初のおへやの、ときみたいに\n……ジンジンしてる……ぅぅ、なんで……こんなことされちゃってるのに?)",

"恥ずかしいのに、すごく怖いのに、ゼリーのなかで両足の間に手を動かして伸ばしてしまいます。": "恥ずかしいのに、すごく怖いのに、ゼリーのなかで両足の間に手を動かして伸ばしてしまいます。",

"(あっ、おまた……ぬれちゃってる……また、おもらし……しちゃってる。とろって、なってる)": "(あっ、おまた……ぬれちゃってる……また、おもらし……しちゃってる。とろって、なってる)",

"ヌルヌルとした半透明の怪物とは明らかに違う感触が、ねっとりと指にまとわりつきます。\nワレメから伝わる甘い痺れに、足が動いてしまいます。": "ヌルヌルとした半透明の怪物とは明らかに違う感触が、ねっとりと指にまとわりつきます。\nワレメから伝わる甘い痺れに、足が動いてしまいます。",

"(ああ……おしりのなかも、うごいてる……さっきより、はや……い……わたしのなか、\nおばけで……いっぱいに、なっちゃってる)": "(ああ……おしりのなかも、うごいてる……さっきより、はや……い……わたしのなか、\nおばけで……いっぱいに、なっちゃってる)",

"へその下にまで怪物の存在を感じます。なのに体の奥を弄り回されている怖さよりも、少し\nずつ広がっていく感覚に心地よさを感じてしまいます。": "へその下にまで怪物の存在を感じます。なのに体の奥を弄り回されている怖さよりも、少し\nずつ広がっていく感覚に心地よさを感じてしまいます。",

"(んんっっ、おまたも……おしりも、きもちいい……ずるって、してる。おしりのなか、くちゅ\nくちゅって……されてるよぉ♪)": "(んんっっ、おまたも……おしりも、きもちいい……ずるって、してる。おしりのなか、くちゅ\nくちゅって……されてるよぉ♪)",

"お股をこすると、ぬちゅりという水音が聞こえてきます。逃げないといけないのに、もっと\nおしりを虐められたいと願ってしまいます。": "お股をこすると、ぬちゅりという水音が聞こえてきます。逃げないといけないのに、もっと\nおしりを虐められたいと願ってしまいます。",

"(きもちいい……おしり。おばけに……にゅるにゅるされるの……いいよぉ♥ だめなのに、\nきたないのに……きもちいいよぉ♥)": "(きもちいい……おしり。おばけに……にゅるにゅるされるの……いいよぉ♥ だめなのに、\nきたないのに……きもちいいよぉ♥)",

"自覚してしまうと、もう抵抗できなくなってしまいました。": "自覚してしまうと、もう抵抗できなくなってしまいました。",

"おへその奥がキュンキュンと疼き、指が止まらなくなります。おしりをキュッと締め上げ、\nゼリー状の怪物が入ってくる快感をより強く受け入れていきます。": "おへその奥がキュンキュンと疼き、指が止まらなくなります。おしりをキュッと締め上げ、\nゼリー状の怪物が入ってくる快感をより強く受け入れていきます。",

"(おしりのあな……めくられてる♥ おばけに、たくさんほじられちゃってるぅ。すごいよぉ……\nおしりって、こんなに……きもちいいんだぁ……こんなの、はじめてだよぉ♥)": "(おしりのあな……めくられてる♥ おばけに、たくさんほじられちゃってるぅ。すごいよぉ……\nおしりって、こんなに……きもちいいんだぁ……こんなの、はじめてだよぉ♥)",

"おまたからはトロトロのお汁が溢れ出し、それが怪物の体に流れ出していくのが見えます。": "おまたからはトロトロのお汁が溢れ出し、それが怪物の体に流れ出していくのが見えます。",

"(おばけさん……わたしのおもらしで……色がかわちゃってる♥ あっ、きえちゃった……\nのまれちゃったんだ。ひぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!?)": "(おばけさん……わたしのおもらしで……色がかわちゃってる♥ あっ、きえちゃった……\nのまれちゃったんだ。ひぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!?)",

"怪物は私のおしるを飲み干すと、突然さっきよりも勢いよく肛門に入り込んできました。": "怪物は私のおしるを飲み干すと、突然さっきよりも勢いよく肛門に入り込んできました。",

"(おなか、すごっっ……あぁ、こんなの……だめ、おなかが……おなかが、やぶれ……ちゃう……)": "(おなか、すごっっ……あぁ、こんなの……だめ、おなかが……おなかが、やぶれ……ちゃう……)",

"ズルズルッと音を立てて激しく肛門に入り込んだ怪物が、体の中で暴れるはじめました。": "ズルズルッと音を立てて激しく肛門に入り込んだ怪物が、体の中で暴れるはじめました。",

"おなかがボコボコと内側から脈打ち、奇妙な形に膨れ上がっています。まるで体の中で大きな\n蛇がのたうち回っているようです。": "おなかがボコボコと内側から脈打ち、奇妙な形に膨れ上がっています。まるで体の中で大きな\n蛇がのたうち回っているようです。",

"(これ……しんじゃう……おなかが、やぶけて……しんじゃうよぉ。でも……なんでぇ……\nこれ、おかしいよぉ……)": "(これ……しんじゃう……おなかが、やぶけて……しんじゃうよぉ。でも……なんでぇ……\nこれ、おかしいよぉ……)",

"凄まじい異物感に息が詰まり、呼吸ができません。指でおまたを擦る余裕などなく、翻弄\nされてしまいます。": "凄まじい異物感に息が詰まり、呼吸ができません。指でおまたを擦る余裕などなく、翻弄\nされてしまいます。",

"(どうして、どうして……こんなに、きもちいいのぉ♥ こんなこと、されてるのに……\nきもちいぃ♥ きもちいいのよぉ……♥)": "(どうして、どうして……こんなに、きもちいいのぉ♥ こんなこと、されてるのに……\nきもちいぃ♥ きもちいいのよぉ……♥)",

"だけど感じるのは快感ばかり。おなかをゾリゾリと内側から擦られているのに、快感の吐息が\nもれてしまいます。": "だけど感じるのは快感ばかり。おなかをゾリゾリと内側から擦られているのに、快感の吐息が\nもれてしまいます。",

"「おしり……きもちいい♥ おなか、ぐちゅぐちゅって……するの、いいよぉ♥おしりと、": "「おしり……きもちいい♥ おなか、ぐちゅぐちゅって……するの、いいよぉ♥おしりと、",

"あそこがふわふわってするよぉ♥」": "あそこがふわふわってするよぉ♥」",

"痛みと恐怖も、むりやり快楽に塗りつぶされたように感じることができません。激しい快感と\n熱さに頭を真っ白になっていきます。": "痛みと恐怖も、むりやり快楽に塗りつぶされたように感じることができません。激しい快感と\n熱さに頭を真っ白になっていきます。",

"「おばけさん……きもちいい……もっと、して……おなか、めちゃくちゃにして……": "「おばけさん……きもちいい……もっと、して……おなか、めちゃくちゃにして……",

"わたしの、おなか……ぐちゃぐちゃに、かきまぜてぇぇ♥」": "わたしの、おなか……ぐちゃぐちゃに、かきまぜてぇぇ♥」",

"気持ちよすぎて考えられません。お姉ちゃんを探すという目的も、死んでしまうという確信も\nドロドロの熱さで蕩けてしまいます。": "気持ちよすぎて考えられません。お姉ちゃんを探すという目的も、死んでしまうという確信も\nドロドロの熱さで蕩けてしまいます。",

"プチプチという音がするほど肛門を出入りされ、おなかの形が変わるくらい内側を激しくかき\n乱されているのに、気持ちよくて仕方ないのです。": "プチプチという音がするほど肛門を出入りされ、おなかの形が変わるくらい内側を激しくかき\n乱されているのに、気持ちよくて仕方ないのです。",

"「あはっっ、おもらし……しちゃった。おばけさんに、おしっこ……のませちゃった。": "「あはっっ、おもらし……しちゃった。おばけさんに、おしっこ……のませちゃった。",

"わたしの……おしっこぉ♥」": "わたしの……おしっこぉ♥」",

"ちょろちょろと溢れ出す黄色がかった液体が、怪物の体に交ざり……そしてあっという間に\n溶けるように吸収されてしまいました。": "ちょろちょろと溢れ出す黄色がかった液体が、怪物の体に交ざり……そしてあっという間に\n溶けるように吸収されてしまいました。",

"おしっこを飲まれてしまったことにゾクゾクとして感覚が走り、おへその下が熱くなります": "おしっこを飲まれてしまったことにゾクゾクとして感覚が走り、おへその下が熱くなります",

"(ひぅぅぅぅぅぅぅぅぅっっ、すごい……これ、すごすぎるよぉ……♥)": "(ひぅぅぅぅぅぅぅぅぅっっ、すごい……これ、すごすぎるよぉ……♥)",

"そして透明な怪物は更に元気になったように更におなかをかき回します。": "そして透明な怪物は更に元気になったように更におなかをかき回します。",

"内側から暴れるおなかは今にも破れそうなのに、快感は消えるどころかますます猛烈に燃え\n上がります。": "内側から暴れるおなかは今にも破れそうなのに、快感は消えるどころかますます猛烈に燃え\n上がります。",

"(ああ、なにか……くる。せなか、ぞわぞわってする。なにか……くる。きちゃう……♥\nきちゃうよぉぉ……♥)": "(ああ、なにか……くる。せなか、ぞわぞわってする。なにか……くる。きちゃう……♥\nきちゃうよぉぉ……♥)",

"これまで感じたことのない快楽の予感に全身が震えます。": "これまで感じたことのない快楽の予感に全身が震えます。",

"ミチミチというなにかが引き裂ける音と感覚すらも、快感を高めるものになっていました。\nなにもかも気持ちよくて、頭が真っ白になってしまいます。": "ミチミチというなにかが引き裂ける音と感覚すらも、快感を高めるものになっていました。\nなにもかも気持ちよくて、頭が真っ白になってしまいます。",

"(あ、ああああ……ああああ、くる……おおきいのが、きちゃう……くるよぉぉぉっっ♥)": "(あ、ああああ……ああああ、くる……おおきいのが、きちゃう……くるよぉぉぉっっ♥)",

"そして大きな快感の波が一気に体を駆け上り―――": "そして大きな快感の波が一気に体を駆け上り―――",

"「ひぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!?」": "「ひぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!?」",

"白濁する快感とともに、おなかでなにかが弾ける音がしました。": "白濁する快感とともに、おなかでなにかが弾ける音がしました。",

"気持ちよさとともに頭の中が真っ白になって、自分に何が起きたのかもわかりません。": "気持ちよさとともに頭の中が真っ白になって、自分に何が起きたのかもわかりません。",

"(あ……あぁぁ……なにが……、どうしちゃった……の……)": "(あ……あぁぁ……なにが……、どうしちゃった……の……)",

"おなかが……おへそがあった部分が真っ赤になっていました。破裂したおなかが、えぐれた\nように無くなっています。": "おなかが……おへそがあった部分が真っ赤になっていました。破裂したおなかが、えぐれた\nように無くなっています。",

"あれ……だろう。あかい、のが……ぷかぷか、してる……": "あれ……だろう。あかい、のが……ぷかぷか、してる……",

"体の上に覆いかぶさっていた半透明の怪物の中に、ちぎれたソーセージのようなものが\nたくさん浮いています。": "体の上に覆いかぶさっていた半透明の怪物の中に、ちぎれたソーセージのようなものが\nたくさん浮いています。",

"(おなかが……かるく、なっちゃった)": "(おなかが……かるく、なっちゃった)",

"ごっそりとえぐれたおなかで、ゼリーのような怪物の体がぷるんと揺れました。": "ごっそりとえぐれたおなかで、ゼリーのような怪物の体がぷるんと揺れました。",

"私のおへそが、その怪物の中でゆらゆらと漂っていました。だけど、それもすぐに溶かされて\n消えてしまいます。": "私のおへそが、その怪物の中でゆらゆらと漂っていました。だけど、それもすぐに溶かされて\n消えてしまいます。",

"(わたしの、おへそが……たべられちゃった……おなか、のなか……なくなっちゃった……)": "(わたしの、おへそが……たべられちゃった……おなか、のなか……なくなっちゃった……)",

"ぼんやりと溶かされていく『ソーセージ』を見つめることしかできません。目の前がかすみ、\nどんどん意識が暗くなっていきます。": "ぼんやりと溶かされていく『ソーセージ』を見つめることしかできません。目の前がかすみ、\nどんどん意識が暗くなっていきます。",

"(あぁ……とけちゃう……わたしの、が……)": "(あぁ……とけちゃう……わたしの、が……)",

"三角の形をしていた薄ピンク色の巾着袋。白い小さな袋が左右についた『おなかの中身』が\nゆっくりと味わうように溶かされていくのが見えます。": "三角の形をしていた薄ピンク色の巾着袋。白い小さな袋が左右についた『おなかの中身』が\nゆっくりと味わうように溶かされていくのが見えます。",

"(それ、たべちゃ……だめ……おねがい)": "(それ、たべちゃ……だめ……おねがい)",

"その袋が大切なものだとわかります。": "その袋が大切なものだとわかります。",

"だけど、それを怪物は味わうようにゆっくりと溶かし――完全に消化してしまいました。": "だけど、それを怪物は味わうようにゆっくりと溶かし――完全に消化してしまいました。",

"(ごめんな、さい……おねえ、ちゃん……)": "(ごめんな、さい……おねえ、ちゃん……)",

"そこで私の意識は真っ暗になり、なにもかもが深い闇の底に落ちていったのでした。": "そこで私の意識は真っ暗になり、なにもかもが深い闇の底に落ちていったのでした。",

"单击下一步(5": "单击下一步(5",

"单击返回游戏": "单击返回游戏",

"「え、ここどこ……もしかして、わたし……食べられちゃったの……?」": "「え、ここどこ……もしかして、わたし……食べられちゃったの……?」",

"冷蔵庫を開けた途端に襲われたことを思い出し、わたしはゾッとしました。": "冷蔵庫を開けた途端に襲われたことを思い出し、わたしはゾッとしました。",

"モンスターの体内を連想したわたしは、自分の姿をみて震えました。": "モンスターの体内を連想したわたしは、自分の姿をみて震えました。",

"「や、やだ! 服が、お洋服がない!」": "「や、やだ! 服が、お洋服がない!」",

"体にまとわりついた粘液。粘液に触れたところの服がドロドロに溶かされ、無くなって\nいたのです。": "体にまとわりついた粘液。粘液に触れたところの服がドロドロに溶かされ、無くなって\nいたのです。",

"「そんな溶かされちゃう。わたし、食べられちゃう!」": "「そんな溶かされちゃう。わたし、食べられちゃう!」",

"得体のしれない怪物に飲み込まれ、溶かされて死んでしまうのを想像して怖気に身を震わせ": "得体のしれない怪物に飲み込まれ、溶かされて死んでしまうのを想像して怖気に身を震わせ",

"「やだっ! やだよぉぉぉぉっ!」": "「やだっ! やだよぉぉぉぉっ!」",

"暴れようとしますが、手足が動きません。どれだけ力を込めてもピクリとも自由にならない\nのです。": "暴れようとしますが、手足が動きません。どれだけ力を込めてもピクリとも自由にならない\nのです。",

"なにかが太ももや、手足を飲み込んでいて動くことができませんでした。": "なにかが太ももや、手足を飲み込んでいて動くことができませんでした。",

"「やめて、たべないで。わたし、おいしくないよ」": "「やめて、たべないで。わたし、おいしくないよ」",

"途端にぬるりとした物が、べちゃりと股間に振りかかりました。": "途端にぬるりとした物が、べちゃりと股間に振りかかりました。",

"「ひぁっ!?」": "「ひぁっ!?」",

"液体がかかった下着はジワジワと溶け、体が熱くなるのを感じます。": "液体がかかった下着はジワジワと溶け、体が熱くなるのを感じます。",

"ドロッとした液体で繊維は解け、あっという間におパンツが溶けて失われました。": "ドロッとした液体で繊維は解け、あっという間におパンツが溶けて失われました。",

"「いやっっ、こんなのやだよぉ」": "「いやっっ、こんなのやだよぉ」",

"つるつるのおまたが、視界に入ります。": "つるつるのおまたが、視界に入ります。",

"そんな場合ではないと分かっているのに、丸見えになったおまたに恥ずかしさを感じます。": "そんな場合ではないと分かっているのに、丸見えになったおまたに恥ずかしさを感じます。",

"「ひっっっ!!」": "「ひっっっ!!」",

"だけど羞恥に身を固くする暇もなく、得体のしれないモノが現れました。": "だけど羞恥に身を固くする暇もなく、得体のしれないモノが現れました。",

"肉色の蛇のような物が、ウネウネのおまたに近づいてきたのです。肉蛇としか表現できない\nソレは、手足を飲みこんでいるモノと同じ色でした。": "肉色の蛇のような物が、ウネウネのおまたに近づいてきたのです。肉蛇としか表現できない\nソレは、手足を飲みこんでいるモノと同じ色でした。",

"「や、やだ。こないで……こないでよぉ!」": "「や、やだ。こないで……こないでよぉ!」",

"不気味な色をしたモノは、叫ぶ声に反応することなくおまたに触れると――": "不気味な色をしたモノは、叫ぶ声に反応することなくおまたに触れると――",

"「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」": "「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」",

"おしっこの出るところを、くぱぁぁっと左右に開きました。": "おしっこの出るところを、くぱぁぁっと左右に開きました。",

"「みないで……みないでぇぇ!」": "「みないで……みないでぇぇ!」",

"恥ずかしさで顔から火が出そうです。自分でも見たことがない部分を、怪物にムリヤリ開かれて\nしまったのです。": "恥ずかしさで顔から火が出そうです。自分でも見たことがない部分を、怪物にムリヤリ開かれて\nしまったのです。",

"(ああ、開かれちゃってる……おまたのワレメ、見られちゃってるよぉ)": "(ああ、開かれちゃってる……おまたのワレメ、見られちゃってるよぉ)",

"空気に触れることのない部分をさらされて、体内の生暖かい空気を股間に感じます。": "空気に触れることのない部分をさらされて、体内の生暖かい空気を股間に感じます。",

"「ああ……やだ、食べられちゃうんだ……わたし、おまたから食べられちゃうんだ」": "「ああ……やだ、食べられちゃうんだ……わたし、おまたから食べられちゃうんだ」",

"きっと怪物はそこが一番柔らかいと知っているのでしょう。わたしはお股からバリバリと\n齧られて食べられてしまうのです。": "きっと怪物はそこが一番柔らかいと知っているのでしょう。わたしはお股からバリバリと\n齧られて食べられてしまうのです。",

"「ふぇ……やだ、そんなのやだぁ……ひぃ……」": "「ふぇ……やだ、そんなのやだぁ……ひぃ……」",

"身震いした瞬間、肉蛇がおまたをゾリリッと擦りました。": "身震いした瞬間、肉蛇がおまたをゾリリッと擦りました。",

"おへそから下が無くなってしまう恐ろしい想像に身震いし、おまたから熱いものが迸って": "おへそから下が無くなってしまう恐ろしい想像に身震いし、おまたから熱いものが迸って",

"「ぁ、そんなぁぁ……やだぁぁ゛」": "「ぁ、そんなぁぁ……やだぁぁ゛」",

"ぴゅるっと吹き出した黄色の液体が弧を描き、独特の匂いが漂います。": "ぴゅるっと吹き出した黄色の液体が弧を描き、独特の匂いが漂います。",

"「ぁ、ぁ……わたし……おもらし、しちゃった」": "「ぁ、ぁ……わたし……おもらし、しちゃった」",

"一度出てしまったおしっこを止めることはできず、お小水が近寄ってきた肉蛇に降りかかります。": "一度出てしまったおしっこを止めることはできず、お小水が近寄ってきた肉蛇に降りかかります。",

"「あ、ご……ごめんなさい。ごめんなさい、ヘビさんごめんなさい」": "「あ、ご……ごめんなさい。ごめんなさい、ヘビさんごめんなさい」",

"ちょろちょろとおしっこを掛けてしまった肉蛇に謝ります。": "ちょろちょろとおしっこを掛けてしまった肉蛇に謝ります。",

"きっと言葉なんて通じないけど、怒った蛇にひどいことをされるのは嫌だったのです。": "きっと言葉なんて通じないけど、怒った蛇にひどいことをされるのは嫌だったのです。",

"「ひぃっっ……なに、なにそれ!?」": "「ひぃっっ……なに、なにそれ!?」",

"肉蛇の様子を伺った瞬間、肉蛇の先端が開きました。そこに並ぶのはびっしりと生えた歯と糸の\nような無数の舌です。": "肉蛇の様子を伺った瞬間、肉蛇の先端が開きました。そこに並ぶのはびっしりと生えた歯と糸の\nような無数の舌です。",

"奥歯のような歯をみせた肉蛇の口。それが、わたしのおしっこに群がりジュルジュルと\n音を立てて啜り始めます。": "奥歯のような歯をみせた肉蛇の口。それが、わたしのおしっこに群がりジュルジュルと\n音を立てて啜り始めます。",

"「や、やだぁ……おしっこ、のまないで……のんじゃだめぇ」": "「や、やだぁ……おしっこ、のまないで……のんじゃだめぇ」",

"恥ずかしさに身を固くしても、肉蛇たちは漏らしてしまったおしっこを飲むのをやめて\nくれません。": "恥ずかしさに身を固くしても、肉蛇たちは漏らしてしまったおしっこを飲むのをやめて\nくれません。",

"「いやぁぁ……」": "「いやぁぁ……」",

"すっかり無くなった水たまり。それでも足りないとばかりに肉蛇がまた近づいてきます。": "すっかり無くなった水たまり。それでも足りないとばかりに肉蛇がまた近づいてきます。",

"「こないで、こないでよぉ……」": "「こないで、こないでよぉ……」",

"首を振っても肉蛇はじわじわと近づき、開かれたワレメにその先端を寄せ――とつぜん熱い\n液体をおまたにかけました": "首を振っても肉蛇はじわじわと近づき、開かれたワレメにその先端を寄せ――とつぜん熱い\n液体をおまたにかけました",

"「ひゃっっっ! なに、なにこれ……!?」": "「ひゃっっっ! なに、なにこれ……!?」",

"肉蛇の吐き出した液体は、左右に開かれたワレメの内側にべっとりと付着します。": "肉蛇の吐き出した液体は、左右に開かれたワレメの内側にべっとりと付着します。",

"「え、ぁ……なに、からだが……あつい。おまたが、あついよ……」": "「え、ぁ……なに、からだが……あつい。おまたが、あついよ……」",

"じゅわっとした熱さが広がり、ワレメの内側がムズムズします。": "じゅわっとした熱さが広がり、ワレメの内側がムズムズします。",

"「やだ……おまた、へんだ……こわい。これ、なんなのぉ……」": "「やだ……おまた、へんだ……こわい。これ、なんなのぉ……」",

"左右に広げられたおまたで、お豆のようにぴんっと膨らんだ部分がジンジンします。": "左右に広げられたおまたで、お豆のようにぴんっと膨らんだ部分がジンジンします。",

"「うずうず、する……おまた……おまめさんが……うずうず、するよぉ」": "「うずうず、する……おまた……おまめさんが……うずうず、するよぉ」",

"でも手足が動かず、触れることもできません。": "でも手足が動かず、触れることもできません。",

"「これやだぁ……おまた、せつない。くるしいよぉ……」": "「これやだぁ……おまた、せつない。くるしいよぉ……」",

"泣きそうな気持ちになっていると、とつぜん肉蛇におまたをズリリっと擦られました。": "泣きそうな気持ちになっていると、とつぜん肉蛇におまたをズリリっと擦られました。",

"「ひぅぅぅっっっっ!?」": "「ひぅぅぅっっっっ!?」",

"電気のような強い刺激に全身が跳ね、息が詰まります。それは自分で触ったときは比べ物に\nならないほどの感覚でした。": "電気のような強い刺激に全身が跳ね、息が詰まります。それは自分で触ったときは比べ物に\nならないほどの感覚でした。",

"(な、なにっっ! 何が起こったの?)": "(な、なにっっ! 何が起こったの?)",

"チカチカと火花が散り、体に火がついたように熱くなります。": "チカチカと火花が散り、体に火がついたように熱くなります。",

"(なに、おまたとおむねが……熱い。ジンジンしてる)": "(なに、おまたとおむねが……熱い。ジンジンしてる)",

"ぷくりとおっぱいの先っぽが膨らんでいました。虫刺されにも似たかゆみを、乳首とおまたに\nある膨らみに感じます。": "ぷくりとおっぱいの先っぽが膨らんでいました。虫刺されにも似たかゆみを、乳首とおまたに\nある膨らみに感じます。",

"「おっぱいが、へんになっちゃってる……」": "「おっぱいが、へんになっちゃってる……」",

"なだらかだったおっぱい。その先っぽが、おねえちゃんの乳首のように膨らんでいました。": "なだらかだったおっぱい。その先っぽが、おねえちゃんの乳首のように膨らんでいました。",

"何もされていないはずなのに、乳首までムズムズします。": "何もされていないはずなのに、乳首までムズムズします。",

"(かゆい? ううん、ピリピリする。それにだんだん強くなって……)": "(かゆい? ううん、ピリピリする。それにだんだん強くなって……)",

"ぷっくりと立った乳首にもどかしい感覚が走り、わたしは身悶えします。": "ぷっくりと立った乳首にもどかしい感覚が走り、わたしは身悶えします。",

"「ぁぁ、ぅっ……これ、やだ。ウズウズする……ぅぅ」": "「ぁぁ、ぅっ……これ、やだ。ウズウズする……ぅぅ」",

"ですが手足を動かせないわたしは、ムズムズに苛まれる部分に触れることすらできません。": "ですが手足を動かせないわたしは、ムズムズに苛まれる部分に触れることすらできません。",

"ジクジクとした痒みもおまたに広がり、空気に触れているだけで感じたことのない疼きを\n与えてきます。": "ジクジクとした痒みもおまたに広がり、空気に触れているだけで感じたことのない疼きを\n与えてきます。",

"「これ、なに……わたし、どうなっちゃったの?」": "「これ、なに……わたし、どうなっちゃったの?」",

"触ることすらできないもどかしさに涙が滲みます。そこに細い肉蛇が現れ、とつぜん膨らんだ\nお豆をカリッと噛みつきました。": "触ることすらできないもどかしさに涙が滲みます。そこに細い肉蛇が現れ、とつぜん膨らんだ\nお豆をカリッと噛みつきました。",

"「ひぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっっ!?」": "「ひぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっっ!?」",

"瞬間、襲ってくる熱い金属を触ってしまったときのような激烈な感覚。": "瞬間、襲ってくる熱い金属を触ってしまったときのような激烈な感覚。",

"「あ゛あ゛ぁぁ゛ぁっっ…………なに、した……の!?」": "「あ゛あ゛ぁぁ゛ぁっっ…………なに、した……の!?」",

"痛みはありません。ですが肉蛇になぞられたときと比べ物にならないほどの激感に、頭の中\nが白くなりました。": "痛みはありません。ですが肉蛇になぞられたときと比べ物にならないほどの激感に、頭の中\nが白くなりました。",

"「ひきゅぅ゛ぅ゛ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ!!??」": "「ひきゅぅ゛ぅ゛ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ!!??」",

"しかしお豆さんを噛んだ肉蛇は止めるどころか、より強く噛んできます。": "しかしお豆さんを噛んだ肉蛇は止めるどころか、より強く噛んできます。",

"「ふぐぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ!? やめっ、やめて……よぉ」": "「ふぐぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ!? やめっ、やめて……よぉ」",

"濡れたお豆を肉蛇が、コリコリとおまめを噛みながら頭を振り乱します。": "濡れたお豆を肉蛇が、コリコリとおまめを噛みながら頭を振り乱します。",

"(かまれてる……おまた、蛇にかまれてるぅぅぅぅぅぅぅ。おまめさんが、ちぎれちゃ\nうぅぅぅっ!)": "(かまれてる……おまた、蛇にかまれてるぅぅぅぅぅぅぅ。おまめさんが、ちぎれちゃ\nうぅぅぅっ!)",

"これまで経験したことのない強烈な感覚に、全身がビクビクと跳ねます。": "これまで経験したことのない強烈な感覚に、全身がビクビクと跳ねます。",

"痛みにも似た強烈な感覚は、自分でおまたを触ったときとよく似て、それでいてまったく\n比べ物にならないほど強いものでした。": "痛みにも似た強烈な感覚は、自分でおまたを触ったときとよく似て、それでいてまったく\n比べ物にならないほど強いものでした。",

"「かまないで、おまたっ……かんじゃ、だめ。そこ……おまめさん、かんじゃダメぇ": "「かまないで、おまたっ……かんじゃ、だめ。そこ……おまめさん、かんじゃダメぇ",

"ぇぇぇ!!」": "ぇぇぇ!!」",

"言葉なんて通じるはずがないと知りながら、わたしは叫びます。": "言葉なんて通じるはずがないと知りながら、わたしは叫びます。",

"痛みはないのに息が詰まり、おまめを食いちぎられるのではないかという想像にゾッとします。": "痛みはないのに息が詰まり、おまめを食いちぎられるのではないかという想像にゾッとします。",

"「ひぁ゛ぁぁぁっっ!?」": "「ひぁ゛ぁぁぁっっ!?」",

"そして群がった肉蛇たちは噛むだけで飽き足らず、おまたの内側を細い舌のようなもので舐め\nはじめました。": "そして群がった肉蛇たちは噛むだけで飽き足らず、おまたの内側を細い舌のようなもので舐め\nはじめました。",

"「ふぁぁぁっ、なに、なにしてるのぉっ! やめて、なめちゃだめ、なめないでぇぇっ」": "「ふぁぁぁっ、なに、なにしてるのぉっ! やめて、なめちゃだめ、なめないでぇぇっ」",

"齧られる恐怖と、生暖かいもので舐められる感覚にビクビクと腰が跳ねます。": "齧られる恐怖と、生暖かいもので舐められる感覚にビクビクと腰が跳ねます。",

"(おしっこの、あな……なめられてる……こ、んなの……きもちよすぎて、へんになる……\nこわれちゃう)": "(おしっこの、あな……なめられてる……こ、んなの……きもちよすぎて、へんになる……\nこわれちゃう)",

"おまめを齧り、おしっこの穴にまで舌を差し込む肉蛇。おそろしいのに気持ちよくて、気持ち\nいいのに苦しくて仕方ありません。": "おまめを齧り、おしっこの穴にまで舌を差し込む肉蛇。おそろしいのに気持ちよくて、気持ち\nいいのに苦しくて仕方ありません。",

"刺激が強すぎて頭が真っ白になり、一方的に与えられる快感に体がバラバラになりそうです。": "刺激が強すぎて頭が真っ白になり、一方的に与えられる快感に体がバラバラになりそうです。",

"「だめ、これだめぇぇぇぇぇぇぇぇ! へんになる、へんになっちゃうよぉぉぉぉぉ!": "「だめ、これだめぇぇぇぇぇぇぇぇ! へんになる、へんになっちゃうよぉぉぉぉぉ!",

"ひきゅぅぅぅぅぅぅぅっっ!!」": "ひきゅぅぅぅぅぅぅぅっっ!!」",

"歯のような硬いもので噛まれる刺激に、頭の中で白い光が激しく明滅します。": "歯のような硬いもので噛まれる刺激に、頭の中で白い光が激しく明滅します。",

"「ひぎぃぃっっ!?」": "「ひぎぃぃっっ!?」",

"身悶えするわたしに苛立ったのか、肉蛇が激しくおまめさんを歯でコリッとすり潰します。\nその刺激にうまく息ができず、押し出されるように口から悲鳴が漏れました。": "身悶えするわたしに苛立ったのか、肉蛇が激しくおまめさんを歯でコリッとすり潰します。\nその刺激にうまく息ができず、押し出されるように口から悲鳴が漏れました。",

"「はっっ、ぁぁっっ……ひきぃぃぃぃっっ……だめ、くる……なにかくる……わたし、": "「はっっ、ぁぁっっ……ひきぃぃぃぃっっ……だめ、くる……なにかくる……わたし、",

"こわれちゃぅっっっっ!」": "こわれちゃぅっっっっ!」",

"頭の中を電流でかき回され、お腹のなかをドロドロに溶かされるような感覚。": "頭の中を電流でかき回され、お腹のなかをドロドロに溶かされるような感覚。",

"その暴力的なまでの快感で息継ぎすらできず、想像を絶する快楽に大きな波がやってきます。": "その暴力的なまでの快感で息継ぎすらできず、想像を絶する快楽に大きな波がやってきます。",

"「っっ゛……ぁっ゛……っっ!」": "「っっ゛……ぁっ゛……っっ!」",

"快楽の大きな波が迫ってくる気配に、大粒の涙が滲みます。": "快楽の大きな波が迫ってくる気配に、大粒の涙が滲みます。",

"(こわい……なに、なにかくる……こしが浮いちゃう。こわいよぉ)": "(こわい……なに、なにかくる……こしが浮いちゃう。こわいよぉ)",

"自分で触れたときとはまるで違う、暴力的なまでの快絶に意識が霞んだ瞬間――": "自分で触れたときとはまるで違う、暴力的なまでの快絶に意識が霞んだ瞬間――",

"カリッッッ": "カリッッッ",

"おまめさんを肉蛇に思いっきり噛まれました。": "おまめさんを肉蛇に思いっきり噛まれました。",

"「ひぎぃぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛っっっ!」": "「ひぎぃぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛っっっ!」",

"経験したことのない感覚が全身を貫き、目の前が真っ白になりました。ビクビクと腰が\n痙攣し、跳ね上がったおまたから透明なお汁が吹き出します。": "経験したことのない感覚が全身を貫き、目の前が真っ白になりました。ビクビクと腰が\n痙攣し、跳ね上がったおまたから透明なお汁が吹き出します。",

"「ぁぁ、ぁ……」": "「ぁぁ、ぁ……」",

"ぷしゅっと噴水のように撒き散らされるお汁に肉蛇たちが群がり、ジュルジュルと奪い取って\nいきます。ですが――": "ぷしゅっと噴水のように撒き散らされるお汁に肉蛇たちが群がり、ジュルジュルと奪い取って\nいきます。ですが――",

"「ひぁ゛ぁぁっ!?」": "「ひぁ゛ぁぁっ!?」",

"肉蛇たちは、それに満足せずおまめを齧りながら、開かれたおまたに直接吸い付いてきました。": "肉蛇たちは、それに満足せずおまめを齧りながら、開かれたおまたに直接吸い付いてきました。",

"(のまれてる……ぜんぶ、のまれちゃってる。わたしの、はずかしいの……ぜんぶ)": "(のまれてる……ぜんぶ、のまれちゃってる。わたしの、はずかしいの……ぜんぶ)",

"ごくごくと音を立ててお汁を啜る肉蛇たち。その口元はわたしのお汁でどろどろです。": "ごくごくと音を立ててお汁を啜る肉蛇たち。その口元はわたしのお汁でどろどろです。",

"「ひぁ゛ぁぁぁぁぁぁっっ!?」": "「ひぁ゛ぁぁぁぁぁぁっっ!?」",

"だけど恥ずかしさなど感じる間もなく、おまめに齧った肉蛇が激しく暴れます。": "だけど恥ずかしさなど感じる間もなく、おまめに齧った肉蛇が激しく暴れます。",

"「や、やめっ……て……もう、い……やぁぁ……ひきゅぅぅぅぅぅぅぅっ! もう": "「や、やめっ……て……もう、い……やぁぁ……ひきゅぅぅぅぅぅぅぅっ! もう",

"……やめ、てっっ!!」": "……やめ、てっっ!!」",

"荒れ狂う快感は、気持ちよさを通り越した苦痛でした。頭の中が白く濁り、なにも考えることが\nできません。": "荒れ狂う快感は、気持ちよさを通り越した苦痛でした。頭の中が白く濁り、なにも考えることが\nできません。",

"「あっ、こふっっ! あ゛あ゛……や゛め、てぇ゛」": "「あっ、こふっっ! あ゛あ゛……や゛め、てぇ゛」",

"おまめさんから伝わる電撃のような快感に言葉すら出なくなっていきます。": "おまめさんから伝わる電撃のような快感に言葉すら出なくなっていきます。",

"またプシュッとお汁が吹き出す感覚がありますが、それすらもわたしの目には映りません。": "またプシュッとお汁が吹き出す感覚がありますが、それすらもわたしの目には映りません。",

"「ひきぃぃぃぃぃぃぃぃっっ!?」": "「ひきぃぃぃぃぃぃぃぃっっ!?」",

"更にコリコリと敏感な部分を齧っていた口から、無数の舌がのびておまめさんを舐め回し\n始めました。": "更にコリコリと敏感な部分を齧っていた口から、無数の舌がのびておまめさんを舐め回し\n始めました。",

"「か……はっっ、あ……ぁ゛っっ……」": "「か……はっっ、あ……ぁ゛っっ……」",

"頭の中は真っ白です。激しすぎる快楽に悲鳴すら上げることができません。": "頭の中は真っ白です。激しすぎる快楽に悲鳴すら上げることができません。",

"肉蛇に翻弄されるわたしのおまたからプシュップシュッと何度も透明のお汁が吹き出し、肉蛇を\nビチャビチャにしていきます。": "肉蛇に翻弄されるわたしのおまたからプシュップシュッと何度も透明のお汁が吹き出し、肉蛇を\nビチャビチャにしていきます。",

"(たすけて……たすけて……おねえちゃん……おねえちゃぁぁん……)": "(たすけて……たすけて……おねえちゃん……おねえちゃぁぁん……)",

"快感の地獄から帰ってくることができず、白く濁った意識の中で必死におねえちゃんに助けを\n求めます。": "快感の地獄から帰ってくることができず、白く濁った意識の中で必死におねえちゃんに助けを\n求めます。",

"だけど、肉蛇たちの責め苦は泣いても叫んでも止まりません。": "だけど、肉蛇たちの責め苦は泣いても叫んでも止まりません。",

"「ひっっっっっっ、あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」": "「ひっっっっっっ、あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」",

"おしっこの穴に侵入した舌が、わたしのお腹の中を舐め回しています。": "おしっこの穴に侵入した舌が、わたしのお腹の中を舐め回しています。",

"溢れるおしるはゴクゴクと飲まれて、おまたは肉蛇に何度も擦られます。": "溢れるおしるはゴクゴクと飲まれて、おまたは肉蛇に何度も擦られます。",

"おまめを齧る歯が、休むことなくわたしを快楽地獄に突き落としていきます。": "おまめを齧る歯が、休むことなくわたしを快楽地獄に突き落としていきます。",

"「やだ、また……くる、きちゃう……ひきゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅん!!!!」": "「やだ、また……くる、きちゃう……ひきゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅん!!!!」",

"また快楽の大波で頭の中が真っ白になります。": "また快楽の大波で頭の中が真っ白になります。",

"(わたし……ここで、死んじゃうんだ……)": "(わたし……ここで、死んじゃうんだ……)",

"不意に頭に浮かんだのは、死ぬまでこの快楽から逃げられないという確信。": "不意に頭に浮かんだのは、死ぬまでこの快楽から逃げられないという確信。",

"そして何度目かになる透明のおもらしをしたとき、わたしの中でプツンという音がしてなにも\n考えることが出来なくなりました。": "そして何度目かになる透明のおもらしをしたとき、わたしの中でプツンという音がしてなにも\n考えることが出来なくなりました。",

"クリックで次へ": "クリックで次へ",

"クリックでゲームに戻る": "クリックでゲームに戻る",

"“哈,又甜又好吃。里面放了蜂蜜吗?”": "“哈,又甜又好吃。里面放了蜂蜜吗?”",

"吞了甜甜的液体后,股间突然痒痒的。": "吞了甜甜的液体后,股间突然痒痒的。",

"“什么?怎么了?”": "“什么?怎么了?”",

"站起来感到不协调,有什么东西从喷泉里飞出来了。": "站起来感到不协调,有什么东西从喷泉里飞出来了。",

"那个是像令人毛骨悚然的蛇一样的生物。那个一起袭击我的话,会束缚手脚。\n然后一眨眼就进入了衣服的内侧——": "那个是像令人毛骨悚然的蛇一样的生物。那个一起袭击我的话,会束缚手脚。\n然后一眨眼就进入了衣服的内侧——",

"一瞬间就撕破了衣服。": "一瞬间就撕破了衣服。",

"“啊啊啊啊啊啊啊啊啊!”": "“啊啊啊啊啊啊啊啊啊!”",

"被让人联想到蛇的生物看来赤身裸体,我发出了悲鸣。": "被让人联想到蛇的生物看来赤身裸体,我发出了悲鸣。",

"「え……? なに、これ……?」": "「え……? なに、これ……?」",

"全裸にされた恥ずかしさに股間を隠そうとした私の目に、見慣れないモノが映ります。股間に\nぶら下がっているのは、女の子には絶対にないはずのモノでした。": "全裸にされた恥ずかしさに股間を隠そうとした私の目に、見慣れないモノが映ります。股間に\nぶら下がっているのは、女の子には絶対にないはずのモノでした。",

"「これ……もしかして、おちんちん?」": "「これ……もしかして、おちんちん?」",

"生まれて初めて見るそれは、学校で習った男の人にだけにある器官そっくりです。": "生まれて初めて見るそれは、学校で習った男の人にだけにある器官そっくりです。",

"「なんで私に、こんなのが……生えてるの? なんで、なんでぇ?」": "「なんで私に、こんなのが……生えてるの? なんで、なんでぇ?」",

"いくら問いかけても、おちんちんは消えることはありません。それどころかムズムズとした\nものが、どんどん強くなってきます。": "いくら問いかけても、おちんちんは消えることはありません。それどころかムズムズとした\nものが、どんどん強くなってきます。",

"「やだぁ、こんなのやだぁぁ! おちんちんなんてやだよぉ! 夢だよ。こんなの悪い夢": "「やだぁ、こんなのやだぁぁ! おちんちんなんてやだよぉ! 夢だよ。こんなの悪い夢",

"だよぉぉぉぉぉ!」": "だよぉぉぉぉぉ!」",

"叫んでも悪夢は覚めることなく、疼くような感覚がおちんちんから伝わってきます。いますぐ\n逃げ出したいのに、巻き付いた生き物が離してくれません。": "叫んでも悪夢は覚めることなく、疼くような感覚がおちんちんから伝わってきます。いますぐ\n逃げ出したいのに、巻き付いた生き物が離してくれません。",

"「はなして! はなしてよぉ! こんなのやだぁ、やだぁ!」": "「はなして! はなしてよぉ! こんなのやだぁ、やだぁ!」",

"暴れてもイソギンチャクを思わせるヌルヌルした触手を振りほどくことはできません。それ\nどころかヌルヌルとした粘液を塗りつけながら足を這い上がってきます": "暴れてもイソギンチャクを思わせるヌルヌルした触手を振りほどくことはできません。それ\nどころかヌルヌルとした粘液を塗りつけながら足を這い上がってきます",

"「ひぃ! 登ってくる。やめて……こないでっ! ひぃっっ!?」": "「ひぃ! 登ってくる。やめて……こないでっ! ひぃっっ!?」",

"ふとももにまとわりついた触手が、お尻の間に潜り込んできます。誰にも触れられたことの\nない場所に、ぬめった触手が入ろうとしているのです。": "ふとももにまとわりついた触手が、お尻の間に潜り込んできます。誰にも触れられたことの\nない場所に、ぬめった触手が入ろうとしているのです。",

"「やだぁ。おしり、やだぁぁ……はいら、ないでぇ。ぁぁ……おしりに、はいっちゃ……": "「やだぁ。おしり、やだぁぁ……はいら、ないでぇ。ぁぁ……おしりに、はいっちゃ……",

