这是用户在 2024-3-19 21:07 为 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18916648 保存的双语快照页面,由 沉浸式翻译 提供双语支持。了解如何保存?
dark
交わる心/一輪的小说

 交汇的心

10,319字20分钟


在我美澄 心面前出现的少女。她,就是另一个我。

1
white
horizontal

 


 我独自一人处在黑暗的空间里。

眼前倾盆大雨扰乱着我的视线和听觉,雨势之大让我感觉它随时会侵蚀我所在的这片空间。

 我叹了一口气。

之所以会在这里,是因为放学回家的路上遭遇了大雨。



临近寒假,学校只上半天课,中午左右我就踏上了归途。


从早上开始,气温就比连日来都要低,阴云密布,不见阳光,即使在水手服外面套着校服外套,也觉得有些寒意。


在下学的路上,我后悔没有戴手套,天气预报里没有说会下雨,雨却突然下了起来。


我平时随身带着折叠伞,所以并没有太沮丧,撑开伞就没事了。


但雨势逐渐变大,开始出现水洼,雨水弹跳到地面上,不仅弄湿了脚下的乐福鞋,还打湿了黑色的长筒袜。折叠伞已经无法发挥作用,雨实在太大了。


离家还有一段距离。考虑到雨势可能会更大,我考虑找个地方避雨,但左边是一堵上面有铁轨的水泥墙,右边只有住宅区。


我实在不想向屋主请求避雨,也不想擅自借用屋檐。即使在这种情况下,我也会感到困扰。


由于已经远离便利店等商业设施,最终还是回家才是最佳选择。


就在我整理思绪的时候,身后传来一声巨响。

 「啊……!!」


我被这声音吓了一跳。我不会听错,那是雷声。


我知道雷声响起的地方是雷电可能再次落下的范围,我感到害怕。


它可能会直接击中我,或者在近距离落下并电到我。


尽管我知道这是罕见的情况,但还是会产生不好的想象。


我必须尽快逃到有屋顶的地方。这时,我发现混凝土墙上有一个隧道。


我想起了一句外国谚语:即使是恐惧的对象,在面对更大的恐惧时也会显得有吸引力。


普段ならそのトンネルに入ることはありませんでしたが、背に腹は変えられないとトンネルの中へと入りました。


 私は折り畳み傘を閉じ片手持ちのスクールカバンと一緒に壁に立て掛けると、トンネルの奥を見ました。灯りは無いものの反対側の出口も遠くはなく、わずかながら外の光が入り込んでいることから多少はトンネル内の様子が分かり、先客がいないことが確認できます。
 この小さなトンネルに私は初めて足を踏み入れました。
 トンネルはこの町の住人の人達に幽霊が出ると知られているからです。
 同時に、それが嘘ということも。
 頭上を通る線路を潜るこの短いトンネルは出口がすぐに車道になっています。時にはトンネルを抜けた自転車が飛び出し、車と衝突して事故になる。ということもあったそうです。
 住宅街なので車のスピードも大したものでは無いとはいえ危険です。そんな交通事故から子供達を遠ざける為に幽霊という存在を作り出し、噂を広めたそうです。
 幽霊を信じてか信じていないかはさておき、周辺住人の警戒によりここでの交通事故は私の知る限りでは無くなりました。
 幽霊が出るのは嘘。という事実を知っていても雨音しか聞こえず、雨に視界が遮られ擬似的な密室となったトンネルはそのひんやりとした空気、暗さから物々しい雰囲気を感じさせ、恐怖を煽るものでした。
 私は暗所自体が苦手なこともあり奥に踏み入れるのが嫌で、トンネルの出口付近で立ち往生していたところ、近くに落ちたのか先程よりも大きい雷の音が響きました。

「ひぅっ……!!」


子どものころからの恐怖の対象から逃げるように、私はトンネルの奥深くへと進みました。


中央あたりに来ると、トンネルの外の雷からの恐怖からは遠ざかるものの、トンネル内の得体の知れない恐怖には近づいていく感覚がありました。


背後に何もない状態でいるのは怖いです。足元が浸水していないことを確認すると、座り込んで壁に背中を預けます。冷たく硬い感触が背中やお尻に広がるものの、いくぶんは安心感があります。


折りたたみ傘やカバンは、私から見て右側の入り口付近に放置したままでしたが、濡れていないのならそのままにすることにしました。


しかし、避難したのも束の間、一際大きな雷が、私のもといた入り口の方から鳴りました。

「っ…………!」


もはや悲鳴を上げることもできません。涙が出るほど強く目蓋を閉じると、ずりずりと壁に背中を擦りながら、左側に倒れそうになります。


しかし、倒れることはなく、途中で何かにぶつかりました。


ほっとしたものの、トンネル内に私と私の荷物以外は存在せず、トンネルの壁にも出っ張りは無いことを思い出します。

 なのに何故か私を支えるものがある。
 一瞬の間を起き異変に気付いた私は背中を壁から離すと私の肩を支えた何かから後ずさります。
 涙で滲む視界の中、視線の先には人影がありました。はあはあと2人の荒い吐息がやけに大きく聞こえます。
 涙を袖で拭い、暗さに慣れた目で相手を認識します。
 そこに居たのは私と同じ服を纏う、
 
「「私……?」」

 和我长着同一张脸的少女。

评论