"だめぇぇ!」": "だめぇぇ!」",

"「はぐぅぅ、ぅ……はいって、きてる。おしりに……やだぁぁ。そこ、きたないよ……": "「はぐぅぅ、ぅ……はいって、きてる。おしりに……やだぁぁ。そこ、きたないよ……",

"はいらない、で……やめてよぉ」": "はいらない、で……やめてよぉ」",

"おしりの穴を広げる触手。それに必死で力をこめますが、触手はヌルヌルとした液体をぬり\nつけながら、その先端を侵入させてきました。": "おしりの穴を広げる触手。それに必死で力をこめますが、触手はヌルヌルとした液体をぬり\nつけながら、その先端を侵入させてきました。",

"「ああ……やぁぁ。おなかに、はいってきてるぅ……おしりのなかで、うごいてるよぉ。": "「ああ……やぁぁ。おなかに、はいってきてるぅ……おしりのなかで、うごいてるよぉ。",

"ぬるぬるしてるよぉ」": "ぬるぬるしてるよぉ」",

"お尻の中で触手が動き回り、粘液を塗りつけられるたびに体が熱くなっていきます。\nおちんちんのムズムズも大きくなり、足がガクガクと震えます。": "お尻の中で触手が動き回り、粘液を塗りつけられるたびに体が熱くなっていきます。\nおちんちんのムズムズも大きくなり、足がガクガクと震えます。",

"「な、に? おちんちんが……おおきく、なって……」": "「な、に? おちんちんが……おおきく、なって……」",

"お尻の中でクニュクニュと触手が動くたび、おちんちんが腫れたように膨らんでいきます。": "お尻の中でクニュクニュと触手が動くたび、おちんちんが腫れたように膨らんでいきます。",

"お尻をいじめられてビクッと跳ねるおちんちんは、まるで別の生き物のようです。": "お尻をいじめられてビクッと跳ねるおちんちんは、まるで別の生き物のようです。",

"「やだ。これ、おおきくなってる……おちん、ちん……おおきくなってるよぉ。うう、": "「やだ。これ、おおきくなってる……おちん、ちん……おおきくなってるよぉ。うう、",

"これ……ズキズキするぅ」": "これ……ズキズキするぅ」",

"裸にされたまま、大きくなったおちんちん。その先には透明な雫が滲みだし、おもらし\nした恥ずかしさに涙がこぼれます。": "裸にされたまま、大きくなったおちんちん。その先には透明な雫が滲みだし、おもらし\nした恥ずかしさに涙がこぼれます。",

"「おしりで、ずっと動いてる。おしり、かきまわさないで……ひぁっっ、そこだめ……": "「おしりで、ずっと動いてる。おしり、かきまわさないで……ひぁっっ、そこだめ……",

"さわらないで……おちんちん、さわらないでよぉ」": "さわらないで……おちんちん、さわらないでよぉ」",

"だけど私をいじめる生き物はお尻に入っただけでは飽き足らず、細長い触手をおちんちんに\n伸ばし――シュコシュコとこすり始めました。": "だけど私をいじめる生き物はお尻に入っただけでは飽き足らず、細長い触手をおちんちんに\n伸ばし――シュコシュコとこすり始めました。",

"「あっっ、ぁぁ……なに、これ……へん、こんなの変だよぉ」": "「あっっ、ぁぁ……なに、これ……へん、こんなの変だよぉ」",

"おちんちんが粘液でこすられてヌチュヌチュと音を立てます。皮に包まれた先っぽが、\n触手で少しずつバナナのように剥かれていきます。": "おちんちんが粘液でこすられてヌチュヌチュと音を立てます。皮に包まれた先っぽが、\n触手で少しずつバナナのように剥かれていきます。",

"「いたい、いたぃぃ……おちんちん、いじらないで……おちんちん……むいちゃ、やだぁぁっ!": "「いたい、いたぃぃ……おちんちん、いじらないで……おちんちん……むいちゃ、やだぁぁっ!",

"やめてよぉ、ぅぅっ!」": "やめてよぉ、ぅぅっ!」",

"粘液を塗りつけながら、真っ赤に腫れ上がった先っぽを剥いていく触手。空気に触れる\nだけでヒリヒリするおちんちんをいじめられ涙が滲みます。": "粘液を塗りつけながら、真っ赤に腫れ上がった先っぽを剥いていく触手。空気に触れる\nだけでヒリヒリするおちんちんをいじめられ涙が滲みます。",

"「いやぁ……おちんちん、さわらないでぇ。わたし、おんなのこなのにぃ……ひぐぅ、": "「いやぁ……おちんちん、さわらないでぇ。わたし、おんなのこなのにぃ……ひぐぅ、",

"おしりもやだぁぁ。かはっ、ふか……いぃぃ」": "おしりもやだぁぁ。かはっ、ふか……いぃぃ」",

"執拗におちんちんを触手で擦られ、火傷したような痛みが駆け上がってきます。お尻の中に\n入ったものも、グニグニと内部を弄り回して奥へと粘液を塗りつけていきます。": "執拗におちんちんを触手で擦られ、火傷したような痛みが駆け上がってきます。お尻の中に\n入ったものも、グニグニと内部を弄り回して奥へと粘液を塗りつけていきます。",

"「なに……からだが、あついぃ……おしりも、おちんちんも……へんになってる。こわい": "「なに……からだが、あついぃ……おしりも、おちんちんも……へんになってる。こわい",

"……こわいよ」": "……こわいよ」",

"触手にいじめられたお尻とおちんちんが、熱くなっていきます。体が火照り、硬くなった\nおちんちんがビクビクと跳ねます。": "触手にいじめられたお尻とおちんちんが、熱くなっていきます。体が火照り、硬くなった\nおちんちんがビクビクと跳ねます。",

"「おちんちんが……あつい。あついよぉ」": "「おちんちんが……あつい。あついよぉ」",

"くにゅくにゅと音を立てられながら前後にしごかれるおちんちん。その先っぽからじわり\nと透明なものが滲み出します。": "くにゅくにゅと音を立てられながら前後にしごかれるおちんちん。その先っぽからじわり\nと透明なものが滲み出します。",

"「やだ、おしっこ……出てきちゃった。わたし、おもらししちゃったよぉ。もうやだ……": "「やだ、おしっこ……出てきちゃった。わたし、おもらししちゃったよぉ。もうやだ……",

"おちんちん、さわらないでよ」": "おちんちん、さわらないでよ」",

"滲み出したお汁と、粘液が混ざり合いヌチャヌチャという音を立てています。体がどん\nどん熱くなり、吐息が荒くなってきます。": "滲み出したお汁と、粘液が混ざり合いヌチャヌチャという音を立てています。体がどん\nどん熱くなり、吐息が荒くなってきます。",

"そんな私を無視して、触手は蠢いて新しい触手が鎌首をもたげました。": "そんな私を無視して、触手は蠢いて新しい触手が鎌首をもたげました。",

"「ひぃっっ、なにそれっ!?」": "「ひぃっっ、なにそれっ!?」",

"それは表面にびっしりと絨毛が生えていた触手でした。うねうねと細かく動く触手は左右\nから伸びて、おちんちんに近づくと――おちんちんの両側から擦り上げました": "それは表面にびっしりと絨毛が生えていた触手でした。うねうねと細かく動く触手は左右\nから伸びて、おちんちんに近づくと――おちんちんの両側から擦り上げました",

"「ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!?」": "「ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!?」",

"これまで一度も感じたことのない刺激に頭が真っ白になります。息がつまり、涙がポロポロと\n溢れ出しました。": "これまで一度も感じたことのない刺激に頭が真っ白になります。息がつまり、涙がポロポロと\n溢れ出しました。",

"「やめて、それやめ……てぇ……やめてぇ……それ、やだぁぁ! おちんちん、こするの": "「やめて、それやめ……てぇ……やめてぇ……それ、やだぁぁ! おちんちん、こするの",

"やだぁぁぁぁぁぁっ」": "やだぁぁぁぁぁぁっ」",

"火花が散るような感覚に首を振って抵抗しても、触手はおちんちんを責めることをやめて\nくれません。それどころかブラシ状の柔毛を強引にこすりつけてきます。": "火花が散るような感覚に首を振って抵抗しても、触手はおちんちんを責めることをやめて\nくれません。それどころかブラシ状の柔毛を強引にこすりつけてきます。",

"「ひぐぅぅ、それむり……あつい、あついぃ……おちんちんがこわれちゃうよぉぉ」": "「ひぐぅぅ、それむり……あつい、あついぃ……おちんちんがこわれちゃうよぉぉ」",

"涙をこぼしながら頭を振っても、触手はおちんちんを執拗に責め立てます。おちんちんと\n触手の間では粘液がヌチャヌチャと音を立てていました。": "涙をこぼしながら頭を振っても、触手はおちんちんを執拗に責め立てます。おちんちんと\n触手の間では粘液がヌチャヌチャと音を立てていました。",

"「あ、かはっっ……なに、か……へん。おちんちんから……おちんちんから、なにか": "「あ、かはっっ……なに、か……へん。おちんちんから……おちんちんから、なにか",

"でちゃうよぉぉ!」": "でちゃうよぉぉ!」",

"目の前がチカチカして、なにかが爆発するような感覚に背中を丸めてしまいます。腰が\n痺れて、自分からなにかが溢れ出しそうになっているのを感じます。": "目の前がチカチカして、なにかが爆発するような感覚に背中を丸めてしまいます。腰が\n痺れて、自分からなにかが溢れ出しそうになっているのを感じます。",

"「あ、あああああ……こわい。こわいよぉ……おねえちゃん。おねえちゃん、たすけて……": "「あ、あああああ……こわい。こわいよぉ……おねえちゃん。おねえちゃん、たすけて……",

"おちんちんがこわれちゃぅぅ!」": "おちんちんがこわれちゃぅぅ!」",

"真っ赤に腫れた先っぽも、膨らんだくびれもドロドロにされて、つま先立ちになって腰を\n震わせます。": "真っ赤に腫れた先っぽも、膨らんだくびれもドロドロにされて、つま先立ちになって腰を\n震わせます。",

"「あ、ぁぁぁぁぁぁっ、でちゃう……おちんちんから……なにか出ちゃう、なにか……": "「あ、ぁぁぁぁぁぁっ、でちゃう……おちんちんから……なにか出ちゃう、なにか……",

"でちゃうよぉぉ!!」": "でちゃうよぉぉ!!」",

"そしてブラシのような触手がゾリっと撫でた瞬間、おちんちんから白いものが吹き出しました。": "そしてブラシのような触手がゾリっと撫でた瞬間、おちんちんから白いものが吹き出しました。",

"「ふわあああああああああああああああ……あ、ぁ……あっっ! あぁ……!」": "「ふわあああああああああああああああ……あ、ぁ……あっっ! あぁ……!」",

"おちんちんがビクビクとはねて、そのたびに白いお汁が撒き散らされます。それは触手\nにかかり、床に散らばり、嗅いだことのない匂いが広がりました。": "おちんちんがビクビクとはねて、そのたびに白いお汁が撒き散らされます。それは触手\nにかかり、床に散らばり、嗅いだことのない匂いが広がりました。",

"(なに、これ……すごい、きもち……いい)": "(なに、これ……すごい、きもち……いい)",

"体験したことのなかった快感と、私は荒い呼吸を繰り返します。おちんちんは名残\n惜しそうに白いのをぴゅっぴゅっと吐き出して、触手を染めました。": "体験したことのなかった快感と、私は荒い呼吸を繰り返します。おちんちんは名残\n惜しそうに白いのをぴゅっぴゅっと吐き出して、触手を染めました。",

"「ぁぁ……どうしよう……しろいおしっこが……おちんちんから、しろいおしっこが……": "「ぁぁ……どうしよう……しろいおしっこが……おちんちんから、しろいおしっこが……",

"いっぱい、でちゃった……」": "いっぱい、でちゃった……」",

"あちこちに白い液体が飛び散り、触手たちはそれに群がりジュルジュルと啜りはじめました。": "あちこちに白い液体が飛び散り、触手たちはそれに群がりジュルジュルと啜りはじめました。",

"「はぁはぁ……わたし、の……しろい、おしっこ……のんでる」": "「はぁはぁ……わたし、の……しろい、おしっこ……のんでる」",

"快感の余韻に浸りながら、ドロドロのお汁に舌を伸ばす触手を眺めます。触手さんはこれを\n飲みたかったのでしょうか?": "快感の余韻に浸りながら、ドロドロのお汁に舌を伸ばす触手を眺めます。触手さんはこれを\n飲みたかったのでしょうか?",

"「でも、なんだろ……しろいのおしっこ、するの。すごく……きもちよかった」": "「でも、なんだろ……しろいのおしっこ、するの。すごく……きもちよかった」",

"白いのを出したときの快感で、まだ頭がぼんやりしているとおちんちんが少しずつ小さく\nなっていくのが見えました。": "白いのを出したときの快感で、まだ頭がぼんやりしているとおちんちんが少しずつ小さく\nなっていくのが見えました。",

"(もう終わりなんだ……気持ちよかったけど、おちんちん……どうしよう。お姉ちゃんに\nなんて言えばいいの?)": "(もう終わりなんだ……気持ちよかったけど、おちんちん……どうしよう。お姉ちゃんに\nなんて言えばいいの?)",

"かすかな安堵と戸惑いを感じていると、足の間でクチュリという音がして――突然、おまた\nに強い異物感が襲いかかってきました。": "かすかな安堵と戸惑いを感じていると、足の間でクチュリという音がして――突然、おまた\nに強い異物感が襲いかかってきました。",

"「ひぎぃぃぃぃぃぃぃっっっ!? な、なに……なにが……?」": "「ひぎぃぃぃぃぃぃぃっっっ!? な、なに……なにが……?」",

"振り返ると、私のおまたには太い触手が突き刺さっていました。": "振り返ると、私のおまたには太い触手が突き刺さっていました。",

"「しょくしゅ、さんが……おなかに、はいってる……? そんな、なんでぇ……ぁぁ……": "「しょくしゅ、さんが……おなかに、はいってる……? そんな、なんでぇ……ぁぁ……",

"なかに……なかに、はいって……やだ……やだぁ」": "なかに……なかに、はいって……やだ……やだぁ」",

"悲鳴を上げる私のあそこに大きな触手が、ずるりと奥にもぐりこんできます。ぷちぷち\nぷちっと大切なものが破られる音がして、太ももに血が流れました。": "悲鳴を上げる私のあそこに大きな触手が、ずるりと奥にもぐりこんできます。ぷちぷち\nぷちっと大切なものが破られる音がして、太ももに血が流れました。",

"「はいって、きてる……そんな、はいって……きてるよぉ……おまたにも、おおきいのが……」": "「はいって、きてる……そんな、はいって……きてるよぉ……おまたにも、おおきいのが……」",

"痛みのない異物感に混乱しているうちに、触手がさらに奥へとズブズブと侵入してきます。": "痛みのない異物感に混乱しているうちに、触手がさらに奥へとズブズブと侵入してきます。",

"血が雫となって落ち、床の白濁液と混ざり合ってピンク色になるのが見えました。": "血が雫となって落ち、床の白濁液と混ざり合ってピンク色になるのが見えました。",

"濃厚な粘液が塗りつけられた場所から体が熱くなり、内側をめくりあげられる感覚にゾワゾワ\nとしたものが背中を駆け上ってきます。": "濃厚な粘液が塗りつけられた場所から体が熱くなり、内側をめくりあげられる感覚にゾワゾワ\nとしたものが背中を駆け上ってきます。",

"「おなか、の……なか……きもちいい。わたしのなか、で……触手さんが、うねうねって": "「おなか、の……なか……きもちいい。わたしのなか、で……触手さんが、うねうねって",

"……してるぅ」": "……してるぅ」",

"大きなものが体の内側をこする感覚に足が震えます。血が出てるのに、感じるのは気持ち\nよさだけでした。ひどい事をされてるはずなのに、快感に涙が滲みました。": "大きなものが体の内側をこする感覚に足が震えます。血が出てるのに、感じるのは気持ち\nよさだけでした。ひどい事をされてるはずなのに、快感に涙が滲みました。",

"「あ、ああ……また、またおちんちんが……おっきく、なっちゃう……また、きもちよく": "「あ、ああ……また、またおちんちんが……おっきく、なっちゃう……また、きもちよく",

"……なっちゃう」": "……なっちゃう」",

"快感に膨らんでくるおちんちんに、微かな期待を抱いてしまいます。お腹の中をクチュクチュ\nされているのに、嫌悪感より心臓が高鳴ってしまいます。": "快感に膨らんでくるおちんちんに、微かな期待を抱いてしまいます。お腹の中をクチュクチュ\nされているのに、嫌悪感より心臓が高鳴ってしまいます。",

"「ああ、また……おちんちん、こすられちゃう……また、きもちよく、されちゃうんだ": "「ああ、また……おちんちん、こすられちゃう……また、きもちよく、されちゃうんだ",

"……おちんちん、ぬちょぬちょって……されちゃうんだ」": "……おちんちん、ぬちょぬちょって……されちゃうんだ」",

"迫ってきた触手に、おちんちんの先からお汁が溢れ出します。お尻もあそこも熱くて、\n気持ちよくなりたいという想いで湧き上がります。": "迫ってきた触手に、おちんちんの先からお汁が溢れ出します。お尻もあそこも熱くて、\n気持ちよくなりたいという想いで湧き上がります。",

"「さわって、触手さん……わたしの、おちんちん……いっぱい、ゴシゴシして……おなか": "「さわって、触手さん……わたしの、おちんちん……いっぱい、ゴシゴシして……おなか",

"の、なか……うねうね、ってしてぇ……あっっ♥」": "の、なか……うねうね、ってしてぇ……あっっ♥」",

"不意におちんちんを擦り上げられ、気持ちよさに頭が真っ白になります。おまたで音を\n立てる触手の動きに足がビクビクと痙攣してしまいます。": "不意におちんちんを擦り上げられ、気持ちよさに頭が真っ白になります。おまたで音を\n立てる触手の動きに足がビクビクと痙攣してしまいます。",

"うねうねと動く触手におなかを内側を擦られ、甘い痺れが体中に広がっていきます。\n膨らんだ先端でコリコリとめくりあげられ、熱い吐息が溢れてしまいます。": "うねうねと動く触手におなかを内側を擦られ、甘い痺れが体中に広がっていきます。\n膨らんだ先端でコリコリとめくりあげられ、熱い吐息が溢れてしまいます。",

"「ふわぁ……これ……すごぃ……きもちいいよぉ。おちんちんも、おまたも、おしりも……": "「ふわぁ……これ……すごぃ……きもちいいよぉ。おちんちんも、おまたも、おしりも……",

"とけちゃうよぉ」": "とけちゃうよぉ」",

"自然とブラシ状の触手におちんちんが前後してしまいます。おしりとあそこに力を\nこめて、触手さんをもっと深くまで導きます。": "自然とブラシ状の触手におちんちんが前後してしまいます。おしりとあそこに力を\nこめて、触手さんをもっと深くまで導きます。",

"クチュクチュと音を立てている私のおまたはトロトロで、ふとももはたくさんのお汁が\n濡れてしまっています。": "クチュクチュと音を立てている私のおまたはトロトロで、ふとももはたくさんのお汁が\n濡れてしまっています。",

"「あそこで、クニクニされるの……いいよぉ。きもちわるいのに……あたまがふわふわ": "「あそこで、クニクニされるの……いいよぉ。きもちわるいのに……あたまがふわふわ",

"するよぉ」": "するよぉ」",

"腰が溶けてしまうような感覚に涙を滲ませていると、おちんちんをしごいていた触手の\n速度が上がります。": "腰が溶けてしまうような感覚に涙を滲ませていると、おちんちんをしごいていた触手の\n速度が上がります。",

"「もっとぉ……もっとしてぇ。いっぱい……さわってぇ。しろいおしっこ、のんでいい": "「もっとぉ……もっとしてぇ。いっぱい……さわってぇ。しろいおしっこ、のんでいい",

"からぁ。あんっ……おしりとあそこも動いて、る……ふぁぁぁぁぁっ、また……でちゃう": "からぁ。あんっ……おしりとあそこも動いて、る……ふぁぁぁぁぁっ、また……でちゃう",

"よぉぉ!」": "よぉぉ!」",

"敏感な先っぽを触手にこすりつけると、快感が一気に高まり――びゅっびゅっと白い\nものがおちんちんから出ました。": "敏感な先っぽを触手にこすりつけると、快感が一気に高まり――びゅっびゅっと白い\nものがおちんちんから出ました。",

"「ああ、また……いっぱい……ぁくぅぅぅっっ」": "「ああ、また……いっぱい……ぁくぅぅぅっっ」",

"白く液体を吸い取ろうと触手が元気になり、おなかに入っていた触手が体の奥を舐め\n回す感触が伝わってきました。": "白く液体を吸い取ろうと触手が元気になり、おなかに入っていた触手が体の奥を舐め\n回す感触が伝わってきました。",

"「ひぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ、おく……おまたの、おく……なめてる……わたしの、おく": "「ひぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ、おく……おまたの、おく……なめてる……わたしの、おく",

"を……ぺろぺろしてるぅぅぅ」": "を……ぺろぺろしてるぅぅぅ」",

"おなかに入った触手が、生暖かい舌を伸ばして体の奥を舐め回す感覚が伝わります。": "おなかに入った触手が、生暖かい舌を伸ばして体の奥を舐め回す感覚が伝わります。",

"「ぁ、くぅぅぅぅぅっっ……はいってる。へんなところに……しょくしゅさんの、したが": "「ぁ、くぅぅぅぅぅっっ……はいってる。へんなところに……しょくしゅさんの、したが",

"……はいって……はいってきてるぅぅぅ……」": "……はいって……はいってきてるぅぅぅ……」",

"細長い隙間をぬけて、なにか大切な場所に舌が届きます。": "細長い隙間をぬけて、なにか大切な場所に舌が届きます。",

"きっと女の子にとって大切な場所。そこを舌でイジメられる快感に、あっという間に\nおちんちんは大きくなり――": "きっと女の子にとって大切な場所。そこを舌でイジメられる快感に、あっという間に\nおちんちんは大きくなり――",

"「ま、た……でる。またしろいの……でちゃう! ま、また……しろいおしっこ、でちゃう": "「ま、た……でる。またしろいの……でちゃう! ま、また……しろいおしっこ、でちゃう",

"よぉぉぉぉぉっっ!」": "よぉぉぉぉぉっっ!」",

"おちんちんから三度目の白いものが大量に吹き出しました。": "おちんちんから三度目の白いものが大量に吹き出しました。",

"だけど放った快感は尽きることなく、おなかをかき回される気持ちよさにおちんちんは\n大きくなったままです。": "だけど放った快感は尽きることなく、おなかをかき回される気持ちよさにおちんちんは\n大きくなったままです。",

"「すごい……これ、きもちいい……わたし、こんなのはじめて……いっぱい、しょくしゅ": "「すごい……これ、きもちいい……わたし、こんなのはじめて……いっぱい、しょくしゅ",

"さん、きもちよく…してくれる…」": "さん、きもちよく…してくれる…」",

"絶え間ない快感に頭の中は真っ白。気持ち悪かったはずのおちんちんも、クチュクチュと\n音を立てるあそこも、広げられてしまったお尻も、いまは気持ちよさでいっぱいです。": "絶え間ない快感に頭の中は真っ白。気持ち悪かったはずのおちんちんも、クチュクチュと\n音を立てるあそこも、広げられてしまったお尻も、いまは気持ちよさでいっぱいです。",

"「ああ、ぁ……おちんちんも、あそこも、おしりも。ぜんぶ、ぜんぶ、きもちいいよぉ。": "「ああ、ぁ……おちんちんも、あそこも、おしりも。ぜんぶ、ぜんぶ、きもちいいよぉ。",

"のんで、もっとたくさん……しろいみるく、のんでぇぇ♥」": "のんで、もっとたくさん……しろいみるく、のんでぇぇ♥」",

"「ああ、でる……また、おちんちんから……みるくでちゃうぅぅぅ、でちゃうよぉぉぉぉ♥」": "「ああ、でる……また、おちんちんから……みるくでちゃうぅぅぅ、でちゃうよぉぉぉぉ♥」",

"お尻の深くで粘液を撒き散らす触手。あそこの奥をぺろぺろと舐め尽くす舌。おちんちん\nから白いのを搾る柔毛。その快感に何度も白濁液がびゅーびゅーと吹き出します。": "お尻の深くで粘液を撒き散らす触手。あそこの奥をぺろぺろと舐め尽くす舌。おちんちん\nから白いのを搾る柔毛。その快感に何度も白濁液がびゅーびゅーと吹き出します。",

"「ふぁぁぁぁ、ちゅぱちゅぱしてるぅ。さきっぽ、しょくしゅさん……なめてる。なめてる": "「ふぁぁぁぁ、ちゅぱちゅぱしてるぅ。さきっぽ、しょくしゅさん……なめてる。なめてる",

"よぉぉぉ♥」": "よぉぉぉ♥」",

"おちんちんに巻き付いた触手は、ミルクを搾るだけでは飽き足らず、口を開いて先っぽを\nレロレロと舐め回します。": "おちんちんに巻き付いた触手は、ミルクを搾るだけでは飽き足らず、口を開いて先っぽを\nレロレロと舐め回します。",

"「あは、おちんちん……しゃぶってる。しょくしゅさん……おちんちん、ぺろぺろって、": "「あは、おちんちん……しゃぶってる。しょくしゅさん……おちんちん、ぺろぺろって、",

"なめなめ、してるぅ♥」": "なめなめ、してるぅ♥」",

"懸命にしゃぶりついて、小さな舌で先端を舐める触手。その刺激にゾクゾクとした快感が\n背中を駆け上がり、一気に我慢の限界が訪れます。": "懸命にしゃぶりついて、小さな舌で先端を舐める触手。その刺激にゾクゾクとした快感が\n背中を駆け上がり、一気に我慢の限界が訪れます。",

"「あ、ああ……そんなに、されたら……また、でる……でるぅ。みるく、のませちゃうよぉ": "「あ、ああ……そんなに、されたら……また、でる……でるぅ。みるく、のませちゃうよぉ",

"ぉぉ。くぅっっ、ぁぁぁぁぁぁっっっっ♥」": "ぉぉ。くぅっっ、ぁぁぁぁぁぁっっっっ♥」",

"おちんちんに巻き付いていた触手さんが、口を開いて先っぽからゴクゴクと白いおしっこを\n飲みます。": "おちんちんに巻き付いていた触手さんが、口を開いて先っぽからゴクゴクと白いおしっこを\n飲みます。",

"その舌の気持ちよさと、おなかにあるお部屋を触手に舐められる快感に、またドクドクッ\nと白いのが溢れ出すのがわかります。": "その舌の気持ちよさと、おなかにあるお部屋を触手に舐められる快感に、またドクドクッ\nと白いのが溢れ出すのがわかります。",

"「あは、……これ、すごい……きもち、よすぎるよぉ」": "「あは、……これ、すごい……きもち、よすぎるよぉ」",

"頭の中は真っ白で、気持ちよくなることしか考えることができません。": "頭の中は真っ白で、気持ちよくなることしか考えることができません。",

"「きもひぃぃ……これ、きもひいいのぉ。おねえちゃぁぁん。おちんちんも……おまたも": "「きもひぃぃ……これ、きもひいいのぉ。おねえちゃぁぁん。おちんちんも……おまたも",

"……おしりも……わたし、きもちいいのぉぉぉ♥」": "……おしりも……わたし、きもちいいのぉぉぉ♥」",

"気持ちいいのことしか考えられなくなった私は、お姉ちゃんの名前を呼びます。": "気持ちいいのことしか考えられなくなった私は、お姉ちゃんの名前を呼びます。",

"「おねえちゃん……おねえちゃんも、のんでぇ……いっぱいきもちよくしてぇ。おっぱいも、": "「おねえちゃん……おねえちゃんも、のんでぇ……いっぱいきもちよくしてぇ。おっぱいも、",

"おちんちんの……みるくも、のんでぇぇ♥」": "おちんちんの……みるくも、のんでぇぇ♥」",

"「いっしょに、きもちよくなろ……おねえちゃぁぁぁん♥」": "「いっしょに、きもちよくなろ……おねえちゃぁぁぁん♥」",

"そして私はおっぱいから滲む白い母乳をぼんやりと眺めながら、視界を埋め尽くしていく\n触手さんの先に――大好きなお姉ちゃんの姿を見るのでした。": "そして私はおっぱいから滲む白い母乳をぼんやりと眺めながら、視界を埋め尽くしていく\n触手さんの先に――大好きなお姉ちゃんの姿を見るのでした。",

"開いた穴に体をもぐりこませ、壁の先に顔を出すとそこはなにもない庭でした。": "開いた穴に体をもぐりこませ、壁の先に顔を出すとそこはなにもない庭でした。",

"芝だけが生い茂った庭は、四方を壁で囲まれた狭い個室のようになっています。そこに扉など\nはなく、ひどい薄暗さでした。": "芝だけが生い茂った庭は、四方を壁で囲まれた狭い個室のようになっています。そこに扉など\nはなく、ひどい薄暗さでした。",

"「うーん、ここにはなんにも無さそう」": "「うーん、ここにはなんにも無さそう」",

"そこに出口がないことを悟り、後ずさろうとしたときお洋服が引っかかったのを感じます。": "そこに出口がないことを悟り、後ずさろうとしたときお洋服が引っかかったのを感じます。",

"「え、なに……う、動けない? あれ?」": "「え、なに……う、動けない? あれ?」",

"なんとか脱出しようとした私は、そこで奇妙なことに気づきます。": "なんとか脱出しようとした私は、そこで奇妙なことに気づきます。",

"「え、うそ……この穴……小さくなっている。そんなっっ! やだ」": "「え、うそ……この穴……小さくなっている。そんなっっ! やだ」",

"入るときは引っかかることも無かった穴が、いまは暴れても身動きが利かないほど狭くなって\nいました。体はガッチリと食い込み、体をねじることも出来ません。": "入るときは引っかかることも無かった穴が、いまは暴れても身動きが利かないほど狭くなって\nいました。体はガッチリと食い込み、体をねじることも出来ません。",

"「なんで、こんなのいや……だして、だしてよぉ!」": "「なんで、こんなのいや……だして、だしてよぉ!」",

"そして、壁はまるで生きているように私のお腹をぎゅっと押さえつけ、前にも後ろにも進め\nなくなりました。": "そして、壁はまるで生きているように私のお腹をぎゅっと押さえつけ、前にも後ろにも進め\nなくなりました。",

"「う、ぁ……くるしい……これ、どうしよう」": "「う、ぁ……くるしい……これ、どうしよう」",

"みっちりと壁に詰まってしまった私は、もはやどうすることもできません。": "みっちりと壁に詰まってしまった私は、もはやどうすることもできません。",

"「やだ、おなか……おさないで。おしっこ……が……」": "「やだ、おなか……おさないで。おしっこ……が……」",

"お腹を挟まれたことで、体がブルっと震えてしまいます。こんな状態でおしっこなんて、\n恥ずかしくてできません。": "お腹を挟まれたことで、体がブルっと震えてしまいます。こんな状態でおしっこなんて、\n恥ずかしくてできません。",

"「ぅぅ、やだ。でちゃう……おもらし、しちゃ……ぅ」": "「ぅぅ、やだ。でちゃう……おもらし、しちゃ……ぅ」",

"だけど、ゆっくりと締め付ける壁に私の気持ちなど無視してお腹を押していきます。": "だけど、ゆっくりと締め付ける壁に私の気持ちなど無視してお腹を押していきます。",

"時間は無情にすぎ、どうすることもできないまま――ついに我慢が限界を迎えてしまいます。": "時間は無情にすぎ、どうすることもできないまま――ついに我慢が限界を迎えてしまいます。",

"「あああああ……い、やぁ……ぁ……おしっこ、がぁ……で、てる。ああ……ぁぁ」": "「あああああ……い、やぁ……ぁ……おしっこ、がぁ……で、てる。ああ……ぁぁ」",

"ぷしゃぁぁっという音とともに、両足の間が温かくなります。": "ぷしゃぁぁっという音とともに、両足の間が温かくなります。",

"下着を伝う尿のぬくもりと湿っていくニーソックスが、見えなくても恥ずかしい粗相をして\nしまったことを突きつけてきます。": "下着を伝う尿のぬくもりと湿っていくニーソックスが、見えなくても恥ずかしい粗相をして\nしまったことを突きつけてきます。",

"(おもらし、しちゃった……わたし、こんなところでおしっこ……もらしちゃったよぉ。\nパンツ、よごしちゃった)": "(おもらし、しちゃった……わたし、こんなところでおしっこ……もらしちゃったよぉ。\nパンツ、よごしちゃった)",

"人目はないといえ、お外で放尿してしまった事実が恥ずかしくて仕方ありません。": "人目はないといえ、お外で放尿してしまった事実が恥ずかしくて仕方ありません。",

"「おこられちゃう……こんなのお姉ちゃんに、叱られちゃうよ……」": "「おこられちゃう……こんなのお姉ちゃんに、叱られちゃうよ……」",

"膝が濡れていく感覚にうなだれ、逃げ出すこともできない状況に途方にくれてしまいます。": "膝が濡れていく感覚にうなだれ、逃げ出すこともできない状況に途方にくれてしまいます。",

"「ひぃっっ! なに? なにか、おしりさわってる」": "「ひぃっっ! なに? なにか、おしりさわってる」",

"そんなとき不意に、なにかがおしっこの染みこんだパンツ越しにお尻に触れました。": "そんなとき不意に、なにかがおしっこの染みこんだパンツ越しにお尻に触れました。",

"「やだ、やめて……さわらないで! そこ、きたない、きたないからっ! その……": "「やだ、やめて……さわらないで! そこ、きたない、きたないからっ! その……",

"お、おしっこ、が……」": "お、おしっこ、が……」",

"振り返っても見えるのは壁だけで、なにがいるのか分かりません。ただ、大きく鼻を鳴らす\nような音だけが聞こえてきます。": "振り返っても見えるのは壁だけで、なにがいるのか分かりません。ただ、大きく鼻を鳴らす\nような音だけが聞こえてきます。",

"「この、音って……もしかして、ブタさんなの? でも、あそこのブタさんは……置物だった": "「この、音って……もしかして、ブタさんなの? でも、あそこのブタさんは……置物だった",

"のに……ひぃぃぃぃっ!」": "のに……ひぃぃぃぃっ!」",

"フゴフゴと濁った音を立てる存在が、生温かいものをおまたに塗りつけてきました。ぬめった\nものがべシャッと下着との間で音をさせました。": "フゴフゴと濁った音を立てる存在が、生温かいものをおまたに塗りつけてきました。ぬめった\nものがべシャッと下着との間で音をさせました。",

"「なにしてるの! やめて、へんなことしないで! ひぁぁぁぁぁぁっっっ!? やめ、てぇぇ": "「なにしてるの! やめて、へんなことしないで! ひぁぁぁぁぁぁっっっ!? やめ、てぇぇ",

"ぇぇっっ!!」": "ぇぇっっ!!」",

"そのザラリとした感触に鳥肌が立ちます。だけど暴れても壁に食い込んだ体は、気色の悪い\n温かさから逃げることができません。": "そのザラリとした感触に鳥肌が立ちます。だけど暴れても壁に食い込んだ体は、気色の悪い\n温かさから逃げることができません。",

"(まさか、ブタさんがおしっこなめてるの? なんで? なんで、なめるの?)": "(まさか、ブタさんがおしっこなめてるの? なんで? なんで、なめるの?)",

"両足の間をベロベロとなめられる行為に、頭の中が混乱します。ほんとうに舌で舐められて\nいるのか、それとももっと怖いことをされているのかも分かりません。": "両足の間をベロベロとなめられる行為に、頭の中が混乱します。ほんとうに舌で舐められて\nいるのか、それとももっと怖いことをされているのかも分かりません。",

"「あっっっ、ちょっと、やだっ! ぱんつを、ひっぱらないで……やぶけちゃう、パンツが": "「あっっっ、ちょっと、やだっ! ぱんつを、ひっぱらないで……やぶけちゃう、パンツが",

"破けちゃうよ。い、いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」": "破けちゃうよ。い、いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」",

"そして壁の後ろの何者かは、私の願いを無視してオシッコで汚れてしまった下着をひっぱり、\n強引に破り取ってしまいます。": "そして壁の後ろの何者かは、私の願いを無視してオシッコで汚れてしまった下着をひっぱり、\n強引に破り取ってしまいます。",

"「ああ、ぬがされちゃった……おしりが、みられちゃってる」": "「ああ、ぬがされちゃった……おしりが、みられちゃってる」",

"裸になったときの心もとない感覚が股間に広がり、なにかの視線をお尻に感じます。きっと\n壁の後ろの生き物には私の恥ずかしいところが全部丸見えになっていることでしょう。": "裸になったときの心もとない感覚が股間に広がり、なにかの視線をお尻に感じます。きっと\n壁の後ろの生き物には私の恥ずかしいところが全部丸見えになっていることでしょう。",

"「なんで……こんなこと……どうして、わたしが……こんな目に。わたし、おねえちゃんに": "「なんで……こんなこと……どうして、わたしが……こんな目に。わたし、おねえちゃんに",

"……会いたいだけなのに……」": "……会いたいだけなのに……」",

"壁に挟まれたまま、得体のしれない存在にお姉ちゃん以外に見せたことのない部分を\nさらけ出してしまった事が、ただ悲しくて仕方ありません。": "壁に挟まれたまま、得体のしれない存在にお姉ちゃん以外に見せたことのない部分を\nさらけ出してしまった事が、ただ悲しくて仕方ありません。",

"「ひぃっっ、なに……おも、たいっっ。なにしてるの」": "「ひぃっっ、なに……おも、たいっっ。なにしてるの」",

"だけど悲しみに浸る時間もなく、なにか重たいものが背中にズシンと乗ってきました。\nそれは人の体温より熱く、皮膚の肌触りとあまりにも似ていました。": "だけど悲しみに浸る時間もなく、なにか重たいものが背中にズシンと乗ってきました。\nそれは人の体温より熱く、皮膚の肌触りとあまりにも似ていました。",

"「やだ、やめて……のらないで、おしりにのらないで。ふわっっ、なにか……あたってる。": "「やだ、やめて……のらないで、おしりにのらないで。ふわっっ、なにか……あたってる。",

"おまたに、にゅるにゅるしたのがっ……!?」": "おまたに、にゅるにゅるしたのがっ……!?」",

"「なに、なにをしてるの? ブタさん、わたしになにしてるの? へんなことしないで": "「なに、なにをしてるの? ブタさん、わたしになにしてるの? へんなことしないで",

"……おねがい、やめてよぉぉぉ!」": "……おねがい、やめてよぉぉぉ!」",

"荒い鼻息が背中にかかり、股間には細長く熱いものが押し付けられる感触が伝わります。": "荒い鼻息が背中にかかり、股間には細長く熱いものが押し付けられる感触が伝わります。",

"(やだ、へんなのがあそこに当たってる。あたってるよぉ……そこ触っちゃダメだって\n言われたのに……おねえちゃんにしか、触らせちゃダメなのに)": "(やだ、へんなのがあそこに当たってる。あたってるよぉ……そこ触っちゃダメだって\n言われたのに……おねえちゃんにしか、触らせちゃダメなのに)",

"その熱いものはベタベタとしていて、おしっこする場所を固く熱いもので何度もつついて": "その熱いものはベタベタとしていて、おしっこする場所を固く熱いもので何度もつついて",

"「ふわ、そこだめ……ツンツンしないで、んんっ、やめてぇ……へんなこと、しないでぇ": "「ふわ、そこだめ……ツンツンしないで、んんっ、やめてぇ……へんなこと、しないでぇ",

"……はぅぅっ、んんんっ」": "……はぅぅっ、んんんっ」",

"硬いヒモのようなものが股間の一部をこすり、痺れたような感覚が広がります。それは自分で\nおまたを触ったときのような痺れで、口から熱っぽい吐息が漏れてしまいます。": "硬いヒモのようなものが股間の一部をこすり、痺れたような感覚が広がります。それは自分で\nおまたを触ったときのような痺れで、口から熱っぽい吐息が漏れてしまいます。",

"「なにこれ、ぁぅ……これ、やだぁ……そんなところ、さわらない……でぇ……これ、": "「なにこれ、ぁぅ……これ、やだぁ……そんなところ、さわらない……でぇ……これ、",

"やだぁぁ。こわいよぉぉ」": "やだぁぁ。こわいよぉぉ」",

"得体のしれない感覚に足がガクガクと震えます。体を支える力が、敏感な部分をコリコリっと\n擦られるたびに抜けていきます。": "得体のしれない感覚に足がガクガクと震えます。体を支える力が、敏感な部分をコリコリっと\n擦られるたびに抜けていきます。",

"「そこ、さわらないで……おしっこが、おしっこが……でるところなの。さわっちゃ、": "「そこ、さわらないで……おしっこが、おしっこが……でるところなの。さわっちゃ、",

"いけないの。あついの、かけないで……やだあぁぁぁぁ」": "いけないの。あついの、かけないで……やだあぁぁぁぁ」",

"だけど背後の生き物は何度もおまたをつつくのをやめず、熱いものぴゅっぴゅっとかけながら\nおまたに硬いものを押し付け――": "だけど背後の生き物は何度もおまたをつつくのをやめず、熱いものぴゅっぴゅっとかけながら\nおまたに硬いものを押し付け――",

"ブチブチという音とともに、突然熱いものでおまたを貫いたのです。": "ブチブチという音とともに、突然熱いものでおまたを貫いたのです。",

"「かふっっ!? あ、ぁ……? なに、? い゛だい゛゛……おま、た……に、ささっで……": "「かふっっ!? あ、ぁ……? なに、? い゛だい゛゛……おま、た……に、ささっで……",

"る゛……!? い゛だい……こ、れ……な゛に゛……」": "る゛……!? い゛だい……こ、れ……な゛に゛……」",

"(なにを、されたの? わたし、なにを……されちゃったの? わたし、さされちゃったの?)": "(なにを、されたの? わたし、なにを……されちゃったの? わたし、さされちゃったの?)",

"なにが起こったのか分かりません。おまたが痛くて熱くて、頭の中が真っ白になってしまい\nました。": "なにが起こったのか分かりません。おまたが痛くて熱くて、頭の中が真っ白になってしまい\nました。",

"「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あぁぁぁぁっっ、い゛たい……いたいよぉ」": "「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あぁぁぁぁっっ、い゛たい……いたいよぉ」",

"感じたことのないほどの痛みに、ボロボロと涙がこぼれだします。": "感じたことのないほどの痛みに、ボロボロと涙がこぼれだします。",

"恐ろしいことをされたのはわかるのに、見ることもできないのが怖くてたまりません。もう\n今頃おまたは、パンツのように引き裂かれてしまったのではないでしょうか。": "恐ろしいことをされたのはわかるのに、見ることもできないのが怖くてたまりません。もう\n今頃おまたは、パンツのように引き裂かれてしまったのではないでしょうか。",

"「ああ、い゛や゛ぁぁぁぁぁ……やだ、こんなのやだぁぁぁぁぁぁ……いだい、いたいぃぃ": "「ああ、い゛や゛ぁぁぁぁぁ……やだ、こんなのやだぁぁぁぁぁぁ……いだい、いたいぃぃ",

"……」": "……」",

"あまりのショックに、またおしっこを漏らしてしまいます。それでも痛みは消えず、ズキ\nズキとした灼熱がおまたを焼いているように感じます。": "あまりのショックに、またおしっこを漏らしてしまいます。それでも痛みは消えず、ズキ\nズキとした灼熱がおまたを焼いているように感じます。",

"「おねえちゃん……たすけて、おねえちゃん……しんじゃう、アリス……しんじゃうよぉ」": "「おねえちゃん……たすけて、おねえちゃん……しんじゃう、アリス……しんじゃうよぉ」",

"「ひぎぁぁぁぁっっ! な、なかでうごいで……る。あ゛ついの、が……はい、って……": "「ひぎぁぁぁぁっっ! な、なかでうごいで……る。あ゛ついの、が……はい、って……",

"くる。な゛かに……はいって、きて……るっ!?」": "くる。な゛かに……はいって、きて……るっ!?」",

"姉の面影を追い求めることすら許さず、おまたに突き刺さったものがお腹の奥へと深く\n侵入してきます。": "姉の面影を追い求めることすら許さず、おまたに突き刺さったものがお腹の奥へと深く\n侵入してきます。",

"それはまるで焼けた鉄棒のような熱さで、太いコルク抜きのようにお腹でねじりながら\n潜り込んできます。": "それはまるで焼けた鉄棒のような熱さで、太いコルク抜きのようにお腹でねじりながら\n潜り込んできます。",

"「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ……あつい、あついよぉぉぉぉ。なにこれ、なにこれぇ……!?": "「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ……あつい、あついよぉぉぉぉ。なにこれ、なにこれぇ……!?",

"か、はっっ……わ゛たし……どうなっちゃった、のっ!?」": "か、はっっ……わ゛たし……どうなっちゃった、のっ!?」",

"ズキズキと痛むおまた。その奥に細長く硬い肉ミミズのようなものが、灼熱とともに\nグリグリと差し込まれてきます。": "ズキズキと痛むおまた。その奥に細長く硬い肉ミミズのようなものが、灼熱とともに\nグリグリと差し込まれてきます。",

"「はいって、る……どんどん、なかに、はいってる……なにか、かたいのが……わたしの": "「はいって、る……どんどん、なかに、はいってる……なにか、かたいのが……わたしの",

"なかに……あ゛あ゛あ……やだぁぁ。あついの、やだぁぁぁっっ!」": "なかに……あ゛あ゛あ……やだぁぁ。あついの、やだぁぁぁっっ!」",

"ちゅるんと体内の深くまで入ってくる肉ミミズ。最初ほどの痛みはないのが、逆に恐ろしく\n感じます。": "ちゅるんと体内の深くまで入ってくる肉ミミズ。最初ほどの痛みはないのが、逆に恐ろしく\n感じます。",

"まさか、わたしのおなかを……外に出しちゃうの?": "まさか、わたしのおなかを……外に出しちゃうの?",

"思い出したのはお魚の下処理で、内臓がコルク抜きのようなもので引きずり出される未来\nを想像してしまいます。": "思い出したのはお魚の下処理で、内臓がコルク抜きのようなもので引きずり出される未来\nを想像してしまいます。",

"「やだ、やだぁぁぁぁ……しんじゃう、わたし……しんじゃうよぉ。おねえちゃん、たすけて": "「やだ、やだぁぁぁぁ……しんじゃう、わたし……しんじゃうよぉ。おねえちゃん、たすけて",

"……おねえちゃんっ……!!」": "……おねえちゃんっ……!!」",

"なんとかおまたから熱いものを引き抜こうとするも、体に突き刺さったねじれたミミズは\nお腹の奥にまでもぐりこみ、より深く貫いてきます。": "なんとかおまたから熱いものを引き抜こうとするも、体に突き刺さったねじれたミミズは\nお腹の奥にまでもぐりこみ、より深く貫いてきます。",

"「はいらないで……もう、はいらないで……ぬいて! おねがい、ぬいてよぉ! もう、": "「はいらないで……もう、はいらないで……ぬいて! おねがい、ぬいてよぉ! もう、",

"はいらないよ……もう入らないからぁぁぁ」": "はいらないよ……もう入らないからぁぁぁ」",

"なにか大事な部分にコンコンと刺激される感覚に、涙を流して懇願します。": "なにか大事な部分にコンコンと刺激される感覚に、涙を流して懇願します。",

"だけど願いは通じることなく、灼熱のミミズを思わせる肉のコルク抜きは、何度もお腹の\n奥の硬い部分をノックします。": "だけど願いは通じることなく、灼熱のミミズを思わせる肉のコルク抜きは、何度もお腹の\n奥の硬い部分をノックします。",

"「やめてぇぇ! もう、やめてよぉぉぉぉぉぉぉ」": "「やめてぇぇ! もう、やめてよぉぉぉぉぉぉぉ」",

"そこが大切な場所だと分かります。なのに得体のしれない存在は、その先があるのを知って\nいるように何度も尖った先端で突くのをやめてくれません。": "そこが大切な場所だと分かります。なのに得体のしれない存在は、その先があるのを知って\nいるように何度も尖った先端で突くのをやめてくれません。",

"「ひっっっ、か……はっっ!?」": "「ひっっっ、か……はっっ!?」",

"そして背中にのしかかった生き物はねじれた肉ミミズの先端を、絶対に入ってはいけない\nはずの場所にねじ込んでしまいました。": "そして背中にのしかかった生き物はねじれた肉ミミズの先端を、絶対に入ってはいけない\nはずの場所にねじ込んでしまいました。",

"「っっっっっ……!? ぁぐっっっっっっっ!」": "「っっっっっ……!? ぁぐっっっっっっっ!」",

"お腹に入ってきたときよりも強い衝撃と痛みに、目の前で真っ赤な火花が散りました。\n痛すぎて声を出すこともできません。": "お腹に入ってきたときよりも強い衝撃と痛みに、目の前で真っ赤な火花が散りました。\n痛すぎて声を出すこともできません。",

"(ああ、そんな……はいちゃった。 はいっちゃ……ダメなのに……わたし、のだいじな\n……ところが……こわされ、ちゃった……)": "(ああ、そんな……はいちゃった。 はいっちゃ……ダメなのに……わたし、のだいじな\n……ところが……こわされ、ちゃった……)",

"お腹の中にある袋が、むりやり押し広げられ、その中でねじれたミミズのようなものが\n蠢いているのを感じます。": "お腹の中にある袋が、むりやり押し広げられ、その中でねじれたミミズのようなものが\n蠢いているのを感じます。",

"なにか私の大切なものが奪われたのがわかります。内側の袋を舐めるように、なにかの\n先端がお腹のなかに塗りつけられていくのが分かってしまいます。": "なにか私の大切なものが奪われたのがわかります。内側の袋を舐めるように、なにかの\n先端がお腹のなかに塗りつけられていくのが分かってしまいます。",

"「ひゅっっ!? ぁ、かっっっ!!」": "「ひゅっっ!? ぁ、かっっっ!!」",

"だけど大切な場所を奪われた衝撃は終わらず、次の瞬間には『袋』の中でドロドロの粘液の\nようなものが吐き出されました。": "だけど大切な場所を奪われた衝撃は終わらず、次の瞬間には『袋』の中でドロドロの粘液の\nようなものが吐き出されました。",

"「ひぃっっっっっっっっっっ!?」": "「ひぃっっっっっっっっっっ!?」",

"(あつい……あつい。なにかでて……る……あついのが、でて……る)": "(あつい……あつい。なにかでて……る……あついのが、でて……る)",

"おなかのおく――へその下側にある部分に、びゅーびゅーっと熱いものが注ぎ込まれます。": "おなかのおく――へその下側にある部分に、びゅーびゅーっと熱いものが注ぎ込まれます。",

"「あっ、か……ふっ、ぇ……!?」": "「あっ、か……ふっ、ぇ……!?」",

"勢いよく流し込まれる熱塊に声が出ません。熱いお茶を一気に飲んだときのように、おへその\n下が熱くなっていきます。": "勢いよく流し込まれる熱塊に声が出ません。熱いお茶を一気に飲んだときのように、おへその\n下が熱くなっていきます。",

"(なに……でて、る。おまたの、おくで……)": "(なに……でて、る。おまたの、おくで……)",

"「ひっっっっっっ、あっっっっっっっ……お゛な……が……そ、んっっ……!? あ゛づい゛": "「ひっっっっっっ、あっっっっっっっ……お゛な……が……そ、んっっ……!? あ゛づい゛",

"……おなか、あ゛つぃぃ……!?」": "……おなか、あ゛つぃぃ……!?」",

"熱さを自覚した瞬間、さらに粘ついたものが吐き出されました。": "熱さを自覚した瞬間、さらに粘ついたものが吐き出されました。",

"それはお腹の中を焼くドロドロの粘塊でした。灼熱のヘドロのような液体です。": "それはお腹の中を焼くドロドロの粘塊でした。灼熱のヘドロのような液体です。",

"「あ゛あ゛あ゛……あつ、……よぉ……やけど、しちゃ……おなか、やけ……ちゃ……ぅ」": "「あ゛あ゛あ゛……あつ、……よぉ……やけど、しちゃ……おなか、やけ……ちゃ……ぅ」",

"それは一度目の熱さとは比べ物にはなりません。例えるなら、熱々のおかゆを無理やり流し\n込まれたような火の粘流でした。": "それは一度目の熱さとは比べ物にはなりません。例えるなら、熱々のおかゆを無理やり流し\n込まれたような火の粘流でした。",

"それが私のお腹に強引に、ドブッドブッっと注ぎ込まれていきます。ものすごい量の熱塊に\nおなかが重くなり、体内から燃えてしまうのではないかと感じました。": "それが私のお腹に強引に、ドブッドブッっと注ぎ込まれていきます。ものすごい量の熱塊に\nおなかが重くなり、体内から燃えてしまうのではないかと感じました。",

"(そんな、これ……おなか、が……ぅ……おなかが、やぶけ……しちゃ……ぅ)": "(そんな、これ……おなか、が……ぅ……おなかが、やぶけ……しちゃ……ぅ)",

"おなかの中の袋が内側から膨らみ、おなかが大きくなってしまったことは分かります。\n体にまるで力が入らず、重くなってしまった下腹部に涙がポロポロと溢れて止まりません。": "おなかの中の袋が内側から膨らみ、おなかが大きくなってしまったことは分かります。\n体にまるで力が入らず、重くなってしまった下腹部に涙がポロポロと溢れて止まりません。",

"「まだ……で、てる……もう、はいら……ない、のぉ……ゆる、してぇ……ゆるしてよぉ」": "「まだ……で、てる……もう、はいら……ない、のぉ……ゆる、してぇ……ゆるしてよぉ」",

"だけど謝っても、注ぎ込まれる熱さは止まりません。徹底的に熱さでいっぱいにしようと、\nドクンドクンと粘ついたもので『袋』の隅々まで染め上げていきます。": "だけど謝っても、注ぎ込まれる熱さは止まりません。徹底的に熱さでいっぱいにしようと、\nドクンドクンと粘ついたもので『袋』の隅々まで染め上げていきます。",

"(どうしよう……わたし、おなか……こわれちゃった)": "(どうしよう……わたし、おなか……こわれちゃった)",

"私のお腹は赤ちゃんを妊娠したように大きくなり、おなかの袋が破裂寸前にまで大きくなって\nいるのが分かってしまいました。": "私のお腹は赤ちゃんを妊娠したように大きくなり、おなかの袋が破裂寸前にまで大きくなって\nいるのが分かってしまいました。",

"壁で見えなくても、もう二度と元に戻らないのが分かります。": "壁で見えなくても、もう二度と元に戻らないのが分かります。",

"「おなか、おもいよぉ……あそこ、あついよ。くるしいよぉ……ひどい……ひどい……よぉ」": "「おなか、おもいよぉ……あそこ、あついよ。くるしいよぉ……ひどい……ひどい……よぉ」",

"「あ、ぅ……ま、た……なに、か……で、て……」": "「あ、ぅ……ま、た……なに、か……で、て……」",

"おなかの袋に入ったままの肉ミミズが、今度は水飴のように濃ゆいゼリー状のものをビュッ\nビュッと出すのが感覚でわかりました。": "おなかの袋に入ったままの肉ミミズが、今度は水飴のように濃ゆいゼリー状のものをビュッ\nビュッと出すのが感覚でわかりました。",

"「あ、あぁぁ……ぁぁ……わ、たし……もう、……ぁ」": "「あ、あぁぁ……ぁぁ……わ、たし……もう、……ぁ」",

"だけど、もう注ぎ込まれるものに反応するだけの力が私にはありません。": "だけど、もう注ぎ込まれるものに反応するだけの力が私にはありません。",

"お腹の中は自分のものではない熱さでいっぱいになり、壁にはさまれて逃げることもできません。": "お腹の中は自分のものではない熱さでいっぱいになり、壁にはさまれて逃げることもできません。",

"「あっっ、ひ、ぁっっ! ぁぁ、ぅ……はぁはぁ……」": "「あっっ、ひ、ぁっっ! ぁぁ、ぅ……はぁはぁ……」",

"やがて背中に乗っていた重たいものが失われ、おなかの『袋』に入っていた熱いミミズも抜けて": "やがて背中に乗っていた重たいものが失われ、おなかの『袋』に入っていた熱いミミズも抜けて",

"「はぁはぁ……あ、ぁ……くるし、ぃ……よぉ」": "「はぁはぁ……あ、ぁ……くるし、ぃ……よぉ」",

"(おなか、に……たまって、る……ぬけたのに、おなかに……ずっと、ある。どうして……\nどうして、なくならないのぉ……)": "(おなか、に……たまって、る……ぬけたのに、おなかに……ずっと、ある。どうして……\nどうして、なくならないのぉ……)",

"一つの苦痛が終わったことを感じても、膨らんだままのおなかは少しも楽になりません。": "一つの苦痛が終わったことを感じても、膨らんだままのおなかは少しも楽になりません。",

"ゼリー状のなにかが、栓をしてしまったようにおなかは膨らんだままです。": "ゼリー状のなにかが、栓をしてしまったようにおなかは膨らんだままです。",

"(ああ……でも、もう……おわったんだ、これで……)": "(ああ……でも、もう……おわったんだ、これで……)",

"もう苦しいことはない。そう思った瞬間、目の前が暗くなっていきます。": "もう苦しいことはない。そう思った瞬間、目の前が暗くなっていきます。",

"(おねえちゃん……ごめんなさい……ごめんなさい。わたし、もう……あえない、よ)": "(おねえちゃん……ごめんなさい……ごめんなさい。わたし、もう……あえない、よ)",

"心が暗闇に溶ける瞬間、私はお姉ちゃんとの出会いを諦めてしまいました。": "心が暗闇に溶ける瞬間、私はお姉ちゃんとの出会いを諦めてしまいました。",

"そんな私の耳に無邪気な女の子の笑い声と――近づいてくる無数の豚の鳴き声が届いたの": "そんな私の耳に無邪気な女の子の笑い声と――近づいてくる無数の豚の鳴き声が届いたの",

"提示:从菜单的场景回忆中可以随时看到。": "提示:从菜单的场景回忆中可以随时看到。",

"“咦?刚才有什么……奇怪的声音……?”": "“咦?刚才有什么……奇怪的声音……?”",

"(女孩子的声音。但是在耳边听到的,却没有人。)": "(女孩子的声音。但是在耳边听到的,却没有人。)",

"“啊,怎么回事?他说已经出不来了……”": "“啊,怎么回事?他说已经出不来了……”",

"“是,是吗……你是谁?到底…在哪里?不是梦吗?”": "“是,是吗……你是谁?到底…在哪里?不是梦吗?”",

"(梦的世界是什么意思?已经出不去了是什么意思?)": "(梦的世界是什么意思?已经出不去了是什么意思?)",

"“我不知道……我不知道。你是谁?你在哪里?”": "“我不知道……我不知道。你是谁?你在哪里?”",

"「啊,实现者……?不知道,那样的人不知道。拿出来从这里拿出来吧!」": "「啊,实现者……?不知道,那样的人不知道。拿出来从这里拿出来吧!」",

"(已经……出不来了吗?我……是我请求的吗?姐姐一直不起来\n变成这样了吗?)": "(已经……出不来了吗?我……是我请求的吗?姐姐一直不起来\n变成这样了吗?)",

"“不,不对!我……没考虑过。我没有考虑过……!”……!": "“不,不对!我……没考虑过。我没有考虑过……!”……!",

"不对!”": "不对!”",

"(想一直独占姐姐什么的……我……就是这样……)": "(想一直独占姐姐什么的……我……就是这样……)",

"“不是骗人的……的…但是,我……其实。”": "“不是骗人的……的…但是,我……其实。”",

"(如果真的能一直在一起的话……我……这里也一样)": "(如果真的能一直在一起的话……我……这里也一样)",

"“嗯……是啊。也许那样比较好……如果和姐姐在一起的话……”": "“嗯……是啊。也许那样比较好……如果和姐姐在一起的话……”",

"“我……也……这样就好。一直……在这里,好……”": "“我……也……这样就好。一直……在这里,好……”",

"END1【我欲の結末】": "END1【我欲の結末】",

"“姐姐……好漂亮”": "“姐姐……好漂亮”",

"我的心脏在光滑的皮肤和膨胀的胸部里跳动。": "我的心脏在光滑的皮肤和膨胀的胸部里跳动。",

"“姐姐,还没有长毛呢。光溜溜的……好漂亮。”": "“姐姐,还没有长毛呢。光溜溜的……好漂亮。”",

"莉莎说自己的毛又长出来了是“女士的证明”。但是我\n我觉得姐姐光滑的那边更漂亮。": "莉莎说自己的毛又长出来了是“女士的证明”。但是我\n我觉得姐姐光滑的那边更漂亮。",

"“姐姐……稍微动一下。”": "“姐姐……稍微动一下。”",

"一边感受着身体因激动的心跳而发热,一边抓住双脚向左右伸展。": "一边感受着身体因激动的心跳而发热,一边抓住双脚向左右伸展。",

"两只脚动了一下,打开后可以清楚地看到漂亮的竖肌。": "两只脚动了一下,打开后可以清楚地看到漂亮的竖肌。",

"比我还软软的小疙瘩,柔软的想触碰的心情沸腾了起来": "比我还软软的小疙瘩,柔软的想触碰的心情沸腾了起来",

"来。": "来。",

"“姐姐……可以再近一点看吗?”": "“姐姐……可以再近一点看吗?”",

"我的话没有回复。只是平静地上下着胸膛": "我的话没有回复。只是平静地上下着胸膛",

"“好吧?今天想让我看看。姐姐。”": "“好吧?今天想让我看看。姐姐。”",

"咽下变得深热的呼吸,我总是凝视着看不见的那个。总是\n立场的逆转让人心跳不已": "咽下变得深热的呼吸,我总是凝视着看不见的那个。总是\n立场的逆转让人心跳不已",

"“原来是这样。”": "“原来是这样。”",

"第一次在这么近的地方盯着别人的眼睛。": "第一次在这么近的地方盯着别人的眼睛。",

"明明是尿尿的地方,却一点也没有讨厌的味道。不知道为什么\n像布丁一样。": "明明是尿尿的地方,却一点也没有讨厌的味道。不知道为什么\n像布丁一样。",

"“……碰上了呢。”": "“……碰上了呢。”",

"伸开手指,戳纵向的条纹。只需轻轻按压,手指就会变得像嘴唇一样浅浅\n沉没了。": "伸开手指,戳纵向的条纹。只需轻轻按压,手指就会变得像嘴唇一样浅浅\n沉没了。",

"“好厉害……很柔软。姐姐那里……轻飘飘的。”": "“好厉害……很柔软。姐姐那里……轻飘飘的。”",

"为了确认不变形的海绵般的触感,手指在凹陷的裙带菜之间爬行\n开始。触感很好,感觉有点湿。": "为了确认不变形的海绵般的触感,手指在凹陷的裙带菜之间爬行\n开始。触感很好,感觉有点湿。",

"“这里很软……非常的,很软”": "“这里很软……非常的,很软”",

"慢慢地摩擦裂缝的话,手指就会浅沉下去。": "慢慢地摩擦裂缝的话,手指就会浅沉下去。",

"又热又软。那种感觉总觉得很开心,就像姐姐做的一样好几次\n会擦掉。": "又热又软。那种感觉总觉得很开心,就像姐姐做的一样好几次\n会擦掉。",

"“啊,总觉得湿滑滑的……不管怎样,我在做。”": "“啊,总觉得湿滑滑的……不管怎样,我在做。”",

"过了一会,什么黏糊糊的东西缠绕在手指上,每次擦的时候都会发出小小的水声": "过了一会,什么黏糊糊的东西缠绕在手指上,每次擦的时候都会发出小小的水声",

"好的。": "好的。",

"“哇……姐姐也很有趣啊……”": "“哇……姐姐也很有趣啊……”",

"在湿手指的液体中,喉咙深处咕咚地响了起来。从不是尿液而是有粘稠感的液体中\n眼睛离不开。": "在湿手指的液体中,喉咙深处咕咚地响了起来。从不是尿液而是有粘稠感的液体中\n眼睛离不开。",

"“太厉害了。出来了很多……姐姐那里,变得粘糊糊的……”": "“太厉害了。出来了很多……姐姐那里,变得粘糊糊的……”",

"每次动手指的时候,手指轻轻地插进发出声音的竖直肌里,就会被内侧的热度所呼出\n结束。": "每次动手指的时候,手指轻轻地插进发出声音的竖直肌里,就会被内侧的热度所呼出\n结束。",

"“好温暖……这里好温暖……好温暖啊。这么湿的。”": "“好温暖……这里好温暖……好温暖啊。这么湿的。”",

"一边回忆自己的裤子被水浸了,一边让手指在柔软的眼睛里游泳。": "一边回忆自己的裤子被水浸了,一边让手指在柔软的眼睛里游泳。",

"那个内侧形状复杂,总觉得好像在触摸温暖柔软的贝壳的内部。\n有一种类似鱼鳍的东西,触摸它的话会一点一点地渗入到热的汤里。": "那个内侧形状复杂,总觉得好像在触摸温暖柔软的贝壳的内部。\n有一种类似鱼鳍的东西,触摸它的话会一点一点地渗入到热的汤里。",

"“我的声音在响……怎么说呢,好激动啊。而且……": "“我的声音在响……怎么说呢,好激动啊。而且……",

"热乎乎的,热乎乎的……热乎乎的……”": "热乎乎的,热乎乎的……热乎乎的……”",

"第一次摸姐姐的“里面”的感觉,就感觉到心音很高。粘糊糊的\n我感觉手感也很舒服。": "第一次摸姐姐的“里面”的感觉,就感觉到心音很高。粘糊糊的\n我感觉手感也很舒服。",

"“啊,姐姐的这里……很刺眼……这里…很舒服吧?”": "“啊,姐姐的这里……很刺眼……这里…很舒服吧?”",

"想起了摸自己那里的时候,慢慢地用指尖轻抚突起\n转动。": "想起了摸自己那里的时候,慢慢地用指尖轻抚突起\n转动。",

"我对姐姐……在恶作剧。这个一定……我在做色情的事情": "我对姐姐……在恶作剧。这个一定……我在做色情的事情",

"“嗯,嗯……嗯,嗯……嗯……”": "“嗯,嗯……嗯,嗯……嗯……”",

"听到姐姐从嘴里漏出来的声音,不由得扑通一声。": "听到姐姐从嘴里漏出来的声音,不由得扑通一声。",

"对不起,姐姐……只有现在不要起来……": "对不起,姐姐……只有现在不要起来……",

"我停下手指,小声祈祷,姐姐的睡气又安静了下来。": "我停下手指,小声祈祷,姐姐的睡气又安静了下来。",

"(哈,吓了我一跳。要是被发现随便碰了,会被姐姐骂的……但是\n姐姐也摸我的那边,好可怜啊)": "(哈,吓了我一跳。要是被发现随便碰了,会被姐姐骂的……但是\n姐姐也摸我的那边,好可怜啊)",

"在心中找个借口,让你把最深处隐藏起来。发出吱吱的声音,是什么\n手指好像要进入里面。": "在心中找个借口,让你把最深处隐藏起来。发出吱吱的声音,是什么\n手指好像要进入里面。",

"“哇,对不起……啊,变得粘糊糊的……姐姐,这么湿": "“哇,对不起……啊,变得粘糊糊的……姐姐,这么湿",

"我搞砸了”": "我搞砸了”",

"慌慌张张抽出快要进入的手指,食指用透明液体粘糊糊地\n变成了。": "慌慌张张抽出快要进入的手指,食指用透明液体粘糊糊地\n变成了。",

"“这个……是什么味道呢?好吃吗?”": "“这个……是什么味道呢?好吃吗?”",

"我觉得品尝自己的味道是脏的,所以没能做到。但是姐姐的\n我想试着舔汤。": "我觉得品尝自己的味道是脏的,所以没能做到。但是姐姐的\n我想试着舔汤。",

"所以,舌头伸向热乎乎的汤里——舔了一下。": "所以,舌头伸向热乎乎的汤里——舔了一下。",

"“pero……pero……啊,这个笨蛋……可能喜欢……”": "“pero……pero……啊,这个笨蛋……可能喜欢……”",

"像嘴里扩散的酸奶一样的酸味,会把手指舔得咯吱咯吱的。": "像嘴里扩散的酸奶一样的酸味,会把手指舔得咯吱咯吱的。",

"“这是……姐姐的味道。总觉得……很好吃……这个,我喜欢……”": "“这是……姐姐的味道。总觉得……很好吃……这个,我喜欢……”",

"我知道姐姐有时舔我的那个地方的理由,想回敬她。\n姐姐也觉得我的腿好吃吗。": "我知道姐姐有时舔我的那个地方的理由,想回敬她。\n姐姐也觉得我的腿好吃吗。",

"“姐姐……那里,可以舔一下吗?再舔一下……可以吗?”": "“姐姐……那里,可以舔一下吗?再舔一下……可以吗?”",

"其实是为了掩饰自己想舔的东西,一边听着,一边又因为我而湿了\n把脸靠近。": "其实是为了掩饰自己想舔的东西,一边听着,一边又因为我而湿了\n把脸靠近。",

"“好吧,可以舔一下吗?不起来的话,我……又会点头哈腰的吧?”": "“好吧,可以舔一下吗?不起来的话,我……又会点头哈腰的吧?”",

"“可以吧?姐姐。”": "“可以吧?姐姐。”",

"没有回复。所以我一边听着心脏的跳动声,一边把脸靠近——光滑的\n舔了一口小疙瘩。": "没有回复。所以我一边听着心脏的跳动声,一边把脸靠近——光滑的\n舔了一口小疙瘩。",

"“嗯……”": "“嗯……”",

"姐姐的嘴唇上露出了短暂的气息。但是我没有停下来,把舌头收起来\n让它爬起来,像喝水的小猫一样舔。": "姐姐的嘴唇上露出了短暂的气息。但是我没有停下来,把舌头收起来\n让它爬起来,像喝水的小猫一样舔。",

"“哈……哈…哈……呸……这里是姐姐的……姐姐的又……”": "“哈……哈…哈……呸……这里是姐姐的……姐姐的又……”",

"“我在做同样的事情……啪啪,啪啪……姐姐,好好地,做同样的事情……”……": "“我在做同样的事情……啪啪,啪啪……姐姐,好好地,做同样的事情……”……",

"我做了……不好意思”": "我做了……不好意思”",

"我知道自己做了非常不好的事情。但是姐姐的味道和味道,在我的脑海里\n和琴酒麻痹了,停不下来。": "我知道自己做了非常不好的事情。但是姐姐的味道和味道,在我的脑海里\n和琴酒麻痹了,停不下来。",

"“呃,小皮……嗯,有点汤……满满的。小丁,姐姐的,小竹……": "“呃,小皮……嗯,有点汤……满满的。小丁,姐姐的,小竹……",

"喂♪”": "喂♪”",

"粘在舌头上的粘糊糊的汤很好吃,会反复舔。柔软的肉褶\n用舌尖分开搅拌的感觉也很舒服。": "粘在舌头上的粘糊糊的汤很好吃,会反复舔。柔软的肉褶\n用舌尖分开搅拌的感觉也很舒服。",

"“嗯,哈……啊……嗯……嗯……嗯,嗯……啊,啊”": "“嗯,哈……啊……嗯……嗯……嗯,嗯……啊,啊”",

"用舌头来回舔肚子,姐姐就会发出甜蜜的声音。那个声音听起来很舒服\n但是,听起来一点也不讨厌。": "用舌头来回舔肚子,姐姐就会发出甜蜜的声音。那个声音听起来很舒服\n但是,听起来一点也不讨厌。",

"“姐姐……心情好吗?那里,被点头哈腰的感觉好吗?点头哈腰,点头哈腰": "“姐姐……心情好吗?那里,被点头哈腰的感觉好吗?点头哈腰,点头哈腰",

"呜、呜、啪……呜”": "呜、呜、啪……呜”",

"经常用舌头刺激睡着了就会产生热的气息的姐姐的肚子。": "经常用舌头刺激睡着了就会产生热的气息的姐姐的肚子。",

"每次被舔的时候,都会溢出酸甜的蜜汁,我用舌头舔了一下,感觉很香\n喝干。": "每次被舔的时候,都会溢出酸甜的蜜汁,我用舌头舔了一下,感觉很香\n喝干。",

"“对了。这里……可以吧?给我点头哈腰。”": "“对了。这里……可以吧?给我点头哈腰。”",

"“呼哇,哈,啊……嗯,这个……”": "“呼哇,哈,啊……嗯,这个……”",

"想起有敏感的部分,用舌头描绘在裂缝上部的突起。": "想起有敏感的部分,用舌头描绘在裂缝上部的突起。",

"“嗯……啊,……嗯,好舒服……”": "“嗯……啊,……嗯,好舒服……”",

"“啊,姐姐……♥」": "“啊,姐姐……♥」",

"突然从姐姐的口中说出了我的名字,心里很是心动。": "突然从姐姐的口中说出了我的名字,心里很是心动。",

"“好舒服啊,好舒服啊……你喜欢我的扁脸吧?再扁一点": "“好舒服啊,好舒服啊……你喜欢我的扁脸吧?再扁一点",

"呸,做……想要吧?”": "呸,做……想要吧?”",

"任凭肚脐下发热的感觉,我将双手伸向姐姐的小辫子。": "任凭肚脐下发热的感觉,我将双手伸向姐姐的小辫子。",

"“嗯,我知道了。我要舔爱丽丝……姐姐那里,要点头哈腰♥": "“嗯,我知道了。我要舔爱丽丝……姐姐那里,要点头哈腰♥",

"展开,肚子里……小看你了”": "展开,肚子里……小看你了”",

"宣言后,用手指拉开裂缝——啪嗒啪嗒地打开。": "宣言后,用手指拉开裂缝——啪嗒啪嗒地打开。",

"“哇啊啊啊啊♥ 好厉害,好漂亮……这是姐姐的……又是什么肚子啊": "“哇啊啊啊啊♥ 好厉害,好漂亮……这是姐姐的……又是什么肚子啊",

"啊♥」": "啊♥」",

"开放的时候像淡桃色的花。左右有粉红色的小褶,反应敏感\n小豆子在上面稍微膨胀。": "开放的时候像淡桃色的花。左右有粉红色的小褶,反应敏感\n小豆子在上面稍微膨胀。",

"“太厉害了,有点凉……有很多好吃的汤……黏糊糊的……♥」": "“太厉害了,有点凉……有很多好吃的汤……黏糊糊的……♥」",

"在针尖那么小的洞下面,洒着温水蜜的小孔在蠕动着": "在针尖那么小的洞下面,洒着温水蜜的小孔在蠕动着",

"薄薄的一层粉色的小孔,微微颤动着,湿到了自己的那里\n我感觉到了。": "薄薄的一层粉色的小孔,微微颤动着,湿到了自己的那里\n我感觉到了。",

"“看起来很好吃……很好吃的样子……姐姐,姐姐……哈哈”": "“看起来很好吃……很好吃的样子……姐姐,姐姐……哈哈”",

"不仅是舌头,还会把脸埋在脸上,嘴巴也会紧紧贴在一起。": "不仅是舌头,还会把脸埋在脸上,嘴巴也会紧紧贴在一起。",

"呼吸急促,酸甜的味道渗透到胸口的各个角落。": "呼吸急促,酸甜的味道渗透到胸口的各个角落。",

"啊啊,好香啊……姐姐的味道,是姐姐的味道啊♥": "啊啊,好香啊……姐姐的味道,是姐姐的味道啊♥",

"一边觉得自己的腿被弄湿,一边在大褶的内侧来回舔\n开始。": "一边觉得自己的腿被弄湿,一边在大褶的内侧来回舔\n开始。",

"用舌头轻轻地舔着嘴唇般柔软的触感,用舌尖尖轻轻地舔着小小的褶皱\n边发出吱吱的声音边睡觉。": "用舌头轻轻地舔着嘴唇般柔软的触感,用舌尖尖轻轻地舔着小小的褶皱\n边发出吱吱的声音边睡觉。",

"“呼啊,哈!嗯,啊……啊,是的……是的,是的……啊啊啊,是啊\n啊啊!”": "“呼啊,哈!嗯,啊……啊,是的……是的,是的……啊啊啊,是啊\n啊啊!”",

"姐姐,我很高兴……又饿扁了……很高兴♥": "姐姐,我很高兴……又饿扁了……很高兴♥",

"颤抖的腰和从洞里流出的蜜。我吐出炽热的气息\n通过呼唤姐姐的声音,我知道姐姐心情变好了。": "颤抖的腰和从洞里流出的蜜。我吐出炽热的气息\n通过呼唤姐姐的声音,我知道姐姐心情变好了。",

"“啪啪、啪啪、啾、啾、啾……呜、呜……姐姐": "“啪啪、啪啪、啾、啾、啾……呜、呜……姐姐",

"心情变好了……再舒服点吧♥」": "心情变好了……再舒服点吧♥」",

"我会用舌头多次为没有醒来就被快感所困扰的姐姐服务。到现在为止\n为了回报疼爱的部分,用舌头充满感情地舔。": "我会用舌头多次为没有醒来就被快感所困扰的姐姐服务。到现在为止\n为了回报疼爱的部分,用舌头充满感情地舔。",

"“哇啊啊啊♥ 年糕小豆汤不断地……出来。好吃,姐姐的……汤": "“哇啊啊啊♥ 年糕小豆汤不断地……出来。好吃,姐姐的……汤",

"满满的♥ 嗯,嗯……嗯,这个♥」": "满满的♥ 嗯,嗯……嗯,这个♥」",

"用溢出的透明感润湿喉咙,用舌头玩弄小突起。": "用溢出的透明感润湿喉咙,用舌头玩弄小突起。",

"“啊啊啊啊啊,啊……嗯,哈,嗯!嗯……\n啊、爱……丽丝!”": "“啊啊啊啊啊,啊……嗯,哈,嗯!嗯……\n啊、爱……丽丝!”",

"剥掉薄皮包裹着的粉色鼓起,轻轻地吸着皮包裹着的突起,姐姐\n的腰扑哧一声跳了起来。": "剥掉薄皮包裹着的粉色鼓起,轻轻地吸着皮包裹着的突起,姐姐\n的腰扑哧一声跳了起来。",

"这是年糕……小豆子,我喜欢。好啊,我再给你做一点": "这是年糕……小豆子,我喜欢。好啊,我再给你做一点",

"从抽搐一下就会收缩的蜜穴里,一边喝着溢出来的透明的汤,一边感受姐姐的心情\n集中舔变好的突起。": "从抽搐一下就会收缩的蜜穴里,一边喝着溢出来的透明的汤,一边感受姐姐的心情\n集中舔变好的突起。",

"“呃,哈……嗯,有……有…有…有…有…有,有……”……\n啊……啊啊…”": "“呃,哈……嗯,有……有…有…有…有…有,有……”……\n啊……啊啊…”",

"看到了屁股跳跃着,屁股的孔变得越来越小。睡着了的样子\n姐姐的眼睛里渗透着泪水,蜜的味道变浓了。": "看到了屁股跳跃着,屁股的孔变得越来越小。睡着了的样子\n姐姐的眼睛里渗透着泪水,蜜的味道变浓了。",

"“姐姐,我也……让你心情舒畅吧♥」": "“姐姐,我也……让你心情舒畅吧♥」",

"我将视线投向那微微颤动的洞穴,将舌头伸向那小小的蜜洞。": "我将视线投向那微微颤动的洞穴,将舌头伸向那小小的蜜洞。",

"“啊啊啊!胆啊,好……那里,啊,舔……啊……”": "“啊啊啊!胆啊,好……那里,啊,舔……啊……”",

"将舌尖插入薄桃色的孔中,在薄膜上涂上唾液。": "将舌尖插入薄桃色的孔中,在薄膜上涂上唾液。",

"“我会更加努力的。满满的,在这里……我会舔你的。我会舔你的。”♥ 嗯……": "“我会更加努力的。满满的,在这里……我会舔你的。我会舔你的。”♥ 嗯……",

"啪啪、啪啪、啪啪、啪啪……嗯,这个、啪啪……扁、扁♥」": "啪啪、啪啪、啪啪、啪啪……嗯,这个、啪啪……扁、扁♥」",

"用舌头爱着容易破掉的桃色膜的话,就会不断地溢出金枪鱼的蜜": "用舌头爱着容易破掉的桃色膜的话,就会不断地溢出金枪鱼的蜜",

"就那样紧紧吸着,为了不受伤,用舌尖来回舔膜,在仅有的缝隙中\n放入舌头中吸。": "就那样紧紧吸着,为了不受伤,用舌尖来回舔膜,在仅有的缝隙中\n放入舌头中吸。",

"「中、中、…喂♥ 姐姐的汤……太咸了": "「中、中、…喂♥ 姐姐的汤……太咸了",

"好厉害……真是的,有味道啊♥」": "好厉害……真是的,有味道啊♥」",

"“哇,啊啊……不行,不行……有啊……有啊……呜啊啊啊啊啊\n有啊”": "“哇,啊啊……不行,不行……有啊……有啊……呜啊啊啊啊啊\n有啊”",

"闭上的眼睛里滴滴答答地流着眼泪,像是迎来了极限一样,腰在剧烈地摇晃着。": "闭上的眼睛里滴滴答答地流着眼泪,像是迎来了极限一样,腰在剧烈地摇晃着。",

"“姐姐喵……真会生气呢……像我一样,战战兢兢……”♥": "“姐姐喵……真会生气呢……像我一样,战战兢兢……”♥",

"睡觉的时候心情会变好♥」": "睡觉的时候心情会变好♥」",

"「好啊,心情变好了♥ 小皮、小皮……姐姐、姐姐……小皮": "「好啊,心情变好了♥ 小皮、小皮……姐姐、姐姐……小皮",

"……呃,嗯,嗯,嗯……啊噗!”": "……呃,嗯,嗯,嗯……啊噗!”",

"我觉得姐姐会有最舒服的东西来,会对微微颤抖的敏感的突起咬一口。": "我觉得姐姐会有最舒服的东西来,会对微微颤抖的敏感的突起咬一口。",

"“哇,呜……呜啊啊啊啊啊啊啊啊啊!”": "“哇,呜……呜啊啊啊啊啊啊啊啊啊!”",

"“啊啊啊啊……!!啊,啊…啊啊啊♥」": "“啊啊啊啊……!!啊,啊…啊啊啊♥」",

"姐姐扑哧一声跳了起来,又缩了一个洞,透明的东西冒出来。": "姐姐扑哧一声跳了起来,又缩了一个洞,透明的东西冒出来。",

"哇啊啊♥ 姐姐的有趣♥ 好咸的味道啊♥": "哇啊啊♥ 姐姐的有趣♥ 好咸的味道啊♥",

"像淡盐水一样的汤,我咕嘟咕嘟地喝下去。扑哧一声断断续续地溢出\n用舌头接住拿出来的东西,一滴也不剩地喝下去": "像淡盐水一样的汤,我咕嘟咕嘟地喝下去。扑哧一声断断续续地溢出\n用舌头接住拿出来的东西,一滴也不剩地喝下去",

"(喝了……姐姐的,很有趣……的♥ 全部都归我所有\n弄糟了)": "(喝了……姐姐的,很有趣……的♥ 全部都归我所有\n弄糟了)",

"那里像是沉浸在余韵里一样蠕动着。但是姐姐没有起床,而是筋疲力尽\n躺着的时候微微地颤抖着。": "那里像是沉浸在余韵里一样蠕动着。但是姐姐没有起床,而是筋疲力尽\n躺着的时候微微地颤抖着。",

"这样的睡脸,会让人感到深深的满足感。": "这样的睡脸,会让人感到深深的满足感。",

"“姐姐……好可爱,好可爱啊。”": "“姐姐……好可爱,好可爱啊。”",

"嘴巴一离开,粘糊糊的粘液就在嘴唇和大腿之间拉线了。": "嘴巴一离开,粘糊糊的粘液就在嘴唇和大腿之间拉线了。",

"“啊……”": "“啊……”",

"我会在姐姐那依依不舍、筋疲力尽、没有力气的地方接吻。": "我会在姐姐那依依不舍、筋疲力尽、没有力气的地方接吻。",

"“呜呜呜呜呜呜呜呜!”": "“呜呜呜呜呜呜呜呜!”",

"这种敏感的反应,让我有一种独占姐姐的实感。": "这种敏感的反应,让我有一种独占姐姐的实感。",

"“姐姐,我们一直在一起……我不会再分开了……一直,一直。”": "“姐姐,我们一直在一起……我不会再分开了……一直,一直。”",

"宣言,亲吻姐姐的嘴唇": "宣言,亲吻姐姐的嘴唇",

"姐姐已经……是我的东西了吧。已经不用交给任何人了吧": "姐姐已经……是我的东西了吧。已经不用交给任何人了吧",

"感觉心中一直存在的不安渐渐消除了。再也不能分开了\n我确信。": "感觉心中一直存在的不安渐渐消除了。再也不能分开了\n我确信。",

"如果就这样再也不起来的话,姐姐会一直属于我的吧": "如果就这样再也不起来的话,姐姐会一直属于我的吧",

"然后,对于暗自期待的想法有了结果的预感,我微微地笑了一下。": "然后,对于暗自期待的想法有了结果的预感,我微微地笑了一下。",

"「嗯,爱丽丝」": "「嗯,爱丽丝」",

"「姐姐!啊,太好了。你醒了啊,姐姐」": "「姐姐!啊,太好了。你醒了啊,姐姐」",

"「爱丽丝……我的爱丽丝。你来了啊」": "「爱丽丝……我的爱丽丝。你来了啊」",

"「姐姐?怎么了?」": "「姐姐?怎么了?」",

"艾丽丝\n「啊,姐姐……姐姐!?」": "艾丽丝\n「啊,姐姐……姐姐!?」",

"END3【梦狱的姐妹】": "END3【梦狱的姐妹】",

"姐姐把我拉进床上,亲了我。": "姐姐把我拉进床上,亲了我。",

"「嗯? んんんんんっっ!?」": "「嗯? んんんんんっっ!?」",

"姐姐把舌头伸入我的嘴里舔了舔舌头。": "姐姐把舌头伸入我的嘴里舔了舔舌头。",

"「喜欢啊,爱丽丝。最喜欢你了……我爱你」": "「喜欢啊,爱丽丝。最喜欢你了……我爱你」",

"「姐姐……」": "「姐姐……」",

"用稍微染红了的脸接吻的姐姐。": "用稍微染红了的脸接吻的姐姐。",

"有什么甜的液体流入口中,我就把它吞下去了。姐姐\n味道和我给你喝的药一样甜。": "有什么甜的液体流入口中,我就把它吞下去了。姐姐\n味道和我给你喝的药一样甜。",

"「爱丽丝……很好呢。可以再吻一次吗?」": "「爱丽丝……很好呢。可以再吻一次吗?」",

"「……嗯」": "「……嗯」",

"刚一咽下什么东西,身体就啪嗒啪嗒的。头脑发昏,姐姐很可爱\n没办法。": "刚一咽下什么东西,身体就啪嗒啪嗒的。头脑发昏,姐姐很可爱\n没办法。",

"「好可爱啊。爱丽丝……好喜欢」": "「好可爱啊。爱丽丝……好喜欢」",

"姐姐慢慢地脱下衣服,我就脱光了。灼热的身体一点一点地\n汗流浃背,非常想要姐姐的吻。": "姐姐慢慢地脱下衣服,我就脱光了。灼热的身体一点一点地\n汗流浃背,非常想要姐姐的吻。",

"「姐姐……喜欢,我也……喜欢」": "「姐姐……喜欢,我也……喜欢」",

"模糊地在脑海中浮现出朦胧的思绪,自己亲吻。": "模糊地在脑海中浮现出朦胧的思绪,自己亲吻。",

"身体紧贴在一起,手牵手,嘴唇和舌头重叠压上去。胸和肚子里\n胳膊,身体里感受到姐姐的温暖。": "身体紧贴在一起,手牵手,嘴唇和舌头重叠压上去。胸和肚子里\n胳膊,身体里感受到姐姐的温暖。",

"「爱丽丝……爱丽丝。中、中……喜欢,我的爱丽丝……点整」": "「爱丽丝……爱丽丝。中、中……喜欢,我的爱丽丝……点整」",

"「おねえ、ちゃん……ちゅー、すき。もっと、して……」": "「おねえ、ちゃん……ちゅー、すき。もっと、して……」",

"いつもの軽いキスではなく、お姉ちゃんは唇を舐めては吸い、舌でなぞっては口の中に\nまで舌を伸ばしてきます。": "いつもの軽いキスではなく、お姉ちゃんは唇を舐めては吸い、舌でなぞっては口の中に\nまで舌を伸ばしてきます。",

"いつも違うキスです。だけど、私はそれを受け入れ舌で優しく迎え入れます。": "いつも違うキスです。だけど、私はそれを受け入れ舌で優しく迎え入れます。",

"「んちゅ、ぺろ……んぅ……おねえ、ちゃん……おねーちゃん」": "「んちゅ、ぺろ……んぅ……おねえ、ちゃん……おねーちゃん」",

"私は初めての体験を戸惑いながらも、お姉ちゃんの舌を受け止め口の中で舐め返します。\nこれがたぶん大人のキスなのでしょう。": "私は初めての体験を戸惑いながらも、お姉ちゃんの舌を受け止め口の中で舐め返します。\nこれがたぶん大人のキスなのでしょう。",

"(お姉ちゃんのベロってこんな感触なんだ。ちょっと固くて、なのになんだか柔らかくて、\nぬるってしてて……甘ずっぱい感じがする)": "(お姉ちゃんのベロってこんな感触なんだ。ちょっと固くて、なのになんだか柔らかくて、\nぬるってしてて……甘ずっぱい感じがする)",

"だれかがファーストキスはレモンの味だと言っていたのを思い出します。": "だれかがファーストキスはレモンの味だと言っていたのを思い出します。",

"でも、これがお姉ちゃんの味なのか、薬の味なのかは分かりません。ただ舌を絡める度に\n頭がボーッとして気持ちよくなってしまいます。": "でも、これがお姉ちゃんの味なのか、薬の味なのかは分かりません。ただ舌を絡める度に\n頭がボーッとして気持ちよくなってしまいます。",

"「アリス……もっと舌を出して……私をペロペロして。おねがい……アリスから、して\nほしいの」": "「アリス……もっと舌を出して……私をペロペロして。おねがい……アリスから、して\nほしいの」",

"「うん、ぺろっ、ちゅっ、ぺろぺろ……はぁ、んんっっ、はぁ……おねえちゃん。": "「うん、ぺろっ、ちゅっ、ぺろぺろ……はぁ、んんっっ、はぁ……おねえちゃん。",

"おねえちゃん」": "おねえちゃん」",

"目を潤ませるお姉ちゃんの舌を舐め返すと、柔らかな感触が唇の中に戻ってしまいます。\n私はそれを追いかけるようにベロを伸ばして、自分からお姉ちゃんにキスをします。": "目を潤ませるお姉ちゃんの舌を舐め返すと、柔らかな感触が唇の中に戻ってしまいます。\n私はそれを追いかけるようにベロを伸ばして、自分からお姉ちゃんにキスをします。",

"「ああ、ありす……ありすぅ♥ ありすがキスしてくれてる、じぶんから私にぃぃ♥」": "「ああ、ありす……ありすぅ♥ ありすがキスしてくれてる、じぶんから私にぃぃ♥」",

"口の中を舐め回すと、うっとりとした表情でお姉ちゃんが涙を滲ませました。いつもの慈しむ\nような顔ではなく、蕩けたような表情に体がホカホカと熱くなります。": "口の中を舐め回すと、うっとりとした表情でお姉ちゃんが涙を滲ませました。いつもの慈しむ\nような顔ではなく、蕩けたような表情に体がホカホカと熱くなります。",

"「すき、アリス……アリスぅ……すき。ずっと好きだったの……アリスがいれば、もう\nなにもいらないの♥」": "「すき、アリス……アリスぅ……すき。ずっと好きだったの……アリスがいれば、もう\nなにもいらないの♥」",

"「わたしもおねえちゃんだけでいいよ……どこにもいかないで、ずっとそばにいて……」": "「わたしもおねえちゃんだけでいいよ……どこにもいかないで、ずっとそばにいて……」",

"「ん、ちゅぅぅぅっっ、れろ、れるぅぅぅっっ、ちゅ、ぅ……ん、はぁ……いかないよ。\nアリスと離れたり、しないよ。だから、もっとキスして♥」": "「ん、ちゅぅぅぅっっ、れろ、れるぅぅぅっっ、ちゅ、ぅ……ん、はぁ……いかないよ。\nアリスと離れたり、しないよ。だから、もっとキスして♥」",

"ぎゅっと、より体を密着させてキスをするお姉ちゃん。こんなに抱き合ったのは初めてです。": "ぎゅっと、より体を密着させてキスをするお姉ちゃん。こんなに抱き合ったのは初めてです。",

"指と指が絡み合ったところからじんわりと体が熱くなるのを感じます。": "指と指が絡み合ったところからじんわりと体が熱くなるのを感じます。",

"「ねえ、アリス。おっぱい……さわっていいよ。アリス、好きでしょ?」": "「ねえ、アリス。おっぱい……さわっていいよ。アリス、好きでしょ?」",

"「うん……わー。やわらかい……ふわふわで、あったかいよぉ。きもちいい……」": "「うん……わー。やわらかい……ふわふわで、あったかいよぉ。きもちいい……」",

"いつも一緒に寝るとき顔を埋めていたおっぱいを、いまは直接触ります。ふかふかで指が\n沈む感触と、体温と鼓動が指から伝わってきます。": "いつも一緒に寝るとき顔を埋めていたおっぱいを、いまは直接触ります。ふかふかで指が\n沈む感触と、体温と鼓動が指から伝わってきます。",

"「おねえちゃん……やわらかい。おっぱい、きもちいい……」": "「おねえちゃん……やわらかい。おっぱい、きもちいい……」",

"「アリス。さきっぽ、も……乳首も、さわって……ほら、すこしふっくらしてるでしょ?」": "「アリス。さきっぽ、も……乳首も、さわって……ほら、すこしふっくらしてるでしょ?」",

"「ほんとだ。いつもより、ぷくってしてて……かわいい。わぁぁ……なんだかいつもと": "「ほんとだ。いつもより、ぷくってしてて……かわいい。わぁぁ……なんだかいつもと",

"ちがう……」": "ちがう……」",

"「ひぅっっ♥」": "「ひぅっっ♥」",

"手だけを動かして、綺麗な乳首を触るとお姉ちゃんの体がビクッと跳ねました。": "手だけを動かして、綺麗な乳首を触るとお姉ちゃんの体がビクッと跳ねました。",

"「おねえちゃん、ごめんなさい。いたかった?」": "「おねえちゃん、ごめんなさい。いたかった?」",

"「ううん。気持ちよかった……アリス、もっと……して」": "「ううん。気持ちよかった……アリス、もっと……して」",

"甘えるような声に胸がきゅぅぅぅっとなり、また自分からキスをしてしまいます。": "甘えるような声に胸がきゅぅぅぅっとなり、また自分からキスをしてしまいます。",

"キスをしながら胸を触り、ツンとした乳首を指で撫で回します。それだけでお姉ちゃんの\n体はビクッと反応し、小さく震えました。": "キスをしながら胸を触り、ツンとした乳首を指で撫で回します。それだけでお姉ちゃんの\n体はビクッと反応し、小さく震えました。",

"「アリス。おっぱい……きもちいい。乳首も、いい……やっぱり、アリスは優しいね」": "「アリス。おっぱい……きもちいい。乳首も、いい……やっぱり、アリスは優しいね」",

"(お姉ちゃんかわいい。そんなに気持ちがいいんだ……もっとしてあげないと)": "(お姉ちゃんかわいい。そんなに気持ちがいいんだ……もっとしてあげないと)",

"繋いだままの手を握りしめ、もう片方の手で大人な胸を揉みながら、指先だけで乳首をすり\nあげます。": "繋いだままの手を握りしめ、もう片方の手で大人な胸を揉みながら、指先だけで乳首をすり\nあげます。",

"「アリス……もっと、して……いっぱい、好きにして。アリスにさわられるの、すきなの……♥\n前から、ずっと好きだったの♥」": "「アリス……もっと、して……いっぱい、好きにして。アリスにさわられるの、すきなの……♥\n前から、ずっと好きだったの♥」",

"お姉ちゃんがブラジャーを付ける前から、ときどきおっぱいを吸っていたことを思い出します。\nあのときからお姉ちゃんは喜んでくれていたのだと知って、嬉しくなってしまいます。": "お姉ちゃんがブラジャーを付ける前から、ときどきおっぱいを吸っていたことを思い出します。\nあのときからお姉ちゃんは喜んでくれていたのだと知って、嬉しくなってしまいます。",

"「アリス……ちゅ、ちゅぅ……ぺろぺろ、ちゅぅ……すきよ、アリスぅ♥」": "「アリス……ちゅ、ちゅぅ……ぺろぺろ、ちゅぅ……すきよ、アリスぅ♥」",

"「ちゅー、好き。おねえちゃん……もっと、ちゅーして……おねえちゃん♥」": "「ちゅー、好き。おねえちゃん……もっと、ちゅーして……おねえちゃん♥」",

"お姉ちゃんは胸を揉まれたお礼をするように、私にキスをしてくれます。": "お姉ちゃんは胸を揉まれたお礼をするように、私にキスをしてくれます。",

"舌の間でぬちゅぬちゅと音がするたびに、頭が蕩けて自然と涙が滲んでしまいます。": "舌の間でぬちゅぬちゅと音がするたびに、頭が蕩けて自然と涙が滲んでしまいます。",

"「おねえちゃん、なんだか……わたしも、おっぱいが……ジンジンする、よぉ」": "「おねえちゃん、なんだか……わたしも、おっぱいが……ジンジンする、よぉ」",

"やがて触れ合った乳首が熱くなるのを感じます。お姉ちゃんの肌に擦れた乳首から疼くような\n感覚が生まれ、切なくなってしまいます。": "やがて触れ合った乳首が熱くなるのを感じます。お姉ちゃんの肌に擦れた乳首から疼くような\n感覚が生まれ、切なくなってしまいます。",

"「アリスも感じてるのね。小さな乳首が……きもちよくなっちゃってるのね♥」": "「アリスも感じてるのね。小さな乳首が……きもちよくなっちゃってるのね♥」",

"「ひゃっっっ、おねえ……ちゃん……おっぱい、びりびりって……するよぉ♥」": "「ひゃっっっ、おねえ……ちゃん……おっぱい、びりびりって……するよぉ♥」",

"そういってお姉ちゃんは私の乳首を軽く摘みます。その瞬間、電流のような快感が胸から\n広がり、ビクッと腰が跳ねてしまいます。": "そういってお姉ちゃんは私の乳首を軽く摘みます。その瞬間、電流のような快感が胸から\n広がり、ビクッと腰が跳ねてしまいます。",

"「ふふ、敏感なのね。じゃあ、アリスのおっぱい……気持ちよくしてあげる。優しくして\nあげるわね」": "「ふふ、敏感なのね。じゃあ、アリスのおっぱい……気持ちよくしてあげる。優しくして\nあげるわね」",

"そういうとお姉ちゃんは指に唾液をまぶして、私の乳首をなぞります。お姉ちゃんに\n比べると子供っぽい先っぽが、指に付いた唾液で濡れてニチっと音を立てました。": "そういうとお姉ちゃんは指に唾液をまぶして、私の乳首をなぞります。お姉ちゃんに\n比べると子供っぽい先っぽが、指に付いた唾液で濡れてニチっと音を立てました。",

"「おねえ、ひゃうぅぅっっ……それ、へんだよ。なんだかゾクゾクってする。なんだかビリっ": "「おねえ、ひゃうぅぅっっ……それ、へんだよ。なんだかゾクゾクってする。なんだかビリっ",

"てして、ふくぅぅぅぅぅぅっっ!?」": "てして、ふくぅぅぅぅぅぅっっ!?」",

"「アリスの体はすごく敏感ね。ちょっと触っただけでえっちになってるよ。まだこんなに\nちいさなおっぱいなのに……かわいい」": "「アリスの体はすごく敏感ね。ちょっと触っただけでえっちになってるよ。まだこんなに\nちいさなおっぱいなのに……かわいい」",

"「やだ……いわないで。アリス……えっちじゃないよぉ。ふわっっっ!?」": "「やだ……いわないで。アリス……えっちじゃないよぉ。ふわっっっ!?」",

"ささやかれる言葉を否定するより先に、お姉ちゃんの指が胸のさきっぽを挟み込み、きゅっと\n摘み上げます。": "ささやかれる言葉を否定するより先に、お姉ちゃんの指が胸のさきっぽを挟み込み、きゅっと\n摘み上げます。",

"「おね……ちゃん、それだめぇ……からだが、へんになっちゃう……きもちよくなっちゃう": "「おね……ちゃん、それだめぇ……からだが、へんになっちゃう……きもちよくなっちゃう",

"少しそれだけで全身がビクッと跳ね、甘い快感に身悶えしてしまいます。": "少しそれだけで全身がビクッと跳ね、甘い快感に身悶えしてしまいます。",

"「いいのよ。わたしに見せて……アリスの可愛いかお。わたしだけに、えっちになって……\n二人だけの秘密にしておくから」": "「いいのよ。わたしに見せて……アリスの可愛いかお。わたしだけに、えっちになって……\n二人だけの秘密にしておくから」",

"「おねえちゃんと、わたしだけの……?」": "「おねえちゃんと、わたしだけの……?」",

"「そう、お姉ちゃんとアリスの……えっち。二人だけの秘密よ」": "「そう、お姉ちゃんとアリスの……えっち。二人だけの秘密よ」",

"「おねえちゃん、おねえちゃん……アーニャおねーちゃん。ちゅ、ちゅぅぅぅぅ……はむ、": "「おねえちゃん、おねえちゃん……アーニャおねーちゃん。ちゅ、ちゅぅぅぅぅ……はむ、",

"れろ、ちゅ、ちゅぅっ」": "れろ、ちゅ、ちゅぅっ」",

"優しい声にお腹の奥が燃えるように熱くなり、深く口づけを交わします。ぬちゃぬちゃと\n大きな水音がするほど舌を絡ませ、お姉ちゃんの唾液を飲み込みます。": "優しい声にお腹の奥が燃えるように熱くなり、深く口づけを交わします。ぬちゃぬちゃと\n大きな水音がするほど舌を絡ませ、お姉ちゃんの唾液を飲み込みます。",

"「アリス……かわいい……ちゅっっ」": "「アリス……かわいい……ちゅっっ」",

"おっぱいを触っていた手が止まり、代わりに重ね合った胸同士が擦れ合います。": "おっぱいを触っていた手が止まり、代わりに重ね合った胸同士が擦れ合います。",

"「おっぱい、が……おねえちゃんのおっぱいが……ふわっっっ♥」": "「おっぱい、が……おねえちゃんのおっぱいが……ふわっっっ♥」",

"「うん、こすれてるよ。アリスのと、わたしの乳首が……こりこり、してるよ♥」": "「うん、こすれてるよ。アリスのと、わたしの乳首が……こりこり、してるよ♥」",

"密着させた胸の先端が触れ合います。敏感な部分が擦れ合うピリピリとした刺激に甘い\n吐息がもれてしまいます。": "密着させた胸の先端が触れ合います。敏感な部分が擦れ合うピリピリとした刺激に甘い\n吐息がもれてしまいます。",

"「おねえちゃ、ん……おっぱい、きもちいい……ぴりぴりして、へんなこえが……ふにゃ": "「おねえちゃ、ん……おっぱい、きもちいい……ぴりぴりして、へんなこえが……ふにゃ",

"ぁぁぁぁぁっっ」": "ぁぁぁぁぁっっ」",

"「アリス……乳首、だよ。ちくびが、きもちよくなってるの……ほら、言ってみて……\nアリス。ちくび、きもちいいって……」": "「アリス……乳首、だよ。ちくびが、きもちよくなってるの……ほら、言ってみて……\nアリス。ちくび、きもちいいって……」",

"「ああああ、きもちいいよぉ……ちくび。わたし……乳首で、きもちよくなってるよぉ。": "「ああああ、きもちいいよぉ……ちくび。わたし……乳首で、きもちよくなってるよぉ。",

"おねえちゃんっ……おねえちゃんっっ♥」": "おねえちゃんっ……おねえちゃんっっ♥」",

"お姉ちゃんにささやかれるままに、その単語を復唱し、擦れ合う乳首からの快感に溺れて": "お姉ちゃんにささやかれるままに、その単語を復唱し、擦れ合う乳首からの快感に溺れて",

"「アリス……えっちで、かわいいよ。乳首でちゃんと感じるようになったのね」": "「アリス……えっちで、かわいいよ。乳首でちゃんと感じるようになったのね」",

"これまでお姉ちゃんに触られても、すぐすったいだけで気持ちよくなることはなかった部分。\nそこをコリコリと乳首でなぞられるだけで、おへその下がきゅぅっと熱くなります。": "これまでお姉ちゃんに触られても、すぐすったいだけで気持ちよくなることはなかった部分。\nそこをコリコリと乳首でなぞられるだけで、おへその下がきゅぅっと熱くなります。",

"もっと、触ってほしいと。乳首を擦れあわせたいと願ってしまいます。": "もっと、触ってほしいと。乳首を擦れあわせたいと願ってしまいます。",

"「もっとしてあげるね、だから……もっと、えっちなアリスを……私にみせて♥ もっと\nえっちになってぇぇ♥」": "「もっとしてあげるね、だから……もっと、えっちなアリスを……私にみせて♥ もっと\nえっちになってぇぇ♥」",

"お姉ちゃんが、体を更に密着させて私の乳首を押しつぶします。ゾワゾワした快感に浸る\nまもなく、キスをされて口の中まで蕩けてしまいます。": "お姉ちゃんが、体を更に密着させて私の乳首を押しつぶします。ゾワゾワした快感に浸る\nまもなく、キスをされて口の中まで蕩けてしまいます。",

"(おねえちゃん……おねえちゃん。すき……すきぃぃぃぃ)": "(おねえちゃん……おねえちゃん。すき……すきぃぃぃぃ)",

"口を塞がれたまま、レロレロと舌を擦り合わせます。": "口を塞がれたまま、レロレロと舌を擦り合わせます。",

"キスがこんなに気持ちいいとは知りませんでした。舌を舐め合うだけでこんなに好きな\n気持ちでいっぱいになるなんて知りませんでした。": "キスがこんなに気持ちいいとは知りませんでした。舌を舐め合うだけでこんなに好きな\n気持ちでいっぱいになるなんて知りませんでした。",

"「おねえちゃん、おっぱい……ちくび、きもちいいよぉ。おなかのおく、ウズウズするのぉ": "「おねえちゃん、おっぱい……ちくび、きもちいいよぉ。おなかのおく、ウズウズするのぉ",

"……ドキドキして、とまらないのぉぉ♥ おねえちゃん、ちゅー……してぇ♥」": "……ドキドキして、とまらないのぉぉ♥ おねえちゃん、ちゅー……してぇ♥」",

"乳首を擦り合わせる度に吐息が熱くなり、もっとして欲しくなります。全身が火照ってキス\nをねだってしまいます。": "乳首を擦り合わせる度に吐息が熱くなり、もっとして欲しくなります。全身が火照ってキス\nをねだってしまいます。",

"「ん、ちゅっっ、アリス……アリスぅ……わたしの、かわいいアリスぅぅぅ♥」": "「ん、ちゅっっ、アリス……アリスぅ……わたしの、かわいいアリスぅぅぅ♥」",

"キスの音が部屋中に響きわたり、絡み合った唾液が喉奥に落ちていきます。": "キスの音が部屋中に響きわたり、絡み合った唾液が喉奥に落ちていきます。",

"長い口づけが終わり、二人の舌先で銀色の糸が引くのが見えます。だけど、好きな気持ちは\n大きくなるばかりで、どんどん体の疼きは大きくなっていきます。": "長い口づけが終わり、二人の舌先で銀色の糸が引くのが見えます。だけど、好きな気持ちは\n大きくなるばかりで、どんどん体の疼きは大きくなっていきます。",

"「アリス……ちくび、ぷくってなってるよ」": "「アリス……ちくび、ぷくってなってるよ」",

"「ふわっっ、おねえちゃ……んんんっっ。おむね……ちくび、きもちいい……よぉ♥」": "「ふわっっ、おねえちゃ……んんんっっ。おむね……ちくび、きもちいい……よぉ♥」",

"「こんなに小さいのに……こんなに固くなってる。きもちいいのね? えっちな気持ちに\nなってるのね」": "「こんなに小さいのに……こんなに固くなってる。きもちいいのね? えっちな気持ちに\nなってるのね」",

"そういってお姉ちゃんは、自分の乳首を私のお胸に押し付けてきます。ぷっくりと膨らんだ\nおっぱいの先端が、クニクニと形を変えて、私の膨らんだ乳首がお姉ちゃんの乳首にキスします。": "そういってお姉ちゃんは、自分の乳首を私のお胸に押し付けてきます。ぷっくりと膨らんだ\nおっぱいの先端が、クニクニと形を変えて、私の膨らんだ乳首がお姉ちゃんの乳首にキスします。",

"「かわいいよ。アリス……アリスの小さなおっぱい、興奮して膨らんじゃってる♥ すごく、\nえっちでかわいい……」": "「かわいいよ。アリス……アリスの小さなおっぱい、興奮して膨らんじゃってる♥ すごく、\nえっちでかわいい……」",

"「ふわぁぁ、これ……きもちいぃ♥ ちくび、こりこりするの……きもちひぃ♥  おねえ": "「ふわぁぁ、これ……きもちいぃ♥ ちくび、こりこりするの……きもちひぃ♥  おねえ",

"ちゃんの、おっぱいが……こすれ、てぇ♥」": "ちゃんの、おっぱいが……こすれ、てぇ♥」",

"「アリスのちくび、こんなにえっちになってる♥ すごく、ピンクでちっちゃくて……\nえっちで、かわいい♥」": "「アリスのちくび、こんなにえっちになってる♥ すごく、ピンクでちっちゃくて……\nえっちで、かわいい♥」",

"そういってお姉ちゃんは、私の乳首に口づけをします。": "そういってお姉ちゃんは、私の乳首に口づけをします。",

"「ちゅぅ……ちゅぅぅ……れろ、ぴちゃ……アリスのちくび……アリスの、ちくび……あまい\n……おいしいぃ♥」": "「ちゅぅ……ちゅぅぅ……れろ、ぴちゃ……アリスのちくび……アリスの、ちくび……あまい\n……おいしいぃ♥」",

"「ひぅぅぅぅっ、だめぇ……おねえちゃん。おっぱい、ぺろぺろしたら……ふぁぁ、くぅぅ": "「ひぅぅぅぅっ、だめぇ……おねえちゃん。おっぱい、ぺろぺろしたら……ふぁぁ、くぅぅ",

"ぅっぅん♥」": "ぅっぅん♥」",

"赤ちゃんのように乳首をちゅっちゅっと吸うお姉ちゃん。": "赤ちゃんのように乳首をちゅっちゅっと吸うお姉ちゃん。",

"「アリスのこどもちくび……おいしい、かわいい。えっちで、おいしい……れろっ、ちゅぴ、\nちゅっ……ちゅぅぅぅぅぅぅっっ♥」": "「アリスのこどもちくび……おいしい、かわいい。えっちで、おいしい……れろっ、ちゅぴ、\nちゅっ……ちゅぅぅぅぅぅぅっっ♥」",

"甘い刺激に頭がふわふわします。こんなに乳首が気持ちよくなるなんて知りませんでした。": "甘い刺激に頭がふわふわします。こんなに乳首が気持ちよくなるなんて知りませんでした。",

"「アリス……こんなにちっちゃなおっぱいなのに、すごくえっちだよ♥ かわいい、ぺろっ、\nちゅっ」": "「アリス……こんなにちっちゃなおっぱいなのに、すごくえっちだよ♥ かわいい、ぺろっ、\nちゅっ」",

"唇を離したお姉ちゃんは、優しく先端にキスをしてまた胸を重ね合わせます。": "唇を離したお姉ちゃんは、優しく先端にキスをしてまた胸を重ね合わせます。",

"「おねーちゃん……わたし、えっちに……なっちゃったの? わるいこに、なっちゃった?」": "「おねーちゃん……わたし、えっちに……なっちゃったの? わるいこに、なっちゃった?」",

"不安を口にすると、お姉ちゃんは軽いキスをして優しく微笑んでくれます。": "不安を口にすると、お姉ちゃんは軽いキスをして優しく微笑んでくれます。",

"「いいのよ、アリス。えっちは悪いことじゃないの。それにお姉ちゃんは……えっちな\nアリスも大好きよ。んんっっ、ちゅっ……」": "「いいのよ、アリス。えっちは悪いことじゃないの。それにお姉ちゃんは……えっちな\nアリスも大好きよ。んんっっ、ちゅっ……」",

"濃厚なキスが交わされ、触れ合った唇の間でつぅと銀色の糸が引きます。": "濃厚なキスが交わされ、触れ合った唇の間でつぅと銀色の糸が引きます。",

"「ところで……アリス。気付いてる?」": "「ところで……アリス。気付いてる?」",

"「なに……どうした、の……おねえ、ちゃ……」": "「なに……どうした、の……おねえ、ちゃ……」",

"「ふわぁぁぁっっ!?」": "「ふわぁぁぁっっ!?」",

"聞き返そうとしたとき、触れ合ったおまたに快感が走りました。": "聞き返そうとしたとき、触れ合ったおまたに快感が走りました。",

"重なり合ったおまたからぬちゅりという音がして、体がビクビクと震えてしまいます。": "重なり合ったおまたからぬちゅりという音がして、体がビクビクと震えてしまいます。",

"「ほら、アリス……アリスのここ……すごく濡れてるよ」": "「ほら、アリス……アリスのここ……すごく濡れてるよ」",

"お姉ちゃんはそういうと密着させたおまたを、わたしのあそこに押し付けました。ヌルリと\nしたものが、股間でくちゅりと音を立てるのが聞こえます。": "お姉ちゃんはそういうと密着させたおまたを、わたしのあそこに押し付けました。ヌルリと\nしたものが、股間でくちゅりと音を立てるのが聞こえます。",

"「ああ、ごめんなさい。ごめんなさい……おねえちゃん、わたし……また、おもらしし……": "「ああ、ごめんなさい。ごめんなさい……おねえちゃん、わたし……また、おもらしし……",

"ちゃった……」": "ちゃった……」",

"「大丈夫よ。アリス……これは、オシッコじゃないの。ほら、こんなにヌルヌルしてるで\nしょう? これは、えっちな気持ちになると出るのよ」": "「大丈夫よ。アリス……これは、オシッコじゃないの。ほら、こんなにヌルヌルしてるで\nしょう? これは、えっちな気持ちになると出るのよ」",

"「ひぅっ! うう……はずかしいよぉ」": "「ひぅっ! うう……はずかしいよぉ」",

"お姉ちゃんは私のおまたからヌルヌルを手に取ると、それを目の前で広げます。ネバネバと\nした液体が糸を引き、とろりと垂れるものに顔が熱くなります。": "お姉ちゃんは私のおまたからヌルヌルを手に取ると、それを目の前で広げます。ネバネバと\nした液体が糸を引き、とろりと垂れるものに顔が熱くなります。",

"「アリス、いいのよ。えっちに気持ちになってくれて……わたし、すごく嬉しい。だって\nほら……♥」": "「アリス、いいのよ。えっちに気持ちになってくれて……わたし、すごく嬉しい。だって\nほら……♥」",

"「ふわっっっっ、おねーちゃん……ぬれてる……」": "「ふわっっっっ、おねーちゃん……ぬれてる……」",

"「わたしも、アリスが大好きだから……こんなに濡れちゃってるの。アリスでえっちな気分に\nなってる証拠だよ。んんっっ、ほら……こんなにトロトロになってる」": "「わたしも、アリスが大好きだから……こんなに濡れちゃってるの。アリスでえっちな気分に\nなってる証拠だよ。んんっっ、ほら……こんなにトロトロになってる」",

"そういって今度は自分のおまたから出たおしるを私に見せつけてきます。それはホカホカ\nとしていて、いい匂いがしました。": "そういって今度は自分のおまたから出たおしるを私に見せつけてきます。それはホカホカ\nとしていて、いい匂いがしました。",

"「おねえちゃん……あの、それ……なめたい。おねえちゃんの、おしる……ほしい」": "「おねえちゃん……あの、それ……なめたい。おねえちゃんの、おしる……ほしい」",

"「ありすぅぅぅぅぅぅぅ♥ いいよ、飲んで……お姉ちゃんのえっちなおしる、のんでぇぇ": "「ありすぅぅぅぅぅぅぅ♥ いいよ、飲んで……お姉ちゃんのえっちなおしる、のんでぇぇ",

"私の言葉にお姉ちゃんは感激したように頬を緩ませ、とろとろのおしるでいっぱいになった\n指先を口元に添えてくれます。": "私の言葉にお姉ちゃんは感激したように頬を緩ませ、とろとろのおしるでいっぱいになった\n指先を口元に添えてくれます。",

"「れろ、れろ……ぴちゃ、ぺちょ……はぁ、ちゅぱ、ちゅっっ……おいしい……おねえちゃん": "「れろ、れろ……ぴちゃ、ぺちょ……はぁ、ちゅぱ、ちゅっっ……おいしい……おねえちゃん",

"の、おしる……おいしいぃぃ♥」": "の、おしる……おいしいぃぃ♥」",

"甘酸っぱい液体を舐めるうちに、おまたが熱くなるのを感じます。触らなくても、おまたが\nヌルヌルになっていくのがわかります": "甘酸っぱい液体を舐めるうちに、おまたが熱くなるのを感じます。触らなくても、おまたが\nヌルヌルになっていくのがわかります",

"「おねえちゃん……すきぃ……さっきのしてぇ……おまたで、わたしのあそこ……くにくに": "「おねえちゃん……すきぃ……さっきのしてぇ……おまたで、わたしのあそこ……くにくに",

"……してぇぇ♥」": "……してぇぇ♥」",

"とろっとおしるが出てしまうおまた。そこで気持ちよくなりたくて、腰が自然と動いてしま\nいます。": "とろっとおしるが出てしまうおまた。そこで気持ちよくなりたくて、腰が自然と動いてしま\nいます。",

"「アリスも……おまんこ、うずうずしてるのね。わたしで、えっちなきもちになってるのね♥」": "「アリスも……おまんこ、うずうずしてるのね。わたしで、えっちなきもちになってるのね♥」",

"「おまんこ……?」": "「おまんこ……?」",

"「そうよ、アリスのヌルヌルになったわれめ。おまんこ……っていうの。ほら言ってみて」": "「そうよ、アリスのヌルヌルになったわれめ。おまんこ……っていうの。ほら言ってみて」",

"「お……おまんこ」": "「お……おまんこ」",

"それがすごくえっちな言葉だということが、なんとなくわかります。だけど、口にしただけで\n『おまんこ』からじわっとおしるが出るのがわかります。": "それがすごくえっちな言葉だということが、なんとなくわかります。だけど、口にしただけで\n『おまんこ』からじわっとおしるが出るのがわかります。",

"「ふわぁぁぁぁっっっっ♥ そこ、きもちいい……きもちいいよぉ」": "「ふわぁぁぁぁっっっっ♥ そこ、きもちいい……きもちいいよぉ」",

"「おまんこよ、アリス……お姉ちゃんに、おまんこ気持ちいいっていっていってみて」": "「おまんこよ、アリス……お姉ちゃんに、おまんこ気持ちいいっていっていってみて」",

"くちゅくちゅとおねえちゃんのワレメが、わたしのあそこと擦れ合います。エッチな音が部屋に\n広がり、頭がクラクラします。": "くちゅくちゅとおねえちゃんのワレメが、わたしのあそこと擦れ合います。エッチな音が部屋に\n広がり、頭がクラクラします。",

"「ああ♥ きもちいい♥ きもちいいよ、おねえちゃん……おまんこ、きもちいいよぉぉぉ♥」": "「ああ♥ きもちいい♥ きもちいいよ、おねえちゃん……おまんこ、きもちいいよぉぉぉ♥」",

"「きもちいいのね、アリス♥ お姉ちゃんと、おまんこをクチュクチュさせてきもちよくなって\nるのね。おまんこキス……きもちいい?」": "「きもちいいのね、アリス♥ お姉ちゃんと、おまんこをクチュクチュさせてきもちよくなって\nるのね。おまんこキス……きもちいい?」",

"「きもひいい……おまんこ、きもひいいよぉ……くちゅくちゅってするの、すきぃぃぃ♥": "「きもひいい……おまんこ、きもひいいよぉ……くちゅくちゅってするの、すきぃぃぃ♥",

"おまんこキス、いいよぉぉぉぉ♥」": "おまんこキス、いいよぉぉぉぉ♥」",

"お姉ちゃんの『おまんこ』で敏感なところを刺激され、涙が滲んでしまいます。すごくえっちな\n音がしているのに、どんどんお汁が溢れてしまいます。": "お姉ちゃんの『おまんこ』で敏感なところを刺激され、涙が滲んでしまいます。すごくえっちな\n音がしているのに、どんどんお汁が溢れてしまいます。",

"「ほら、聞こえる。アリス……アリスのオマンコジュース……すごく、たくさん出てるよ。\nれろっっ、すごく美味しいよ」": "「ほら、聞こえる。アリス……アリスのオマンコジュース……すごく、たくさん出てるよ。\nれろっっ、すごく美味しいよ」",

"「いやぁぁぁぁ、はずかしい。はずかしいよぉ、おねーちゃん。わたしの、おまんこじゅーす、": "「いやぁぁぁぁ、はずかしい。はずかしいよぉ、おねーちゃん。わたしの、おまんこじゅーす、",

"のんじゃだよぁぁぁ♥」": "のんじゃだよぁぁぁ♥」",

"お姉ちゃんは溢れ出すおしるを指ですくい、見せつけるようにペロペロと舐めて――キスを": "お姉ちゃんは溢れ出すおしるを指ですくい、見せつけるようにペロペロと舐めて――キスを",

"口の中に自分のおしるのが入り込み、そのえっちな味に頭の中がフワフワします。": "口の中に自分のおしるのが入り込み、そのえっちな味に頭の中がフワフワします。",

"「ん、はぁ……れろ、ちゅ……れろぉぉぉ……ほら、アリスのえっちなおしる。こんなに\n美味しいでしょ。ほら、お姉ちゃんのも……あげるよ。ちゅぅっっ。れろぅ」": "「ん、はぁ……れろ、ちゅ……れろぉぉぉ……ほら、アリスのえっちなおしる。こんなに\n美味しいでしょ。ほら、お姉ちゃんのも……あげるよ。ちゅぅっっ。れろぅ」",

"(ああ、まざってる。お口のなかで、わたしとおねえちゃんの『おまんこじゅーす』が\nまざっちゃってる。おくちが、えっちなおしるで、とろとろになってるよぉ)": "(ああ、まざってる。お口のなかで、わたしとおねえちゃんの『おまんこじゅーす』が\nまざっちゃってる。おくちが、えっちなおしるで、とろとろになってるよぉ)",

"唾液とおまんこ汁の混合液を舌で味わいながら、深いキスを交わします。お姉ちゃんも\n蕩けた顔で、私の唾液を飲んでいます。": "唾液とおまんこ汁の混合液を舌で味わいながら、深いキスを交わします。お姉ちゃんも\n蕩けた顔で、私の唾液を飲んでいます。",

"「さあ、アリス……もっとお姉ちゃんが気持ちよくしてあげるね♥」": "「さあ、アリス……もっとお姉ちゃんが気持ちよくしてあげるね♥」",

"「ふ、くぅぅぅぅ♥ おねーちゃん、おむねが……ぁぁぁ、やぁぁぁ……ちくび、あたってる": "「ふ、くぅぅぅぅ♥ おねーちゃん、おむねが……ぁぁぁ、やぁぁぁ……ちくび、あたってる",

"よぉ」": "よぉ」",

"お姉ちゃんが体を動かすと、わたしの小さな乳首がお姉ちゃんの蕾に押しつぶされて快感が\n走ります。": "お姉ちゃんが体を動かすと、わたしの小さな乳首がお姉ちゃんの蕾に押しつぶされて快感が\n走ります。",

"クリクリと擦れ合う刺激に、おへその奥がキュンキュンと疼き、おまたからたくさんのお汁が\n溢れてくるのがわかります。": "クリクリと擦れ合う刺激に、おへその奥がキュンキュンと疼き、おまたからたくさんのお汁が\n溢れてくるのがわかります。",

"「敏感なのね、アリス。いいのよ、もっと気持ちよくなって……お姉ちゃんに、きもちよく\nなってる顔を見せて。きもちいいって言って……ちゅっっ」": "「敏感なのね、アリス。いいのよ、もっと気持ちよくなって……お姉ちゃんに、きもちよく\nなってる顔を見せて。きもちいいって言って……ちゅっっ」",

"「あああああ、きもちいい……きもちいいよぉ……おねーちゃん、おっぱいが……じんじん": "「あああああ、きもちいい……きもちいいよぉ……おねーちゃん、おっぱいが……じんじん",

"するよぉぉぉ」": "するよぉぉぉ」",

"「アリス。おまんこもトロトロよ。いっぱい……えっちなジュースがこぼれてる。でも、こう\nすると……」": "「アリス。おまんこもトロトロよ。いっぱい……えっちなジュースがこぼれてる。でも、こう\nすると……」",

"「ひぅぅぅぅぅぅぅぅっっっっ!!」": "「ひぅぅぅぅぅぅぅぅっっっっ!!」",

"おまたが強くおしつけられ、ワレメが左右に押し広げられるのが分かりました。": "おまたが強くおしつけられ、ワレメが左右に押し広げられるのが分かりました。",

"「ほら、おまんこが大人のキスをしてる。アリスのちっちゃなひだと、お姉ちゃんのひだが\nクチュクチュって音を立てているよ。あんっっっ♥」": "「ほら、おまんこが大人のキスをしてる。アリスのちっちゃなひだと、お姉ちゃんのひだが\nクチュクチュって音を立てているよ。あんっっっ♥」",

"「ふあぁぁぁぁぁぁぁぁ、知らない。こんなのはじめてぇぇ♥」": "「ふあぁぁぁぁぁぁぁぁ、知らない。こんなのはじめてぇぇ♥」",

"「そして、こうすると……んんんんんんっっ♥♥」": "「そして、こうすると……んんんんんんっっ♥♥」",

"「っっっっっっっっっ♥♥」": "「っっっっっっっっっ♥♥」",

"おまたの――おまんこの上にある部分がコリっと刺激され、一瞬目の前で火花が散りました。": "おまたの――おまんこの上にある部分がコリっと刺激され、一瞬目の前で火花が散りました。",

"(な、に……いまの、からだが……ふわっってした……)": "(な、に……いまの、からだが……ふわっってした……)",

"「アリス、きもちよかった?」": "「アリス、きもちよかった?」",

"「はぁはぁ……うん……いまろ、なに? おねーひゃん」": "「はぁはぁ……うん……いまろ、なに? おねーひゃん」",

"「クリトリスっていうの……すごく、きもちよくなれるところだよ。アリスも、きもちよかった\nよね?」": "「クリトリスっていうの……すごく、きもちよくなれるところだよ。アリスも、きもちよかった\nよね?」",

"「うん……クリトリス、きもひよかっら♥」": "「うん……クリトリス、きもひよかっら♥」",

"頭がフワフワして何も考えることができません。": "頭がフワフワして何も考えることができません。",

"「じゃあ、今度は一緒にイこう。お姉ちゃんもアリスと一緒にイきたいの♥ もう、我慢\nできないのぉぉ♥♥」": "「じゃあ、今度は一緒にイこう。お姉ちゃんもアリスと一緒にイきたいの♥ もう、我慢\nできないのぉぉ♥♥」",

"「イクって、な……ふわぁぁぁぁぁぁ♥ そ、れぇだめぇぇぇ、んんんんっっ♥」": "「イクって、な……ふわぁぁぁぁぁぁ♥ そ、れぇだめぇぇぇ、んんんんっっ♥」",

"お姉ちゃんは声を聞き届けることなく、おまんこ同士を擦り合わせてます。クチュクチュという\n水音がして、めくれ上がった内側のヒダがキスをします。": "お姉ちゃんは声を聞き届けることなく、おまんこ同士を擦り合わせてます。クチュクチュという\n水音がして、めくれ上がった内側のヒダがキスをします。",

"「おねーひゃ、んんんっっっ……す、ごい、おまたがびりびり、しゅる。ふわぁぁ、きゅぅぅぅ": "「おねーひゃ、んんんっっっ……す、ごい、おまたがびりびり、しゅる。ふわぁぁ、きゅぅぅぅ",

"ぅぅぅぅんんっっ♥♥」": "ぅぅぅぅんんっっ♥♥」",

"クリトリス? がぶつかる度に電気が流されたような感覚が広がり、頭の中が真っ白になって\nいきます。": "クリトリス? がぶつかる度に電気が流されたような感覚が広がり、頭の中が真っ白になって\nいきます。",

"「ああ、アリスの……アリスのおまんこ、ぷにぷにしてる。夢みたい……わたし、アリスと……\n貝合せ、してるぅ。おまんこ同士で、らぶらぶキスしてるぅぅぅ♥」": "「ああ、アリスの……アリスのおまんこ、ぷにぷにしてる。夢みたい……わたし、アリスと……\n貝合せ、してるぅ。おまんこ同士で、らぶらぶキスしてるぅぅぅ♥」",

"ゾクゾクした快感が背中に生まれ、おへその奥がキュンキュンします。": "ゾクゾクした快感が背中に生まれ、おへその奥がキュンキュンします。",

"オマンコからはたくさんのジュースが溢れ出し、オマンコのヒダはお姉ちゃんのとキスを\n交わしています。": "オマンコからはたくさんのジュースが溢れ出し、オマンコのヒダはお姉ちゃんのとキスを\n交わしています。",

"「おねーちゃん……きもちいい……すき。おねーちゃん、すきぃぃぃぃ♥♥」": "「おねーちゃん……きもちいい……すき。おねーちゃん、すきぃぃぃぃ♥♥」",

"「アリス。わたしも……すき。すき……愛してる。ほんとはずっと、こうしたかったの……\nアリスと、えっちしたかったの♥♥」": "「アリス。わたしも……すき。すき……愛してる。ほんとはずっと、こうしたかったの……\nアリスと、えっちしたかったの♥♥」",

"ポロポロと涙を流しながら、お姉ちゃんがクリトリスを擦りつけてきます。": "ポロポロと涙を流しながら、お姉ちゃんがクリトリスを擦りつけてきます。",

"「うん、しってたよ♥ ほんとは分かっていたの♥ おねえちゃん、ずっと……おまた、": "「うん、しってたよ♥ ほんとは分かっていたの♥ おねえちゃん、ずっと……おまた、",

"さわっていたよね。わたしのこと、ベッドで呼んでいたよね♥」": "さわっていたよね。わたしのこと、ベッドで呼んでいたよね♥」",

"ときどき深夜に私の名を囁きながら、お姉ちゃんがベッドでモゾモゾしていたのを知っています。\n音も聞こえていました。": "ときどき深夜に私の名を囁きながら、お姉ちゃんがベッドでモゾモゾしていたのを知っています。\n音も聞こえていました。",

"「そんな……知ってたの。オナニーしてたの、聞こえてたの?」": "「そんな……知ってたの。オナニーしてたの、聞こえてたの?」",

"「うん……なにしてるのか分からなかったけど……おねーちゃんは、ずっとすきだったんだね。": "「うん……なにしてるのか分からなかったけど……おねーちゃんは、ずっとすきだったんだね。",

"ちゅぅ……ちゅっっ、すき……アーニャおねーちゃん……すき」": "ちゅぅ……ちゅっっ、すき……アーニャおねーちゃん……すき」",

"恥ずかしそうに赤くなるお姉ちゃんにキスをして、自分からクリトリスを押し付けます。": "恥ずかしそうに赤くなるお姉ちゃんにキスをして、自分からクリトリスを押し付けます。",

"「あああああ♥ アリスぅ、きもちいいよアリスぅぅぅ。もっと、して……お姉ちゃんも、\nきもちよくしてあげるから。ふぁぁぁぁっ♥」": "「あああああ♥ アリスぅ、きもちいいよアリスぅぅぅ。もっと、して……お姉ちゃんも、\nきもちよくしてあげるから。ふぁぁぁぁっ♥」",

"「うん……うん♥ おねえ、ちゃん……おねえ、ちゃんん……んんんっっ、くぅぅぅぅん♥": "「うん……うん♥ おねえ、ちゃん……おねえ、ちゃんん……んんんっっ、くぅぅぅぅん♥",

"すき、すきぃぃぃぃぃぃぃ♥」": "すき、すきぃぃぃぃぃぃぃ♥」",

"唇でキスをして、乳首とおまんこでも恋人のキスをします。": "唇でキスをして、乳首とおまんこでも恋人のキスをします。",

"汗ばんだ体がビクビクと跳ね上がり、おまんことクリトリスから生まれた快感が背中を駆け\n上がってくるのが分かります。": "汗ばんだ体がビクビクと跳ね上がり、おまんことクリトリスから生まれた快感が背中を駆け\n上がってくるのが分かります。",

"「しゅごひ、おまんこ……きもひいいよぉ♥ おねーちゃん、おまんこが……とけひゃうよぉ": "「しゅごひ、おまんこ……きもひいいよぉ♥ おねーちゃん、おまんこが……とけひゃうよぉ",

"ぉぉ♥♥」": "ぉぉ♥♥」",

"「わたひも……とけるぅ。アリスのおまんこ、きもひよくて……あそこがとけひゃぅ……アリス、\nありすぅぅぅぅぅぅぅっっ♥♥」": "「わたひも……とけるぅ。アリスのおまんこ、きもひよくて……あそこがとけひゃぅ……アリス、\nありすぅぅぅぅぅぅぅっっ♥♥」",

"「おねーひゃん、アーニャおねーちゃん♥ すき、すき……アーニャおねーちゃん、と……": "「おねーひゃん、アーニャおねーちゃん♥ すき、すき……アーニャおねーちゃん、と……",

"えっち、すきぃぃぃぃ♥♥」": "えっち、すきぃぃぃぃ♥♥」",

"お互いの名前を呼び合い、おまんこのヒダを密着させ、じゅーすを溢れさせる部分を限界まで\n擦りつけ、クリトリスをぶつけます。": "お互いの名前を呼び合い、おまんこのヒダを密着させ、じゅーすを溢れさせる部分を限界まで\n擦りつけ、クリトリスをぶつけます。",

"「あっっ、ああっっ♥  あぁ、あああああっっっ、アーニャおねーひゃん、くる……なにか": "「あっっ、ああっっ♥  あぁ、あああああっっっ、アーニャおねーひゃん、くる……なにか",

"……きひゃゃうぅぅ♥♥」": "……きひゃゃうぅぅ♥♥」",

"「わたしも、イクっっ……アリスといっひょに、イッちゃうよぉぉぉ」": "「わたしも、イクっっ……アリスといっひょに、イッちゃうよぉぉぉ」",

"そして、いままで経験したことのない快感が押し寄せ――": "そして、いままで経験したことのない快感が押し寄せ――",

"「ありすぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ♥♥♥」": "「ありすぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ♥♥♥」",

"「おねーちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁんんんっっ♥♥♥」": "「おねーちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁんんんっっ♥♥♥」",

"私の頭は真っ白な快感に塗りつぶされてしまいました。": "私の頭は真っ白な快感に塗りつぶされてしまいました。",

"「はぁ……はぁ……はぁ……おねえ、ちゃん」": "「はぁ……はぁ……はぁ……おねえ、ちゃん」",

"あとに残るのは快楽と多幸感、気だるい満足感だけ。": "あとに残るのは快楽と多幸感、気だるい満足感だけ。",

"「アリス……すきよ、だいすき……愛してるわ。どこにもいかないで」": "「アリス……すきよ、だいすき……愛してるわ。どこにもいかないで」",

"お姉ちゃんはそんな私を抱きしめたまま、ゆっくりと頭を撫でてくれます。": "お姉ちゃんはそんな私を抱きしめたまま、ゆっくりと頭を撫でてくれます。",

"「どこにもいかないよ、アーニャおねえちゃん」": "「どこにもいかないよ、アーニャおねえちゃん」",

"(そっか……ずっと、ここにいれば……もう離れなくてもいいんだ。ずっとお姉ちゃんと\nいられるんだ)": "(そっか……ずっと、ここにいれば……もう離れなくてもいいんだ。ずっとお姉ちゃんと\nいられるんだ)",

"(だったら、わたし……ここがいい。ここで、ずっとお姉ちゃんと……暮らすの。ずっと)": "(だったら、わたし……ここがいい。ここで、ずっとお姉ちゃんと……暮らすの。ずっと)",

"幸福感に包まれたまま、そう私は願ってしまいます。": "幸福感に包まれたまま、そう私は願ってしまいます。",

"(ああ、もう眠いや……お姉ちゃん、おやすみ……なさい)": "(ああ、もう眠いや……お姉ちゃん、おやすみ……なさい)",

"その瞬間、深い眠気がやってきました。": "その瞬間、深い眠気がやってきました。",

"《これで二人の真の願いは叶えられた。我が契約のもと、目覚めぬ夢で永遠に過ごすがいいわ》": "《これで二人の真の願いは叶えられた。我が契約のもと、目覚めぬ夢で永遠に過ごすがいいわ》",

"眠りに落ちる最後の瞬間、誰かの声が聞こえました。": "眠りに落ちる最後の瞬間、誰かの声が聞こえました。",

"(うん、それでいいよ。お姉ちゃんがいっしょなら……)": "(うん、それでいいよ。お姉ちゃんがいっしょなら……)",

"だけど私はそれを怖いとも思わず、お姉ちゃんの腕に包まれたままゆっくりと温かな闇へと\n意識を手放したのでした。": "だけど私はそれを怖いとも思わず、お姉ちゃんの腕に包まれたままゆっくりと温かな闇へと\n意識を手放したのでした。",

"「きもちいい……これ、きもちいい……おまんこ、くちゅくちゅって、されるの……すき、これ……すきぃぃ」": "「きもちいい……これ、きもちいい……おまんこ、くちゅくちゅって、されるの……すき、これ……すきぃぃ」",

"甘い快感に流されるままにページをめくり、本のなかで繰り広げられる行為にお姉ちゃんと私を重ね合わせます。": "甘い快感に流されるままにページをめくり、本のなかで繰り広げられる行為にお姉ちゃんと私を重ね合わせます。",

"すでに机の下には大きな水たまりが出来上がり、そこにおまんこから溢れた汁が滴るのが分かります。": "すでに机の下には大きな水たまりが出来上がり、そこにおまんこから溢れた汁が滴るのが分かります。",

"「ああ、おもらししてるぅ……わたし、おねえちゃんにえっちなおもらし、しちゃってるぅ♥ しゅごい、これ……しゅごいよぉ♥」": "「ああ、おもらししてるぅ……わたし、おねえちゃんにえっちなおもらし、しちゃってるぅ♥ しゅごい、これ……しゅごいよぉ♥」",

"想像の中の舌が私のおまんこを舐め回し、おしるをゴクゴクと飲んでいく錯覚に頭のなかが蕩けていきます。": "想像の中の舌が私のおまんこを舐め回し、おしるをゴクゴクと飲んでいく錯覚に頭のなかが蕩けていきます。",

"「おねえちゃん……もっと、おねえちゃん……なめて。アリスのおまんこ、なめてぇぇ……おねえちゃんになめてほしいのぉ」": "「おねえちゃん……もっと、おねえちゃん……なめて。アリスのおまんこ、なめてぇぇ……おねえちゃんになめてほしいのぉ」",

"「んんんっっ、そこ、いいよぉ……こりこり、するの……すきぃ♥ クリトリス、ぃぃ……すごく……きもひ、いぃ」": "「んんんっっ、そこ、いいよぉ……こりこり、するの……すきぃ♥ クリトリス、ぃぃ……すごく……きもひ、いぃ」",

"「ああ、またきちゃう……またビクビクってなっちゃぅ……おねえちゃん♥ アーニャおねえちゃんんんんんっっ」": "「ああ、またきちゃう……またビクビクってなっちゃぅ……おねえちゃん♥ アーニャおねえちゃんんんんんっっ」",

"どれだけページをめくっても終わりはみえず、いつしか本の中の姉妹も私とアーニャお姉ちゃんになっていました。": "どれだけページをめくっても終わりはみえず、いつしか本の中の姉妹も私とアーニャお姉ちゃんになっていました。",

"たくさんのえっちな言葉を覚えながら、クチュクチュという音に舌を出して快感を求めることしかできません。": "たくさんのえっちな言葉を覚えながら、クチュクチュという音に舌を出して快感を求めることしかできません。",

"「アーニャおねえちゃんん♥ アーニャおねえ……ちゃん♥ すきぃ、だいすきなのぉぉぉぉぉ♥」": "「アーニャおねえちゃんん♥ アーニャおねえ……ちゃん♥ すきぃ、だいすきなのぉぉぉぉぉ♥」",

"「ああああ……また、くる。くるぅ……ビクビクってしちゃう……おねえちゃんの、クンニで……いっちゃうぅよぉぉぉぉ」": "「ああああ……また、くる。くるぅ……ビクビクってしちゃう……おねえちゃんの、クンニで……いっちゃうぅよぉぉぉぉ」",

"「あぁ……ぁぁぁ……きもひいい、もっと……して、おまんこ……きもひ……よく、してぇぇぇ♥」": "「あぁ……ぁぁぁ……きもひいい、もっと……して、おまんこ……きもひ……よく、してぇぇぇ♥」",

"そして私は脳裏に浮かぶ大好きな人と、終わらない快感に飲み込まれたまま、私の意識はゆっくりと白く塗りつぶされていくのでした。": "そして私は脳裏に浮かぶ大好きな人と、終わらない快感に飲み込まれたまま、私の意識はゆっくりと白く塗りつぶされていくのでした。",

"s1": "s1",

"b2": "b2",

"s1af3": "s1af3",

"MBJH": "MBJH",

"end": "end",

"s1af": "s1af",

"s1af4": "s1af4",

"s1af2": "s1af2",

"alicebikkuri": "alicebikkuri",

"alicenaku": "alicenaku",

"alicehuann": "alicehuann",

"alicegannbaru": "alicegannbaru",

"setumei1": "setumei1",

"setumei2": "setumei2",

"setumei3": "setumei3",

"alicesinnpai": "alicesinnpai",

"s2": "s2",

"s3": "s3",

"s4": "s4",

"s5b": "s5b",

"s7": "s7",

"s8": "s8",

"s9": "s9",

"s2worm": "s2worm",

"s2dc": "s2dc",

"s2goal": "s2goal",

"s2Bookshelf": "s2Bookshelf",

"s2Book": "s2Book",

"s2neji": "s2neji",

"s2LeftChestUnder": "s2LeftChestUnder",

"s2LeftChest": "s2LeftChest",

"s2LeftChest1": "s2LeftChest1",

"s2LeftChest2": "s2LeftChest2",

"s2AdultBook": "s2AdultBook",

"s2knife": "s2knife",

"s2kibako": "s2kibako",

"s2hashigo": "s2hashigo",

"s2RightChest": "s2RightChest",

"s2RightChestLeft": "s2RightChestLeft",

"s2RightChestRight": "s2RightChestRight",

"s2Button": "s2Button",

"s2Photo": "s2Photo",

"s2kabin": "s2kabin",

"s2mahoujin": "s2mahoujin",

"s2hashigo2": "s2hashigo2",

"s2Book2": "s2Book2",

"s2Book3": "s2Book3",

"s2Book4": "s2Book4",

"s3toilet1": "s3toilet1",

"s3toilet2": "s3toilet2",

"s3toilet3": "s3toilet3",

"s3towel": "s3towel",

"s3shotgun": "s3shotgun",

"s3mop": "s3mop",

"s3handleitem": "s3handleitem",

"s3lockerdoor": "s3lockerdoor",

"s3leftdoor": "s3leftdoor",

"s3centerdoor": "s3centerdoor",

"s3rightdoor": "s3rightdoor",

"s3goal": "s3goal",

"s3ventcover": "s3ventcover",

"s3mirror2": "s3mirror2",

"s3mirror2oil": "s3mirror2oil",

"s3washbasin2": "s3washbasin2",

"s3mirror1": "s3mirror1",

"s3washbasin1": "s3washbasin1",

"s3diary": "s3diary",

"s4goal": "s4goal",

"s4door": "s4door",

"s4button": "s4button",

"s4paper1": "s4paper1",

"s4blueHouse": "s4blueHouse",

"s4dogHouse": "s4dogHouse",

"s4dogHouseunder": "s4dogHouseunder",

"s4illust1": "s4illust1",

"s4illust2": "s4illust2",

"s4leftchest1": "s4leftchest1",

"s4leftchest2": "s4leftchest2",

"s4leftchest3": "s4leftchest3",

"s4leftchest4": "s4leftchest4",

"s4chest": "s4chest",

"s4baby": "s4baby",

"s4redHouse": "s4redHouse",

"s4rightchest1": "s4rightchest1",

"s4rightchest2": "s4rightchest2",

"s4rightchestunder": "s4rightchestunder",

"s4paper2": "s4paper2",

"s5shelf": "s5shelf",

"s5": "s5",

"s5door2": "s5door2",

"s5lever": "s5lever",

"s5leftchest1": "s5leftchest1",

"s5leftchest2": "s5leftchest2",

"s5leftchestunder": "s5leftchestunder",

"s5fireplace": "s5fireplace",

"s5clock": "s5clock",

"s5bottle": "s5bottle",

"s5book": "s5book",

"s5teaset": "s5teaset",

"s5rightchest1": "s5rightchest1",

"s5rightchest2": "s5rightchest2",

"s5rightchest3": "s5rightchest3",

"s5rightchest4": "s5rightchest4",

"s5rightchestunder": "s5rightchestunder",

"s5poker": "s5poker",

"s5object": "s5object",

"s5candlestick": "s5candlestick",

"s5sofa": "s5sofa",

"s5sword": "s5sword",

"s5chair": "s5chair",

"s5table": "s5table",

"s5vase": "s5vase",

"s5paper": "s5paper",

"s6door2": "s6door2",

"s6door": "s6door",

"s6": "s6",

"s6goal": "s6goal",

"s6bottle": "s6bottle",

"s6buttonleft": "s6buttonleft",

"s6buttonright": "s6buttonright",

"s6cabinetdrawer": "s6cabinetdrawer",

"s6houseplants": "s6houseplants",

"s6keytdrawer": "s6keytdrawer",

"s6knife": "s6knife",

"s6leftdrawer": "s6leftdrawer",

"s6centerdrawer": "s6centerdrawer",

"s6rightdrawer": "s6rightdrawer",

"s6nabe": "s6nabe",

"s6oven": "s6oven",

"s6refrigerator": "s6refrigerator",

"s6sink": "s6sink",

"s6tableware": "s6tableware",

"s6tubo": "s6tubo",

"s6tubo2": "s6tubo2",

"s6water": "s6water",

"s64tdrawer": "s64tdrawer",

"s6clock": "s6clock",

"s6sukima": "s6sukima",

"s6stove": "s6stove",

"s6ovenbutton": "s6ovenbutton",

"hint1": "hint1",

"hint2": "hint2",

"hint": "hint",

"s1c": "s1c",

"s1c14": "s1c14",

"s1c11": "s1c11",

"s1c13": "s1c13",

"s1c12": "s1c12",

"s1c23": "s1c23",

"s1c21": "s1c21",

"s1c22": "s1c22",

"s1b": "s1b",

"s1b2": "s1b2",

"s1tubo1": "s1tubo1",

"s1tubo2": "s1tubo2",

"s1cp": "s1cp",

"s1dc": "s1dc",

"itemw": "itemw",

"s1p": "s1p",

"itembw": "itembw",

"s1item3": "s1item3",

"s1item1": "s1item1",

"s1item2": "s1item2",

"s1item4": "s1item4",

"s2item1": "s2item1",

"s2item2": "s2item2",

"skip": "skip",

"s2item3": "s2item3",

"s1ac": "s1ac",

"s1ac1": "s1ac1",

"Push": "Push",

"end2": "end2",

"Open1": "Open1",

"c1ac23": "c1ac23",

"s1ac2": "s1ac2",

"Item1": "Item1",

"s1itemaicon2": "s1itemaicon2",

"s1ab1": "s1ab1",

"s1ab2": "s1ab2",

"s1itemaicon1": "s1itemaicon1",

"skip2": "skip2",

"s1atubo1": "s1atubo1",

"s1atubo2": "s1atubo2",

"Magic1": "Magic1",

"s1itemicon4": "s1itemicon4",

"s1itemicon3": "s1itemicon3",

"s1da": "s1da",

"Open2": "Open2",

"s1dop": "s1dop",

"Open3": "Open3",

"Move1": "Move1",

"s2aw": "s2aw",

"s2ad": "s2ad",

"s2ahashigo1": "s2ahashigo1",

"a3": "a3",

"s2Button1": "s2Button1",

"s2Button2": "s2Button2",

"s2Button3": "s2Button3",

"s2Button4": "s2Button4",

"s2Button5": "s2Button5",

"reminiscence": "reminiscence",

"alicehatuzixyou": "alicehatuzixyou",

"alice": "alice",

"Switch1": "Switch1",

"s2aBookshelf": "s2aBookshelf",

"Horror": "Horror",

"Book1": "Book1",

"alicejisatsu": "alicejisatsu",

"s2aknife": "s2aknife",

"red": "red",

"knife2": "knife2",

"knife": "knife",

"s1aw": "s1aw",

"s1h3b": "s1h3b",

"se": "se",

"eat": "eat",

"s3atoilet": "s3atoilet",

"s3astart": "s3astart",

"s3item4": "s3item4",

"s3itemicon5": "s3itemicon5",

"hanging": "hanging",

"Equip2": "Equip2",

"Blow2": "Blow2",

"s1h1b": "s1h1b",

"s2h1b": "s2h1b",

"s2h1b2": "s2h1b2",

"s2h1b3": "s2h1b3",

"Blow1": "Blow1",

"S4": "S4",

"sixyussan": "sixyussan",

"Slash3": "Slash3",

"s5avase": "s5avase",

"s4redHouse2": "s4redHouse2",

"Earth5": "Earth5",

"S3shotgun": "S3shotgun",

"S3toilet": "S3toilet",

"nomikomu": "nomikomu",

"squashy": "squashy",

"s2ahashigo2": "s2ahashigo2",

"Knock": "Knock",

"Move5": "Move5",

"s2ahashigo3": "s2ahashigo3",

"eat2": "eat2",

"gucha": "gucha",

"Door1": "Door1",

"s6asink": "s6asink",

"Slash1": "Slash1",

"Switch2": "Switch2",

"s7afountain": "s7afountain",

"s8aanya": "s8aanya",

"s1h4b": "s1h4b",

"s2aBookshelf2": "s2aBookshelf2",

"putting": "putting",

"s2PurpleBook": "s2PurpleBook",

"s2aneji": "s2aneji",

"Coin": "Coin",

"s2aLeftChestUnder": "s2aLeftChestUnder",

"s2itemicon1": "s2itemicon1",

"s2aLeftChest": "s2aLeftChest",

"s2itemicon3": "s2itemicon3",

"s2amahoujin": "s2amahoujin",

"s2aRightChest": "s2aRightChest",

"s2itemicon2": "s2itemicon2",

"s2item4": "s2item4",

"s2aButton": "s2aButton",

"s2GreenBook": "s2GreenBook",

"s2agoal": "s2agoal",

"s3atoilet1": "s3atoilet1",

"s3atoilet2": "s3atoilet2",

"s3atoilet3": "s3atoilet3",

"s3atowel": "s3atowel",

"s3item1": "s3item1",

"s3itemicon4": "s3itemicon4",

"s3ashotgun": "s3ashotgun",

"s3alockerdoor": "s3alockerdoor",

"s3ahandleitem": "s3ahandleitem",

"s3item3": "s3item3",

"s3itemicon2": "s3itemicon2",

"s3aleftdoor": "s3aleftdoor",

"s3acenterdoor": "s3acenterdoor",

"s3arightdoor": "s3arightdoor",

"s3agoal": "s3agoal",

"s3aventcover": "s3aventcover",

"s3amirror2": "s3amirror2",

"S3": "S3",

"s3awashbasin2": "s3awashbasin2",

"s3item2": "s3item2",

"s3itemicon1": "s3itemicon1",

"s3amirror1": "s3amirror1",

"s3awashbasin1": "s3awashbasin1",

"s3water": "s3water",

"s3item5": "s3item5",

"s3itemicon3": "s3itemicon3",

"Equip1": "Equip1",

"s3handle": "s3handle",

"s3adiary": "s3adiary",

"s4adoor": "s4adoor",

"alicehakken": "alicehakken",

"s4abutton": "s4abutton",

"s4arightchest": "s4arightchest",

"s4ablueHouse": "s4ablueHouse",

"s4adogHouse": "s4adogHouse",

"s4adogHouseunder": "s4adogHouseunder",

"s4item4": "s4item4",

"s4itemicon3": "s4itemicon3",

"s4aillust1": "s4aillust1",

"Scream": "Scream",

"s4aleftchest": "s4aleftchest",

"s4item5": "s4item5",

"s4itemicon4": "s4itemicon4",

"s4item6": "s4item6",

"s4itemicon5": "s4itemicon5",

"s4item1": "s4item1",

"s4itemicon6": "s4itemicon6",

"s4apaper1": "s4apaper1",

"s4apaper2": "s4apaper2",

"s4aredHouse": "s4aredHouse",

"s4item2": "s4item2",

"s4itemicon1": "s4itemicon1",

"s4item3": "s4item3",

"s4itemicon2": "s4itemicon2",

"s4arightchestunder": "s4arightchestunder",

"s4dollmred": "s4dollmred",

"s4dollpred": "s4dollpred",

"s4dollcred": "s4dollcred",

"s4dollmblue": "s4dollmblue",

"s4dollpblue": "s4dollpblue",

"s4dollcblue": "s4dollcblue",

"s4dollared": "s4dollared",

"s4dolla2red": "s4dolla2red",

"s4dolldred": "s4dolldred",

"s4dollablue": "s4dollablue",

"s4dolla2blue": "s4dolla2blue",

"s4dolldblue": "s4dolldblue",

"s4dollddog": "s4dollddog",

"s5ashelf": "s5ashelf",

"s5adoor": "s5adoor",

"s5alever": "s5alever",

"s5leveron": "s5leveron",

"s5shelf3": "s5shelf3",

"s5goal": "s5goal",

"Earth3": "Earth3",

"s5clock2": "s5clock2",

"s5aleftchest": "s5aleftchest",

"s5item5": "s5item5",

"s5itemicon4": "s5itemicon4",

"s5aleftchestunder": "s5aleftchestunder",

"s5afireplace": "s5afireplace",

"s5firewood": "s5firewood",

"s5fire": "s5fire",

"s5item4": "s5item4",

"s5itemicon5": "s5itemicon5",

"s5arightchest": "s5arightchest",

"s5item3": "s5item3",

"s5itemicon3": "s5itemicon3",

"s5arightchestunder": "s5arightchestunder",

"s5item2": "s5item2",

"s5itemicon2": "s5itemicon2",

"s5apoker": "s5apoker",

"s5item1": "s5item1",

"s5itemicon1": "s5itemicon1",

"s5asofa": "s5asofa",

"s5asword": "s5asword",

"s5achair": "s5achair",

"s5achair2": "s5achair2",

"s5apaper": "s5apaper",

"s6adoor": "s6adoor",

"s6doorhandle": "s6doorhandle",

"s6ovenopen": "s6ovenopen",

"s6aoven": "s6aoven",

"s6item4": "s6item4",

"s6itemicon5": "s6itemicon5",

"s6ahouseplants": "s6ahouseplants",

"Liquid": "Liquid",

"s6houseplants2": "s6houseplants2",

"s6atableware": "s6atableware",

"s6item3": "s6item3",

"s6itemicon1": "s6itemicon1",

"s6abottle": "s6abottle",

"s6item1": "s6item1",

"s6itemicon2": "s6itemicon2",

"s6item2": "s6item2",

"s6itemicon3": "s6itemicon3",

"s6arefrigerator": "s6arefrigerator",

"s6item6": "s6item6",

"s6itemicon4": "s6itemicon4",

"s6atubo": "s6atubo",

"s6atubo2": "s6atubo2",

"s6water2": "s6water2",

"s6faucet": "s6faucet",

"s6asukima": "s6asukima",

"s6a2oven": "s6a2oven",

"s6item5": "s6item5",

"s6eventcancel": "s6eventcancel",

"s6tableware1": "s6tableware1",

"s6tableware2": "s6tableware2",

"s6tableware3": "s6tableware3",

"s6tableware6": "s6tableware6",

"s6tableware7": "s6tableware7",

"s6tableware9": "s6tableware9",

"s6tableware10": "s6tableware10",

"s6tableware12": "s6tableware12",

"s6tableware13": "s6tableware13",

"s6tableware15": "s6tableware15",

"s6tableware4open": "s6tableware4open",

"s6tableware8open": "s6tableware8open",

"s6tableware11open": "s6tableware11open",

"s6tableware14open": "s6tableware14open",

"s6tableware5handle": "s6tableware5handle",

"s6itemicon6": "s6itemicon6",

"s6aovenopen": "s6aovenopen",

"Switch3": "Switch3",

"s7treasurechest": "s7treasurechest",

"s7box": "s7box",

"s7flowerpot2": "s7flowerpot2",

"s7flowerpot3": "s7flowerpot3",

"s7flowerpot6": "s7flowerpot6",

"s7flowerpot5": "s7flowerpot5",

"s7hole": "s7hole",

"s7woodenboard": "s7woodenboard",

"s7flour": "s7flour",

"s7flowerpot": "s7flowerpot",

"s7ladder": "s7ladder",

"s7button": "s7button",

"s7flowerpot4": "s7flowerpot4",

"s7soil": "s7soil",

"s7doro": "s7doro",

"s7soil3": "s7soil3",

"s7treasurechestclose": "s7treasurechestclose",

"s7fountain": "s7fountain",

"s7pig": "s7pig",

"s7atreasurechest": "s7atreasurechest",

"aliceuresii": "aliceuresii",

"s7treasurechestopen": "s7treasurechestopen",

"s7abox": "s7abox",

"s7item1": "s7item1",

"s7itemicon1": "s7itemicon1",

"s7aflowerpot2": "s7aflowerpot2",

"s7i2": "s7i2",

"s7i4": "s7i4",

"s7aflowerpot3": "s7aflowerpot3",

"s7ahole": "s7ahole",

"s7item3": "s7item3",

"s7itemicon3": "s7itemicon3",

"s7aflour": "s7aflour",

"s7i3": "s7i3",

"s7aflowerpot4": "s7aflowerpot4",

"s7i1": "s7i1",

"s7aladder": "s7aladder",

"s7abutton": "s7abutton",

"s7abutton2": "s7abutton2",

"s7woodenboard2": "s7woodenboard2",

"s7aflowerpot5": "s7aflowerpot5",

"s7asoil": "s7asoil",

"s7soil2": "s7soil2",

"s7item2": "s7item2",

"s7itemicon2": "s7itemicon2",

"s7i5": "s7i5",

"s7apig": "s7apig",

"s7asoil3": "s7asoil3",

"s7adoro": "s7adoro",

"s7nbutton": "s7nbutton",

"s7nbutton2": "s7nbutton2",

"s7nbutton3": "s7nbutton3",

"s7nbutton4": "s7nbutton4",

"s7nbutton5": "s7nbutton5",

"s7nbutton6": "s7nbutton6",

"s7nbutton7": "s7nbutton7",

"s7nbutton8": "s7nbutton8",

"s7nbutton9": "s7nbutton9",

"s7nbutton10": "s7nbutton10",

"s7nbutton11": "s7nbutton11",

"s7nbutton12": "s7nbutton12",

"s7nbutton13": "s7nbutton13",

"s7nbutton14": "s7nbutton14",

"s7nbutton15": "s7nbutton15",

"s7nbutton16": "s7nbutton16",

"s7nbutton17": "s7nbutton17",

"s8goal": "s8goal",

"s8closetclose": "s8closetclose",

"s8dresser1": "s8dresser1",

"s8dresser2": "s8dresser2",

"s8dresser3": "s8dresser3",

"s8bedunder": "s8bedunder",

"s8heart": "s8heart",

"s8rabbitdoll": "s8rabbitdoll",

"s8chest1": "s8chest1",

"s8chest2": "s8chest2",

"s8chest3": "s8chest3",

"s8chest4": "s8chest4",

"s8chest5": "s8chest5",

"s8chest6": "s8chest6",

"s8anya": "s8anya",

"s8wall": "s8wall",

"s8box": "s8box",

"s8accessorycase": "s8accessorycase",

"s8table": "s8table",

"s8teaset": "s8teaset",

"s8leftchair": "s8leftchair",

"s8rightchest": "s8rightchest",

"s8acloset": "s8acloset",

"s8closetopen": "s8closetopen",

"s8adresser": "s8adresser",

"s8item3": "s8item3",

"s8itemicon3": "s8itemicon3",

"s9dresser2": "s9dresser2",

"s9dresser3": "s9dresser3",

"Crash": "Crash",

"s8abedunder": "s8abedunder",

"s8achest": "s8achest",

"s8itemicon5": "s8itemicon5",

"s8item4": "s8item4",

"s8itemicon4": "s8itemicon4",

"s8abed": "s8abed",

"s8anya2": "s8anya2",

"s8awall": "s8awall",

"s8abox": "s8abox",

"s8item2": "s8item2",

"s8itemicon2": "s8itemicon2",

"s8item1": "s8item1",

"s8itemicon": "s8itemicon",

"s8aaccessorycase": "s8aaccessorycase",

"s8atable": "s8atable",

"s8achair": "s8achair",

"alicekixyouhu": "alicekixyouhu",

"white": "white",

"s9bed": "s9bed",

"s9chest": "s9chest",

"s9closet": "s9closet",

"s9doll1": "s9doll1",

"s9doll2": "s9doll2",

"s9dresser": "s9dresser",

"s9table": "s9table",

"aliceyabukareru": "aliceyabukareru",

"s1h5b": "s1h5b",

"copperwire": "copperwire",

"s1h6b": "s1h6b",

"s1h7b": "s1h7b",

"pig": "pig",

"s1h7b2": "s1h7b2",

"s1h8b": "s1h8b",

"Vehicle": "Vehicle",

"Grassland": "Grassland",

"Dragon": "Dragon",

"Cursor2": "Cursor2",

"Decision1": "Decision1",

"Cancel2": "Cancel2",

"Buzzer1": "Buzzer1",

"Save": "Save",

"Load": "Load",

"Battle1": "Battle1",

"Run": "Run",

"Attack3": "Attack3",

"Damage4": "Damage4",

"Collapse1": "Collapse1",

"Collapse2": "Collapse2",

"Collapse3": "Collapse3",

"Damage5": "Damage5",

"Collapse4": "Collapse4",

"Recovery": "Recovery",

"Miss": "Miss",

"Evasion1": "Evasion1",

"Evasion2": "Evasion2",

"Reflection": "Reflection",

"Shop1": "Shop1",

"Item3": "Item3",

"titles": "titles",

"alice2\",\"0\",\"0": "alice2\",\"0\",\"0",

"Bat": "Bat",

"Slime": "Slime",

"Orc": "Orc",

"Minotaur": "Minotaur",

"説明": "説明",

"手動": "手動",

"ピクチャ": "ピクチャ",

"ピクチャ位置": "ピクチャ位置",

"ピクチャ優先度": "ピクチャ優先度",

"ピクチャ拡大率": "ピクチャ拡大率",

"テキスト位置": "テキスト位置",

"ピクチャ揃え": "ピクチャ揃え",

"収集対象外": "収集対象外",

"* 4 - b": "* 4 - b",

"* 2": "* 2",

"200 + a": "200 + a",

"100 + a": "100 + a",

"* 2 - b": "* 2 - b",

"YEP": "YEP",

"v1": "v1",

"Needed for the majority of Yanfly Engine Scripts. Also\r\ncontains bug fixes found inherently in RPG Maker.": "Needed for the majority of Yanfly Engine Scripts. Also\r\ncontains bug fixes found inherently in RPG Maker.",

"A lotta": "A lotta",

"SimHei, Heiti TC, sans": "SimHei, Heiti TC, sans",

"Dotum, AppleGothic, sans": "Dotum, AppleGothic, sans",

"GameFont, Verdana, Arial, Courier New": "GameFont, Verdana, Arial, Courier New",

"left": "left",

"mouse": "mouse",

"ピクチャ内にマウスがあるか条件分岐で判定": "ピクチャ内にマウスがあるか条件分岐で判定",

"MPP": "MPP",

"Extend the functionality of your choices.": "Extend the functionality of your choices.",

"DTextPicture": "DTextPicture",

"動的文字列ピクチャ生成プラグイン": "動的文字列ピクチャ生成プラグイン",

"CustomizeConfigItem": "CustomizeConfigItem",

"オプション任意項目作成プラグイン": "オプション任意項目作成プラグイン",

"MKR": "MKR",

"プレイヤー移動禁止プラグイン": "プレイヤー移動禁止プラグイン",

"PictureAnimation": "PictureAnimation",

"ピクチャのアニメーションプラグイン": "ピクチャのアニメーションプラグイン",

"SimpleMenuLayout": "SimpleMenuLayout",

"シンプルなメニュー画面を実装します。": "シンプルなメニュー画面を実装します。",

"CustomizeConfigDefault": "CustomizeConfigDefault",

"オプションデフォルト値設定プラグイン": "オプションデフォルト値設定プラグイン",

"OFF": "OFF",

"ON": "ON",

"TriggerExtension": "TriggerExtension",

"タッチでイベントを実行するなど、イベントページのトリガーを拡張します": "タッチでイベントを実行するなど、イベントページのトリガーを拡張します",

"DestImageCustomize": "DestImageCustomize",

"目的地画像カスタマイズプラグイン": "目的地画像カスタマイズプラグイン",

"PictureCallCommon": "PictureCallCommon",

"ピクチャのボタン化プラグイン": "ピクチャのボタン化プラグイン",

"SceneNumberInput": "SceneNumberInput",

"SceneNumberInputPlugin": "SceneNumberInputPlugin",

"请输入值。": "请输入值。",

"MessageWindowHidden": "MessageWindowHidden",

"Erase message window": "Erase message window",

"右键单击": "右键单击",

"LoopTagChecker": "LoopTagChecker",

"bgmとbgsの音楽ファイルにループタグがついているかチェックします。": "bgmとbgsの音楽ファイルにループタグがついているかチェックします。",

"both": "both",

"MessageSkip": "MessageSkip",

"メッセージスキッププラグイン": "メッセージスキッププラグイン",

"10 + textSize * 10": "10 + textSize * 10",

"a2": "a2",

"absolute": "absolute",

"DarkPlasma": "DarkPlasma",

"イベントのテキストログを表示する": "イベントのテキストログを表示する",

"tab": "tab",

"选项": "选项",

"choice": "choice",

"MapNameinSaveData": "MapNameinSaveData",

"セーブデータ上に現在のマップ名を載せるプラグイン": "セーブデータ上に現在のマップ名を載せるプラグイン",

"MakeScreenCapture": "MakeScreenCapture",

"Screen Capture Plugin": "Screen Capture Plugin",

"F6": "F6",

"F7": "F7",

"image": "image",

"captures": "captures",

"png": "png",

"MadeWithMv": "MadeWithMv",

"Show a Splash Screen \"Made with MV\" and": "Show a Splash Screen \"Made with MV\" and",

"a Custom Splash Screen before going to main screen.": "a Custom Splash Screen before going to main screen.",

"warning": "warning",

"MessageWindow": "MessageWindow",

"スイッチがONの場合メッセージタイプが通常でも背景を透明にします。入力めんどくせぇ!の方用": "スイッチがONの場合メッセージタイプが通常でも背景を透明にします。入力めんどくせぇ!の方用",

"MousePointerExtend": "MousePointerExtend",

"Mouse Pointer Extend Plugin": "Mouse Pointer Extend Plugin",

"auto": "auto",

"SceneGlossary": "SceneGlossary",

"SceneGlossaryPlugin": "SceneGlossaryPlugin",

"使用": "使用",

"停止": "停止",

"阿尼亚日记": "阿尼亚日记",

"请选择类别。": "请选择类别。",

"收集率": "收集率",

"UTA": "UTA",

"Create a share save data. Share state of game switch and variables between each save data.": "Create a share save data. Share state of game switch and variables between each save data.",

"11,14,16,181,182,183,184,185,186,187,188,189,190,191,192,193,194": "11,14,16,181,182,183,184,185,186,187,188,189,190,191,192,193,194",

"EventDebugger": "EventDebugger",

"EventDebuggerPlugin": "EventDebuggerPlugin",

"F11": "F11",

"F10": "F10",

"F12": "F12",

"F1": "F1",

"GALV": "GALV",

"Display popup message boxes on screen that do not stop gameplay and auto close after a set time.": "Display popup message boxes on screen that do not stop gameplay and auto close after a set time.",

"Window": "Window",

"Text2Frame": "Text2Frame",

"Simple compiler to convert text to event command.": "Simple compiler to convert text to event command.",

"ウインドウ": "ウインドウ",

"text": "text",

"message": "message",

"MessageAlignmentEC": "MessageAlignmentEC",

"ver1": "ver1",

"メッセージのアライメントを変更する制御文字を追加します。": "メッセージのアライメントを変更する制御文字を追加します。",

"aligncenter": "aligncenter",

"MOG": "MOG",

"Adiciona comandos em imagens no lugar da janela.": "Adiciona comandos em imagens no lugar da janela.",

"108,445": "108,445",

"140,490": "140,490",

"182,540": "182,540",

"115,550": "115,550",

"345,498": "345,498",

"345,530": "345,530",

"0,192": "0,192",

"0,224": "0,224",

"0,256": "0,256",

"0,288": "0,288",

"CommonInterceptor": "CommonInterceptor",

"割り込みコモンイベントプラグイン": "割り込みコモンイベントプラグイン",

"CommonEventBeforeAfterMenu": "CommonEventBeforeAfterMenu",

"メニューを開く直前、または閉じた直後に、指定したコモンイベントを実行します。": "メニューを開く直前、または閉じた直後に、指定したコモンイベントを実行します。",

"PictureVariableSetting": "PictureVariableSetting",

"ピクチャ関連のイベント機能拡張プラグイン": "ピクチャ関連のイベント機能拡張プラグイン",

"Hit1": "Hit1",

"打撃/物理": "打撃/物理",

"Blow3": "Blow3",

"HitPhoton": "HitPhoton",

"打撃/エフェクト": "打撃/エフェクト",

"Powerup": "Powerup",

"Hit2": "Hit2",

"HitFire": "HitFire",

"打撃/炎": "打撃/炎",

"Fire1": "Fire1",

"HitIce": "HitIce",

"打撃/氷": "打撃/氷",

"Ice4": "Ice4",

"HitThunder": "HitThunder",

"打撃/雷": "打撃/雷",

"Thunder8": "Thunder8",

"Slash": "Slash",

"斬撃/物理": "斬撃/物理",

"SlashPhoton": "SlashPhoton",

"斬撃/エフェクト": "斬撃/エフェクト",

"SlashFire": "SlashFire",

"斬撃/炎": "斬撃/炎",

"SlashIce": "SlashIce",

"斬撃/氷": "斬撃/氷",

"SlashThunder": "SlashThunder",

"斬撃/雷": "斬撃/雷",

"Stick": "Stick",

"刺突/物理": "刺突/物理",

"Thunder1": "Thunder1",

"Sword5": "Sword5",

"StickPhoton": "StickPhoton",

"刺突/エフェクト": "刺突/エフェクト",

"Thunder4": "Thunder4",

"刺突/炎": "刺突/炎",

"刺突/氷": "刺突/氷",

"刺突/雷": "刺突/雷",

"Claw": "Claw",

"爪/物理": "爪/物理",

"Attack2": "Attack2",

"Slash2": "Slash2",

"ClawPhoton": "ClawPhoton",

"爪/エフェクト": "爪/エフェクト",

"爪/炎": "爪/炎",

"爪/氷": "爪/氷",

"爪/雷": "爪/雷",

"HitSpecial1": "HitSpecial1",

"打撃/必殺技1": "打撃/必殺技1",

"Thunder5": "Thunder5",

"HitSpecial2": "HitSpecial2",

"打撃/必殺技2": "打撃/必殺技2",

"Damage2": "Damage2",

"SlashSpecial1": "SlashSpecial1",

"斬撃/必殺技1": "斬撃/必殺技1",

"Sword3": "Sword3",

"Sword4": "Sword4",

"SlashSpecial2": "SlashSpecial2",

"斬撃/必殺技2": "斬撃/必殺技2",

"Wind7": "Wind7",

"SlashSpecial3": "SlashSpecial3",

"斬撃/必殺技3": "斬撃/必殺技3",

"Wind6": "Wind6",

"StickSpecial1": "StickSpecial1",

"刺突/必殺技1": "刺突/必殺技1",

"StickSpecial2": "StickSpecial2",

"StickSpecial3": "StickSpecial3",

"刺突/必殺技2": "刺突/必殺技2",

"Wind5": "Wind5",

"ClawSpecial1": "ClawSpecial1",

"ClawSpecial2": "ClawSpecial2",

"爪/必殺技": "爪/必殺技",

"Monster2": "Monster2",

"ArrowSpecial": "ArrowSpecial",

"矢/必殺技": "矢/必殺技",

"Crossbow": "Crossbow",

"Special1": "Special1",

"Special2": "Special2",

"汎用/必殺技1": "汎用/必殺技1",

"Slash4": "Slash4",

"Slash5": "Slash5",

"Special3": "Special3",

"汎用/必殺技2": "汎用/必殺技2",

"Thunder3": "Thunder3",

"Breath": "Breath",

"Fire3": "Fire3",

"Pollen": "Pollen",

"花粉": "花粉",

"Darkness4": "Darkness4",

"Darkness3": "Darkness3",

"Sonic": "Sonic",

"超音波": "超音波",

"Sound3": "Sound3",

"Mist": "Mist",

"Blind": "Blind",

"Sand": "Sand",

"Song": "Song",

"Ice5": "Ice5",

"Howl": "Howl",

"Recovery4": "Recovery4",

"咆哮": "咆哮",

"Monster1": "Monster1",

"Blow": "Blow",

"足払い": "足払い",

"Cure4": "Cure4",

"体当たり": "体当たり",

"Thunder2": "Thunder2",

"Flash": "Flash",

"閃光": "閃光",

"Flash2": "Flash2",

"Sword1": "Sword1",

"Recovery1": "Recovery1",

"回復/単体1": "回復/単体1",

"Heal3": "Heal3",

"Saint2": "Saint2",

"Recovery3": "Recovery3",

"回復/単体2": "回復/単体2",

"Starlight": "Starlight",

"Recovery2": "Recovery2",

"回復/全体1": "回復/全体1",

"Saint4": "Saint4",

"Heal1": "Heal1",

"Recovery5": "Recovery5",

"回復/全体2": "回復/全体2",

"Ice1": "Ice1",

"Cure1": "Cure1",

"治療/単体1": "治療/単体1",

"Cure3": "Cure3",

"治療/単体2": "治療/単体2",

"Cure2": "Cure2",

"治療/全体1": "治療/全体1",

"治療/全体2": "治療/全体2",

"Revival1": "Revival1",

"蘇生1": "蘇生1",

"Skill1": "Skill1",

"Revival2": "Revival2",

"蘇生2": "蘇生2",

"Magic2": "Magic2",

"Up3": "Up3",

"StateDown1": "StateDown1",

"強化1": "強化1",

"Up4": "Up4",

"StateUp1": "StateUp1",

"強化2": "強化2",

"Magic4": "Magic4",

"StateUp2": "StateUp2",

"強化3": "強化3",

"Up1": "Up1",

"弱体1": "弱体1",

"Down2": "Down2",

"StateDown2": "StateDown2",

"弱体2": "弱体2",

"Stare": "Stare",

"Earth2": "Earth2",

"StateDown3": "StateDown3",

"弱体3": "弱体3",

"Curse": "Curse",

"呪縛": "呪縛",

"Darkness1": "Darkness1",

"Absorb": "Absorb",

"吸収": "吸収",

"Twine": "Twine",

"StatePoison": "StatePoison",

"Poison": "Poison",

"StateDark": "StateDark",

"Darkness2": "Darkness2",

"StateSilent": "StateSilent",

"Silence": "Silence",

"Sound2": "Sound2",

"Flash1": "Flash1",

"StateSleep": "StateSleep",

"Sleep": "Sleep",

"StateChaos": "StateChaos",

"Absorb2": "Absorb2",

"Raise2": "Raise2",

"StateParalys": "StateParalys",

"麻痺": "麻痺",

"Paralyze3": "Paralyze3",

"StateDeath": "StateDeath",

"即死": "即死",

"Darkness5": "Darkness5",

"炎/単体1": "炎/単体1",

"Fire2": "Fire2",

"炎/単体2": "炎/単体2",

"炎/全体1": "炎/全体1",

"Explosion1": "Explosion1",

"炎/全体2": "炎/全体2",

"PreSpecial1": "PreSpecial1",

"炎/全体3": "炎/全体3",

"Wind2": "Wind2",

"Explosion2": "Explosion2",

"氷/単体1": "氷/単体1",

"Wind1": "Wind1",

"Sword2": "Sword2",

"Ice3": "Ice3",

"氷/単体2": "氷/単体2",

"Ice2": "Ice2",

"氷/全体1": "氷/全体1",

"Earth1": "Earth1",

"氷/全体2": "氷/全体2",

"Thunder6": "Thunder6",

"氷/全体3": "氷/全体3",

"雷/単体1": "雷/単体1",

"雷/単体2": "雷/単体2",

"雷/全体1": "雷/全体1",

"Paralyze1": "Paralyze1",

"雷/全体2": "雷/全体2",

"Thunder10": "Thunder10",

"Thunder9": "Thunder9",

"雷/全体3": "雷/全体3",

"Water1": "Water1",

"水/単体1": "水/単体1",

"Water5": "Water5",

"Water2": "Water2",

"Water3": "Water3",

"水/単体2": "水/単体2",

"Dive": "Dive",

"水/全体1": "水/全体1",

"Water4": "Water4",

"水/全体2": "水/全体2",

"水/全体3": "水/全体3",

"土/単体1": "土/単体1",

"Break": "Break",

"土/単体2": "土/単体2",

"土/全体1": "土/全体1",

"Earth4": "Earth4",

"土/全体2": "土/全体2",

"土/全体3": "土/全体3",

"風/単体1": "風/単体1",

"Wind3": "Wind3",

"風/単体2": "風/単体2",

"風/全体1": "風/全体1",

"Wind4": "Wind4",

"風/全体2": "風/全体2",

"風/全体3": "風/全体3",

"Skill2": "Skill2",

"Holy1": "Holy1",

"光/単体1": "光/単体1",

"Holy3": "Holy3",

"光/単体2": "光/単体2",

"Holy2": "Holy2",

"光/全体1": "光/全体1",

"Skill3": "Skill3",

"Holy4": "Holy4",

"光/全体2": "光/全体2",

"PreSpecial2": "PreSpecial2",

"Holy5": "Holy5",

"光/全体3": "光/全体3",

"闇/単体1": "闇/単体1",

"闇/単体2": "闇/単体2",

"闇/全体1": "闇/全体1",

"闇/全体2": "闇/全体2",

"Teleport": "Teleport",

"PreSpecial3": "PreSpecial3",

"闇/全体3": "闇/全体3",

"無属性/単体1": "無属性/単体1",

"無属性/単体2": "無属性/単体2",

"無属性/全体1": "無属性/全体1",

"無属性/全体2": "無属性/全体2",

"Meteor": "Meteor",

"2h2e37395g2c343431386026661f251g1g": "2h2e37395g2c343431386026661f251g1g",

"Gun2": "Gun2",

"無属性/全体3": "無属性/全体3",

"Thunder7": "Thunder7",

"Battle3": "Battle3",

"Gun1": "Gun1",

"銃撃/単発": "銃撃/単発",

"Gun3": "Gun3",

"銃撃/連発": "銃撃/連発",

"銃撃/全体": "銃撃/全体",

"銃撃/必殺技": "銃撃/必殺技",

"Phone": "Phone",

"Laser1": "Laser1",

"レーザー/単発": "レーザー/単発",

"Paralyze2": "Paralyze2",

"Laser2": "Laser2",

"レーザー/全体": "レーザー/全体",

"Light1": "Light1",

"光の柱1": "光の柱1",

"Light2": "Light2",

"光の柱2": "光の柱2",

"Light3": "Light3",

"光の弾": "光の弾",

"Light4": "Light4",

"放射線": "放射線",

"ステージ2セットアップ": "ステージ2セットアップ",

"ステージ2ボタン化": "ステージ2ボタン化",

"ステージ3セットアップ": "ステージ3セットアップ",

"ステージ3ボタン化": "ステージ3ボタン化",

"ステージ4セットアップ": "ステージ4セットアップ",

"ステージ4ボタン化": "ステージ4ボタン化",

"ステージ5セットアップ": "ステージ5セットアップ",

"ステージ5ボタン化": "ステージ5ボタン化",

"ステージ6セットアップ": "ステージ6セットアップ",

"ステージ6ボタン化": "ステージ6ボタン化",

"ゲームに戻る": "ゲームに戻る",

"アーニャの日記": "アーニャの日記",

"シーン回想": "シーン回想",

"CG鑑賞": "CG鑑賞",

"攻略方法(ネタバレ)": "攻略方法(ネタバレ)",

"全てのCG・シーンを開放する": "全てのCG・シーンを開放する",

"ヒントボタン": "ヒントボタン",

"攻略情報": "攻略情報",

"オナニー": "オナニー",

"角オナニー": "角オナニー",

"読むと死ぬ本": "読むと死ぬ本",

"流血・死亡描写あり": "流血・死亡描写あり",

"Hシーン回想": "Hシーン回想",

"マップ移動ボタン解除": "マップ移動ボタン解除",

"ステージ1セットアップ": "ステージ1セットアップ",

"ステージ1ボタン化": "ステージ1ボタン化",

"ポインタON": "ポインタON",

"ポインタOFF": "ポインタOFF",

"鉄の鍵詳細": "鉄の鍵詳細",

"濡れた紙詳細": "濡れた紙詳細",

"鍵2詳細": "鍵2詳細",

"緑の本詳細": "緑の本詳細",

"読まない": "読まない",

"読んでみる": "読んでみる",

"スキップしない": "スキップしない",

"スキップする": "スキップする",

"死の本詳細": "死の本詳細",

"T型レンチ詳細": "T型レンチ詳細",

"飲まない": "飲まない",

"飲む": "飲む",

"s1コップ": "s1コップ",

"s1チェスト1下": "s1チェスト1下",

"鉄の鍵を差し込んでみる": "鉄の鍵を差し込んでみる",

"何もしない": "何もしない",

"end3": "end3",

"s1チェスト1上の引き出し": "s1チェスト1上の引き出し",

"s1チェスト1下の引き出し": "s1チェスト1下の引き出し",

"s1チェスト1真ん中の引き出し": "s1チェスト1真ん中の引き出し",

"s1チェスト2の下": "s1チェスト2の下",

"s1チェスト2上の引き出し": "s1チェスト2上の引き出し",

"s1チェスト2下の引き出し": "s1チェスト2下の引き出し",

"s1ベッド": "s1ベッド",

"s1ベッドの下": "s1ベッドの下",

"s1壺1": "s1壺1",

"紙をお水に浸けてみる": "紙をお水に浸けてみる",

"s1壺2": "s1壺2",

"s1紙": "s1紙",

"銅の鍵を差し込んでみる": "銅の鍵を差し込んでみる",

"s1閉じた扉": "s1閉じた扉",

"開いた扉": "開いた扉",

"謎解き別ウインドウ閉じる": "謎解き別ウインドウ閉じる",

"s2ワーム": "s2ワーム",

"近寄らない": "近寄らない",

"近寄って調べて見る": "近寄って調べて見る",

"s2小さなドア": "s2小さなドア",

"登らない": "登らない",

"ハシゴを登る": "ハシゴを登る",

"s2ボタン謎解き": "s2ボタン謎解き",

"何もないピクチャのボタン": "何もないピクチャのボタン",

"オナニーシーン": "オナニーシーン",

"ボタン押した後": "ボタン押した後",

"s2ボタン2": "s2ボタン2",

"s2ボタン3": "s2ボタン3",

"s2ボタン4": "s2ボタン4",

"s1マウスポインタ": "s1マウスポインタ",

"読むと死ぬ": "読むと死ぬ",

"s1壁の文字": "s1壁の文字",

"アリス半透明": "アリス半透明",

"戻さない": "戻さない",

"戻す": "戻す",

"ボルトを外さない": "ボルトを外さない",

"ボルトを外す": "ボルトを外す",

"読まない方が良さそう": "読まない方が良さそう",

"本を2冊差し込んだ": "本を2冊差し込んだ",

"入らない": "入らない",

"入って進む": "入って進む",

"マップ移動ボタン解除2": "マップ移動ボタン解除2",

"水を流さない": "水を流さない",

"水を流す": "水を流す",

"トイレ1": "トイレ1",

"おしっこする": "おしっこする",

"人形を流す": "人形を流す",

"トイレ2": "トイレ2",

"トイレ3": "トイレ3",

"タオル": "タオル",

"ショットガン": "ショットガン",

"モップ": "モップ",

"ハンドル": "ハンドル",

"開けない": "開けない",

"開ける": "開ける",

"ロッカーのドア": "ロッカーのドア",

"ドアを開けない": "ドアを開けない",

"ドアを開ける": "ドアを開ける",

"左のドア": "左のドア",

"左真ん中のドア": "左真ん中のドア",

"扉を開けない": "扉を開けない",

"扉を開ける": "扉を開ける",

"右のドア": "右のドア",

"外すse": "外すse",

"通気口cover": "通気口cover",

"文字の書かれた鏡": "文字の書かれた鏡",

"汚れた鏡": "汚れた鏡",

"そのままにしておく": "そのままにしておく",

"人形を手に取る": "人形を手に取る",

"ハンドルを付ける": "ハンドルを付ける",

"押さない": "押さない",

"押す": "押す",

"そっとしておく": "そっとしておく",

"抱き上げる": "抱き上げる",

"調べてみる": "調べてみる",

"人形を置いてみる": "人形を置いてみる",

"人形を拾ってみる": "人形を拾ってみる",

"触らない": "触らない",

"触る": "触る",

"動かすSE": "動かすSE",

"やっぱりやめる": "やっぱりやめる",

"大人の女性の人形": "大人の女性の人形",

"大人の男性の人形": "大人の男性の人形",

"子供の人形": "子供の人形",

"アリスの人形": "アリスの人形",

"アーニャの人形": "アーニャの人形",

"犬の人形": "犬の人形",

"部屋にいる": "部屋にいる",

"部屋から出る": "部屋から出る",

"開けてみる": "開けてみる",

"レバーを動かさない": "レバーを動かさない",

"レバーを動かす": "レバーを動かす",

"棚が少し動くse": "棚が少し動くse",

"中を調べる": "中を調べる",

"薪を置く": "薪を置く",

"火をつける": "火をつける",

"紙を乾かす": "紙を乾かす",

"針をつけない": "針をつけない",

"針をつける": "針をつける",

"s5火かき棒": "s5火かき棒",

"スイッチを押さない": "スイッチを押さない",

"スイッチを押す": "スイッチを押す",

"休まない": "休まない",

"休む": "休む",

"s5ソファ": "s5ソファ",

"座らない": "座らない",

"座る": "座る",

"扉を開けてみる": "扉を開けてみる",

"鍵を使ってみる": "鍵を使ってみる",

"s6キッチンの下の戸棚": "s6キッチンの下の戸棚",

"水をあげる": "水をあげる",

"s6食器棚の鍵": "s6食器棚の鍵",

"s6包丁": "s6包丁",

"かじるようなSEか、肉が砕けるようなSE": "かじるようなSEか、肉が砕けるようなSE",

"排水溝に手を伸ばす": "排水溝に手を伸ばす",

"緑色の液を流す": "緑色の液を流す",

"s6奥の壺": "s6奥の壺",

"押してみる": "押してみる",

"お水を出さない": "お水を出さない",

"お水を入れる": "お水を入れる",

"部屋に戻る": "部屋に戻る",

"奥に進む": "奥に進む",

"スペードの鍵詳細": "スペードの鍵詳細",

"ランダム文章": "ランダム文章",

"引き出し判定": "引き出し判定",

"引き出しリセット": "引き出しリセット",

"s6コンロ": "s6コンロ",

"s6オーブンボタン": "s6オーブンボタン",

"ステージ7セットアップ": "ステージ7セットアップ",

"ステージ7ボタン化": "ステージ7ボタン化",

"s7ポインタ": "s7ポインタ",

"下に降りる": "下に降りる",

"持っていく": "持っていく",

"s7ダイヤル付きbox": "s7ダイヤル付きbox",

"s7テーブル下左の植木鉢": "s7テーブル下左の植木鉢",

"外に出ない": "外に出ない",

"外に出る": "外に出る",

"バールで板を外す": "バールで板を外す",

"よく見る": "よく見る",

"進まない": "進まない",

"泥っぽい土の上を進む": "泥っぽい土の上を進む",

"木の板を置く": "木の板を置く",

"土を掘ってみる": "土を掘ってみる",

"よく調べる": "よく調べる",

"水を飲む": "水を飲む",

"ここにとどまる": "ここにとどまる",

"脱出する": "脱出する",

"お姉ちゃんと脱出する": "お姉ちゃんと脱出する",

"そのままにする": "そのままにする",

"抱きしめる": "抱きしめる",

"見つめる": "見つめる",

"赤紫のラベルの薬を飲ませる": "赤紫のラベルの薬を飲ませる",

"青のラベルの薬を飲ませる": "青のラベルの薬を飲ませる",

"ベルを鳴らす": "ベルを鳴らす",

"触ってみる": "触ってみる",

"触れない": "触れない",

"青いラベルの瓶をもっていく": "青いラベルの瓶をもっていく",

"赤紫のラベルの瓶をもっていく": "赤紫のラベルの瓶をもっていく",

"座ってみる": "座ってみる",

"こうもり": "こうもり",

"スライム": "スライム",

"オーク": "オーク",

"ミノタウロス": "ミノタウロス",

"日記の切れ端1": "日記の切れ端1",

"日記の切れ端2": "日記の切れ端2",

"日記の切れ端3": "日記の切れ端3",

"日記の切れ端4": "日記の切れ端4",

"日記の切れ端5": "日記の切れ端5",

"日記の切れ端6": "日記の切れ端6",

"日記の切れ端7": "日記の切れ端7",

"日記の切れ端8": "日記の切れ端8",

"ステージ1": "ステージ1",

"OFFにする": "OFFにする",

"ONにする": "ONにする",

"いいえ": "いいえ",

"はい": "はい",

"ステージ2": "ステージ2",

"ステージ3": "ステージ3",

"ステージ4": "ステージ4",

"ステージ5": "ステージ5",

"ステージ6": "ステージ6",

"ステージ7": "ステージ7",

"ステージ8": "ステージ8",

"ステージ1": "ステージ1",

"ステージ2": "ステージ2",

"ステージ3": "ステージ3",

"ステージ4": "ステージ4",

"ステージ5": "ステージ5",

"ステージ6": "ステージ6",

"ステージ7": "ステージ7",

"ステージ8": "ステージ8",

"攻撃": "攻撃",

"連続攻撃": "連続攻撃",

"逃げる": "逃げる",

"様子を見る": "様子を見る",

"ヒール": "ヒール",

"ファイア": "ファイア",

"スパーク": "スパーク",

"戦闘不能": "戦闘不能",

"不死身": "不死身",

"魅了": "魅了",

"夢獄の国のアリス": "夢獄の国のアリス",

"製品版": "製品版",

"調べる/決定": "調べる/決定",

"左クリック  キャンセル/メニュー/メッセージウインドウ非表示or表示": "左クリック  キャンセル/メニュー/メッセージウインドウ非表示or表示",

"右クリック  バックログ": "右クリック  バックログ",

"メッセージ表示中のみ": "メッセージ表示中のみ",

"Tabキー  選択肢orバックログのスクロール": "Tabキー  選択肢orバックログのスクロール",

"マウスホイール": "マウスホイール",

"移動禁止": "移動禁止",

"スキップオート無効": "スキップオート無効",

"テキストウインドウ透明": "テキストウインドウ透明",

"一時消去禁止": "一時消去禁止",

"マウスポインタ用": "マウスポインタ用",

"s2マウスポインタのトリガー": "s2マウスポインタのトリガー",

"オナニーシーンを見た": "オナニーシーンを見た",

"暗証番号解放": "暗証番号解放",

"s1マウスポインタのトリガー": "s1マウスポインタのトリガー",

"グロフィルター": "グロフィルター",

"レベル": "レベル",

"経験値": "経験値",

"戦う": "戦う",

"持ち物": "持ち物",

"スキル": "スキル",

"装備": "装備",

"ステータス": "ステータス",

"並び替え": "並び替え",

"セーブ": "セーブ",

"ゲーム終了": "ゲーム終了",

"オプション": "オプション",

"防具": "防具",

"大事なもの": "大事なもの",

"最強装備": "最強装備",

"全て外す": "全て外す",

"始める": "始める",

"ロード": "ロード",

"終了する": "終了する",

"やめる": "やめる",

"購入する": "購入する",

"売却する": "売却する",

"攻撃力": "攻撃力",

"常時ダッシュ": "常時ダッシュ",

"コマンド記憶": "コマンド記憶",

"次の": "次の",

"まで": "まで",

"現在の": "現在の",

"ファイル": "ファイル",

"どのファイルをロードしますか?": "どのファイルをロードしますか?",

"持っている数": "持っている数",

"どのファイルにセーブしますか?": "どのファイルにセーブしますか?",

"こうもり*2": "こうもり*2",

"スライム*2": "スライム*2",

"ChoicePos": "ChoicePos",

"GLOSSARY": "GLOSSARY",

"CommonSave save": "CommonSave save",

"SceneManager": "SceneManager",

"5,6,7,8": "5,6,7,8",

"我不知道自己在做什么。明明到现在为止都没做过这种事,却不知为什么": "我不知道自己在做什么。明明到现在为止都没做过这种事,却不知为什么",

"手指像被操纵了一样不停。": "手指像被操纵了一样不停。",

"好几次好几次,在那里即使刺激也治不好疼痛。不仅如此,每次触碰的时候": "好几次好几次,在那里即使刺激也治不好疼痛。不仅如此,每次触碰的时候",

"甜甜的麻痹在奔跑,变得更想触摸。": "甜甜的麻痹在奔跑,变得更想触摸。",

"虽然觉得做了些什么事情很害羞,但手指却在痛苦的纵向上来回移动": "虽然觉得做了些什么事情很害羞,但手指却在痛苦的纵向上来回移动",

"不停。好像不是自己的手。": "不停。好像不是自己的手。",

"将手指伸进逐渐变温的裤子里,像成熟的果实一样流出汁液": "将手指伸进逐渐变温的裤子里,像成熟的果实一样流出汁液",

"集中于感觉。": "集中于感觉。",

"像抓一样擦指甲油的时候,甜甜的麻木就会扩散开来。如果将手指移至国中": "像抓一样擦指甲油的时候,甜甜的麻木就会扩散开来。如果将手指移至国中",

"吱吱的声音响亮。": "吱吱的声音响亮。",

"明明知道自己在做些不该做的事,却又能从中感受到心情舒畅": "明明知道自己在做些不该做的事,却又能从中感受到心情舒畅",

"我不能逃。": "我不能逃。",

"越擦越渴望增加,手指和内裤之间产生的声音越大,脚就越战战兢兢": "越擦越渴望增加,手指和内裤之间产生的声音越大,脚就越战战兢兢",

"移动。": "移动。",

"虽然裤子的污点变大了,但是因为心情好而停不下来。做了不该做的事": "虽然裤子的污点变大了,但是因为心情好而停不下来。做了不该做的事",

"明明应该是这样,但是那个让人心跳加速。": "明明应该是这样,但是那个让人心跳加速。",

"带着热情的声音和羞耻心,让心怦怦直跳。做了坏事的不道德感和心情": "带着热情的声音和羞耻心,让心怦怦直跳。做了坏事的不道德感和心情",

"手指停不下来。": "手指停不下来。",

"把腿摊开,在害羞的地方蹭,把内裤弄成粘糊糊的": "把腿摊开,在害羞的地方蹭,把内裤弄成粘糊糊的",

"我想心情变好也没办法。": "我想心情变好也没办法。",

"手指上下移动,重点接触突起。内裤上出现了很大的斑点": "手指上下移动,重点接触突起。内裤上出现了很大的斑点",

"在心情好之前是很细小的事情。": "在心情好之前是很细小的事情。",

"伸开手指,不仅是豆子,也伸向裙带菜的深处。只是触摸那里": "伸开手指,不仅是豆子,也伸向裙带菜的深处。只是触摸那里",

"粘稠的汤汁粘得粘糊糊的。": "粘稠的汤汁粘得粘糊糊的。",

"用手指把内裤深深地塞住,在尿出来的地方口里来回揉。": "用手指把内裤深深地塞住,在尿出来的地方口里来回揉。",

"渗出的汤连手指都淋湿了。": "渗出的汤连手指都淋湿了。",

"但是手指却停不下来。肚脐下怦怦地疼着,不要再擦了": "但是手指却停不下来。肚脐下怦怦地疼着,不要再擦了",

"不能看。": "不能看。",

"如果能碰上温柔的姐姐,那该多舒服啊。在耳边与爱丽丝私语": "如果能碰上温柔的姐姐,那该多舒服啊。在耳边与爱丽丝私语",

"收到的话,会多么幸福啊。": "收到的话,会多么幸福啊。",

"お姉ちゃんの綺麗な指が敏感な突起をコリッと摘みあげ、トロトロになった窪みをクチクチッと": "お姉ちゃんの綺麗な指が敏感な突起をコリッと摘みあげ、トロトロになった窪みをクチクチッと",

"優しくさすってくれます。": "優しくさすってくれます。",

"热的东西会把揉过内裤的手指完全弄湿,在床和地板上扑哧一声": "热的东西会把揉过内裤的手指完全弄湿,在床和地板上扑哧一声",

"下起来了。": "下起来了。",

"变成软乎乎的内裤和手,既不是尿也不是软绵绵的汁液": "变成软乎乎的内裤和手,既不是尿也不是软绵绵的汁液",

"成了胶水。": "成了胶水。",

"不知什么时候在肚脐深处的朦胧的悲伤消失了,心情舒畅的怠慢": "不知什么时候在肚脐深处的朦胧的悲伤消失了,心情舒畅的怠慢",

"包裹着身体。": "包裹着身体。",

"被不太清楚的液体弄湿了的内裤很恶心,但是已经起来了": "被不太清楚的液体弄湿了的内裤很恶心,但是已经起来了",

"我也没有精神。": "我也没有精神。",

"突然按照脑海中浮现的想法拿起刀,像是捡起掉落的叉子一样": "突然按照脑海中浮现的想法拿起刀,像是捡起掉落的叉子一样",

"用自然感将银刃刺入胸膛。": "用自然感将银刃刺入胸膛。",

"有一种撞到硬东西的感觉,在衣服下面渗出血来了。但是,就这样": "有一种撞到硬东西的感觉,在衣服下面渗出血来了。但是,就这样",

"我会把刀狠狠地刺向自己。": "我会把刀狠狠地刺向自己。",

"咯吱咯吱地剔骨头的声音和猛烈的疼痛在胸口蔓延,空着洞的衣服下面": "咯吱咯吱地剔骨头的声音和猛烈的疼痛在胸口蔓延,空着洞的衣服下面",

"变得通红。": "变得通红。",

"银色的刀尖上涂满了血,有点暖和。这样做的话会死的": "银色的刀尖上涂满了血,有点暖和。这样做的话会死的",

"明明知道是这样,手却随意地活动着,执拗地把胸弄得满是洞。": "明明知道是这样,手却随意地活动着,执拗地把胸弄得满是洞。",

"滑入骨头之间的刀尖深深地扎了进去,拔出的时候漏气了,不能呼吸了。": "滑入骨头之间的刀尖深深地扎了进去,拔出的时候漏气了,不能呼吸了。",

"我的脚上已经沾满了血。": "我的脚上已经沾满了血。",

"刺入贯穿扑通扑通的东西的刀的话,沿着刀尖咕嘟咕嘟地撕碎肉": "刺入贯穿扑通扑通的东西的刀的话,沿着刀尖咕嘟咕嘟地撕碎肉",

"有声音。": "有声音。",

"不可损坏的东西被贯穿,从口中发出浑浊的声音。然后从伤口噗哧地": "不可损坏的东西被贯穿,从口中发出浑浊的声音。然后从伤口噗哧地",

"血开始溢出,眼前突然变暗。": "血开始溢出,眼前突然变暗。",

"打开书,出现了一幅像姐妹一样的女孩赤裸相拥的画面。文章里姐姐爱妹妹": "打开书,出现了一幅像姐妹一样的女孩赤裸相拥的画面。文章里姐姐爱妹妹",

"写着每天都做色情的事情。": "写着每天都做色情的事情。",

"书中的姐妹亲吻了好几次,互相舔舐身体。姐姐在姐妹的插图中说道": "书中的姐妹亲吻了好几次,互相舔舐身体。姐姐在姐妹的插图中说道",

"妹妹和姐姐有点像我。": "妹妹和姐姐有点像我。",

"わたしによく似た本の『アリサ』を自分と重ね合わせ、朗読しながらお姉ちゃんにペロペロ": "わたしによく似た本の『アリサ』を自分と重ね合わせ、朗読しながらお姉ちゃんにペロペロ",

"される事を想像します。": "される事を想像します。",

"尖っていない木箱の角でおまんこを刺激すると、自分で触るのとは違う快感がジワジワと": "尖っていない木箱の角でおまんこを刺激すると、自分で触るのとは違う快感がジワジワと",

"やってきます。": "やってきます。",

"直接いじる快感に頭がぼんやりしてきます。角は見た目よりもすべすべしていて、程よい硬さの": "直接いじる快感に頭がぼんやりしてきます。角は見た目よりもすべすべしていて、程よい硬さの",

"木箱に涙が滲みそうです。": "木箱に涙が滲みそうです。",

"滲み出した愛液は、床に水たまりを作っていました。クリトリスも、おまんこも、気持ちよくて": "滲み出した愛液は、床に水たまりを作っていました。クリトリスも、おまんこも、気持ちよくて",

"堪りません。": "堪りません。",

"快楽に押し出されるように、股間をこすりつけます。溢れたお汁は、机の上にも広がり": "快楽に押し出されるように、股間をこすりつけます。溢れたお汁は、机の上にも広がり",

"ベタベタになっていました。": "ベタベタになっていました。",

"にゅるりとおまんこ穴を舐める舌が、自分でも触れたことのない部分をコリコリと刺激されて": "にゅるりとおまんこ穴を舐める舌が、自分でも触れたことのない部分をコリコリと刺激されて",

"ビリビリとした快感に走ります。": "ビリビリとした快感に走ります。",

"夢でしょうか、幻覚でしょうか。もうどちらでも構いません。おねえちゃんが舐めてくれた": "夢でしょうか、幻覚でしょうか。もうどちらでも構いません。おねえちゃんが舐めてくれた",

"のですから。": "のですから。",

"おまんこのなかをクチュクチュッと音がします。舌が深いところを這い回る感覚に、背筋に": "おまんこのなかをクチュクチュッと音がします。舌が深いところを這い回る感覚に、背筋に",

"ゾクゾクとしたものが走ります。": "ゾクゾクとしたものが走ります。",

"想像の中の舌が私のおまんこを舐め回し、おしるをゴクゴクと飲んでいく錯覚に頭のなかが": "想像の中の舌が私のおまんこを舐め回し、おしるをゴクゴクと飲んでいく錯覚に頭のなかが",

"蕩けていきます。": "蕩けていきます。",

"どれだけページをめくっても終わりはみえず、いつしか本の中の姉妹も私とアーニャ": "どれだけページをめくっても終わりはみえず、いつしか本の中の姉妹も私とアーニャ",

"お姉ちゃんになっていました。": "お姉ちゃんになっていました。",

"たくさんのえっちな言葉を覚えながら、クチュクチュという音に舌を出して快感を求める": "たくさんのえっちな言葉を覚えながら、クチュクチュという音に舌を出して快感を求める",

"ことしかできません。": "ことしかできません。",

"そして私は脳裏に浮かぶ大好きな人と、終わらない快感に飲み込まれたまま、私の意識は": "そして私は脳裏に浮かぶ大好きな人と、終わらない快感に飲み込まれたまま、私の意識は",

"ゆっくりと白く塗りつぶされていくのでした。": "ゆっくりと白く塗りつぶされていくのでした。",

"true": "true",

"pic =": "pic =",

"pic": "pic",

"= 80;": "= 80;",

"= 255;": "= 255;",

"手足に巻き付いた肉色の蛇を振り払おうともがいても、それは服の中にまで入り込み、スカートを": "手足に巻き付いた肉色の蛇を振り払おうともがいても、それは服の中にまで入り込み、スカートを",

"捲りあげてしまいます。": "捲りあげてしまいます。",

"肌に食い込む布地に、おまたが痛みました。だけど、粘液を塗りつける触手はグイグイと下着を": "肌に食い込む布地に、おまたが痛みました。だけど、粘液を塗りつける触手はグイグイと下着を",

"引き上げるばかりです。": "引き上げるばかりです。",

"それは手足に巻き付いたものと同じ触手でした。ベトベトとしたものが口の中に広がり、舌に": "それは手足に巻き付いたものと同じ触手でした。ベトベトとしたものが口の中に広がり、舌に",

"どろりと絡みつきます。": "どろりと絡みつきます。",

"口の中はドロドロでいっぱいになって、息を吸うだけで精一杯です。べたべたと口の中を汚される": "口の中はドロドロでいっぱいになって、息を吸うだけで精一杯です。べたべたと口の中を汚される",

"感覚に、涙が滲んでしまいます。": "感覚に、涙が滲んでしまいます。",

"口の中の触手は頬の裏や、奥の歯茎、喉の入り口までヌルヌルを塗りつけながら": "口の中の触手は頬の裏や、奥の歯茎、喉の入り口までヌルヌルを塗りつけながら",

"パンツを強く引っ張りあげます。": "パンツを強く引っ張りあげます。",

"いたい、やめて……ひっぱらないで。くちのなか、きもちわるいよぉ。": "いたい、やめて……ひっぱらないで。くちのなか、きもちわるいよぉ。",

"うううううっっ……えいっ!": "うううううっっ……えいっ!",

"噛まれた触手は怒ったのか、何度もお尻を強く叩きます。ムチのように唸る触手が風切音を": "噛まれた触手は怒ったのか、何度もお尻を強く叩きます。ムチのように唸る触手が風切音を",

"立てるたびに、鈍い痛みに涙が滲みます。": "立てるたびに、鈍い痛みに涙が滲みます。",

"言葉が通じるかも分からない触手に懇願しても、お尻を叩く行為は止まりません。何度も乾いた": "言葉が通じるかも分からない触手に懇願しても、お尻を叩く行為は止まりません。何度も乾いた",

"音がして、ヒリヒリとした痛みに涙が流れてしまいます。": "音がして、ヒリヒリとした痛みに涙が流れてしまいます。",

"ポロポロと零れる涙を俯いていると、噛んだ触手がまた近づいてきます。それはゆっくりと": "ポロポロと零れる涙を俯いていると、噛んだ触手がまた近づいてきます。それはゆっくりと",

"唇に触れ、粘液を塗りつけてきました。": "唇に触れ、粘液を塗りつけてきました。",

"自分から口に含むことを求めるような仕草に、嫌悪感を抱きます。もうあのヌメヌメを口なんて": "自分から口に含むことを求めるような仕草に、嫌悪感を抱きます。もうあのヌメヌメを口なんて",

"入れたくありません。": "入れたくありません。",

"だけど、戸惑っているうちに触手にまたお尻を叩かれました。口の前の触手を咥えなければ": "だけど、戸惑っているうちに触手にまたお尻を叩かれました。口の前の触手を咥えなければ",

"何度でも叩かれるのでしょう。": "何度でも叩かれるのでしょう。",

"口の中でビクビクと震える触手は、先程のように動くことはありません。ですが、自分から": "口の中でビクビクと震える触手は、先程のように動くことはありません。ですが、自分から",

"舐めないときっと強く叩かれるのが分かります。": "舐めないときっと強く叩かれるのが分かります。",

"舐めているうちに、頭がぼんやりとしてきます。気持ち悪いだけだった触手の粘液も少し": "舐めているうちに、頭がぼんやりとしてきます。気持ち悪いだけだった触手の粘液も少し",

"甘くなったように感じます。": "甘くなったように感じます。",

"ぐいっぐいっとパンツが食い込むたびに、甘い痺れが広がっていきます。熱い吐息がもれて": "ぐいっぐいっとパンツが食い込むたびに、甘い痺れが広がっていきます。熱い吐息がもれて",

"おまたが湿っていくのが伝わってきます。": "おまたが湿っていくのが伝わってきます。",

"触手を咥えたまま、おまたから生まれる感覚に身を委ねます。頭がぽわぽわして考えが": "触手を咥えたまま、おまたから生まれる感覚に身を委ねます。頭がぽわぽわして考えが",

"まとまりません。": "まとまりません。",

"触手たちはお尻をたたき、ジンジンと疼くおまたを何度もノックします。それに気持ちよさを": "触手たちはお尻をたたき、ジンジンと疼くおまたを何度もノックします。それに気持ちよさを",

"感じるのを止められません。": "感じるのを止められません。",

"おしり、叩いてる。いっぱい、ペシペシしてるぅ。あ、そこ……いいよぉ。しょくしゅ……": "おしり、叩いてる。いっぱい、ペシペシしてるぅ。あ、そこ……いいよぉ。しょくしゅ……",

"すき、かも": "すき、かも",

"ふぁぁ、これ……きもち、いい……おまた、きもち……いいよぉ。もっと、たたいて……": "ふぁぁ、これ……きもち、いい……おまた、きもち……いいよぉ。もっと、たたいて……",

"やさしく、たたいてぇ": "やさしく、たたいてぇ",

"甘い感覚に足先が震え、おまたからポタポタとお汁が垂れる音が聞こえます。体はどんどん": "甘い感覚に足先が震え、おまたからポタポタとお汁が垂れる音が聞こえます。体はどんどん",

"熱くなり、快感は波のように迫ってきます。": "熱くなり、快感は波のように迫ってきます。",

"気持ちよさにおしりの穴が、きゅぅと小さくなるのを感じます。こんな感覚を初めてなのに": "気持ちよさにおしりの穴が、きゅぅと小さくなるのを感じます。こんな感覚を初めてなのに",

"もっと欲しくて仕方ありません。": "もっと欲しくて仕方ありません。",

"あっっ、いい……きもちいい、おまた……いい。きてる……なにか、きもちいいの……": "あっっ、いい……きもちいい、おまた……いい。きてる……なにか、きもちいいの……",

"きてるよぉ": "きてるよぉ",

"莉莎的脖子上缠绕着剥下的绳子,那个身体失去了血气变白了。": "莉莎的脖子上缠绕着剥下的绳子,那个身体失去了血气变白了。",

"挂在单间里摇晃的样子,就像成熟的果实一样。": "挂在单间里摇晃的样子,就像成熟的果实一样。",

"从莉莎的胯下漏出来的尿尿,紧紧地弄湿了裙子我已经": "从莉莎的胯下漏出来的尿尿,紧紧地弄湿了裙子我已经",

"站不起来了。": "站不起来了。",

"なにかが体に巻きつき、ネトネトとしたものを塗りつけてくる感触。だけど、目隠しをされた": "なにかが体に巻きつき、ネトネトとしたものを塗りつけてくる感触。だけど、目隠しをされた",

"状態ではなにも見えません。": "状態ではなにも見えません。",

"体を縛る触手はぬるりとした液体を塗りつけながら、肌を這い回ります。大きくなった胸を": "体を縛る触手はぬるりとした液体を塗りつけながら、肌を這い回ります。大きくなった胸を",

"搾るように絡みつき、生温かいものをこすりつけてきます。": "搾るように絡みつき、生温かいものをこすりつけてきます。",

"おへそに、こしに、胸に、執拗に巻き付く触手に嫌悪感で鳥肌が立ちます。だけど胸から生まれた": "おへそに、こしに、胸に、執拗に巻き付く触手に嫌悪感で鳥肌が立ちます。だけど胸から生まれた",

"熱と痺れは体中に広がって、力は抜けていくばかりです。": "熱と痺れは体中に広がって、力は抜けていくばかりです。",

"触手によって形を変える胸に、私の足が震えます。こんな形で大人のようなおっぱいになるなんて": "触手によって形を変える胸に、私の足が震えます。こんな形で大人のようなおっぱいになるなんて",

"思いもしませんでした。": "思いもしませんでした。",

"はやく大人になりたいという気持ちはありました。だけど、こんなに大きくなった胸では、": "はやく大人になりたいという気持ちはありました。だけど、こんなに大きくなった胸では、",

"きっとお姉ちゃんをガッカリさせてしまうことでしょう。": "きっとお姉ちゃんをガッカリさせてしまうことでしょう。",

"だけど、触手は想いを踏みにじるように胸を揉みしだき、私に見せつけるように持ち上げて": "だけど、触手は想いを踏みにじるように胸を揉みしだき、私に見せつけるように持ち上げて",

"締め付けます。": "締め付けます。",

"ジンジンと疼く胸に、涙ながら懇願しても触手は動きを止めません。それどころか『大人』と": "ジンジンと疼く胸に、涙ながら懇願しても触手は動きを止めません。それどころか『大人』と",

"呼べるサイズまで大きくなった胸を確かめるように、じっくりと這い回ります。": "呼べるサイズまで大きくなった胸を確かめるように、じっくりと這い回ります。",

"舐め回すように胸を弄ぶ触手に、宿った熱がどんどん強くなってきます。吐息は荒くなり、": "舐め回すように胸を弄ぶ触手に、宿った熱がどんどん強くなってきます。吐息は荒くなり、",

"感じたことのない感覚が足を震わせます。": "感じたことのない感覚が足を震わせます。",

"胸から広がる痺れに目の前が霞みます。その間にもおっぱいを好き勝手に弄り回していた": "胸から広がる痺れに目の前が霞みます。その間にもおっぱいを好き勝手に弄り回していた",

"触手は、先っぽのピンク色の部分に先端を近づけます。": "触手は、先っぽのピンク色の部分に先端を近づけます。",

"粘液を塗りつける行為に首を振って抵抗するも、触手は胸を揉みながら何度もおっぱいの先を": "粘液を塗りつける行為に首を振って抵抗するも、触手は胸を揉みながら何度もおっぱいの先を",

"こねるように突きます。": "こねるように突きます。",

"お姉ちゃんには、胸やおまたは触らせてはいけないと言われました。そこに触れていいのは": "お姉ちゃんには、胸やおまたは触らせてはいけないと言われました。そこに触れていいのは",

"アーニャお姉ちゃんだけなのに、触手は遠慮なく触れてきます。": "アーニャお姉ちゃんだけなのに、触手は遠慮なく触れてきます。",

"お風呂のたびにお胸を洗ってくれた姉のことを思い出します。だけど触手から強制的にもたらされ": "お風呂のたびにお胸を洗ってくれた姉のことを思い出します。だけど触手から強制的にもたらされ",

"る感覚は、あのささやかな気持ちよさとは完全に別物でした。": "る感覚は、あのささやかな気持ちよさとは完全に別物でした。",

"完全に形の変わってしまった乳首を絞り上げられ、涙がポロポロと流れます。なぜこんな酷いこと": "完全に形の変わってしまった乳首を絞り上げられ、涙がポロポロと流れます。なぜこんな酷いこと",

"をされるのかわかりません。": "をされるのかわかりません。",

"痛みが引けば、代わりに疼くような熱さだけが残ります。かゆみにも似た疼きに、痛みで忘れて": "痛みが引けば、代わりに疼くような熱さだけが残ります。かゆみにも似た疼きに、痛みで忘れて",

"いた体の熱を再発するのを自覚します。": "いた体の熱を再発するのを自覚します。",

"そして、太ももに触手のものではない液体がつぅっと伝い。触られてもいないおまたが湿っている": "そして、太ももに触手のものではない液体がつぅっと伝い。触られてもいないおまたが湿っている",

"のを感じます。": "のを感じます。",

"なにが起こったのかわかりません。頭が真っ白になり、ビクッと震えた体で触手にもたれ": "なにが起こったのかわかりません。頭が真っ白になり、ビクッと震えた体で触手にもたれ",

"かかってしまいます。": "かかってしまいます。",

"だけど触手は何が起こったか理解するより先に、われめに自分をこすりつけながら前後に": "だけど触手は何が起こったか理解するより先に、われめに自分をこすりつけながら前後に",

"這い回ります。足はガクガクと震え、透明な液体がトロトロと流れるのが分かります。": "這い回ります。足はガクガクと震え、透明な液体がトロトロと流れるのが分かります。",

"おしっこする部分を撫でられ、お姉ちゃんにしか見せたことのない場所を弄られる羞恥に体が": "おしっこする部分を撫でられ、お姉ちゃんにしか見せたことのない場所を弄られる羞恥に体が",

"火照ります。": "火照ります。",

"ああ……みられてる。おまたのなか……へんないきものに、みられちゃってる。みせちゃ……": "ああ……みられてる。おまたのなか……へんないきものに、みられちゃってる。みせちゃ……",

"ダメって言われたのに": "ダメって言われたのに",

"お姉ちゃんにしか知られたことのない場所を開かれたショックに涙が滲みます。ひんやりとした": "お姉ちゃんにしか知られたことのない場所を開かれたショックに涙が滲みます。ひんやりとした",

"感覚と羞恥に足を閉じようとしても、縛られたままでは抵抗できません。": "感覚と羞恥に足を閉じようとしても、縛られたままでは抵抗できません。",

"だけど触手の責めは終わらず、割り開いた肉の隙間に紐状のぬめった体をゆっくりと塗りつけて": "だけど触手の責めは終わらず、割り開いた肉の隙間に紐状のぬめった体をゆっくりと塗りつけて",

"きます。そして、その触手がおまたの一部に触れた瞬間――": "きます。そして、その触手がおまたの一部に触れた瞬間――",

"全身が溶けたような感覚に、意識がぼんやりとします。だけど触手は、再び動き出して広げられた": "全身が溶けたような感覚に、意識がぼんやりとします。だけど触手は、再び動き出して広げられた",

"股間に鎌首をもたげました。": "股間に鎌首をもたげました。",

"未知の体験に恐怖を覚えて、叫びます。すると――そこで、ぴたりと触手の動きが止まりました。": "未知の体験に恐怖を覚えて、叫びます。すると――そこで、ぴたりと触手の動きが止まりました。",

"さっきと同じです。": "さっきと同じです。",

"触られる刺激がなくなると、次にやってきたのは疼くような熱さでした。さっきよりも強い": "触られる刺激がなくなると、次にやってきたのは疼くような熱さでした。さっきよりも強い",

"疼きが、胸やあそこから全身に広がって吐息が荒くなります。": "疼きが、胸やあそこから全身に広がって吐息が荒くなります。",

"おまたがへん……おっぱいも、むずむずするよぉ。きもちわるいのに、これ……つらいよぉ……": "おまたがへん……おっぱいも、むずむずするよぉ。きもちわるいのに、これ……つらいよぉ……",

"さわってほしい、よぉ": "さわってほしい、よぉ",

"秒刻みで強くなる衝動に、ぬるぬるになった太ももこすりつけてしまいます。だけど動きを止めた": "秒刻みで強くなる衝動に、ぬるぬるになった太ももこすりつけてしまいます。だけど動きを止めた",

"触手はじらすように胸を這うばかりで、望むだけの刺激をくれません。": "触手はじらすように胸を這うばかりで、望むだけの刺激をくれません。",

"胸から伝わる弱すぎる快感に、涙がこぼれ頭の中が白くなっていきます。お姉ちゃん以外に": "胸から伝わる弱すぎる快感に、涙がこぼれ頭の中が白くなっていきます。お姉ちゃん以外に",

"触らせてはいけないと言いつけられたのに、もっと強く触ってほしいという気持ちが": "触らせてはいけないと言いつけられたのに、もっと強く触ってほしいという気持ちが",

"止められません。": "止められません。",

"太ももをすり合わせた私の唇から、吐息のように願いの欠片がこぼれ落ちます。そして一度口に": "太ももをすり合わせた私の唇から、吐息のように願いの欠片がこぼれ落ちます。そして一度口に",

"してしまえば、もう堪えることなどできませんでした。": "してしまえば、もう堪えることなどできませんでした。",

"口にした瞬間に願いは叶えられました。おっぱいに吸い付くように触手が蠢き、おまたを強く": "口にした瞬間に願いは叶えられました。おっぱいに吸い付くように触手が蠢き、おまたを強く",

"擦りあげます――いいえ、擦りあげてくれたのです。": "擦りあげます――いいえ、擦りあげてくれたのです。",

"乳首に強くまきつかれ、おまたを擦られる快感に涙が流れます。悪いことをしているはず": "乳首に強くまきつかれ、おまたを擦られる快感に涙が流れます。悪いことをしているはず",

"なのに、気持ちよくて声が出てしまいます。": "なのに、気持ちよくて声が出てしまいます。",

"膨らんだ乳首から溢れ出す白いものに、私は呆然と呟きます。甘い匂いがする、それは": "膨らんだ乳首から溢れ出す白いものに、私は呆然と呟きます。甘い匂いがする、それは",

"紛れもなく女性の母乳でした。": "紛れもなく女性の母乳でした。",

"母乳を吹き出すおっぱい。そこに群がる触手たちに懇願しても、ぬめった肉蛇たちは胸を揉み": "母乳を吹き出すおっぱい。そこに群がる触手たちに懇願しても、ぬめった肉蛇たちは胸を揉み",

"しだき母乳を搾り取ります。": "しだき母乳を搾り取ります。",

"そのまま乳首に吸い付き、触手は母乳を飲み始めます。口内にある舌で乳首をねぶり、ちゅぱ": "そのまま乳首に吸い付き、触手は母乳を飲み始めます。口内にある舌で乳首をねぶり、ちゅぱ",

"ちゅぱと飲む音が聞こえます。": "ちゅぱと飲む音が聞こえます。",

"おっぱいだけではなく、われめの内側も刺激する触手に、波のような快感が背中を駆け上がります。": "おっぱいだけではなく、われめの内側も刺激する触手に、波のような快感が背中を駆け上がります。",

"全身が蕩けてなくなりそうです。": "全身が蕩けてなくなりそうです。",

"感じたことのない気持ちよさが弾けて、目の前が真っ白になりました。ぴゅるっと吹き出した": "感じたことのない気持ちよさが弾けて、目の前が真っ白になりました。ぴゅるっと吹き出した",

"母乳が触手を白く染めました。": "母乳が触手を白く染めました。",

"だけど、それだけで快感は終わらず、触手は執拗に乳首からお乳を吸い上げます。コリコリと": "だけど、それだけで快感は終わらず、触手は執拗に乳首からお乳を吸い上げます。コリコリと",

"甘噛みされる感覚に、おまたからトロトロとしたものが溢れ出します。": "甘噛みされる感覚に、おまたからトロトロとしたものが溢れ出します。",

"得体のしれない生き物に母乳を飲まれる背徳的な行為に、ゾクゾクします。乳首をつねられ、絞ら": "得体のしれない生き物に母乳を飲まれる背徳的な行為に、ゾクゾクします。乳首をつねられ、絞ら",

"れる痛みはもう快楽にしか感じられません。": "れる痛みはもう快楽にしか感じられません。",

"「はぁぁっっ、んんんっっ! おまたも、こりこりって……して、る♥ びりびり、する……": "「はぁぁっっ、んんんっっ! おまたも、こりこりって……して、る♥ びりびり、する……",

"おまた、すごく……びりびりってっ♥」": "おまた、すごく……びりびりってっ♥」",

"ゴクゴクと母乳をすする触手におねだりをして、おまたを這い回るヌメついた体におまたを自分": "ゴクゴクと母乳をすする触手におねだりをして、おまたを這い回るヌメついた体におまたを自分",

"から擦りつけます。": "から擦りつけます。",

"ああ、またくる……きもちいいの。きちゃう……おっぱいすわれて、きもちよくなっちゃう": "ああ、またくる……きもちいいの。きちゃう……おっぱいすわれて、きもちよくなっちゃう",

"よぉ!": "よぉ!",

"ぴゅっぴゅっと母乳の吹き出す乳首に吸い付いた触手が、美味しそうに母乳を飲むようすに": "ぴゅっぴゅっと母乳の吹き出す乳首に吸い付いた触手が、美味しそうに母乳を飲むようすに",

"ゾクゾクします。": "ゾクゾクします。",

"駆け上がってくる快感に身を任せると、それに応えるように触手がおっぱいを甘噛みして、おまた": "駆け上がってくる快感に身を任せると、それに応えるように触手がおっぱいを甘噛みして、おまた",

"の敏感な部分を激しく刺激します。": "の敏感な部分を激しく刺激します。",

"恥ずかしくて言えなかった分の願望を込めながら――私は愛しいおねえちゃんの顔を想像する": "恥ずかしくて言えなかった分の願望を込めながら――私は愛しいおねえちゃんの顔を想像する",

"のでした。": "のでした。",

"ふと頭に浮かんだ思いのままにナイフを手にとって、落としたフォークを拾うような": "ふと頭に浮かんだ思いのままにナイフを手にとって、落としたフォークを拾うような",

"自然さで銀の刃先をお胸に突き刺します。": "自然さで銀の刃先をお胸に突き刺します。",

"ゴリっと硬いものにぶつかる感触がして、お洋服の下で血がにじみました。だけど、そのまま": "ゴリっと硬いものにぶつかる感触がして、お洋服の下で血がにじみました。だけど、そのまま",

"自分にナイフを思い切り突き立てます。": "自分にナイフを思い切り突き立てます。",

"ガリッガリッと骨が削れる音と、猛烈な痛みがお胸に広がり、穴の空いたお洋服の下が": "ガリッガリッと骨が削れる音と、猛烈な痛みがお胸に広がり、穴の空いたお洋服の下が",

"真っ赤になっていきます。": "真っ赤になっていきます。",

"銀色の刃先が血塗れになり、生暖かいものが吹き出します。こんなことをしたら死んでしまう": "銀色の刃先が血塗れになり、生暖かいものが吹き出します。こんなことをしたら死んでしまう",

"のは分かっているのに、手は勝手に動き、執拗にお胸を穴だらけにしていきます。": "のは分かっているのに、手は勝手に動き、執拗にお胸を穴だらけにしていきます。",

"骨の間に滑り込んだ刃先が深く刺さり、引き抜いたときに空気がもれて息が出来なくなりました。": "骨の間に滑り込んだ刃先が深く刺さり、引き抜いたときに空気がもれて息が出来なくなりました。",

"わたしの足元は、もう血まみれです。": "わたしの足元は、もう血まみれです。",

"ドクンと脈打つものを貫いたナイフを抉りこむと、刃先を伝ってブチブチと肉がちぎれる": "ドクンと脈打つものを貫いたナイフを抉りこむと、刃先を伝ってブチブチと肉がちぎれる",

"音がします。": "音がします。",

"壊れてはいけない物が貫かれ、口から濁った音がこぼれました。そして傷口からブシュッと": "壊れてはいけない物が貫かれ、口から濁った音がこぼれました。そして傷口からブシュッと",

"血が溢れ出し、目の前が急に暗くなっていきます。": "血が溢れ出し、目の前が急に暗くなっていきます。",

"黒い犬の歯は刃物のように鋭く、鋭い目とグルルルと唸る声に体がすくみます。手足が": "黒い犬の歯は刃物のように鋭く、鋭い目とグルルルと唸る声に体がすくみます。手足が",

"震えてうまく動けません。": "震えてうまく動けません。",

"大きな犬は苦手です。だけど、いまはいつも守ってくれたお姉ちゃんはどこにも": "大きな犬は苦手です。だけど、いまはいつも守ってくれたお姉ちゃんはどこにも",

"いません。": "いません。",

"お尻がむき出しにされて、思わず悲鳴を上げてしまいます。おまたを覆っていた物がなくなり、": "お尻がむき出しにされて、思わず悲鳴を上げてしまいます。おまたを覆っていた物がなくなり、",

"あそこがひんやりします。": "あそこがひんやりします。",

"剥き出しなったおまたに視線が突き刺さり、大事なところを見られる恥ずかしさに体が": "剥き出しなったおまたに視線が突き刺さり、大事なところを見られる恥ずかしさに体が",

"強張ってしまいます。": "強張ってしまいます。",

"股間を舐められるという思いも寄らない感覚に、全身に鳥肌が立ちます。だけど、それに": "股間を舐められるという思いも寄らない感覚に、全身に鳥肌が立ちます。だけど、それに",

"戸惑う暇もなく舌がれろりと股間になぞります。": "戸惑う暇もなく舌がれろりと股間になぞります。",

"べちゃりべちゃりと動く舌が、おまたを何度も往復します。生暖かい唾液が塗りつけられ、": "べちゃりべちゃりと動く舌が、おまたを何度も往復します。生暖かい唾液が塗りつけられ、",

"気味の悪い音が部屋に響きます。": "気味の悪い音が部屋に響きます。",

"おしっこの出るところを舌でなぞられて、足がガクガクと震えます。自分でも触ったことの": "おしっこの出るところを舌でなぞられて、足がガクガクと震えます。自分でも触ったことの",

"ないところを犬に舐められる感覚に、変な声が漏れてしまいます。": "ないところを犬に舐められる感覚に、変な声が漏れてしまいます。",

"だけど抵抗しようすると、犬は体に爪を立てて怒ったように低く唸ります。その剥き出しに": "だけど抵抗しようすると、犬は体に爪を立てて怒ったように低く唸ります。その剥き出しに",

"なった牙に、体が強ばるのを感じます。": "なった牙に、体が強ばるのを感じます。",

"これ以上なにかしたら噛まれてしまうかもしれない。その痛みと恐怖に、逃げることも": "これ以上なにかしたら噛まれてしまうかもしれない。その痛みと恐怖に、逃げることも",

"暴れることもできなくなってしまいます。": "暴れることもできなくなってしまいます。",

"ピチャピチャと音を立てる犬に弱々しく懇願しても、その舌は止まってくれません。まるで": "ピチャピチャと音を立てる犬に弱々しく懇願しても、その舌は止まってくれません。まるで",

"水でも飲むように何度も何度もあそこを舐め回します。": "水でも飲むように何度も何度もあそこを舐め回します。",

"暴れようとするより早く、犬が鼻先をお尻の穴に密着させました。少しだけひんやりと": "暴れようとするより早く、犬が鼻先をお尻の穴に密着させました。少しだけひんやりと",

"したものに敏感な部分をつつかれて声を上げてしまいます。": "したものに敏感な部分をつつかれて声を上げてしまいます。",

"お尻の穴を舐められて、思わず声を上げてしまいます。想像もしなかったところを舐められ、": "お尻の穴を舐められて、思わず声を上げてしまいます。想像もしなかったところを舐められ、",

"全身に鳥肌が立ちます。": "全身に鳥肌が立ちます。",

"トイレ以外では意識したことのない不浄の穴。そこが犬の唾液でベッタリと汚れていくのが": "トイレ以外では意識したことのない不浄の穴。そこが犬の唾液でベッタリと汚れていくのが",

"分かります。": "分かります。",

"犬は何度も何度も、丹念にお尻を舐めながら濁った水音を立てます。そのたびにゾワゾワと": "犬は何度も何度も、丹念にお尻を舐めながら濁った水音を立てます。そのたびにゾワゾワと",

"した感覚が体に広がっていきます。": "した感覚が体に広がっていきます。",

"湧き上がる感覚を否定しようとしたとき、犬の舌がおまたをぺろりと舐めました。その瞬間、体に": "湧き上がる感覚を否定しようとしたとき、犬の舌がおまたをぺろりと舐めました。その瞬間、体に",

"ビリビリとしたものが広がり体の力が抜けてしまいます。": "ビリビリとしたものが広がり体の力が抜けてしまいます。",

"おまたを指で擦ったときのような感覚に、息が荒くなってしまいます。犬に恥ずかしいところを": "おまたを指で擦ったときのような感覚に、息が荒くなってしまいます。犬に恥ずかしいところを",

"舐められているのに、少しずつ気持ちよくなってしまいます。": "舐められているのに、少しずつ気持ちよくなってしまいます。",

"ぬめった舌で内側を掻き分けられる快感に、逃げる気力が消えていきます。怖いのに": "ぬめった舌で内側を掻き分けられる快感に、逃げる気力が消えていきます。怖いのに",

"気持ちよくて、動くことができなくなります。": "気持ちよくて、動くことができなくなります。",

"おまたはトロトロになり、お腹の内側がきゅぅぅっとなります。気持ち悪いはずなのに、もっと": "おまたはトロトロになり、お腹の内側がきゅぅぅっとなります。気持ち悪いはずなのに、もっと",

"してほしいと願ってしまいます。": "してほしいと願ってしまいます。",

"敏感なところを舐められて、目の前で火花が散りました。気持ちよさが大波になって、意識が": "敏感なところを舐められて、目の前で火花が散りました。気持ちよさが大波になって、意識が",

"蕩けてしまいます。": "蕩けてしまいます。",

"のしかかって犬が、おまたに何か固いものを押し付けてきます。ハッハッハという荒い呼吸が": "のしかかって犬が、おまたに何か固いものを押し付けてきます。ハッハッハという荒い呼吸が",

"耳に生暖かいものを吹き付け、臭い息が顔にかかりました。": "耳に生暖かいものを吹き付け、臭い息が顔にかかりました。",

"快感の余韻と気怠さが混じった体に、ぶつかる灼熱。小刻みにおまたにぶつかる熱いものに": "快感の余韻と気怠さが混じった体に、ぶつかる灼熱。小刻みにおまたにぶつかる熱いものに",

"ゾッとします。": "ゾッとします。",

"ベチャベチャと顔に舌を舐め回す犬。それに抵抗しようとすると、犬がまたグルルルルと": "ベチャベチャと顔に舌を舐め回す犬。それに抵抗しようとすると、犬がまたグルルルルと",

"威嚇します。": "威嚇します。",

"目の前が暗くなるような痛みに、息をすることができません。体験したこともない灼熱に涙が": "目の前が暗くなるような痛みに、息をすることができません。体験したこともない灼熱に涙が",

"ボロボロと零れてしまいます。": "ボロボロと零れてしまいます。",

"おまたが……こわれちゃった。おなかに……あなが、あいちゃったよ。うう……": "おまたが……こわれちゃった。おなかに……あなが、あいちゃったよ。うう……",

"いたい、いたいよぉ": "いたい、いたいよぉ",

"気持ちよさそうな声をあげる犬に、体から脂汗が流れ出します。痛くて痛くて、なにも考える": "気持ちよさそうな声をあげる犬に、体から脂汗が流れ出します。痛くて痛くて、なにも考える",

"ことができません。": "ことができません。",

"ああ、おくが……ひろげられて、る……かたいの、で……ふかく、はいって、きてる……": "ああ、おくが……ひろげられて、る……かたいの、で……ふかく、はいって、きてる……",

"いきが、でき……ないよぉ": "いきが、でき……ないよぉ",

"まるで灼熱の鉄棒で貫かれたような痛みに、呼吸をすることができません。鉄さびのような": "まるで灼熱の鉄棒で貫かれたような痛みに、呼吸をすることができません。鉄さびのような",

"臭いに鼻の奥がツンと痺れます。": "臭いに鼻の奥がツンと痺れます。",

"奥までねじ込まれる感覚に、内臓が潰れされたような声が漏れてしまいます。灼熱でズキズキ": "奥までねじ込まれる感覚に、内臓が潰れされたような声が漏れてしまいます。灼熱でズキズキ",

"とおまたが痛み、ポロポロと涙が床に落ちました。": "とおまたが痛み、ポロポロと涙が床に落ちました。",

"だけど私のことなど気にも止めず、犬はガクガクと腰を振り乱しておまたの中を硬いもので": "だけど私のことなど気にも止めず、犬はガクガクと腰を振り乱しておまたの中を硬いもので",

"掻き回します。": "掻き回します。",

"お腹の中をブチブチと引き裂かれるような痛みに、意識が遠ざかっていきます。どうしてこんな": "お腹の中をブチブチと引き裂かれるような痛みに、意識が遠ざかっていきます。どうしてこんな",

"目に合うのかわかりません。": "目に合うのかわかりません。",

"ガクガクと腰が動くたびに、おまたに突き刺さったものが痛みを生み出します。それに私は": "ガクガクと腰が動くたびに、おまたに突き刺さったものが痛みを生み出します。それに私は",

"耐えることしかできません。": "耐えることしかできません。",

"だけど突然、突き刺さったものが体の奥底までねじ込まれるのが分かりました。なにかが": "だけど突然、突き刺さったものが体の奥底までねじ込まれるのが分かりました。なにかが",

"大事な部分を貫いてる感覚が、痛みと一緒に伝わってきます。": "大事な部分を貫いてる感覚が、痛みと一緒に伝わってきます。",

"大切なものを強引に奪われたことが分かってしまいます。頭の奥でチカチカと火花が散るのが": "大切なものを強引に奪われたことが分かってしまいます。頭の奥でチカチカと火花が散るのが",

"見えてしまいました。": "見えてしまいました。",

"「ひぁっっっ! な、にっっ、あつい……おなか、あついっっ!? あついっっ! なに、": "「ひぁっっっ! な、にっっ、あつい……おなか、あついっっ!? あついっっ! なに、",

"これっっ!?」": "これっっ!?」",

"お腹の奥に広がっていく不気味な温かさに、ぞっと鳥肌が立ちます。重くなっていくお腹に足が": "お腹の奥に広がっていく不気味な温かさに、ぞっと鳥肌が立ちます。重くなっていくお腹に足が",

"震えてしまいます。": "震えてしまいます。",

"友達はそれを『こーび』だといっていました。そして『こーび』とは赤ちゃんを作るためのこと": "友達はそれを『こーび』だといっていました。そして『こーび』とは赤ちゃんを作るためのこと",

"だと笑っていました。": "だと笑っていました。",

"じゃあ、じゃあ……これって『こーび』なの? わたし、あかちゃん……犬との": "じゃあ、じゃあ……これって『こーび』なの? わたし、あかちゃん……犬との",

"あかちゃんを……つくってるの……?": "あかちゃんを……つくってるの……?",

"だけど逃げようとする私の中で、なにかが膨らんでいきます。ミチミチとおなかを内側から": "だけど逃げようとする私の中で、なにかが膨らんでいきます。ミチミチとおなかを内側から",

"引き裂くような音が聞こえてきます。": "引き裂くような音が聞こえてきます。",

"おなか、やぶれちゃう……おなか、こわれちゃ……う……これ、しんじゃ……う……": "おなか、やぶれちゃう……おなか、こわれちゃ……う……これ、しんじゃ……う……",

"おねえ……ちゃ……": "おねえ……ちゃ……",

"大切に部分に突き刺さった硬いて熱いもの。その先っぽから灼熱がドクドクと、大切な部分": "大切に部分に突き刺さった硬いて熱いもの。その先っぽから灼熱がドクドクと、大切な部分",

"に注ぎ込まれるのが分かります。": "に注ぎ込まれるのが分かります。",

"びゅーびゅーと吹き出す熱い汁が、おへそでグルグルと渦巻きます。おなかの奥で火が": "びゅーびゅーと吹き出す熱い汁が、おへそでグルグルと渦巻きます。おなかの奥で火が",

"燃えているに感じます。": "燃えているに感じます。",

"おなかの中に溜まっていく熱さにボロボロと涙がこぼれてます。おへその下が熱くて": "おなかの中に溜まっていく熱さにボロボロと涙がこぼれてます。おへその下が熱くて",

"仕方ありません。": "仕方ありません。",

"おなかに、でてる……赤ちゃんの、もとが……いっぱいに、なってる……おなかのなか、": "おなかに、でてる……赤ちゃんの、もとが……いっぱいに、なってる……おなかのなか、",

"とけちゃってるよぉぉ": "とけちゃってるよぉぉ",

"そんなとき犬が急に体をねじりました。おまたの中で硬いものがぐじゅりと音を立て、お尻を": "そんなとき犬が急に体をねじりました。おまたの中で硬いものがぐじゅりと音を立て、お尻を",

"向け合う体勢になってしまいます。": "向け合う体勢になってしまいます。",

"さっきよりもドロドロとした熱いものが、お腹に注ぎ込まれる感覚にゾクゾクしたものが": "さっきよりもドロドロとした熱いものが、お腹に注ぎ込まれる感覚にゾクゾクしたものが",

"背中を駆け上がります。": "背中を駆け上がります。",

"なんだ……なんでわたし、きもちよくなって……るの? いぬと、あかちゃん": "なんだ……なんでわたし、きもちよくなって……るの? いぬと、あかちゃん",

"つくってるのに……": "つくってるのに……",

"トクトクと熱いものが入ってくるたびに、頭がフワフワしてきます。お腹の中の袋が、灼熱の": "トクトクと熱いものが入ってくるたびに、頭がフワフワしてきます。お腹の中の袋が、灼熱の",

"お汁で広げられることに快感を覚えてしまいます。": "お汁で広げられることに快感を覚えてしまいます。",

"流れこんでくる熱さに、私も犬のように舌を出してしまいます。気持ちよさに頭が真っ白で何も": "流れこんでくる熱さに、私も犬のように舌を出してしまいます。気持ちよさに頭が真っ白で何も",

"考えることができません。": "考えることができません。",

"そして今までにない快感の波が背中を駆け上がってきました。だけど、その快感に私は震えること": "そして今までにない快感の波が背中を駆け上がってきました。だけど、その快感に私は震えること",

"しかできません。": "しかできません。",

"きもちいい……きもちいい、これ……きもちいい。こーび、きもちいい……くる。きもちいい、": "きもちいい……きもちいい、これ……きもちいい。こーび、きもちいい……くる。きもちいい、",

"のが……!": "のが……!",

"きゅぅぅぅぅんと心地よさそうに鳴く犬に合わせて、私も動物のように舌を出して快感に": "きゅぅぅぅぅんと心地よさそうに鳴く犬に合わせて、私も動物のように舌を出して快感に",

"身を委ねます。次の瞬間――": "身を委ねます。次の瞬間――",

"ひときわ熱いものがおへその下で弾けました。熱いものがおなかに広がり、おへその下がポコンと": "ひときわ熱いものがおへその下で弾けました。熱いものがおなかに広がり、おへその下がポコンと",

"膨らんでしまいます。": "膨らんでしまいます。",

"不意にお腹の奥で、なにかが入り込むようなチクンとした痛みが走りました。だけど熱いもので": "不意にお腹の奥で、なにかが入り込むようなチクンとした痛みが走りました。だけど熱いもので",

"満たされる大きすぎる快感が、急に私の意識を薄めていきます。": "満たされる大きすぎる快感が、急に私の意識を薄めていきます。",

"PA": "PA",

"50 4,3 連番 0": "50 4,3 連番 0",

"1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33": "1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33",

"34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49,50": "34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49,50",

"8 4,3 連番 0": "8 4,3 連番 0",

"1,2,3,4,5,6,7,8": "1,2,3,4,5,6,7,8",

"25 5 連番 0": "25 5 連番 0",

"1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25": "1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25",

"19 4 連番 0": "19 4 連番 0",

"1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19": "1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19",

"159 10 連番 0": "159 10 連番 0",

"1,2,3,2": "1,2,3,2",

"159 1 連番 0": "159 1 連番 0",

"4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28": "4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28",

"連番 0": "連番 0",

"29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54": "29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54",

"55,56,57,58,59,60,61,62,63,64,65,66,67,68,69,70,71,72,73,74,75,76,77,78,79,80,81,82,83,84,85,86,87,88,89,90,92,93,94,95,96,97,98,99,100,101,102,103,104,105,106,107,108,109,110,111,112,113,114,115,116,117,118,119,120,121,122,123,124,125,126,127,128,129,130,131,132,133,134,135,136,137,138,139": "55,56,57,58,59,60,61,62,63,64,65,66,67,68,69,70,71,72,73,74,75,76,77,78,79,80,81,82,83,84,85,86,87,88,89,90,92,93,94,95,96,97,98,99,100,101,102,103,104,105,106,107,108,109,110,111,112,113,114,115,116,117,118,119,120,121,122,123,124,125,126,127,128,129,130,131,132,133,134,135,136,137,138,139",

"140,141,142,143,144,145,146,147,148,149,150,151,152,153,154,155,156,157,158,159": "140,141,142,143,144,145,146,147,148,149,150,151,152,153,154,155,156,157,158,159",

"77 4 連番 0": "77 4 連番 0",

"1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41": "1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41",

"42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54,55,56,57,58,59,60,61,62,63,64,65,66,67,68,69,70,71,72,73,74,75,76": "42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54,55,56,57,58,59,60,61,62,63,64,65,66,67,68,69,70,71,72,73,74,75,76",

"62 2 連番 0": "62 2 連番 0",

"1,2,3,4,5,6,7,8,9": "1,2,3,4,5,6,7,8,9",

"10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21": "10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21",

"22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54,56,57,58,59,60,61,62": "22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54,56,57,58,59,60,61,62",

"29 4,3 連番 0": "29 4,3 連番 0",

"1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29": "1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29",

"87 2,8 連番 0": "87 2,8 連番 0",

"10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54,65,66,67,68,69": "10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54,65,66,67,68,69",

"70,71,72,73,74,75,76,77,78,79,80,81,82,83,84,85,86,87": "70,71,72,73,74,75,76,77,78,79,80,81,82,83,84,85,86,87",

"45 4 連番 0": "45 4 連番 0",

"1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45": "1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45",

"181 2 連番 0": "181 2 連番 0",

"78 3 連番 0": "78 3 連番 0",

"1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54,65,66": "1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54,65,66",

"67,68,69,70,71,72,73,74,75,76,77,78": "67,68,69,70,71,72,73,74,75,76,77,78",

"43 4 連番 0": "43 4 連番 0",

"1,2,3,4,5,6,7,8,9,10": "1,2,3,4,5,6,7,8,9,10",

"11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43": "11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43",

"把记的片断弄到手了": "把记的片断弄到手了",

"提示可以从菜单上的亚娜日记里看到。": "提示可以从菜单上的亚娜日记里看到。",

"1 1 2 90 49 WAIT": "1 1 2 90 49 WAIT",

"(浇水后长得很长。而且叶子在动……还写了数字……": "(浇水后长得很长。而且叶子在动……还写了数字……",

"奇怪的树……)": "奇怪的树……)",

"(……这样的谜题。姐姐很擅长吧……难道是姐姐?": "(……这样的谜题。姐姐很擅长吧……难道是姐姐?",

"不,不可能那样吧)": "不,不可能那样吧)",

"(这是姐姐的日记……呜呜,姐姐。我想见你,姐姐。在哪里?": "(这是姐姐的日记……呜呜,姐姐。我想见你,姐姐。在哪里?",

"在哪里?)": "在哪里?)",

"(喷泉里流出了漂亮的水……总觉得有种甜甜的味道,有点口渴了": "(喷泉里流出了漂亮的水……总觉得有种甜甜的味道,有点口渴了",

"啊……)": "啊……)",

"(这是一只大猪的摆设。简直就像是活的一样。好像马上就会动起来。但是……这12只": "(这是一只大猪的摆设。简直就像是活的一样。好像马上就会动起来。但是……这12只",

"是什么数量呢?)": "是什么数量呢?)",

"???": "???",

"「呵呵,跑不了啊。我绝对逃不掉。因为,这个世界上的“你们”": "「呵呵,跑不了啊。我绝对逃不掉。因为,这个世界上的“你们”",

"因为做了……呵呵」": "因为做了……呵呵」",

"眼前を埋め尽くす全裸の男という異常な状況。それをアリスは理解できず立ち尽くして": "眼前を埋め尽くす全裸の男という異常な状況。それをアリスは理解できず立ち尽くして",

"しまう。": "しまう。",

"浅黒い肌の大男が腕を掴み、アーニャから贈られた衣服をまるで紙切れのように容易く": "浅黒い肌の大男が腕を掴み、アーニャから贈られた衣服をまるで紙切れのように容易く",

"引き裂く。": "引き裂く。",

"状況をようやく理解したアリスが悲鳴をあげて座り込もうとするが、隆々と勃起した肉棒を": "状況をようやく理解したアリスが悲鳴をあげて座り込もうとするが、隆々と勃起した肉棒を",

"晒した巨人のような男はそれすら許さない。": "晒した巨人のような男はそれすら許さない。",

"アリスには何一つ理解できない。なぜ自分が掴まったのかも、のっぺりした顔の巨人が何者": "アリスには何一つ理解できない。なぜ自分が掴まったのかも、のっぺりした顔の巨人が何者",

"なのかも、股間にそそり勃つ杭のような肉塊が性器であることすら分からなかった。": "なのかも、股間にそそり勃つ杭のような肉塊が性器であることすら分からなかった。",

"だから、これから訪れる悪夢よりも羞恥に身を固くし、今にも泣き出しそうな気持ちに苛まれ": "だから、これから訪れる悪夢よりも羞恥に身を固くし、今にも泣き出しそうな気持ちに苛まれ",

"ながら股間を視線から防ごうとする。": "ながら股間を視線から防ごうとする。",

"その間にもアリスの腕よりも太い肉棒が狙いを定めるように先走り液を漏らし、ビクビクッと": "その間にもアリスの腕よりも太い肉棒が狙いを定めるように先走り液を漏らし、ビクビクッと",

"怒張する。": "怒張する。",

"だがアリスは、その奇妙な現象には気付かず服を引き裂かれたことにポロポロと涙を流す。": "だがアリスは、その奇妙な現象には気付かず服を引き裂かれたことにポロポロと涙を流す。",

"そんな少女を、大男は昆虫のような無表情で眺めている。": "そんな少女を、大男は昆虫のような無表情で眺めている。",

"力任せに巨根がねじ込まれたのはアリスの菊座。可憐な肛門に、無数の青スジが浮いた": "力任せに巨根がねじ込まれたのはアリスの菊座。可憐な肛門に、無数の青スジが浮いた",

"グロテスクなペニスが突き刺さっている。": "グロテスクなペニスが突き刺さっている。",

"なんの準備もされないままに串刺しにされたアリスは、その熱に頭が真っ白になり喘ぐように": "なんの準備もされないままに串刺しにされたアリスは、その熱に頭が真っ白になり喘ぐように",

"舌を突き出している。": "舌を突き出している。",

"体内を硬いもので貫きえぐられたアリスが小刻みに痙攣する。幼菊をうがった肉棒には、肛門": "体内を硬いもので貫きえぐられたアリスが小刻みに痙攣する。幼菊をうがった肉棒には、肛門",

"の処女を力ずくで奪った証のように鮮血が伝っている。": "の処女を力ずくで奪った証のように鮮血が伝っている。",

"ずっとアーニャに守られてきたアリスは、体験したことのない衝撃と痛みにパクパクと酸素を": "ずっとアーニャに守られてきたアリスは、体験したことのない衝撃と痛みにパクパクと酸素を",

"吸うことしかできない。": "吸うことしかできない。",

"肉棒に貫かれた腹部はボコッと膨れ上がり、肛門だけではなく内臓まで犯されていることが": "肉棒に貫かれた腹部はボコッと膨れ上がり、肛門だけではなく内臓まで犯されていることが",

"分かる。": "分かる。",

"痛みで気絶したアリスは、それに呻くことしかできずにいる。だが構うことなく巨人のペニスは": "痛みで気絶したアリスは、それに呻くことしかできずにいる。だが構うことなく巨人のペニスは",

"少女の菊座を内側から広げて、犯していく。": "少女の菊座を内側から広げて、犯していく。",

"皮肉にも剛直によって引き裂かれた幼菊から流れた鮮血が抽送を助け、大男の行為をスムーズに": "皮肉にも剛直によって引き裂かれた幼菊から流れた鮮血が抽送を助け、大男の行為をスムーズに",

"する。": "する。",

"ガクガクと体ごと揺さぶられ、犯されるアリスは気絶したままで痛みを与えられ、うなされる": "ガクガクと体ごと揺さぶられ、犯されるアリスは気絶したままで痛みを与えられ、うなされる",

"ように呼吸を繰り返すばかり。": "ように呼吸を繰り返すばかり。",

"意識は覚醒しようとするたびに再び痛みで消失し、醒めない悪夢のようにアリスの体と心を": "意識は覚醒しようとするたびに再び痛みで消失し、醒めない悪夢のようにアリスの体と心を",

"蝕んでいく。": "蝕んでいく。",

"幼く可憐だった肛門はすっかり巨人の肉棒で広げられてしまい、もう二度と元に戻ることは": "幼く可憐だった肛門はすっかり巨人の肉棒で広げられてしまい、もう二度と元に戻ることは",

"ないのだろう。削り取られた腸壁は傷だらけになっている。": "ないのだろう。削り取られた腸壁は傷だらけになっている。",

"だが少女の幼菊で肛悦に浸っているはずの巨人は、淡々とアリスを使うばかりで何の感情も": "だが少女の幼菊で肛悦に浸っているはずの巨人は、淡々とアリスを使うばかりで何の感情も",

"読み取れない。": "読み取れない。",

"ただ肉棒だけは体内でますます膨れ上がり、アリスの顔ほどもありそうな睾丸は不気味なほどに": "ただ肉棒だけは体内でますます膨れ上がり、アリスの顔ほどもありそうな睾丸は不気味なほどに",

"体積を増していた。": "体積を増していた。",

"わずかに漏れるのは夢現の狭間から救いを求めるアリスの声。だが、救いの手は差し伸べられる": "わずかに漏れるのは夢現の狭間から救いを求めるアリスの声。だが、救いの手は差し伸べられる",

"ことなく巨人は犯し続ける。": "ことなく巨人は犯し続ける。",

"その単調な行為はもはやレイプというより、オナホールを扱っているような動きだった。事実と": "その単調な行為はもはやレイプというより、オナホールを扱っているような動きだった。事実と",

"して巨人は、アリスを肉穴として『使う』ばかりで見ようともしていない。": "して巨人は、アリスを肉穴として『使う』ばかりで見ようともしていない。",

"グチャグチャという肉を潰すような音と、うめき声だけが部屋に響き渡り、揺さぶられるアリスは": "グチャグチャという肉を潰すような音と、うめき声だけが部屋に響き渡り、揺さぶられるアリスは",

"ガクガクと体を震わせる。": "ガクガクと体を震わせる。",

"陵辱された幼肛には牡汁が塗りつけられ、肉棒をねじ込まれた菊門の周辺まで痛々しい赤色に": "陵辱された幼肛には牡汁が塗りつけられ、肉棒をねじ込まれた菊門の周辺まで痛々しい赤色に",

"染め上げられている。": "染め上げられている。",

"かすかに意識が戻った瞬間に、自分の死がよぎる。だが、それもねじ込まれた肉杭の激痛によって": "かすかに意識が戻った瞬間に、自分の死がよぎる。だが、それもねじ込まれた肉杭の激痛によって",

"霧散してしまう。": "霧散してしまう。",

"感情なき巨人の抽送は次第に速度を増し、子種で内側から肥大化した睾丸はパンパンに腫れ": "感情なき巨人の抽送は次第に速度を増し、子種で内側から肥大化した睾丸はパンパンに腫れ",

"上がっている。": "上がっている。",

"アリスの体内はすっかり巨人の分泌液でドロドロに汚されており、弛緩しきった体は人形よりも": "アリスの体内はすっかり巨人の分泌液でドロドロに汚されており、弛緩しきった体は人形よりも",

"等身大のオナホールというべき状態だ。": "等身大のオナホールというべき状態だ。",

"肛門から聞こえるグジィグジャッという肉を潰す音の間隔が短くなり、内側から押された空気が": "肛門から聞こえるグジィグジャッという肉を潰す音の間隔が短くなり、内側から押された空気が",

"意味をなさない声となって喉から漏れる。": "意味をなさない声となって喉から漏れる。",

"巨人の白い子種が直腸の隘路を一秒足らずで満たし、体の中に流れ込んでくる。そのおぞましい": "巨人の白い子種が直腸の隘路を一秒足らずで満たし、体の中に流れ込んでくる。そのおぞましい",

"粘液の焦熱感にアリスの体がガクガクと痙攣する。": "粘液の焦熱感にアリスの体がガクガクと痙攣する。",

"その、人では耐えることのできないおびただしい量の肛内射精によって、アリスの意識は四散と": "その、人では耐えることのできないおびただしい量の肛内射精によって、アリスの意識は四散と",

"目覚めを繰り返し、幼い心は粉々に打ち砕かれる。": "目覚めを繰り返し、幼い心は粉々に打ち砕かれる。",

"だが巨人の射精は止まらず、幼いアリスの体を内側から犯し尽くす。それは精液による": "だが巨人の射精は止まらず、幼いアリスの体を内側から犯し尽くす。それは精液による",

"蹂躙と陵辱。": "蹂躙と陵辱。",

"ドロドロと粘ついたものが幼菊を、直腸を犯す。臓物の作りを玩弄するように少女の体内を染め": "ドロドロと粘ついたものが幼菊を、直腸を犯す。臓物の作りを玩弄するように少女の体内を染め",

"上げていく。": "上げていく。",

"内側から体内の隅々まで犯される感覚に全身が大きく痙攣をするが、大男の射精は終わること": "内側から体内の隅々まで犯される感覚に全身が大きく痙攣をするが、大男の射精は終わること",

"なく、腸から上の器官までを白く染め上げる。": "なく、腸から上の器官までを白く染め上げる。",

"吹き出した牡汁は口内だけに飽き足らず、鼻孔や目にも侵入してくる。アリスの全身は吐き出し": "吹き出した牡汁は口内だけに飽き足らず、鼻孔や目にも侵入してくる。アリスの全身は吐き出し",

"た生臭い精の香りで汚染される。": "た生臭い精の香りで汚染される。",

"しかし呼吸はできないのに、楽になることも死ぬことはできなかった。この世界は死んで": "しかし呼吸はできないのに、楽になることも死ぬことはできなかった。この世界は死んで",

"終われるようには望まれていないのだ。": "終われるようには望まれていないのだ。",

"ふと目が覚めた瞬間、わたしは思いがけないものを見つけてしまいました。それは大きく": "ふと目が覚めた瞬間、わたしは思いがけないものを見つけてしまいました。それは大きく",

"膨らんだ自分のおなかでした。": "膨らんだ自分のおなかでした。",

"なぜ裸になっているのかも、大きくおなかが膨らんでいるのかもわかりません。ただ得体": "なぜ裸になっているのかも、大きくおなかが膨らんでいるのかもわかりません。ただ得体",

"のしれない状況に冷たい汗が出てきてしまいます。": "のしれない状況に冷たい汗が出てきてしまいます。",

"だけど、なぜなのかわかりません。どうすれば赤ちゃんができるのかは、お姉ちゃんも教えて": "だけど、なぜなのかわかりません。どうすれば赤ちゃんができるのかは、お姉ちゃんも教えて",

"はくれませんでした。": "はくれませんでした。",

"ズシンと重たいおなかをどうすればいいのか分かりません。手足がジンっと痺れて立ち上がる": "ズシンと重たいおなかをどうすればいいのか分かりません。手足がジンっと痺れて立ち上がる",

"ことも、体勢をかえることもできません。": "ことも、体勢をかえることもできません。",

"ゾッとしました。自分の中に、見知らぬ生き物がいることに鳥肌が立ちます。ほんの少し眠って": "ゾッとしました。自分の中に、見知らぬ生き物がいることに鳥肌が立ちます。ほんの少し眠って",

"いた間に恐ろしいことが起こったことが分かります。": "いた間に恐ろしいことが起こったことが分かります。",

"その疑問に反応するようにおなかの中で、何かが動きます。その痛みに恐怖が湧き上がり、膨ら": "その疑問に反応するようにおなかの中で、何かが動きます。その痛みに恐怖が湧き上がり、膨ら",

"んだおなかから手を離してしまいます。": "んだおなかから手を離してしまいます。",

"どうしよう……どうしよう……これ、たぶん……ちがう。たぶん……にんげんの、あかちゃん": "どうしよう……どうしよう……これ、たぶん……ちがう。たぶん……にんげんの、あかちゃん",

"……じゃない": "……じゃない",

"どうしよう……どうしよう。うごいてる……わたしのなかで……へびみたいなのがうごいてる": "どうしよう……どうしよう。うごいてる……わたしのなかで……へびみたいなのがうごいてる",

"よぉ……": "よぉ……",

"からだのなかで渦巻くような感覚に、手が震えます。へその内側でぐるぐると動き回るものが": "からだのなかで渦巻くような感覚に、手が震えます。へその内側でぐるぐると動き回るものが",

"人間の形ではないと分かってしまいました。": "人間の形ではないと分かってしまいました。",

"気付いたときよりも、おなかの中にいる存在を大きく感じます。ほんわずかですが、さっき": "気付いたときよりも、おなかの中にいる存在を大きく感じます。ほんわずかですが、さっき",

"よりもおなかが膨らんでいるようでした。": "よりもおなかが膨らんでいるようでした。",

"まさか、おなかで大きくなってる? あかちゃんが、わたしのなかで……成長、しちゃって": "まさか、おなかで大きくなってる? あかちゃんが、わたしのなかで……成長、しちゃって",

"るの?": "るの?",

"自分の中で育っていく存在に、どうしようもないほどの恐ろしさを感じます。だけど手足は痺れ、": "自分の中で育っていく存在に、どうしようもないほどの恐ろしさを感じます。だけど手足は痺れ、",

"動くこともできません。": "動くこともできません。",

"ズルズルという音がおなかの中から聞こえ、自分でも触れたことのない部分を擦られる感覚に": "ズルズルという音がおなかの中から聞こえ、自分でも触れたことのない部分を擦られる感覚に",

"ゾワゾワします。": "ゾワゾワします。",

"ヌルヌルとしたものが内側をさする感覚に呼吸が乱れ、肌が汗ばみます。なのに、破裂しそう": "ヌルヌルとしたものが内側をさする感覚に呼吸が乱れ、肌が汗ばみます。なのに、破裂しそう",

"なおなかはジワジワと熱くなり始めています。": "なおなかはジワジワと熱くなり始めています。",

"膨らんだ『袋』の内襞をなにかが舐めているのが本能で分かりました。赤ちゃんの生まれる場所": "膨らんだ『袋』の内襞をなにかが舐めているのが本能で分かりました。赤ちゃんの生まれる場所",

"にいる何者かが、おなかのなかを舐め回しているのです。": "にいる何者かが、おなかのなかを舐め回しているのです。",

"甘い吐息がこぼれ、熱くなったおまたがジンジンと心地いい痺れを伝えてきます。ズルズルと": "甘い吐息がこぼれ、熱くなったおまたがジンジンと心地いい痺れを伝えてきます。ズルズルと",

"這い回る感覚すらも、体をフワフワさせる刺激に変わっていきます。": "這い回る感覚すらも、体をフワフワさせる刺激に変わっていきます。",

"どうしよう……これ、きもちいい……おなかに、へんなのがいるのに……うねうねしたり、": "どうしよう……これ、きもちいい……おなかに、へんなのがいるのに……うねうねしたり、",

"ぺろぺろされるの……わたし、きもちよくなっちゃってる": "ぺろぺろされるの……わたし、きもちよくなっちゃってる",

"想いが届いたように、内側の生き物は激しく暴れだし、ベロベロとおなかの中のあちこちを": "想いが届いたように、内側の生き物は激しく暴れだし、ベロベロとおなかの中のあちこちを",

"舐め回します。": "舐め回します。",

"ヒダを甘噛みするのもいれば、チュウチュウと内壁に吸い付くのも、細い管のような部分に": "ヒダを甘噛みするのもいれば、チュウチュウと内壁に吸い付くのも、細い管のような部分に",

"舌を差し込むのもいるのを感じます。": "舌を差し込むのもいるのを感じます。",

"いつしかおなかの中を触っているのは、お姉ちゃんだと感じるようになりました。舐めて気持ち": "いつしかおなかの中を触っているのは、お姉ちゃんだと感じるようになりました。舐めて気持ち",

"よくしているのが、お姉ちゃんだと思えて仕方なくなったのです。": "よくしているのが、お姉ちゃんだと思えて仕方なくなったのです。",

"おまたに広がる熱い液体は、濁った白っぽい色をしていました。それがソファーに染み込む": "おまたに広がる熱い液体は、濁った白っぽい色をしていました。それがソファーに染み込む",

"間に、おなかの中の生き物が激しく暴れだしました。": "間に、おなかの中の生き物が激しく暴れだしました。",

"おしっこしたところから、出ちゃうんだ……わたし、あかちゃん……生んじゃうんだ……でも、": "おしっこしたところから、出ちゃうんだ……わたし、あかちゃん……生んじゃうんだ……でも、",

"いたくない……ううん、きもちいい……かも……": "いたくない……ううん、きもちいい……かも……",

"赤ちゃんを産まないといけないのに、ヌルヌルの体で穴を擦られるのが気持ちよくて声が出て": "赤ちゃんを産まないといけないのに、ヌルヌルの体で穴を擦られるのが気持ちよくて声が出て",

"しまいます。メリメリと拡張される快感をもっと欲しくなってしまいます。": "しまいます。メリメリと拡張される快感をもっと欲しくなってしまいます。",

"顔だけを出した生き物がビチビチと細い穴にあるヒダをこすり、トロトロとしたものが溢れて": "顔だけを出した生き物がビチビチと細い穴にあるヒダをこすり、トロトロとしたものが溢れて",

"くるのが伝わります。": "くるのが伝わります。",

"その瞬間、体験したこともない大きな快感が押し寄せ、全身が宙に浮かんだように感じました。": "その瞬間、体験したこともない大きな快感が押し寄せ、全身が宙に浮かんだように感じました。",

"ビクビクと震えるおまたからプシュっとお汁が吹き出す音が聞こえます。": "ビクビクと震えるおまたからプシュっとお汁が吹き出す音が聞こえます。",

"おまたを覗き込むと、そこにいたのは奇妙な生き物でした。蛇のように細長く、ヌルヌルした": "おまたを覗き込むと、そこにいたのは奇妙な生き物でした。蛇のように細長く、ヌルヌルした",

"体をもつ、どう見ても人の赤ちゃんとは呼べない異生物でした。": "体をもつ、どう見ても人の赤ちゃんとは呼べない異生物でした。",

"剥き出しの肉のような質感をもつ奇妙な生物に戸惑っていると、その赤ちゃんは体を持ち上げて、": "剥き出しの肉のような質感をもつ奇妙な生物に戸惑っていると、その赤ちゃんは体を持ち上げて、",

"おまたに近づいてきます。": "おまたに近づいてきます。",

"そして肉蛇は、われめの中に頭をねじ込みました。そしておしっこの穴に喰らいつき、チュウ": "そして肉蛇は、われめの中に頭をねじ込みました。そしておしっこの穴に喰らいつき、チュウ",

"チュウと吸いはじめました。": "チュウと吸いはじめました。",

"先に生まれた肉蛇の赤ちゃんに続くように、おなかのなかの生き物も『袋』の出口を広げよう": "先に生まれた肉蛇の赤ちゃんに続くように、おなかのなかの生き物も『袋』の出口を広げよう",

"とします。": "とします。",

"ピチピチと体内を暴れる尾が、袋にある細い管を刺激する快感に視界が霞みます。メリメリと": "ピチピチと体内を暴れる尾が、袋にある細い管を刺激する快感に視界が霞みます。メリメリと",

"袋の入り口が広げられる快楽に涙が滲みます。": "袋の入り口が広げられる快楽に涙が滲みます。",

"出てきてる……おなかから、またあかちゃんが……でてきちゃう。きもちよくなっちゃう……": "出てきてる……おなかから、またあかちゃんが……でてきちゃう。きもちよくなっちゃう……",

"あかちゃんで、きもちよくなっちゃう♥": "あかちゃんで、きもちよくなっちゃう♥",

"細い穴を這い出ようとする生き物が、肉襞をめくりあげ気持ちいいところをグリグリと": "細い穴を這い出ようとする生き物が、肉襞をめくりあげ気持ちいいところをグリグリと",

"おしあげてきます。": "おしあげてきます。",

"そして一番先に生まれた肉蛇の赤ちゃんが、おまたにあった敏感な部分をカリッと甘噛み": "そして一番先に生まれた肉蛇の赤ちゃんが、おまたにあった敏感な部分をカリッと甘噛み",

"した瞬間――": "した瞬間――",

"舌を出して快感の甘受するわたしのわれめから、ズルっと元気な肉蛇が這い出しました。": "舌を出して快感の甘受するわたしのわれめから、ズルっと元気な肉蛇が這い出しました。",

"何匹も、何匹も……。": "何匹も、何匹も……。",

"ああ、すごい……産んでる。わたし、いっぱい……産んじゃってるぅ♥ 蛇みたいな": "ああ、すごい……産んでる。わたし、いっぱい……産んじゃってるぅ♥ 蛇みたいな",

"赤ちゃん、産んでるよぉぉぉ♥": "赤ちゃん、産んでるよぉぉぉ♥",

"たくさんの肉蛇が縦筋を広げて、生まれるたびに腰がビクビクと震え、甘い快感の余韻を与えて": "たくさんの肉蛇が縦筋を広げて、生まれるたびに腰がビクビクと震え、甘い快感の余韻を与えて",

"くれます。": "くれます。",

"そして最後にひときわ大きな赤ちゃんが、ブッジュッと肉をめくりあげるような音を立てて": "そして最後にひときわ大きな赤ちゃんが、ブッジュッと肉をめくりあげるような音を立てて",

"生まれました。": "生まれました。",

"ああ、飲んでる……わたしの、おもらし……のまれてる。おいしいんだ……いっぱい飲んで": "ああ、飲んでる……わたしの、おもらし……のまれてる。おいしいんだ……いっぱい飲んで",

"……♥": "……♥",

"おなかはすっかり元通りになり、かわりにおまたから瑞々しいピンク色の袋がはみ出して": "おなかはすっかり元通りになり、かわりにおまたから瑞々しいピンク色の袋がはみ出して",

"いました。": "いました。",

"我的胸和腰离得很远。从肚子下面像鲜红的香肠一样的东西": "我的胸和腰离得很远。从肚子下面像鲜红的香肠一样的东西",

"充满了deloli。那和做鱼的时候从肚子里掏出来的内脏一模一样。": "充满了deloli。那和做鱼的时候从肚子里掏出来的内脏一模一样。",

"从断面露出的长的东西,有着红、粉、黄白色混合的复杂的颜色。": "从断面露出的长的东西,有着红、粉、黄白色混合的复杂的颜色。",

"在像东西一样倒下的手脚中间看到了白色的东西。": "在像东西一样倒下的手脚中间看到了白色的东西。",

"抽筋的腿,简直就像是快要死的虫子。从倒下的下半身开始撒尿": "抽筋的腿,简直就像是快要死的虫子。从倒下的下半身开始撒尿",

"的味道。": "的味道。",

"我不能理解发生了什么。连想都懒得想。但是脑袋里很重,变得很冷": "我不能理解发生了什么。连想都懒得想。但是脑袋里很重,变得很冷",

"我只清楚地感受到了几点。": "我只清楚地感受到了几点。",

"看到自己喜欢的衣服被染成了红色,就感到无比寒冷": "看到自己喜欢的衣服被染成了红色,就感到无比寒冷",

"感觉。简直就像被关在冰里一样的寒冷。": "感觉。简直就像被关在冰里一样的寒冷。",

"不能眨眼睛,头脑渐渐变冷变迟钝。七零八落地观察身体": "不能眨眼睛,头脑渐渐变冷变迟钝。七零八落地观察身体",

"我只能放弃。": "我只能放弃。",

"当终于意识到自己面临死亡并寻求帮助的时候,意识被什么黑暗的东西涂满了": "当终于意识到自己面临死亡并寻求帮助的时候,意识被什么黑暗的东西涂满了",

"就这样结束了。": "就这样结束了。",

"それは私の体に覆いかぶさり、一気に全身を包み込んでしまいます。それは半透明で、ベタ": "それは私の体に覆いかぶさり、一気に全身を包み込んでしまいます。それは半透明で、ベタ",

"ベタとした感触をしたゼリーのような物体でした。": "ベタとした感触をしたゼリーのような物体でした。",

"襲ってきた得体のしれない存在に必死で抵抗しますが、掴むことも押し戻すこともできない": "襲ってきた得体のしれない存在に必死で抵抗しますが、掴むことも押し戻すこともできない",

"粘液に私は混乱するばかりです。": "粘液に私は混乱するばかりです。",

"透けた体のせいで、触れられた肌のハッキリと見えます。どこを触られているのか見せつける": "透けた体のせいで、触れられた肌のハッキリと見えます。どこを触られているのか見せつける",

"ように、怪物はゆっくりと肌を撫で回します。": "ように、怪物はゆっくりと肌を撫で回します。",

"そして粘液が触れたところからお洋服がボロボロと溶け出し、その異様な光景に思わず悲鳴を": "そして粘液が触れたところからお洋服がボロボロと溶け出し、その異様な光景に思わず悲鳴を",

"上げてしまいます。": "上げてしまいます。",

"混乱している間に服はすっかり溶けてしまい。わたしはゼリー状の生き物の中で身動きが取れ": "混乱している間に服はすっかり溶けてしまい。わたしはゼリー状の生き物の中で身動きが取れ",

"なくなってしまいます。": "なくなってしまいます。",

"自由を奪った半透明の怪物は、隠すものの無くなった肌を舐めるように這い回り、脇や腰に": "自由を奪った半透明の怪物は、隠すものの無くなった肌を舐めるように這い回り、脇や腰に",

"ねとりとしたものを塗りつけていきます。": "ねとりとしたものを塗りつけていきます。",

"優しく撫でるような動きにぞわぞわとしたものを感じます。なにかを探すような動きに、敏感": "優しく撫でるような動きにぞわぞわとしたものを感じます。なにかを探すような動きに、敏感",

"な部分が勝手に反応してしまいます。": "な部分が勝手に反応してしまいます。",

"確かめるように胸やお尻を撫でる怪物に抵抗しようとしても、その体はヌルヌルの液体のようで": "確かめるように胸やお尻を撫でる怪物に抵抗しようとしても、その体はヌルヌルの液体のようで",

"掴むことができません。": "掴むことができません。",

"恐怖で忘れていた羞恥に顔が熱くなり、なんとかお尻の穴を広げようとするゼリーのような": "恐怖で忘れていた羞恥に顔が熱くなり、なんとかお尻の穴を広げようとするゼリーのような",

"生き物に引き剥がそうと手を伸ばします。": "生き物に引き剥がそうと手を伸ばします。",

"だけどヌルヌルの水のような体を掴むことが、どうしても出来ません。その間にも怪物はおしり": "だけどヌルヌルの水のような体を掴むことが、どうしても出来ません。その間にも怪物はおしり",

"の穴を刺激し、ヌメつく粘液をこすりつけていきます。": "の穴を刺激し、ヌメつく粘液をこすりつけていきます。",

"(だめ、やっぱり掴めない。おしり、はずかしいのに……ひぅ、さっ……さわらないで。": "(だめ、やっぱり掴めない。おしり、はずかしいのに……ひぅ、さっ……さわらないで。",

"ひろげちゃ……だめなのぉ)": "ひろげちゃ……だめなのぉ)",

"クニクニと肛門の周囲を確かめるように撫でる怪物。自分ではない存在に不浄の穴を弄られ、": "クニクニと肛門の周囲を確かめるように撫でる怪物。自分ではない存在に不浄の穴を弄られ、",

"むりやりに広げられる恥ずかしさに涙が滲んでしまいます。": "むりやりに広げられる恥ずかしさに涙が滲んでしまいます。",

"だけどゼリーの怪物はお尻の穴を広げるだけに飽き足らず、その体をお尻の内側にもぐりこませ": "だけどゼリーの怪物はお尻の穴を広げるだけに飽き足らず、その体をお尻の内側にもぐりこませ",

"ようとしてきます。": "ようとしてきます。",

"叫んで抵抗しても、ゼリー状の体を捕まえることはできません。半透明の怪物は力強くお尻を": "叫んで抵抗しても、ゼリー状の体を捕まえることはできません。半透明の怪物は力強くお尻を",

"すぼまりを広げていきます。": "すぼまりを広げていきます。",

"感じたことのない異物感。外側からお尻を広げられる感覚に、頭の中で火花が散るような錯覚を": "感じたことのない異物感。外側からお尻を広げられる感覚に、頭の中で火花が散るような錯覚を",

"覚えます。侵入される感覚に喉の奥が苦しくなります。": "覚えます。侵入される感覚に喉の奥が苦しくなります。",

"(なんで……こんなこと、されるの……わたし、なにか悪いこと、しちゃったの? いやぁ……": "(なんで……こんなこと、されるの……わたし、なにか悪いこと、しちゃったの? いやぁ……",

"ああ、はいってる。おなかに、いっぱ……い)": "ああ、はいってる。おなかに、いっぱ……い)",

"息が詰まる違和感に、足先がビクビクとはねている分かります。半透明の怪物の内側が動き、": "息が詰まる違和感に、足先がビクビクとはねている分かります。半透明の怪物の内側が動き、",

"お腹の中に詰め込まれていくのが見えてしまいます。": "お腹の中に詰め込まれていくのが見えてしまいます。",

"お尻の内側から生温かいものが登ってくる感覚に、ボロボロと涙が流れてしまいます。気持ち": "お尻の内側から生温かいものが登ってくる感覚に、ボロボロと涙が流れてしまいます。気持ち",

"悪いのに、苦しすぎて声をあげることも逃げることもできません。": "悪いのに、苦しすぎて声をあげることも逃げることもできません。",

"(ああ……うごいて、る……おばけが、おしりのなか、で……ぐねぐねって、してる……こわい、": "(ああ……うごいて、る……おばけが、おしりのなか、で……ぐねぐねって、してる……こわい、",

"こわいよぉ)": "こわいよぉ)",

"得体のしれない怪物に、自分の知らない部分をいじりまわされているのに何もできないことが": "得体のしれない怪物に、自分の知らない部分をいじりまわされているのに何もできないことが",

"怖くて仕方ありません。": "怖くて仕方ありません。",

"このまま内側からムシャムシャとお腹を食べ尽くされてしまう想像に、ゾッとしてしまいます。": "このまま内側からムシャムシャとお腹を食べ尽くされてしまう想像に、ゾッとしてしまいます。",

"もうお姉ちゃんに会えないと思うだけで歯がカチカチと音を立ててしまいます。": "もうお姉ちゃんに会えないと思うだけで歯がカチカチと音を立ててしまいます。",

"お尻から押し出そうとしても怪物は出ていかず、代わりに内側からポカポカとしたものが": "お尻から押し出そうとしても怪物は出ていかず、代わりに内側からポカポカとしたものが",

"広がっていきます。": "広がっていきます。",

"(これ……きもち、いい? ううん、そんなはずはない……おばけにさわられて、きもちいい": "(これ……きもち、いい? ううん、そんなはずはない……おばけにさわられて、きもちいい",

"……なんて……)": "……なんて……)",

"じわじわと広がっていく感覚を否定します。すごく気持ち悪いことをされているのに、そんな": "じわじわと広がっていく感覚を否定します。すごく気持ち悪いことをされているのに、そんな",

"風に思うなんてありえません。": "風に思うなんてありえません。",

"温かさは、もう熱いといえるほどになっています。お腹のなかを怪物になでられ、気持ち悪くて": "温かさは、もう熱いといえるほどになっています。お腹のなかを怪物になでられ、気持ち悪くて",

"怖いはずなのに、心のどこかでもっとしてほしいと望んでしまいます。": "怖いはずなのに、心のどこかでもっとしてほしいと望んでしまいます。",

"(おまたも、むずむず……する。おもらし、しちゃってる……最初のおへやの、ときみたいに": "(おまたも、むずむず……する。おもらし、しちゃってる……最初のおへやの、ときみたいに",

"……ジンジンしてる……ぅぅ、なんで……こんなことされちゃってるのに?)": "……ジンジンしてる……ぅぅ、なんで……こんなことされちゃってるのに?)",

"ヌルヌルとした半透明の怪物とは明らかに違う感触が、ねっとりと指にまとわりつきます。": "ヌルヌルとした半透明の怪物とは明らかに違う感触が、ねっとりと指にまとわりつきます。",

"ワレメから伝わる甘い痺れに、足が動いてしまいます。": "ワレメから伝わる甘い痺れに、足が動いてしまいます。",

"(ああ……おしりのなかも、うごいてる……さっきより、はや……い……わたしのなか、": "(ああ……おしりのなかも、うごいてる……さっきより、はや……い……わたしのなか、",

"おばけで……いっぱいに、なっちゃってる)": "おばけで……いっぱいに、なっちゃってる)",

"へその下にまで怪物の存在を感じます。なのに体の奥を弄り回されている怖さよりも、少し": "へその下にまで怪物の存在を感じます。なのに体の奥を弄り回されている怖さよりも、少し",

"ずつ広がっていく感覚に心地よさを感じてしまいます。": "ずつ広がっていく感覚に心地よさを感じてしまいます。",

"(んんっっ、おまたも……おしりも、きもちいい……ずるって、してる。おしりのなか、くちゅ": "(んんっっ、おまたも……おしりも、きもちいい……ずるって、してる。おしりのなか、くちゅ",

"くちゅって……されてるよぉ♪)": "くちゅって……されてるよぉ♪)",

"お股をこすると、ぬちゅりという水音が聞こえてきます。逃げないといけないのに、もっと": "お股をこすると、ぬちゅりという水音が聞こえてきます。逃げないといけないのに、もっと",

"おしりを虐められたいと願ってしまいます。": "おしりを虐められたいと願ってしまいます。",

"(きもちいい……おしり。おばけに……にゅるにゅるされるの……いいよぉ♥ だめなのに、": "(きもちいい……おしり。おばけに……にゅるにゅるされるの……いいよぉ♥ だめなのに、",

"きたないのに……きもちいいよぉ♥)": "きたないのに……きもちいいよぉ♥)",

"おへその奥がキュンキュンと疼き、指が止まらなくなります。おしりをキュッと締め上げ、": "おへその奥がキュンキュンと疼き、指が止まらなくなります。おしりをキュッと締め上げ、",

"ゼリー状の怪物が入ってくる快感をより強く受け入れていきます。": "ゼリー状の怪物が入ってくる快感をより強く受け入れていきます。",

"(おしりのあな……めくられてる♥ おばけに、たくさんほじられちゃってるぅ。すごいよぉ……": "(おしりのあな……めくられてる♥ おばけに、たくさんほじられちゃってるぅ。すごいよぉ……",

"おしりって、こんなに……きもちいいんだぁ……こんなの、はじめてだよぉ♥)": "おしりって、こんなに……きもちいいんだぁ……こんなの、はじめてだよぉ♥)",

"(おばけさん……わたしのおもらしで……色がかわちゃってる♥ あっ、きえちゃった……": "(おばけさん……わたしのおもらしで……色がかわちゃってる♥ あっ、きえちゃった……",

"のまれちゃったんだ。ひぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!?)": "のまれちゃったんだ。ひぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!?)",

"おなかがボコボコと内側から脈打ち、奇妙な形に膨れ上がっています。まるで体の中で大きな": "おなかがボコボコと内側から脈打ち、奇妙な形に膨れ上がっています。まるで体の中で大きな",

"蛇がのたうち回っているようです。": "蛇がのたうち回っているようです。",

"(これ……しんじゃう……おなかが、やぶけて……しんじゃうよぉ。でも……なんでぇ……": "(これ……しんじゃう……おなかが、やぶけて……しんじゃうよぉ。でも……なんでぇ……",

"これ、おかしいよぉ……)": "これ、おかしいよぉ……)",

"凄まじい異物感に息が詰まり、呼吸ができません。指でおまたを擦る余裕などなく、翻弄": "凄まじい異物感に息が詰まり、呼吸ができません。指でおまたを擦る余裕などなく、翻弄",

"されてしまいます。": "されてしまいます。",

"(どうして、どうして……こんなに、きもちいいのぉ♥ こんなこと、されてるのに……": "(どうして、どうして……こんなに、きもちいいのぉ♥ こんなこと、されてるのに……",

"きもちいぃ♥ きもちいいのよぉ……♥)": "きもちいぃ♥ きもちいいのよぉ……♥)",

"だけど感じるのは快感ばかり。おなかをゾリゾリと内側から擦られているのに、快感の吐息が": "だけど感じるのは快感ばかり。おなかをゾリゾリと内側から擦られているのに、快感の吐息が",

"もれてしまいます。": "もれてしまいます。",

"痛みと恐怖も、むりやり快楽に塗りつぶされたように感じることができません。激しい快感と": "痛みと恐怖も、むりやり快楽に塗りつぶされたように感じることができません。激しい快感と",

"熱さに頭を真っ白になっていきます。": "熱さに頭を真っ白になっていきます。",

"気持ちよすぎて考えられません。お姉ちゃんを探すという目的も、死んでしまうという確信も": "気持ちよすぎて考えられません。お姉ちゃんを探すという目的も、死んでしまうという確信も",

"ドロドロの熱さで蕩けてしまいます。": "ドロドロの熱さで蕩けてしまいます。",

"プチプチという音がするほど肛門を出入りされ、おなかの形が変わるくらい内側を激しくかき": "プチプチという音がするほど肛門を出入りされ、おなかの形が変わるくらい内側を激しくかき",

"乱されているのに、気持ちよくて仕方ないのです。": "乱されているのに、気持ちよくて仕方ないのです。",

"ちょろちょろと溢れ出す黄色がかった液体が、怪物の体に交ざり……そしてあっという間に": "ちょろちょろと溢れ出す黄色がかった液体が、怪物の体に交ざり……そしてあっという間に",

"溶けるように吸収されてしまいました。": "溶けるように吸収されてしまいました。",

"内側から暴れるおなかは今にも破れそうなのに、快感は消えるどころかますます猛烈に燃え": "内側から暴れるおなかは今にも破れそうなのに、快感は消えるどころかますます猛烈に燃え",

"上がります。": "上がります。",

"(ああ、なにか……くる。せなか、ぞわぞわってする。なにか……くる。きちゃう……♥": "(ああ、なにか……くる。せなか、ぞわぞわってする。なにか……くる。きちゃう……♥",

"きちゃうよぉぉ……♥)": "きちゃうよぉぉ……♥)",

"ミチミチというなにかが引き裂ける音と感覚すらも、快感を高めるものになっていました。": "ミチミチというなにかが引き裂ける音と感覚すらも、快感を高めるものになっていました。",

"なにもかも気持ちよくて、頭が真っ白になってしまいます。": "なにもかも気持ちよくて、頭が真っ白になってしまいます。",

"おなかが……おへそがあった部分が真っ赤になっていました。破裂したおなかが、えぐれた": "おなかが……おへそがあった部分が真っ赤になっていました。破裂したおなかが、えぐれた",

"ように無くなっています。": "ように無くなっています。",

"体の上に覆いかぶさっていた半透明の怪物の中に、ちぎれたソーセージのようなものが": "体の上に覆いかぶさっていた半透明の怪物の中に、ちぎれたソーセージのようなものが",

"たくさん浮いています。": "たくさん浮いています。",

"私のおへそが、その怪物の中でゆらゆらと漂っていました。だけど、それもすぐに溶かされて": "私のおへそが、その怪物の中でゆらゆらと漂っていました。だけど、それもすぐに溶かされて",

"消えてしまいます。": "消えてしまいます。",

"ぼんやりと溶かされていく『ソーセージ』を見つめることしかできません。目の前がかすみ、": "ぼんやりと溶かされていく『ソーセージ』を見つめることしかできません。目の前がかすみ、",

"どんどん意識が暗くなっていきます。": "どんどん意識が暗くなっていきます。",

"三角の形をしていた薄ピンク色の巾着袋。白い小さな袋が左右についた『おなかの中身』が": "三角の形をしていた薄ピンク色の巾着袋。白い小さな袋が左右についた『おなかの中身』が",

"ゆっくりと味わうように溶かされていくのが見えます。": "ゆっくりと味わうように溶かされていくのが見えます。",

"体にまとわりついた粘液。粘液に触れたところの服がドロドロに溶かされ、無くなって": "体にまとわりついた粘液。粘液に触れたところの服がドロドロに溶かされ、無くなって",

"いたのです。": "いたのです。",

"暴れようとしますが、手足が動きません。どれだけ力を込めてもピクリとも自由にならない": "暴れようとしますが、手足が動きません。どれだけ力を込めてもピクリとも自由にならない",

"のです。": "のです。",

"肉色の蛇のような物が、ウネウネのおまたに近づいてきたのです。肉蛇としか表現できない": "肉色の蛇のような物が、ウネウネのおまたに近づいてきたのです。肉蛇としか表現できない",

"ソレは、手足を飲みこんでいるモノと同じ色でした。": "ソレは、手足を飲みこんでいるモノと同じ色でした。",

"恥ずかしさで顔から火が出そうです。自分でも見たことがない部分を、怪物にムリヤリ開かれて": "恥ずかしさで顔から火が出そうです。自分でも見たことがない部分を、怪物にムリヤリ開かれて",

"しまったのです。": "しまったのです。",

"きっと怪物はそこが一番柔らかいと知っているのでしょう。わたしはお股からバリバリと": "きっと怪物はそこが一番柔らかいと知っているのでしょう。わたしはお股からバリバリと",

"齧られて食べられてしまうのです。": "齧られて食べられてしまうのです。",

"肉蛇の様子を伺った瞬間、肉蛇の先端が開きました。そこに並ぶのはびっしりと生えた歯と糸の": "肉蛇の様子を伺った瞬間、肉蛇の先端が開きました。そこに並ぶのはびっしりと生えた歯と糸の",

"ような無数の舌です。": "ような無数の舌です。",

"奥歯のような歯をみせた肉蛇の口。それが、わたしのおしっこに群がりジュルジュルと": "奥歯のような歯をみせた肉蛇の口。それが、わたしのおしっこに群がりジュルジュルと",

"音を立てて啜り始めます。": "音を立てて啜り始めます。",

"恥ずかしさに身を固くしても、肉蛇たちは漏らしてしまったおしっこを飲むのをやめて": "恥ずかしさに身を固くしても、肉蛇たちは漏らしてしまったおしっこを飲むのをやめて",

"くれません。": "くれません。",

"首を振っても肉蛇はじわじわと近づき、開かれたワレメにその先端を寄せ――とつぜん熱い": "首を振っても肉蛇はじわじわと近づき、開かれたワレメにその先端を寄せ――とつぜん熱い",

"液体をおまたにかけました": "液体をおまたにかけました",

"電気のような強い刺激に全身が跳ね、息が詰まります。それは自分で触ったときは比べ物に": "電気のような強い刺激に全身が跳ね、息が詰まります。それは自分で触ったときは比べ物に",

"ならないほどの感覚でした。": "ならないほどの感覚でした。",

"ぷくりとおっぱいの先っぽが膨らんでいました。虫刺されにも似たかゆみを、乳首とおまたに": "ぷくりとおっぱいの先っぽが膨らんでいました。虫刺されにも似たかゆみを、乳首とおまたに",

"ある膨らみに感じます。": "ある膨らみに感じます。",

"ジクジクとした痒みもおまたに広がり、空気に触れているだけで感じたことのない疼きを": "ジクジクとした痒みもおまたに広がり、空気に触れているだけで感じたことのない疼きを",

"与えてきます。": "与えてきます。",

"触ることすらできないもどかしさに涙が滲みます。そこに細い肉蛇が現れ、とつぜん膨らんだ": "触ることすらできないもどかしさに涙が滲みます。そこに細い肉蛇が現れ、とつぜん膨らんだ",

"お豆をカリッと噛みつきました。": "お豆をカリッと噛みつきました。",

"痛みはありません。ですが肉蛇になぞられたときと比べ物にならないほどの激感に、頭の中": "痛みはありません。ですが肉蛇になぞられたときと比べ物にならないほどの激感に、頭の中",

"が白くなりました。": "が白くなりました。",

"(かまれてる……おまた、蛇にかまれてるぅぅぅぅぅぅぅ。おまめさんが、ちぎれちゃ": "(かまれてる……おまた、蛇にかまれてるぅぅぅぅぅぅぅ。おまめさんが、ちぎれちゃ",

"うぅぅぅっ!)": "うぅぅぅっ!)",

"痛みにも似た強烈な感覚は、自分でおまたを触ったときとよく似て、それでいてまったく": "痛みにも似た強烈な感覚は、自分でおまたを触ったときとよく似て、それでいてまったく",

"比べ物にならないほど強いものでした。": "比べ物にならないほど強いものでした。",

"そして群がった肉蛇たちは噛むだけで飽き足らず、おまたの内側を細い舌のようなもので舐め": "そして群がった肉蛇たちは噛むだけで飽き足らず、おまたの内側を細い舌のようなもので舐め",

"はじめました。": "はじめました。",

"(おしっこの、あな……なめられてる……こ、んなの……きもちよすぎて、へんになる……": "(おしっこの、あな……なめられてる……こ、んなの……きもちよすぎて、へんになる……",

"こわれちゃう)": "こわれちゃう)",

"おまめを齧り、おしっこの穴にまで舌を差し込む肉蛇。おそろしいのに気持ちよくて、気持ち": "おまめを齧り、おしっこの穴にまで舌を差し込む肉蛇。おそろしいのに気持ちよくて、気持ち",

"いいのに苦しくて仕方ありません。": "いいのに苦しくて仕方ありません。",

"身悶えするわたしに苛立ったのか、肉蛇が激しくおまめさんを歯でコリッとすり潰します。": "身悶えするわたしに苛立ったのか、肉蛇が激しくおまめさんを歯でコリッとすり潰します。",

"その刺激にうまく息ができず、押し出されるように口から悲鳴が漏れました。": "その刺激にうまく息ができず、押し出されるように口から悲鳴が漏れました。",

"経験したことのない感覚が全身を貫き、目の前が真っ白になりました。ビクビクと腰が": "経験したことのない感覚が全身を貫き、目の前が真っ白になりました。ビクビクと腰が",

"痙攣し、跳ね上がったおまたから透明なお汁が吹き出します。": "痙攣し、跳ね上がったおまたから透明なお汁が吹き出します。",

"ぷしゅっと噴水のように撒き散らされるお汁に肉蛇たちが群がり、ジュルジュルと奪い取って": "ぷしゅっと噴水のように撒き散らされるお汁に肉蛇たちが群がり、ジュルジュルと奪い取って",

"いきます。ですが――": "いきます。ですが――",

"荒れ狂う快感は、気持ちよさを通り越した苦痛でした。頭の中が白く濁り、なにも考えることが": "荒れ狂う快感は、気持ちよさを通り越した苦痛でした。頭の中が白く濁り、なにも考えることが",

"できません。": "できません。",

"更にコリコリと敏感な部分を齧っていた口から、無数の舌がのびておまめさんを舐め回し": "更にコリコリと敏感な部分を齧っていた口から、無数の舌がのびておまめさんを舐め回し",

"始めました。": "始めました。",

"肉蛇に翻弄されるわたしのおまたからプシュップシュッと何度も透明のお汁が吹き出し、肉蛇を": "肉蛇に翻弄されるわたしのおまたからプシュップシュッと何度も透明のお汁が吹き出し、肉蛇を",

"ビチャビチャにしていきます。": "ビチャビチャにしていきます。",

"快感の地獄から帰ってくることができず、白く濁った意識の中で必死におねえちゃんに助けを": "快感の地獄から帰ってくることができず、白く濁った意識の中で必死におねえちゃんに助けを",

"求めます。": "求めます。",

"そして何度目かになる透明のおもらしをしたとき、わたしの中でプツンという音がしてなにも": "そして何度目かになる透明のおもらしをしたとき、わたしの中でプツンという音がしてなにも",

"考えることが出来なくなりました。": "考えることが出来なくなりました。",

"那个是像令人毛骨悚然的蛇一样的生物。那个一起袭击我的话,会束缚手脚。": "那个是像令人毛骨悚然的蛇一样的生物。那个一起袭击我的话,会束缚手脚。",

"然后一眨眼就进入了衣服的内侧——": "然后一眨眼就进入了衣服的内侧——",

"全裸にされた恥ずかしさに股間を隠そうとした私の目に、見慣れないモノが映ります。股間に": "全裸にされた恥ずかしさに股間を隠そうとした私の目に、見慣れないモノが映ります。股間に",

"ぶら下がっているのは、女の子には絶対にないはずのモノでした。": "ぶら下がっているのは、女の子には絶対にないはずのモノでした。",

"いくら問いかけても、おちんちんは消えることはありません。それどころかムズムズとした": "いくら問いかけても、おちんちんは消えることはありません。それどころかムズムズとした",

"ものが、どんどん強くなってきます。": "ものが、どんどん強くなってきます。",

"叫んでも悪夢は覚めることなく、疼くような感覚がおちんちんから伝わってきます。いますぐ": "叫んでも悪夢は覚めることなく、疼くような感覚がおちんちんから伝わってきます。いますぐ",

"逃げ出したいのに、巻き付いた生き物が離してくれません。": "逃げ出したいのに、巻き付いた生き物が離してくれません。",

"暴れてもイソギンチャクを思わせるヌルヌルした触手を振りほどくことはできません。それ": "暴れてもイソギンチャクを思わせるヌルヌルした触手を振りほどくことはできません。それ",

"どころかヌルヌルとした粘液を塗りつけながら足を這い上がってきます": "どころかヌルヌルとした粘液を塗りつけながら足を這い上がってきます",

"ふとももにまとわりついた触手が、お尻の間に潜り込んできます。誰にも触れられたことの": "ふとももにまとわりついた触手が、お尻の間に潜り込んできます。誰にも触れられたことの",

"ない場所に、ぬめった触手が入ろうとしているのです。": "ない場所に、ぬめった触手が入ろうとしているのです。",

"おしりの穴を広げる触手。それに必死で力をこめますが、触手はヌルヌルとした液体をぬり": "おしりの穴を広げる触手。それに必死で力をこめますが、触手はヌルヌルとした液体をぬり",

"つけながら、その先端を侵入させてきました。": "つけながら、その先端を侵入させてきました。",

"お尻の中で触手が動き回り、粘液を塗りつけられるたびに体が熱くなっていきます。": "お尻の中で触手が動き回り、粘液を塗りつけられるたびに体が熱くなっていきます。",

"おちんちんのムズムズも大きくなり、足がガクガクと震えます。": "おちんちんのムズムズも大きくなり、足がガクガクと震えます。",

"裸にされたまま、大きくなったおちんちん。その先には透明な雫が滲みだし、おもらし": "裸にされたまま、大きくなったおちんちん。その先には透明な雫が滲みだし、おもらし",

"した恥ずかしさに涙がこぼれます。": "した恥ずかしさに涙がこぼれます。",

"だけど私をいじめる生き物はお尻に入っただけでは飽き足らず、細長い触手をおちんちんに": "だけど私をいじめる生き物はお尻に入っただけでは飽き足らず、細長い触手をおちんちんに",

"伸ばし――シュコシュコとこすり始めました。": "伸ばし――シュコシュコとこすり始めました。",

"おちんちんが粘液でこすられてヌチュヌチュと音を立てます。皮に包まれた先っぽが、": "おちんちんが粘液でこすられてヌチュヌチュと音を立てます。皮に包まれた先っぽが、",

"触手で少しずつバナナのように剥かれていきます。": "触手で少しずつバナナのように剥かれていきます。",

"粘液を塗りつけながら、真っ赤に腫れ上がった先っぽを剥いていく触手。空気に触れる": "粘液を塗りつけながら、真っ赤に腫れ上がった先っぽを剥いていく触手。空気に触れる",

"だけでヒリヒリするおちんちんをいじめられ涙が滲みます。": "だけでヒリヒリするおちんちんをいじめられ涙が滲みます。",

"執拗におちんちんを触手で擦られ、火傷したような痛みが駆け上がってきます。お尻の中に": "執拗におちんちんを触手で擦られ、火傷したような痛みが駆け上がってきます。お尻の中に",

"入ったものも、グニグニと内部を弄り回して奥へと粘液を塗りつけていきます。": "入ったものも、グニグニと内部を弄り回して奥へと粘液を塗りつけていきます。",

"触手にいじめられたお尻とおちんちんが、熱くなっていきます。体が火照り、硬くなった": "触手にいじめられたお尻とおちんちんが、熱くなっていきます。体が火照り、硬くなった",

"おちんちんがビクビクと跳ねます。": "おちんちんがビクビクと跳ねます。",

"くにゅくにゅと音を立てられながら前後にしごかれるおちんちん。その先っぽからじわり": "くにゅくにゅと音を立てられながら前後にしごかれるおちんちん。その先っぽからじわり",

"と透明なものが滲み出します。": "と透明なものが滲み出します。",

"滲み出したお汁と、粘液が混ざり合いヌチャヌチャという音を立てています。体がどん": "滲み出したお汁と、粘液が混ざり合いヌチャヌチャという音を立てています。体がどん",

"どん熱くなり、吐息が荒くなってきます。": "どん熱くなり、吐息が荒くなってきます。",

"それは表面にびっしりと絨毛が生えていた触手でした。うねうねと細かく動く触手は左右": "それは表面にびっしりと絨毛が生えていた触手でした。うねうねと細かく動く触手は左右",

"から伸びて、おちんちんに近づくと――おちんちんの両側から擦り上げました": "から伸びて、おちんちんに近づくと――おちんちんの両側から擦り上げました",

"これまで一度も感じたことのない刺激に頭が真っ白になります。息がつまり、涙がポロポロと": "これまで一度も感じたことのない刺激に頭が真っ白になります。息がつまり、涙がポロポロと",

"溢れ出しました。": "溢れ出しました。",

"火花が散るような感覚に首を振って抵抗しても、触手はおちんちんを責めることをやめて": "火花が散るような感覚に首を振って抵抗しても、触手はおちんちんを責めることをやめて",

"くれません。それどころかブラシ状の柔毛を強引にこすりつけてきます。": "くれません。それどころかブラシ状の柔毛を強引にこすりつけてきます。",

"涙をこぼしながら頭を振っても、触手はおちんちんを執拗に責め立てます。おちんちんと": "涙をこぼしながら頭を振っても、触手はおちんちんを執拗に責め立てます。おちんちんと",

"触手の間では粘液がヌチャヌチャと音を立てていました。": "触手の間では粘液がヌチャヌチャと音を立てていました。",

"目の前がチカチカして、なにかが爆発するような感覚に背中を丸めてしまいます。腰が": "目の前がチカチカして、なにかが爆発するような感覚に背中を丸めてしまいます。腰が",

"痺れて、自分からなにかが溢れ出しそうになっているのを感じます。": "痺れて、自分からなにかが溢れ出しそうになっているのを感じます。",

"真っ赤に腫れた先っぽも、膨らんだくびれもドロドロにされて、つま先立ちになって腰を": "真っ赤に腫れた先っぽも、膨らんだくびれもドロドロにされて、つま先立ちになって腰を",

"震わせます。": "震わせます。",

"おちんちんがビクビクとはねて、そのたびに白いお汁が撒き散らされます。それは触手": "おちんちんがビクビクとはねて、そのたびに白いお汁が撒き散らされます。それは触手",

"にかかり、床に散らばり、嗅いだことのない匂いが広がりました。": "にかかり、床に散らばり、嗅いだことのない匂いが広がりました。",

"体験したことのなかった快感と、私は荒い呼吸を繰り返します。おちんちんは名残": "体験したことのなかった快感と、私は荒い呼吸を繰り返します。おちんちんは名残",

"惜しそうに白いのをぴゅっぴゅっと吐き出して、触手を染めました。": "惜しそうに白いのをぴゅっぴゅっと吐き出して、触手を染めました。",

"快感の余韻に浸りながら、ドロドロのお汁に舌を伸ばす触手を眺めます。触手さんはこれを": "快感の余韻に浸りながら、ドロドロのお汁に舌を伸ばす触手を眺めます。触手さんはこれを",

"飲みたかったのでしょうか?": "飲みたかったのでしょうか?",

"白いのを出したときの快感で、まだ頭がぼんやりしているとおちんちんが少しずつ小さく": "白いのを出したときの快感